人と関わらない仕事21選で発見!他人に振り回されず集中できる職業

人と関わらない仕事

人と関わらない仕事に興味をお持ちの方へ、在宅ワーク、正社員でも人と関わりの少ない仕事、完全自己完結型の仕事をタイプ別に21選ご紹介します。

気になる平均年収や仕事内容などを分かりやすく比較、解説。また人と関わらない仕事のメリット・デメリット、持っておきたい資格やスキル、おすすめの職種や業界など、実際に転職する際に役立つ情報も。

ご自身の適性と照らし合わせて、対人関係のストレスの少ない理想の仕事を見つけてください。

人と関わらない仕事とは

人と関わらない仕事とは「人とのコミュニケーションを必要最小限に抑えられる仕事」を意味します。実際に仕事としてお金を得るには、何らかの経済活動を通して他人と関わらなくてなりません。ですがそのときに相手とできるだけコミュニケーションをとらないで済む仕事というものはあります。

出社して同僚と顔を合わせる必要がない在宅ワーカー。黙々と手元やPCだけを見て仕事をする工場作業やプログラマー。あるいは完全自己完結型のデイトレーダーまで。

他人との対面での会話、さらには電話やビジネスメールのやり取りにもストレスを感じてしまうという人は実はかなり多く、こうしたコミュニケーションの負担が少ない仕事は隠れた人気があるのです。

どんな性格の人が向いているか

人と関わらない仕事は、誰にでもできるわけではありません。今現在、人間関係を煩わしく感じている人にとって、人との関わりが少ない仕事はとても魅力的に映るかもしれません。ところが、実際に他人とコミュニケーションをとることができなくなると、多くの人は新たなストレスを抱えることになります。

何か問題が起きたとき、すぐに相談したり手助けしてくれる人がいないという不安。チームの一員であるという一体感を得られないことによる孤独。高い専門性やスキルを生かしてフリーランスとして働くのであれば、常に成果を出さなくてはというプレッシャーもあります。

人と関わらない仕事というのは、他人とのコミュニケーションによるストレスから解放される代わりに、こうした不安やプレッシャーに打ち勝つメンタルの強さが求められるのです。もちろんこうしたデメリットを差し引いても、一人で好きな仕事に集中するほうが自分の力を発揮できる人であれば、人と関わらない仕事が向いているといえるでしょう。

人と関わらない仕事を求める理由

一般的には、現在上司や部署のメンバーとの人間関係に悩んでいる人、繊細な性格でコミュニケーションで気疲れしてしまう人、自分の仕事に集中したいのに他人のペースに合わせなくてはならないことに苛立ちを感じる人などが、人と関わらない仕事を求めて転職活動をしています。

そして、その誰もが他人との関わりという負担が無くなれば、もっと自分の力を発揮できるはずだと考えています。

ですが、一括りに人と関わらないといってもその性質は仕事によって様々で、それが本当に自分がイメージしている働き方なのかを見極めなくてはなりません。それぞれの仕事の平均年収や仕事内容についても併せて理解し、自分が本当にその仕事に適性があるのか総合的に判断しましょう。

人と関わらない仕事21選

人と関わらない仕事には、どのような職種があるのでしょうか。今回は、3つのカテゴリーを設定して、人と関わらない仕事の中から「21職種」を案内します。

  1. 在宅ワーク(SOHOなど)
  2. 正社員でも人と関わらない仕事
  3. 完全に人と関わらない仕事

全国的に、テレワークを導入する企業が増加傾向にある中、自分だけでできる仕事も増えていますので、人と関わりながら仕事をすることを望んでいない人は参考にしてみてください。

在宅ワーク(SOHOなど)

人と関わらない仕事21選
No.1~6

デザイナー [人と関わらない仕事 1/21]

デザイナーの仕事

仕事内容
クライアントの要望に合わせて商品や出版物、WEBサイト、ポスターなどに使用するデザインを作成する仕事です。画家のように自分の好きに描くわけではなく、ロゴマークなど商業的な狙いを持って、ユーザーの購買欲などを刺激するような戦略的なデザインが求められます。

