儲かる仕事と儲からない仕事10職種!違い/見分け方を転職向けに解説

儲かる仕事と儲からない仕事

儲かる仕事をみつけよう!

儲かる仕事ってどんな仕事?逆に儲からない仕事が何かも知らないと、転職するとき、どんな職業に就けば収入をアップできるのかがわかりません。転職求人サイトを見ても、採用する会社、商品・サービス内容、何よりも顧客層と提供価格までをトータルで判断する材用は乏しいのが実情。

会社単位で、給与制度が異なるので、どんなに沢山の情報を集めても『転職後に儲かるか』の判断まではできません!

ただし、どの仕事が儲かる傾向があるか、儲からない仕事はどれなのかを転職前にしることで、薄給リスクを未然に防ぐことにつながります。今回は、儲かる仕事5職種+儲からない仕事5職種=計.10職種について、仕事内容/儲かる理由・儲からない理由/向いてる人などについて解説します。

転職するなら、「年収アップしてワンランク上の生活をしたい」、「求人サイトのどこ見れば儲かるのか分からない」という方は見分け方を学んでいきましょう。それでは、まずは「儲かる/儲からない」各仕事の違いについて説明していきます。

儲かる仕事と儲からない仕事の違い

仕事が儲かるかどうかは生産性と影響力、専門性という3つが重要なポイントになってきます。

「少ない工数でどれだけ売上を出せるか」といった生産性、例えば8の工数で10の成果を出すより、1の工数で10の成果を出すほうが儲けることができます。

「どれだけ多くの人に必要とされているか」の影響力は、限られた人が必要とするサービスより、数多くの人が必要とするサービスの方が儲けることができます。

「代わりが難しい」といった専門性は、事務のように決まった仕事より、営業のようにケース毎に対応を変えるような仕事の方が、交代が難しいため、企業としては必要性が高い存在といえます。

稼げる仕事は3つのいずれかが必ず含まれていますが、逆に儲からない仕事は供給過多となっている可能性があります。

供給過多の傾向として人気がある仕事は給料が安い人がたくさんいて、無理に給料が高い人材を雇わなくて済むので、ひとりあたりの稼ぎが少なくなってしまう傾向があります。

儲かる仕事の見分け方

儲かる仕事の見分け方は求人票を確認することからはじまります。儲けることを前提として求人票を見る場合、「仕事内容」、「労働条件」、「定着性」の3つがポイントとなってきます。

仕事内容、労働条件、定着性の3つをしっかりと抑えることができれば、入社後のミスマッチを防ぐことができるので、どのように見るのかを確認していきましょう。

見分け方1:仕事内容が具体的に示されていること

求人票の仕事内容の欄が「働くことが想像できるほど詳しく書かれている」ことが重要です。しっかり明記されていれば実際に働けそうかを判断ができますが、求人票を見て想像できない場合は入社後の説明も難しく分かりづらかったというケースがあります。

仕事内容に難しい言葉を使っているより分かりやすい文章となっている、仕事をしている人が1日どのように働いているのかといったことが明記してあるとよいでしょう。

見分け方2:基本固定給など労働条件が具体的にあること

儲かる仕事をする時、労働条件が転職で1番大切になってきます。儲かるといってもインセンティブや歩合などの成果に応じた手当で稼ぐパターンと、基本固定給や賞与といった入社後確約されているパターンが2つあります。

転職後どれくらい儲けたいのかを把握しておいて、求人票に記載してある労働条件が歩合なのか固定給なのかが具体的に書けてあるのかを確認しましょう。

見分け方3:3年後の離職率が低く平均勤続年数が長いこと

求人票には離職率や定着性についての記載があり、多くは入社から1~5年と表示されるケースが多いです。見るポイントは5年後の数値はあまり気にせず、3年後の数値を見ることです。

5年を含めてしまうと、単に会社が嫌で辞めただけでなく、スキルアップを理由んすることや家庭の都合などの事情で退職が多くなってくるため、自分と照らし合わせる際は3年目の数値を参考にしましょう。

