営業が向いている人4つの特徴!自分は本当に営業向きかをチェック

営業向きな人

営業が向いている人はこんな特徴がある

本当に自分は営業が向いてるのか悩んでいませんか?

営業は、リアルに数字が出る職業なので、結果が出ない程辛いことはないかと思います。

営業は、向き不向きがはっきり分かれる職業なので、向いてないならさっさと転職したほうがいいのです。

営業に向いてる人はどんな特徴があるのでしょうか?もし当てはまらないのであれば、営業を辞めて転職したほうがいいでしょう。

特徴1:共感性が高い人

共感性は、営業職にとってと大切な資質です。共感性とは、簡単に説明すると人の気持ちを理解できる資質のことです。営業職は、顧客のニーズをくみ取ることいわゆる人の気持ちを深く理解することがとても重要です。

なぜなら顧客のニーズがわからなければ、そもそもどんな商品を売ればいいかわからないからです。顧客のニーズに合わない商品をいくら売りつけても売れるはずがないのです。

相手の気持ちをなかなか理解することができない、空気を読むことができないのであれば、共感性は低く営業は向いてない可能性は高いです。

共感性が高くても口下手だと営業はうまくいかないとよく言われますが、それに疑問があるなら下の関連記事をチェックしてみてください。

特徴2:人を引き付ける魅力がある人

なぜか人を引き付ける魅力がある人っていますよね。営業職は、人を引き付ける魅力がある人は有利です。なぜなら人を引きつける魅力があるなら顧客は話を聞いてくれますし、気に入ってもらいやすいので、商品を購入してくれるからです。

人を引きつける魅力がある人は、いわゆるカリスマ性があると言われますよね。

アップルの創業者であるスティーブジョブズは、カリスマ性がありましたが、彼はアップルの商品を世界に売り込む優れた営業マンでもあったのです。

特徴3:おもてなし精神がある人

おもてなし精神がある人は、営業に向いてるでしょう。おもてなしとは、人をもてなすいわゆるホスピタリティ精神にあふれることです。

人に対して心遣い、気遣い、目配りができる人はまず人に好かれます。営業は、人対人の仕事なので人に好かれないとどうにもならない仕事なのでおもてなし精神は必要です。

またおもてなし精神がある人は、人に喜ばれることに満足するタイプなので、人のために行動ができるので営業は向いてると言えるでしょう。

特徴4:打たれ強い人

営業は、基本的に顧客から拒絶されることが多いです。特に新規開拓営業は、商品を提案してもほとんど断られます。そのため打たれ強さがないとやっていけないのが営業なのです。

ちょっと断られただけで落ち込んでしまう人、ちょっとクレームを言われただけでへこんでしまう繊細な人は営業に向いてないでしょう。

断られても断られてもガンガン売り込むことができる人は、営業は向いてると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?営業を向いてるのはどんな人かご紹介しました。すべてに当てはまっている必要はないですが、まったく当てはまってないと営業するのは辛いでしょう。

まったく当てはまっていないのであれば、転職を考えてみたほうがいいでしょう。

記事を共有する。