オススメする理由
フリーランスとして独立が可能なので、人と関わらない働き方が選択できるでしょう。上司などとの人間関係に悩むこともなく、自分のペースで仕事ができます。

年収について
デザイン会社でイラストなどの仕事をするデザイナーの場合、平均年収は300万円~500万円程度。フリーランスとして独立すると年収はかなりバラつきがありますが、200万円~600万円までが全体の半数近くを占めています。

平均年収:300万円~500万円

Webライター [人と関わらない仕事 2/21]

Webライターの仕事

仕事内容
インターネットの各種サイトに載せる文章を作成する仕事です。ジャンルは幅広く、ニュースサイトの記事や、企業HPのコラム、ECサイトの商品紹介文、個人のブログに載せる文章を書くこともあります。文章の表現力よりも、インターネットの検索エンジンで上位になるための、SEO対策のスキルが求められるのが特徴です。

オススメする理由
PCとネット環境があれば作業が完結するので、自宅やカフェなど好きな場所で、人と関わらないで一人で仕事ができます。そのため、社員として会社に出勤して働くライターもいますが、多くの人がフリーランスとして自由に活躍しています。

年収について
企業に勤めているWebライターの場合、平均年収は480万円~550万円程度。しかしフリーランスのライターは副業として働いている場合も多く、年収200万円未満が3分の1の割合となっています。

平均年収:480万円~550万円

動画制作者 [人と関わらない仕事 3/21]

動画制作者の仕事

仕事内容
クライアントの要望に沿った動画の構成を練り、撮影、演出、編集作業などを行う仕事です。映像だけでなく音楽も用いるため、幅の広いクリエイティブのセンスが求められます。

オススメする理由
動画制作者もクライアントの要望を正確にくみ取るためのコミュニケーションは必要ですが、フリーランスであれば仕事のほとんどは自宅でPCや機材に向き合って黙々とこなすことができます。人と関わらないで、得意なことにとことんこだわってお金を稼ぐことができるのが魅力です。

年収について
社員として企業に雇われて動画制作の仕事に携わる場合の平均年収は300万円~400万円程度。ですが現在はフリーの働き方が注目されており、その場合は実績や人脈などにより大きく収入が左右されます。人気があれば年収1,000万以上も可能ですが、実績が無いうちは300万円未満というケースが多いようです。

平均年収:300万円~400万円

プログラマー [人と関わらない仕事 4/21]

プログラマーの仕事

仕事内容
プログラミング言語を活用して、コンピューターを動かすためのプログラムを作成する仕事です。また作成したプログラムの動作確認のためのテストや、バグが見つかったときの修正作業も重要な役目です。

オススメする理由
会社でプログラマーとして働く場合は、開発プロジェクトに参加してチームのメンバーと一緒に仕事をすることになるので、人と関わらないでいることは困難です。しかしプログラマーも実力があれば近年フリーランスとして独立する人も多く、その場合は一人で黙々とコンピューターのプログラムに取り組むことができます。

年収について
社員として企業に雇われているプログラマーの平均年収は400万円~500万円程度。フリーランスの場合、平均年収は600万円程度と少し高くなる傾向にあります。

平均年収:400万円~500万円

翻訳家 [人と関わらない仕事 5/21]

翻訳家の仕事

仕事内容
外国語を日本語に、あるいは日本語を外国語に訳す仕事です。翻訳には様々な種類があり、小説などの文芸関連の他、ビジネスや医療・法律などの実務系文書、ニュースやエンターテイメントなどの海外の映像に日本語の字幕や吹き替えをつける仕事などがあります。

オススメする理由
翻訳の世界は圧倒的にフリーランスが多く、実務系文書であれば経験の少ない人でもコンスタントに仕事を得ることが可能です。人と関わらないで自宅で仕事に没頭できるので、対人関係のストレスもありません。報酬は文字単価制なので、自分のペースで働けるところも魅力的です。

