食品営業とは?仕事内容に向いてる人の特徴と仕事のやりがいやきつい理由

食品営業職

食品営業に向いてる人/向いていない人の特徴とタイプ、実際に転職した場合に担当する具体的な仕事内容や、気になる年代別・役職別の年収を解説。

また、食品営業の「やりがい/きつい理由」についても、これから転職する人が他の職種と比較ができるよう情報提供します。

食品営業がどんなことを担当する仕事なのかわからない人、新しい知識を取り入れたい人へ向けて、メリットやデメリットも紹介していますので参考にしてみてください。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

食品営業の仕事とは?

食品営業とは食品メーカーにおける販売のための営業の仕事全般のことを言います。食品メーカーには新しい商品を開発したり製造したりするための部門が存在していますが、それらの商品を販売するためには営業して販売することが欠かせません。食品営業は自社の商品を扱ってもらう卸売店や販売店、さらには飲食店を相手に営業販売を行います。どこを相手に営業するのか、またどんな商品を扱うかによって仕事の内容も変わってきます。

食品営業の社内での位置づけ、役割

食品メーカーにとって営業は会社の成長に不可欠な部門です。どんなに良い食品、商品を開発しても、それを扱ってくれる卸売店や販売店が無ければ全く売り上げにならないからです。

食品営業は自社商品を取り扱ってくれる会社やお店を探したり、取引先とのコネクションを強めるための活動をします。

会社が継続的に利益をあげていくことやさらなる成長をしていくうえで欠かせない仕事、それが食品営業の仕事です。

食品営業の仕事内容

食品営業は営業先がどこかによって仕事の内容も異なります。

卸売店への営業の場合
卸売店の発注担当者に営業を行って自社商品を取り扱ってもらうようにします。商品の説明だけでなく、サンプルなども提供しながら自社商品の魅力を伝える努力が求められます。

販売店への営業の場合
実際にお店に出向いてより多く販売できるように働きかけることも行います。陳列場所や装飾など、販売店に自社商品をより目立つ場所に置いてもらえるよう交渉します。

飲食店への営業の場合
レストランなどの仕入れ担当者に自社商品を勧めて、お店で取り扱ってもらえるよう努力します。お店の規模にもよりますが、担当者や店長とは丁寧かつ親密な付き合いが求められます。

食品営業の仕事の特徴

食品営業は主にルート営業が基盤となります。ルート営業は既存の取引相手に対して継続的に営業を行う仕事です。もちろん新規開拓営業もある程度は行いますが、他の商品よりも食品営業は比較的新規開拓営業はスムーズに話がまとまることが多いです。

企業のブランドが確立されていることや、もともと商品を取り扱う予定のある所へ営業に出向くことが多いからです。

食品営業で大切になるルート営業では、新商品を取り扱ってもらうための契約や販売促進のための提案などを取引先に対して行います。一度商品を売って終わりになるのではなく継続的に取引相手とのやり取りが求められます。良い関係を続けるために接待することなど、アフターフォローも求められる仕事です。

食品営業とソリューション営業の違い

職業知識が不足していて、どんな仕事に転職しようか悩んでいる人のために、極端な例として食品営業とソリューション営業の違いを解説します。

ソリューション営業
顧客から要望やリクエストを引き出す営業手法のことです。コンサルタントや人材派遣、広告業などで広く用いられており、無形商材を取り扱うことが多いです。セミナーや展示会などの形で行われることもあります。

食品営業
食に関連する有形商材を取り扱う営業です。メーカーが開発・製造した商品を顧客に営業販売します。商品の魅力や特徴などを積極的にアピールすることが求められるので、営業先への訪問が必要になるでしょう。

このように、有形と無形で働き方に大きな違いがあるので、次の項目「食品営業に向いてる人の特徴」では自分に合う仕事かどうか見極めをしてみましょう!

