口下手でも営業成績を上げることは可能か?顧客ニーズを引き出し掴む

口下手でも営業成績上がる?

口下手でも営業成績を上げることはできる

口下手だから営業は向いていない。口下手だからなかなか営業成績を上げることは難しいと思っていませんか?

営業ができるのは、コミュニケーション能力が高く、口がうまい人だと思われがちです。しかし決してそんなことはありません。

確かにコミュニケーション能力が高く、口がうまいほうが営業で有利なのは間違いないですが、口下手であっても圧倒的に営業成績を出している人はいます。

大切なのは顧客のニーズを掴むこと

営業で最も重要なことは、顧客のニーズを掴んで商品を売ることです。そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、意外とわかっていない人は多いです。顧客のニーズを把握していなければ、どんなに口がうまくてもなかなか商品を売ることは難しいのです。

そのためあなたが口下手なのであれば、上手く話そうとするよりはまず顧客のニーズは何か掴むことを心がけましょう。顧客のニーズを把握して、それを解決できる商品を売ることができれば、営業成績は上がっていくはずです。

質問で顧客のニーズを引き出そう

顧客のニーズを把握するためには、聞き上手になる必要があります。口下手であるならまずは聞き上手になることを目指したほうがいいでしょう。

そして質問で顧客のニーズをうまく引き出すことを心がけてください。顧客はどういったことに悩んでいるのか?

どんな悩みを解決したいと思っているのか?売る商品に対してどんな不安を感じているのか?また不満は何か?など質問によって引き出しましょう。

口下手なわけですからペラペラ話そうとするとボロが出てしまい、信頼されなくなってしまいます。できるだけ無駄なことは話そうとせず、聞き上手になって質問することを心がけましょう。

無駄なことを話さずに、顧客の不満に対してひたすら理解しようと聞くことに徹するだけで信頼されて、商品が売れるということはよくあるのです。

営業の種類によって口下手では難しい場合もある

しかし営業の種類によっては、口下手だと営業成績を上げることがなかなか難しいこともあります。ほとんど工夫できる余地がなく売る商品が固定されており、言葉巧みに新規でバンバン商品を売っていく必要がある営業職などです。

具体的には不動産の新規営業職、通信業界の新規営業職など当てはまります。

また体育会系の営業スタイルの会社でも口下手の場合はなかなか営業成績を上げることはなかなか難しいでしょう。もしあなたが口下手でそういった営業職をしているのであれば、もっと向いている仕事へ転職したほうがいいでしょう。

営業職といっても法人か個人か、売る商品は何か、ルート営業か新規営業かなど本当にいろんな種類があるのです。

記事を共有する。