年収について
企業で正社員として働く場合の翻訳家の年収は400万円~600万円程度。フリーランスの場合200万円~500万円程度と比較的低めになっています。

平均年収:400万円~600万円

ハンドメイド作家 [人と関わらない仕事 6/21]

ハンドメイド作家の仕事

仕事内容
アクセサリーなどの自作のハンドメイド作品をネットショップやアプリで販売する仕事です。また作品販売だけでなく、ハンドメイドの教室などを開いて講師として活躍する人達もいます。

オススメする理由
自宅でコツコツと作品を作ることが活動のメインとなるので、人と関わらないですむ仕事です。またほとんどの人が趣味の延長線上として楽しんでいるので、ストレスもなく仕事としての敷居も低いのが魅力といえます。

年収について
ハンドメイド作家の平均年収は現状明確にすることができません。全体の8割以上が月商3万円以下といわれるハンドメイド作家は、確定申告や事業届の提出を行っていない場合が多いためです。月10万円以上稼げる作家は上位5%というアンケート結果も出ています。

平均年収:算出不可

正社員でも人と関わらない仕事

人と関わらない仕事21選
No.7~18

システムエンジニア(SE) [人と関わらない仕事 7/21]

システムエンジニアの仕事

仕事内容
クライアントの要望に沿ったソフトウェアのシステム開発を行う仕事です。仕様を決定し大まかな設計をしてから、それを開発プロジェクトメンバーのプログラマーに伝達して、プロジェクト全体をマネジメントする仕事です。ただシステム設計を行うだけでなく、予算や人員の管理まで担当します。

オススメする理由
システムエンジニアはクライアントの要望をくみ取り、プロジェクトメンバーへ指示を出すなど、人と関わらないで仕事をするのは難しい職種です。ですが一人で黙々とパソコンに向かう時間も長く、作業に没頭できるところは魅力です。

年収について
システムエンジニアの平均年収は300万円~800万円程と幅が広く、勤務する会社や年数、スキルによって大きな違いが出ます。

平均年収:300万円~800万円

システムデバッガー [人と関わらない仕事 8/21]

システムデバッガーの仕事

仕事内容
製品としてリリースされる前に、システムにバグが無いかを調べる仕事です。ユーザーが本来の使い方とは違ったアクションを起こすことも想定して、ありとあらゆるパターンの入力を繰り返して、全てが仕様通りに動作するのかチェックしていきます。

オススメする理由
長時間一人でシステムのデバック作業に従事することになるので、ほとんど人と関わらないで働くことができます。またシステムデバッカーには難しいスキルは必要なく、根気よくコツコツと作業ができる人なら誰でも目指すことができるでしょう。

年収について
ゲーム会社などに勤める正社員のデバッカーの年収は300万円~500万円程度ですが、デバッカーの求人のほとんどは単発のアルバイトで、正社員での転職は狭き門となっています。

平均年収:300万円~500万円

研究開発職 [人と関わらない仕事 9/21]

研究開発職の仕事

仕事内容
基礎研究による研究結果を受けて、実際に製品化するための開発を行う仕事です。基礎研究を専門とする研究職に比べて、研究開発職の仕事内容は幅広く、研究から臨床試験まで全般的に手掛けることになります。また大学の研究職では長期的にじっくりと研究に取り組みますが、メーカーなどの企業の研究開発職は納期とコストを強く意識して働くことになります。

オススメする理由
大学で専門的に研究してきたことなど、自身の強みを生かして働くことができます。学生時代のように仕事でも人と関わらないで自分の研究に没頭したいという人に向いています。仕事ですから成果は求められますが、人とのコミュニケーションに煩わされることは比較的少ない仕事といえるでしょう。

年収について
研究開発職の平均年収は400万円~800万円程度。幅が広くなっていますが、日本全体の平均よりは高めといえるでしょう。

平均年収:400万円~800万円

運送ドライバー [人と関わらない仕事 10/21]