食品営業に向いてる人の特徴

この仕事に向いてる人の特徴

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

特徴1「広い視野で物事を観るのが得意」

広い視野で物事を見ることができる人は自分の見方ややり方に固執しません。物事を客観的に見ることができるので、いろいろな物事の良い点と悪い点を分析することに長けています。冷静な判断ができますし、周りのことにも気が配れるので信頼を得ることができます。

この人が適任者である理由

食品営業ではさまざまな食品を取り扱います。そのため、自分の好みよりも取引先の人や商品を購入する多くの人の観点で商品を分析することが大切になります。広い視野で物事を見ることが得意な人は自分のやり方に固執せず、相手のニーズに柔軟に対応することができるので、食品営業に向いてる人と言えるでしょう。

特徴2「トレンドから勝機を見出すのが得意」

全ての商品にはトレンドが存在し、このことは食品にも当てはまります。トレンドに敏感である人は人気があるものをいち早く察知し、それを取り入れることに長けています。売れそうな商品についてのアイディアが豊富にありますし、商品知識もあるので魅力的な説明をすることもできます。

この人が適任者である理由

食品業界はトレンドに大きく左右される業界です。食品営業をする人がトレンドに敏感だと、トレンドに鈍い取引先にとってはとても助かる存在、信頼できる存在となることができます。どの商品が売れるのか、トレンドに勝機を見出せる人は食品営業に向いてる人と言うことができます。

特徴3「課題発見・解決力が高い」

売り上げを伸ばしていくためには課題発見と解決力が求められます。売り上げがいまいち良くない商品でも、商品そのものが悪いのか、それとも売り方に問題があるのか原因は様々です。そのため課題をまず発見することがとても重要になります。

この人が適任者である理由

食品営業では販売促進のための提案なども行います。そのため、課題を発見することに長けている人は売り上げを伸ばす上での解決策も見つけやすいので向いてる人と言えるでしょう。小さな課題も見逃さずに見つけること、そしてそれをきちんと解決していくことができるなら、売り上げも自ずと伸びていくかもしれません。

食品営業に向いてる人

この仕事に向いてる人のタイプ

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

マイペースな人 [食品営業に向いてる人1]

マイペースな人はあまりガツガツすることがありません。仕事はきちんとこなしますが、自分のペースで確実にこなしていきます。

▼向いてる理由
マイペースタイプの人が食品営業に向いてる人と言える理由に、自己管理がきちんとできることが挙げられます。ガツガツしないでも自分のペースで仕事をきっちりと果たせるので、ストレスなく働くことができます。そのことは効率化にもつながるので、結果的に成績も良くなることが多いです。

おさむ編集員

人と接するのが営業の仕事の根幹なので、マイペースであったとしても社交性を保つようにしましょう。おとなしいことと社交性を持たないこととは異なります。

完璧主義な人 [食品営業に向いてる人2]

完璧主義の人は努力を惜しみません。自分の弱点を常に意識し、それを改善するよう心がけます。一度の成功で満足することもありません。

▼向いてる理由
食品営業は一回の成功が大きく出世に響くことはありません。コツコツとした努力、継続的な努力が必要になります。そのため、完璧守備タイプの人は食品営業に向いてる人と言えます。

おさむ編集員

食品営業はほとんどがルート営業になるので、地道に土台作りをすることが大切です。時折失敗することもあると思いますが、そのような場合にはポジティブに、長期的なビジョンを持って前向きに取り組みを続けることが大切です。

責任感が強い人 [食品営業に向いてる人3]

責任感が強い人は自分の仕事をきっちりと果たすための努力を惜しみません。人のせいにはせずに、たとえ多少の犠牲が伴うとしても仕事をやり遂げます。

▼向いてる理由
ルート営業では顧客との信頼関係を築くことがとても重要です。責任感の強いタイプの人はきちんと約束を守ります。そのため顧客からの信頼は厚くなります。強いコネクションを持つ顧客をたくさん持つことができれば食品営業で成功できるため、このタイプの人は向いてる人と言えます。

おさむ編集員

責任感を持って仕事をする上で欠かせないのが良い準備です。仕事にある程度慣れてきたとしても、きちんと準備をしておくことを欠かさないようにしましょう。

食品営業に必要なスキル

資格・スキル

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

スキル1「専門知識」

食品営業に限らず営業職では専門知識が必要不可欠なスキルになります。自分の販売している商品やサービスに関する深い知識を持つ人は効果的な商品の説明ができたり相手の質問に答えることができます。

▼能力を発揮できる場面
プレゼンの機会が与えられた時には専門知識を使って効果的な説明をすることができるでしょう。商品がお客様にとってどんな価値があるのか、論理的かつ魅力的に説明できるはずです。そのような人は食品営業に向いてる人と言えます。