儲かる仕事「5職種」

具体的にどのような仕事が儲かるのかというと、需要があり生産性と影響力、専門性という3つがポイントとなってきます。

転職をしてすぐに儲かる場合と少し時間がかかるが経験とともに儲かってくる場合にわかれてきます。儲かる仕事と儲からない仕事は、仕事に向いていることも重要となってきますので、仕事内容と儲かる理由、向いている人について詳しく見ていきましょう。

儲かる仕事1:不動産鑑定士

■仕事内容
地域や歴史によって異なる不動産の価値を、世の中の情勢に合わせて鑑定する仕事です。土地の運用といった資産活用方法や節税のためのアドバイスをするコンサルタントとしての仕事も不動産鑑定士の仕事内容になります。

不動産の経済価値を評価する国家資格、社会的責任が非常に重い役割となってきます。

■儲かる理由
不動産鑑定士の平均年収は600~700万円といわれています。不動産鑑定士の儲かるポイントは専門性の高さであり、資格を取得するためには実務経験をつまなければいけません。狭き門ではありますが希少性の高い資格で、独立開業をする鑑定士が多く企業で働くより収入が多くなるといわれます。

■向いている人
資格取得のための受験資格はありませんので、誰でも挑戦をすることができます。親和性はやはり不動産業界や建設業界に携わった経験がある人が有利になってきます。

儲かる仕事2:MR(医薬情報担当者)

■仕事内容
医薬情報担当者の仕事内容は医薬品情報を扱う仕事で、医師や薬剤師に医薬品の安全性と有効性などの情報を提供し、患者様には間接的に医薬品の基礎情報や相互作用、使用上の注意点など文書によって情報提供をおこないます。

医療に関する医薬品の情報提供、医薬品が販売されたあとの調査、医療従事者の問い合わせ対応が主な仕事内容となってきます。

■儲かる理由
MR(医薬情報担当者)の平均年収は500~700万円といわれています。高い専門性が求められる医薬情報担当者、患者の命を扱う仕事となってくるので、若い医師並みに儲けることができます。

■向いている人
医療業界の中では難易度的に一番低いため、「医療系に進みたいけれど資格が無いなあ」という方でも目指すことは可能です。

営業経験があり、物事を論理的に順序立てて具体的に説明できる人は医薬情報担当者の仕事に向いています。

儲かる仕事3:宅地建物取引士

■仕事内容
不動産取引をする時に必要になってくる宅地建物取引士、物件を売買や賃借する時に重要事項を説明することが仕事内容となってきます。

重要事項とは売買、賃貸に関係する項目はありますが、簡単にいえば物件の所有者の説明や物件を扱う際の注意事項が重要なポイントとなってきます。

■儲かる理由
宅地建物取引士の年収は400~800万円といわれていて、年齢とともに上がっていく傾向にあります。不動産業界の専門性がある仕事で、不動産取引に対して高い知識が求められてきます。