運送ドライバーの仕事

仕事内容
長距離の荷物の運搬をする仕事です。運送ドライバーはトラックの種類によって仕事内容が変わり、小型ならコンビニや宅配便などの近距離、中型は中距離や近距離で様々な荷物を運び幅広く、大型は都市と都市の間の長距離の大量輸送を担います。

オススメする理由
車の運転が主な仕事内容ですから、その間は車内で一人で過ごすことができ人間関係のストレスから解放されます。特に長距離のドライバーとなるとトラックで寝泊まりして何日も人と関わらないで運転だけをして過ごすことになります。

年収について
運送会社で働くドライバーの平均年収は300万円~400万円程度ですが、大手会社などではドライバーの平均年収が600万円以上というところもあります。また運転できるトラックの種類、運送の距離によっても収入の違いが出てきます。

平均年収:300万円~400万円

工場作業員 [人と関わらない仕事 11/21]

工場作業員の仕事

仕事内容
工場作業員の仕事内容は大まかに分けてライン作業とピッキング、生産・工程管理があります。ライン作業はベルトコンベアーから流れてくる製品を検品したり加工する仕事で、ピッキングは伝票や指示書を見て、指定されているものを取り出す仕事です。生産・工程管理は製品と人員の管理を行い、発注作業も手掛けます。

オススメする理由
工場作業員の中でも、特にライン作業は人と関わらないで黙々とベルトコンベアーに向き合って作業ができます。無資格・未経験でもできて、比較的コミュニケーションの求められない仕事として常に人気があります。

年収について
工場作業員の正社員の平均年収は、300万円~400万円程度。全体平均の中では低めですが、工場は残業手当や休日出勤手当がきっちりとつく場合が多いので、仕事が忙しいときには各種手当がプラスされてさらに高収入が見込めます。

平均年収:300万円~400万円

警備員 [人と関わらない仕事 12/21]

警備員の仕事

仕事内容
警備員の仕事には大きく4種類あり、オフィスビルや商業施設などを警備する施設警備、現金輸送車などの警備を担当する輸送警備、ボディガードとして働く身辺警備、そして工事現場や人の賑わう場所で誘導を行う交通誘導警備・雑踏警備です。

オススメする理由
警備の仕事の中でも施設警備や交通誘導警備・雑踏警備は指定された場所で単独行動をすることが多いので、チームの仲間とコミュニケーションをとりながら作業することが苦手な人でも、人と関わらないで安心して働くことができます。

年収について
正社員として警備の仕事をする場合、平均年収は200万円~500万円程度。仕事内容の危険度や資格の有無によって違いが出ます。無資格の警備の仕事では、全体の平均の中で比較的低い年収になる傾向があります。

平均年収:200万円~500万円

清掃員 [人と関わらない仕事 13/21]

清掃員の仕事

仕事内容
オフィスビルやホテルなどの施設清掃の他、個人の自宅に出向いて清掃を行うハウスクリーニングなどを行う仕事です。施設清掃では掃除の他に、消耗品を補充したり、ゴミを回収したりといった作業も行います。

オススメする理由
清掃の仕事の多くは単独で施設の中を移動し作業を行うので、比較的人と関わらない仕事といえます。チームで協力して仕事をするより、一人で黙々と作業をしたいという人に向いているといえるでしょう。ただハウスクリーニングでは依頼者とのコミュニケーションが必須になります。

年収について
正社員として清掃の仕事をする場合、平均年収は200万円~300万円程。一般的に全体の平均の中では低い収入として認識されている清掃員ですが、部長などの管理職クラスになると500万円近い年収を稼げる可能性もあります。

平均年収:200万円~300万円

ビルメンテナンス [人と関わらない仕事 14/21]

ビルメンテナンスの仕事

仕事内容
ビル管理の仕事内容はさまざまで、空調設備や電力設備、給排水設備、機械設備、ボイラーなど設備全般の管理と清掃、さらには警備や防災といった業務も担います。そのため幅広い専門知識が必要となり、転職の際には危険物取扱者などの資格が求められるケースもあります。