おさむ編集員

専門知識は相手を納得させる上で重要なスキルです。しかし相手の好みや状況に応じて話を進めていくことも大切です。

スキル2「マーケティング能力」

マーケティング能力とは顧客のニーズを分析し、それに応えるようにするスキルのことを言います。食品業界では顧客がどのような商品を望んでいるのかを調査・分析して、そのニーズにあった商品開発・販売する上でマーケティング能力が求められます。

▼能力を発揮できる場面
食品業界では商品開発だけでなく、販売戦略においてもマーケティング能力が大切になります。食品営業では販売店と共に販売手法を考えることも多いので、マーケティングのスキルがある人は向いてる人と言えます。

おさむ編集員

販売を促進する方法には陳列方法や飾りつけなども含まれます。幅広い分野でのマーケティング能力を伸ばすとさらなる武器になるでしょう。

スキル3「調整力」

調整力とは社内外で意見が異なる相手との妥協点を見つけ、双方が納得いく形で落ち着かせるように調整するスキルのことです。

▼能力を発揮できる場面
食品営業ではメーカー側と販売店側とで意見が対立することがあります。どちらの言い分も正しいと思える場合、お互いの妥協点を見つけることは大変です。そのような状況をうまくまとめることのできる調整力のある人は食品営業に向いてる人と言えるでしょう。

おさむ編集員

何でもかんでも間を持てば良いというわけではありません。双方にとって最も利益が出る方法を分析し、そのことを上手に取り持つことが調整力です。

食品営業に向いていない人

この仕事に向いていない人

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

飽き性な人 [食品営業に向いていない人1]

物事を継続して行うことが苦手な人、すぐに興味を失ってしまう人は飽き性な人と言えます。

▼不向きな理由
食品営業はコツコツと継続することが求められる営業です。そのため、飽き性な人は食品営業には向いていない人と言えるでしょう。

ななか編集員

営業の仕事をする場合ならルート営業は飽きやすいため、食品営業よりも新規開拓営業の方が向いているかもしれません。

大雑把な人 [食品営業に向いていない人2]

大雑把な人は細かいことは気にしません。良い言い方をすると器が広く、失敗を気にしません。

▼不向きな理由
食品営業は既存の顧客へのルート営業が主流となるため、細かい気づかいなど日々の丁寧な接し方が大切になります。そのため、大雑把な人は向いていない人と言えるでしょう。

ななか編集員

営業ならば新規開拓営業の方が向いているでしょう。一回一回の失敗を気にしなくても良い、常に新しい顧客を探して開拓する営業だからです。

要領が悪い人 [食品営業に向いていない人3]

要領の悪い人は物事の優先順位のつけ方、仕事の効率化を図ることが苦手な人です。丁寧にやりすぎて仕事が遅いという人もいます。

▼不向きな理由
食品営業では限られた時間の中で効率的に取引先を訪問することが求められます。スケジュール調整が下手な要領の悪い人は営業には向いていない人と言えます。

ななか編集員

要領が悪い人には職人系の仕事が向いているかもしれません。自分のペースで働ける仕事だからです。

オススメ!

向いてる仕事を20タイプからセルフチェック

自分のタイプから適職診断!

食品営業のやりがい

この仕事のやりがい

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

自分の商材が店舗に並んだとき [食品営業のやりがい1]

食品営業の仕事で成果が目に見える一つの形に、自分が担当している商品が営業先の店舗に陳列されることがあります。とりわけ競合する他社メーカーではなく、自分の担当する商品が選んでもらえた時や陳列棚の中でも最も目立つ場所に置いてもらえた時などには嬉しいものです。スーパーやコンビニなど、よく目にする場所に自分の担当商品が並んでいるとやりがいを感じるでしょう。

おさむ編集員

商品の入れ替えが激しいのも食品業界の一つの特徴です。コンスタントに結果を出すためには継続的な努力が必要です。一度の成功で気を抜くことのないように気を付けましょう。

携わった商材が人気になったとき [食品営業のやりがい2]

食品メーカーからは季節ごとに、次々と新しい商品が開発・販売されます。そのため、人気のある商品もあればそれほど人気が出ずに終わってしまうものもあります。中には季節に関係なくロングセラー商品となるものもあります。