宅地建物取引士は資格を持っていると手当がありますので、高い年収が見込めるのが人気の理由となっています。

■向いている人
宅地建物取引士に向いている人は、不動産取引で的確なアドバイスができるので、不動産の仕事が好きな人が向いています。

お客様と話すのが好きな人、物件がよく売れる土・日・祝日関係なく働ける人も不動産業界には必要な人材です。

儲かる仕事4:事務管理職

■仕事内容
組織の未来を支える経理や総務人事などのスタッフを管理することが事務管理職の仕事内容です。

事務管理職は事務職からキャリアアップするポジションではありますが、マネジメント経験者が転職から就ける職種でもあります。

■儲かる理由
事務管理職の平均年収は400~700万円といわれ、業界毎に専門性がありますが管理する立場の仕事となってきます。

経営を陰からサポートするという特色があるため、経営陣に近い場所に位置をとりながら仕事をする時間が多くなってきます。

事務管理職は経営者に対し、数字面で助言や提言をすることがあるため重宝される仕事となります。

■向いている人
事務管理職は業務や部下の状況を把握し、管理する能力が必要になってきます。

単調な作業が多い事務仕事、管理側は業務内容を理解しておくことが大切で、従業員とコミュニケーションをとるためにコミュニケーション能力が求められてきます。

管理職は数字という事実に基づいて正しい判断を求められるため、理論立てて物事を考える方に向いています。

儲かる仕事5:製造管理職

■仕事内容
工場長といった製造の責任者や、メーカーの製造現場監督が製造管理職といわれています。仕事内容は製造現場でスタッフたちの指揮統制・管理するのが仕事内容となります。

製造における品質の向上や、効率や能率を向上のための原価削減や工程改善などを日々おこない、市場調査から企画や設計、販売計画の全ての業務を管理する仕事内容となってきます。

■儲かる理由
製造管理職の平均年収は400~800万円といわれ、生産性がとても重要なポジションの仕事となってきます。

管理する立場であるので製造工程の改善や、事故の発生も起こり得るための対策、いろんなことを想定して危機管理する能力を持った貴重な人材が必要なので年収も高くなっています。

■向いている人
製造管理職は企業にとって重要なポジションとなっていて、数字に強い方、課題発見が得意な方に向いている仕事です。

他の管理職よりマネジメント能力が必要となってくるため、視野を広く持って判断できる人に向いています。

儲からない仕事「5職種」

儲からない仕事とは労働量に対して報酬が低いサービス、限られた人のみが必要とするサービスです。

「儲からない」=「必要とされてない」ことではなく、労働量に対して報酬が低いことは求人を出している企業が悪いわけではなく、企業単体では報酬をあげるのが難しい傾向にあります。

儲からない仕事1:介護福祉士

■仕事内容
全国どこでも通用する国家資格の介護福祉士、高齢で体の自由度が下がった人や「障がい」を持った人の生活を手伝いするのが仕事内容となってきます。

近年では少子高齢化、都市と地方の人口格差、女性の社会進出などにより介護福祉士の需要が高くなっています。

■儲からない理由
介護福祉士の年収は250~400万円といわれていて、サラリーマンの給料にしては少ない傾向にあります。

介護福祉士は働く場所やキャリアで給料が変わってくるので、仕事をしながら資格を取得し、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などに働く場所を変えることがおすすめです。

儲からない仕事2:プログラマー

■仕事内容
プログラマーはコンピューターを動かすシステムやソフトウェアをつくる仕事です。

企業が利用する「ショッピングサイト」、スマートフォンで遊べる「ゲームアプリ」、製造業や金融機関でつかうような「社内システムの構築」などが仕事内容となってきます。

■儲からない理由
プログラマーの年収は250~500万円といわれ、最初のうちは労働量に対して報酬が低くなっています。

プログラマーはシステムをつくる時の一番下流の工程の仕事ですので、経験を積みスキルを身につけていかなければ儲かりません。

独立をして稼げるところまでいけば、1000万円を稼ぐ人も中にはいるのも現実です。

儲からない仕事3:看護師

■仕事内容
看護師は医師のフォローや、患者に対してケアをおこなうのが仕事内容です。

大学病院などの大きい医療機関やクリニックで働くことはもちろん、介護施設や保育所などでも活躍しています。

看護師は国家資格を必要としますが、急速に進む高齢化で日常的な療養を必要とする人が増えているので、ますます需要がひろがっていきます。

■儲からない理由
看護師の年収は大きな医療機関で400~600万円、小さなクリニックなどでは250~400万円と開きがあります。

仕事は安定していますが業務の厳しさに対して、評価や収入が見合わないことも少なくありません。残業代や夜勤手当が収入に大きく関係してくるので、一概に給料が高いとはいえません。