オススメする理由
ビルメンテナンスの仕事も清掃と同じく、単独で行動することがほとんです。一人で色々な作業を担わなくてはならないのは大変ですが、その分人とは関わらないで、自分のペースで働くことができるのが魅力です。

年収について
正社員としてビルメンテナンスの仕事をする場合、平均年収は280万円~300万円程。無資格で働く場合と、ビル管理士の他、電気工事士、ボイラー技士などの資格がある場合とで年収に違いが出ます。

平均年収:280万円~300万円

経理事務 [人と関わらない仕事 15/21]

経理事務の仕事

仕事内容
経理事務の仕事内容はお金に関わるもので、会社の入出金の流れを管理し記録していくことになります。消耗品の購入費の管理、業務上の取引の伝票を起票、買掛金の支払いと売掛金の回収の他、社員の給与計算も経理事務の仕事です。また年に一度の決算業務や税務報告は重要な業務となっています。

オススメする理由
経理事務の仕事はデスクワークが基本で、一日自分のデスクでお金の計算をしていることも珍しくありません。小規模な会社では営業事務の仕事などを同時に担うこともありますが、経理事務だけ任せてもらえる企業であれば、極力人と関わらないで自分の仕事だけに集中して働くことができるでしょう。

年収について
正社員として経理の仕事をする場合、平均年収は420万円~580万円程度。勤務する企業の規模や所持している資格、スキルによって大きな幅があります。

平均年収:420万円~580万円

検針員(電気・ガス・水道) [人と関わらない仕事 16/21]

検針員の仕事

仕事内容
各家庭や施設の電気、水道のメーターを見て回り、ハンディに数値を入力して請求書を発行し、メーターの点検を行う仕事です。ほとんどの場合はエリア担当制で、自転車や徒歩で移動してエリア内を回ります。

オススメする理由
検針員は単独で行動することがほとんで、一人で黙々と仕事を進めていくことができます。実際にメーターを見たり請求書を発行するときも住人と顔を合わせる必要もないので、できるだけ人と関わらないで働きたい人にはぴったりの仕事です。

年収について
正社員として検針員の仕事をする場合、平均年収は180万円~400万円程。歩合制で仕事をすることが多く、自分の担当するエリア内の件数にも収入が大きく左右されます。また副業としてアルバイトなどの雇用形態で働く人のほうが多く、正社員の求人は希少です。

平均年収:180万円~400万円

新聞配達員 [人と関わらない仕事 17/21]

新聞配達員の仕事

仕事内容
新聞の朝刊と夕刊を各家庭に配達する仕事です。また朝刊には折込チラシの準備もあるのでこの作業も担います。エリア担当制で、決められた時間内にエリア内の配達を終えられるようにルートを設定します。

オススメする理由
一人で決まったルートを回り配達するだけの仕事なので、人と関わらないで働くことができます。また仕事内容も単純作業を自分のペースで黙々とこなすというもので、資格やスキルが無くても働くことができると人気の仕事となっています。

年収について
正社員として新聞配達の仕事をする場合、平均年収は200万円~300万円程。全体の平均の中では低い年収となっています。そのため多くの人は他に本業を持って、副業のアルバイトとして働いています。

平均年収:200万円~300万円

自販機ルート配送 [人と関わらない仕事 18/21]

自販機ルート配送の仕事

仕事内容
担当エリア内の自動販売機を回って、商品の補充を行う仕事です。補充する商品の数やラインナップなどは自分で考えて決定するため、工夫次第で売上を大きく伸ばすことが可能です。また意外と重要な仕事に自販機とその周辺の清掃があります。

オススメする理由
一日の業務の大半を社外に出て一人で行うため、他人とコミュニケーションをとることはほとんどありません。倉庫のスタッフとの伝票や商品の受け渡しがあるくらいで、あとは単独で車を運転して移動し、淡々と補充の作業を行います。また売上アップのための対策も自分一人で考え実行に移すことができ、人と関わらないで自由に働けるのが魅力です。