自分の担当した商品が人気商品になったりロングセラー商品になった時には、自分の努力や能力が周りから認められたと思え、やりがいを感じるかもしれません。

おさむ編集員

人気商品はそう簡単にはできません。食品営業では常にトレンドなどの最新情報に精通しておくことが大切です。失敗した時も気持ちを切り替えて、引きずらないようにしましょう。

ダイナミックな仕事を成功させたとき [食品営業のやりがい3]

食品営業には通常のルート営業だけではなく、展示会やプロモーションイベントなどの大きな営業企画もあります。展示会が成功した場合、自分の担当する商品の認知度は一気に高まり、たくさんの売り上げを期待することができます。

企画内容を考えたり、当日の準備や運営には多大の労力が求められますが、そこにやりがいを感じるかもしれません。結果が付いてきた場合にはなおさらやりがいを感じるでしょう。

おさむ編集員

ダイナミックな仕事にはやりがいを感じますが、通常の仕事も手を抜かずに行いましょう。並行してやらなければならないこともあるので、無理のないスケジュール調整が大切です。

食品営業が「きつい」理由

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

低単価商材が多い [食品営業がきつい理由1]

食品営業に限らず、営業職では常に結果が求められます。ノルマの達成がストレスになって、営業がきついと感じる人も多くおられるようです。

食品営業はルート営業が基本なため、契約を取ること自体はそこまで大変ではありません。しかしその一方で一件当たりの単価が他業種に比べて低い傾向にあります。そのため、たくさん仕事をしてたくさん契約を取っているのにもかかわらず、そうした努力がなかなか給料に反映されずにきついと感じる人もおられます。

給料が費やした体力や労働時間に見合っていないと感じると、やる気も失せてしまうかもしれません。仕事そのものが楽しければ問題ありませんが、楽しさを感じることができない人にとってはかなりきついでしょう。

大量返品が発生することがある [食品営業がきつい理由2]

食品営業がきついと感じる別の理由にクレーム対応があります。食品は消費期限が短い商品になるため、何かの不備が発生した時にはクレーム対象となることが多く、加えて大量の返品が発生する場合もあります。

クレームや返品などが発生した時には、まず関連する営業に連絡がきます。そして返品処理も営業で行うことがほとんどですが、自分の売った商品が大量に返品されてくるのを見た時にはガッツリと落ち込んでしまう人も多いようです。

そのようなことがあると食品営業はきついと感じるかもしれません。人間誰でも一度くらいは失敗するものですが、大量返品などの大きな失敗、さらにそうした失敗が続いてしまった場合にはかなり辛いかもしれません。

一日の訪問数が多い [食品営業がきつい理由3]

食品営業の特徴として単価が低いこと、顧客との密な関係が重要であることを挙げることができます。そのため、訪問しなければならない営業先は他の業種に比べて多いと言えます。また、何度もマメに顔を出すことが大切になります。訪問しなければならない場所がとても多いので、体力的にきついと感じる人も少なくないようです。

加えて食品営業では、営業先で商品陳列に関してアドバイスをするだけでなく、実際に陳列を手伝うこともあります。メーカーによっては営業が商品の配送も同時に行う場合もあるようです。
訪問先が多いだけでなく、訪問先でもいろいろな仕事が求められる場合には体力的にかなりきついと感じるかもしれません。

食品営業の求人が多い業種

この仕事の求人が多い業界

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

食品メーカー [食品営業の求人が多い業種1]

基本的に食品メーカーの食品営業の求人は安定して多いと言えます。

▼求人が多い理由
食品メーカーは数も種類も多くあります。加えて多くの食品メーカーは業績も安定しているため、求人も多い傾向にあります。

おさむ編集員

何よりも大切なのは「食」に興味を持つことです。どんなことに興味を持っているのか、なぜなのかを明確に説明できるようにしておきましょう。

食品卸会社 [食品営業の求人が多い業種2]

食品卸会社の食品営業の求人も安定していて多い傾向にあります。

▼求人が多い理由
食品メーカーなどの生産側とスーパーやレストランなどの小売り側とをつなぐのが食品卸売業です。食品メーカーや小売店は全国に多数存在するため、卸売業での求人も多くあります。

おさむ編集員

食品卸売業では生産者と消費者の双方の観点で物事を見ることが大切です。広い視野を持ち、いろいろな情報に精通することが大切です。

輸入商社 [食品営業の求人が多い業種3]