儲からない仕事4:保育士

■仕事内容
保育士の仕事内容は子供たちの世話をしながら基本的な生活習慣を身につけさせるのが仕事内容です。

身の回りの生活や集団活動に溶け込めるように手助けをしながら、子供の成長に寄り添う非常にやりがいのある仕事となっています。

■儲からない理由
保育士の平均年収は200~350万円といわれていて、働く地域や職場によって給料は大きく変わってきます。長く働くと仕事内容に給料が見合わないと感じて、若いうちにやめてしまう保育士が多いのも現状です。

ある程度の役職につくまでは給料が変わることが少ないので、給料アップを目指すなら24時間保育をやっている施設や、休日保育をやっている施設がおすすめです。

儲からない仕事5:歩合制の保険営業

■仕事内容
歩合制の保険営業は保険にまだ加入していない新社会人や、加入している保険を見直したい方へ新しく契約を結ぶのが仕事内容です。

会社によって扱う商材は生命保険から、がん保険や自動車保険など、さまざまな保険があり扱う商品について説明できる知識が必要になってきます。

基本的には企業ではなく個人へ提案をしていくので、かしこまったアプローチより人間性の溢れる接し方が得意な人に向いている仕事です。

■儲からない理由
歩合制の保険営業の平均年収は200~400万円といわれています。最初のうちは基本給として支払われる場合がありますが、保険会社に雇用される訳ではないので歩合となる場合がほとんどです。

契約を結べなければ、非常に低い給与となるので挫折してしまうケースがあります。保険営業は頑張れば頑張るほど、収入が得られるやりがいのある仕事となっています。

儲かる仕事を見分けて転職活動をすることが重要

転職活動をするとき、儲からない仕事を探している人っていないのではないでしょうか。やりたい職業、希望の年収、勤務地など理想型の仕事と成果が得られる求人を出している企業を探しているはずです。

ビジネスに関わる以上、転職先である企業は、営利目的で事業を展開しています。大企業~中小企業まで、組織の規模は様々ですが、儲かっていない企業の中にでさえも「儲けている人」というのが存在します。自分から進んで、儲からない仕事を選ぶ人がいることも事実ですが、お金を稼ぐことは経済を動かす意味で『健全な行為』なのです。

儲からない仕事に就かないための一番のポイントは『儲かっている会社を特定する』こと。企業には給与原資という、社員のみんなに支払える給与の総額が、人件費のなかで管理させています。この給与原資の金額が高く、社員の平均年収が高い企業、そのなかでも、今回紹介した儲かる5職種のような仕事を探して挑戦することが近道となります。

儲けることは、何かを叶えるための手段となってくるので、最終のゴールではありません。儲けることをゴールにしてしまうと課題を乗り越えらなくなることがあるため、儲けたらどうするのかをしっかりと決めて転職活動を進めていきましょう。

よくある質問

儲かる仕事はどんな職業ですか?

代表的なのは、1.不動産鑑定士/2.MR(医薬情報担当者)/3.宅地建物取引士/4.事務管理職/5.製造管理職などです。具体的な仕事内容/儲かる理由/向いてる人については、記事内「儲かる仕事5職種」の中で解説していますので参考にしてみてください。

儲からない仕事はどんな職業ですか?

よく知られているのは、1.介護福祉士/2.プログラマー/3.看護師/4.保育士/5.歩合制の保険営業などです。具体的な仕事内容/儲からない理由については、記事内「儲からない仕事5職種」の中で解説していますので参考にしてみてください。

儲かる仕事と儲からない仕事の違いは?

仕事が儲かるかどうかは生産性と影響力、専門性という3つが重要なポイントになってきます。稼げる仕事は3つのいずれかが必ず含まれていますが、逆に儲からない仕事は供給過多となっている可能性があります。

儲かる儲からないの判断はどうしますか?

正社員の報酬は、会社の給与原資の中から支払われます。この原資は、利幅の高い商売を行っている企業ほど、余裕があると考えてほぼ問題ないでしょう。つまり、効率的に利益を伸ばし続け、人員や設備など固定化した経費が少ない企業での仕事である必要があります。

記事を共有する。