年収について
正社員として自販機補充の仕事をする場合、年収は300万円~400万円程度。頑張り次第でここに残業手当や、自販機の売上に応じたインセンティブがプラスされます。

平均年収:300万円~400万円

完全に人と関わらない仕事

人と関わらない仕事21選
No.19~21

デイトレイダー(個人投資家) [人と関わらない仕事 19/21]

デイトレイダーの仕事

仕事内容
デイトレーダーとは株式の個人投資家のことで、短時間の株取引を繰り返して一日単位で利益を上げることを目的としています。より長期的な目で株価の動きを見守る投資家とは違い、朝に証券取引所が開いてから夕方閉まるまでの間、パソコンの株価の動きを表すモニターに釘付けになって売買の判断を行います。

オススメする理由
デイトレーダーは自宅でパソコンの画面を見て、取引のための操作を行うだけの仕事なので、人と関わらないという点で理想的です。他人との一切のコミュニケーションを避けたいという人におすすめです。

年収について
デイトレーダーの平均年収を明確に出すことはできません。実はデイトレーダーのうち9割はトータルでマイナスになっているといわれるほど、収入を得ることそのものが難しい仕事です。

平均年収:算出不可

アフィリエイター [人と関わらない仕事 20/21]

アフィリエイターの仕事

仕事内容
自身が運営するWebサイト上に代理店や企業から依頼された広告を掲載し、そのクリック数や商品の購入数に応じた報酬を得ます。よりサイトの訪問者を増やすためにコンテンツを充実させたり、訪問者の属性や滞在時間の分析も行います。

オススメする理由
自分で所有するサイトの管理が仕事なので、ほとんど人と関わらないで作業は完結します。またサイトのデザインやコンテンツ内容など、何でも自分の思い通りに色々と工夫できるのは楽しくもあります。

年収について
アフィリエイターもまた収入は人さまざまで、明確に平均年収を出すことが難しい仕事です。個人によって月の売上は数千円から数百万円までの差がありますが、アフィリエイターとしての収入だけで生計をたてられるのは全体の1割ほどといわれています。

平均年収:算出不可

チラシ・ポスティング [人と関わらない仕事 1/21]

チラシ・ポスティングの仕事

仕事内容
一般家庭のポストにチラシを投函する仕事です。対象となる住居は一戸建てから大規模なマンションまで様々で、投函物にもフリーペーパーなどの小冊子が含まれる場合もあります。

オススメする理由
ポスティングの仕事は人と関わらない完全単独行動になるので、職場の人間関係のストレスから解放され、自分のペースで働くことができます。ただし、仕事中にチラシを投函した家の住人から直接クレームを言われる可能性もあるというリスクはあります。

年収について
ポスティングの仕事はほとんどが歩合制のアルバイトで、副業として手掛ける人が多いため明確な平均年収を出すことができません。ただ1枚あたりの単価の相場は2円~6円で、1日に5,000円前後の収入を得ることはそう難しくはないでしょう。

平均年収:算出不可

人と関わらない仕事の求人が多い業界

人と関わらない仕事の求人が多い業界

人と関わらない仕事に就くためには、先述したような21職種がありましたが、これから仕事を探す場合には『どの業界で求人が多い傾向があるか』を知っておくと便利です。

ここでは、人と関わらない仕事の求人が多い「IT/WEB」「製造」「運送」の、3つの業界と特徴/求人が多い理由などについて解説していきます。

IT/WEB業界

【IT/WEB業界の特徴】
IT業界はインターネットに関するあらゆるサービスを提供し、中でもWEBのサイトやサービスを制作したり、アプリケーション開発、WEBメディア運営などに携わるのがWEB業界です。将来的にさらなる成長が見込める業界で、まだまだ人手不足で異業種からの転職もしやすいといえるでしょう。

▼人と関わらない仕事の求人が多い理由
職種にもよりますが、クライアントと話し合ったり、誰かと一緒に行動する時間よりも、一人でPCに向かって黙々と作業をする時間のほうが長い業界といえます。またPCとネットワークさえあれば自宅でも仕事ができる職種が多いので、在宅ワークも積極的に取り入れられています。