輸入商社での食品営業の求人も安定して多く見られます。

▼求人が多い理由
食品業界には海外進出を試みている会社が多くあること、海外から原材料や製品を輸入して販売している会社が多くあるため、商社の存在や働きは常に必要とされています。

おさむ編集員

輸入商社は人気も高く、就職も難しいと言えます。学歴も大切ですが、英語力も加えて身に着けておくことが重要です。

食品営業の年収を紹介(平均/年代別)

この仕事の年収を紹介

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

平均年収/中央値

食品営業の仕事の平均年収は400万円から500万円が多く見られます。中央値は400万円くらいです。

人気のある大手の食品メーカーや商社であれば年収はかなり高い傾向にありますが、就職するのはかなり難しいです。

年齢別(20代/30代/40代/50代)

食品営業の年収を年代ごとに見てみると、20代で340万円、30代で435万円、40代で500万円、50代以上だと610万円となっています。

実務経験を積むと共に年収はアップしていく傾向にあります。

役職別(一般/主任/係長/課長/部長/役員など)

大手の食品メーカーや商社の年収は、他の業種や同じ食品業界の中小企業と比べてかなり高い方であると言えます。役職に就けばさらに年収はアップします。

  • 【一般社員】400万円~500万円
  • 【主任】550万円~700万円
  • 【係長】700万円~900万円
  • 【課長級】1,000万円超

部長や役員になった場合は最低でも1200万円以上の年収があると思われます。

食品営業の仕事に就くメリット

メリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

メリット1:食品のスペシャリストになれる

食品営業で働くためには食に関する深い知識が不可欠です。営業成績を上げるためにも効果的なプレゼンが重要ですが、そのためには良い準備が必要です。そのような努力をしていくうちに自然と食に関わる様々な知識が身に着き、食のスペシャリストになることができます。

トレンドとなる食品や有名な商品を身近に感じることもできます。また、味だけでなく原材料の良し悪し、栄養に関する知識もたくさん身に着くでしょう。

ななか編集員

スペシャリストになるためには勉強が欠かせません。常に最新情報に精通し、コツコツと勉強することは大切です。

メリット2:安定企業が多い

食品業界はどんな世界情勢であっても基本的に安定してる方だと言えます。なぜなら食事は人間の生活に必要不可欠なものだからです。

他の業種の方が給料が高かったり、特に営業の場合はインセンティブが高かったりしますが、その分良い時と悪い時との差が激しいというデメリットがあります。

食品営業の場合、そこまで給料は高くありませんが固定給が安定していることや企業が安定している故に他の業種よりも福利厚生がしっかりしているというメリットがあります。

ななか編集員

コツコツと地道に働くことが大切です。昇進や昇給までは時間がかかるかもしれません。

メリット3:打たれ強い自分へ成長できる

食品営業で成功するためにはルート営業をしっかりと果たしていくことが大切です。派手な仕事ではありませんが、地道な努力が求められる重要な仕事です。コツコツと努力を重ねていくことで信頼される人材へと成長できます。

新規開拓営業では失敗すれば次にチャレンジすることが求められますが、食品営業では顧客との関係の強化や課題に共に取り組んでいくことが求められます。このことは良い人間関係を築く秘訣や大切さを学ぶ上で役立ちます。

ななか編集員

食品営業は内気な性格の人や体育会系ではない人でも成果が出せます。難しく感じることがあっても、頑張って続けることが大切です。

食品営業の仕事に就くデメリット

デメリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

デメリット1:生活が不規則になりやすい

食品営業では既存の顧客との関係を密に保っていく必要があります。そのため、接待などを含め、会社以外での仕事が多いのも事実です。

若くて独身の時には特に問題ないかもしれませんが、家族を持つと寂しい思いをするかもしれません。プライベートを大切にしたいと思っている人には特にデメリットと感じるかもしれません。

おさむ編集員

食品業界は基本的に安定している企業が多いので福利厚生がしっかりしています。また、コンプライアンスにも遵守している企業が多いです。有給休暇などでバランスを保ちましょう。

デメリット2:帰社後の事務作業が多い

ルート営業ではマメに会社を訪問することだけでなく、記録をきちんと付けておくことも大切です。事務作業が多くあるため帰社後にも作業をしなければならないことがあります。