代表的な職種
IT/Web業界の代表的な職種は、システムエンジニア、プログラマー、WEBデザイナー、コーダーなどです。

製造業界

【製造業界の特徴】
製造業界は取り扱うものが機械から医療品や食品まで幅広くありますが、現場の作業員として働く分には、比較的未経験からでも転職がしやすい業界といえるでしょう。これは現代において生産工程の多くがオートメーション化されて、人が作業する仕事にもきっちりとしたマニュアルがあることが理由です。

▼人と関わらない仕事の求人が多い理由
現場の工場作業員から研究開発職まで、自分の仕事に集中して取り組む職人気質な仕事が求められます。製造業界においては自宅でできるような仕事は多くないため、積極的に在宅ワークができる職種というのは希少ですが、営業職以外はクライアントとのやり取りはほとんど必要ありません。

代表的な職種
代表的な職種は、工場作業員、品質管理、生産技術・製造技術などです。

運送業界

【運送業界の特徴】
運送業界には陸上、海上、航空、倉庫・運輸関係の4つの分野があり、どれも現代の生活に必要不可欠な物流を担っています。そのため時代が変化しても求人が無くなることはないでしょう。

▼人と関わらない仕事の求人が多い理由
運送業界として欠かすことができないのが、実際に荷物を運ぶトラックドライバーの人材です。仕事のほとんどが車の運転のため対人関係のストレスの少ない仕事ですが、生活が不規則であるなどの理由で敬遠されることも多く、常に人手不足の問題がありました。しかし最近では運送ドライバーの待遇を見直す企業が増加し、より魅力的な求人も増えています。

代表的な職種
代表的な職種は運送ドライバー、倉庫作業員、またバスの運転手やタクシードライバーも旅客運送という運送業界の仕事になります。

人と関わらない仕事に向いてる人の特徴

向いてる人の特徴

人と関わらない仕事が向いてる人には3つの特徴があります。今回紹介した職種意外にも、人と関わらない仕事をする上では欠かせないので、自分自身が持ち合わせている特徴であるか確認してみてください。

特徴1:コミュ障な性格の持ち主

コミュ障な性格とは、人見知りのことを指します。通常仕事では親しくない人とでも頻繁にコミュニケーションをとる必要があります。コミュ障な性格の人は、そうした環境で多大なストレスを感じてしまうのです。

▼人と関わらない仕事が向いてる理由
コミュ障な性格の人は対人関係のストレスで、業務に支障をきたしている場合があります。人と関わらない仕事に就くことで、本来の実力を発揮できる可能性が高いでしょう。

▼オススメな仕事
コミュ障な人が向いている仕事は、検針員・デイトレーダー・アフィリエイターなどです。

特徴2:マイペースな性格の持ち主

マイペースな性格の人は他人に合わせて仕事をするのが苦手です。自分が頑張りたいと思ったときに集中して作業をします。

▼人と関わらない仕事が向いてる理由
マイペースな性格の人は、他人に細かくあれこれ指示され、業務の進捗を管理されることにストレスを感じます。ですから人と関わらない仕事を選ぶことで、自分で目標や計画を立て意欲的に仕事を進めることができるでしょう。

▼オススメな仕事
マイペースな性格の人が向いている仕事は、WEBライター・翻訳家・運送ドライバーなどです。

特徴3:職人気質な性格の持ち主

職人気質の性格の人は、強いこだわりを持っています。それを突き詰めることで、人より優れた成果を出すことができます。その一方で自分のこだわりを追及できない環境ではやる気を失くしてしまいます。

▼人と関わらない仕事が向いてる理由
職人気質の人は、誰にも邪魔されず自分のこだわりを追及したいと思っています。ですから人と関わらない仕事を選ぶことで、もっと仕事に熱中することができるでしょう。