帰社後の事務作業が多いため残業が増えます。プライベートを充実させたい人、仕事は定時で上がりたい人にとってはデメリットと言えます。

おさむ編集員

食品業界ではテレワークなどを導入している企業も多くあり、事務作業などは家に持ち帰ってできるかもしれません。仕事量は同じことかもしれませんが、環境を変えることで気持ちも切り替えることができるかもしれません。

デメリット3:なかなか有給を取得できない

食品業界は福利厚生がしっかりしている方です。しかし忙しすぎるために有給休暇を取りづらいと感じる人も多いようです。特に営業の場合、自分のペースよりも顧客のスケジュールに合わせる必要があるため、自分の望む日に有給休暇が取れないことがあります。

自分の空いている時間に趣味や家族との時間を楽しめる人にとっては問題ないかもしれませんが、決まった日に休みが取りたい人にとってはデメリットと言えるでしょう。

おさむ編集員

営業職なので好きな時に有給が取れないことは想定しておきましょう。しかし、あまりにも状況がひどい場合には別の会社への転職を検討することも大切です。

食品営業の仕事に就く方法

この仕事に転職する方法

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

方法1:転職サイトの公開求人から探す

食品営業への転職を考えている場合、求人を探す最もポピュラーな方法は転職サイトの公開求人を閲覧してみることです。

食品業界の営業職は公開求人にもたくさんの案件を見つけることができるでしょう。営業との表記がない場合でも、営業職からスタートする企業も多くあります。

案件の中から興味のある企業や条件の良い企業を選ぶことができます。この方法で探す場合は20代や30代など、若い世代の方が比較的転職先を見つけやすいでしょう。

方法2:転職エージェントに非公開求人を紹介してもらう

転職先を見つける別の方法に転職エージェントを活用する方法があります。転職エージェントを活用するためには、まずは会員登録をする必要があります。

転職エージェントには非公開の求人も多数あり、大手の企業とのコネクションも持つエージェントがあるので、登録することにはメリットがあります。

登録後に食品営業の求人があるかどうかをエージェントに問い合わせることができますが、転職に関する条件なども伝えることができます。

方法3:知人や友人の紹介をもらう

食品営業へ転職する上で知人や友人からの紹介にも多くのメリットがあります。

例えば、仕事の内容や実状が把握しやすいという点があります。実際に働いている友人やその企業と関わりのある知人からの紹介なので、通常の求人情報ではわからない細かなことも知ることができるかもしれません。

また、知人や友人は自分の適性に関してもある程度理解してくれているはずです。そのことを踏まえて紹介してもらえることも大きなメリットです。

今後へ向けてのアドバイス

今後へ向けてのアドバイス

食品業界は基本的に安定している業界です。食品メーカーや商社などの企業に就職することで安定した給料や福利厚生を得ることができるでしょう。

食品営業はルート営業が主流になるため、コツコツと地道に努力できる人やマーケティング能力のある人は向いてる人と言えます。食に興味があり、自分のペースで頑張れる人も向いてる人です。

一方、昇給や昇進までは時間のかかる職種なので、飽きっぽい人は向いていない人と言えます。細かな事務処理が求められたり、上手なスケジュール管理も必要なので、大雑把な人や要領の悪い人にも向いていないでしょう。

トレンドにも左右される業界なので、常に最新の情報を取り入れ、地道に勉強をすることが食品営業で成功する秘訣になります。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

「食品営業の仕事」に関するよくある質問

よくある質問
食品営業に向いてる人は?

タイプ別では、「マイペースな人」「完璧主義な人」「責任感が強い人」の3タイプに当てはまる人が、特に食品営業の仕事をする人物として向いてる人です。

食品営業には向いてない人は?

食品営業に不向きなのは「飽き性な人/大雑把な人/要領が悪い人」の3タイプです。食品業界は、私たちの健康に関わる商材を扱うため、このような性格タイプの人には向いていません。

食品営業のやりがいとは?

食品営業の仕事をする人が“仕事のやりがい”として挙げることは、「自分の商材が店舗に並んだとき」「携わった商材が人気になったとき」「ダイナミックな仕事を成功させたとき」の3つが代表的です。

食品営業は何がきついの?

食品営業の場合、きついと感じるのは次の3つの場面であると言われています。①低単価商材が多い、②大量返品が発生することがある、③一日の訪問数が多い、このような順番になっています。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、34歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!