▼オススメな仕事
職人気質の性格の人が向いている仕事は、デザイナー・ハンドメイド作家・研究開発職などです。

人と関わらない仕事に就くメリット

メリット

人と関わらない仕事に就くと『3つのメリット』があります。一人で集中して仕事をする立場の職種ならではの内容なので参考にしてみてください。

メリット1:対人関係の悩みを最小限にできる

人と関わることがなければ、余計な人間関係のストレスを感じることもなく業務に集中できます。職場の人間関係の悩みは、常に転職理由の上位に並んでいます。

上司からのパワーハラスメントなど、自分では改善のしようもない状況に追い込まれてしまうことも少なくありません。

せっかく転職してもまた新たなトラブルを抱えることになったらどうしようと不安に思う人は、できるだけ人と関わらない仕事に絞り込んで転職活動をするのもおすすめです。

メリット2:自分のペースで働くことができる

人と関わることがなければ、他人に振り回されず自分のペースで仕事を進めることができます

実際に仕事をしていると、計画的に仕事を進めていくつもりが、上司に想定外の仕事を押し付けられたり、他人のミスのフォローに追われたりすることがよくあります。

さらにはコミュニケーションをとるうえで行き違いがあり、余計な手間と時間がかかることもあるでしょう。人と一緒に仕事をする必要が無ければ、こうしたトラブルに見舞われることもありません。

メリット3:自分の強みに集中して働ける

人と関わることが無いということは、それだけ仕事で自分の個性を出せるということでもあります。

チームの一員として周りと協力しながら働く場合には協調性が求められます。自分には別のやり方があっていると思っても、チーム全体の意見に合わせるしかありません。

スタンドプレーは例え成果を出せたとしても周りの反感を買う可能性があります。人と関わらない仕事であれば、自分の強みを生かして集中力をもって働くことができます。

人と関わらない仕事に就くデメリット

デメリット

人と関わらない仕事に就くと『3つのデメリット』があります。理想の環境を手に入れるには、何かを捨てる選択をしなくてはならないこともあるので、参考にしてみてください。

デメリット1:単純労働が多くスキルアップが難しい

専門性が高い仕事で起業したり、在宅ワークをすることができればよいのですが、そうでない場合には、人と関わらない仕事の多くは単純作業や肉体労働になります。

そのためスキルアップが望めず、将来的にキャリアチェンジも難しいというデメリットがあります。転職する場合、スキルや資格はとても重視されます。

若いうちはひとり黙々と作業するのが気楽でも、年齢を重ねてもっと違う仕事がしたいと思っても道が絶たれてしまう可能性があるのです。

デメリット2:人と接しないため視野が広がりにくい

人と関わらない仕事のデメリットで見落とされがちなのが、視野が広がらないということです。人は他人との会話から、無意識のうちに多くの気づきを得ています。

仕事のミーティング以外でも、休憩中のちょっとした雑談から問題の解決策が見えたり、新しいアイデアが生まれたりするものなのです。

ですが、そのように人と接する機会がないと、視野が狭まっていき考えも凝り固まってしまいます。結果として変化に対応できない、気持ちが煮詰まってしまうなどの問題が生じます。

デメリット3:低所得で生活が楽になりにくい傾向がある

人と関わらない仕事には単純作業が多く、このような仕事は総じて収入が低いというデメリットがあります。

将来的にもっと高収入な仕事を探しても、コミュニケーション能力が身についていないと転職は難しいでしょう。そのために、結局、同じような単純労働の仕事に従事することになり、生活は苦しいままになります。

人と関わる必要がない仕事を安易に選択してしまうと、生涯年収において周りに差をつけられてしまうことは避けられません。

人と関わらない仕事に強い資格・スキル

資格・スキル

人と関わらない仕事をする際に、有利になる資格を5つ紹介します。

大型自動車第一種免許

大型自動車第一種免許は、車両の総重量が11t以上、最大積載量は6.5t以上、乗車定員30人以上という大型車両の運転に必要な資格です。

▼取得にかかる期間と費用
教習所で資格を取得するのに必要な期間は、10日~20日程度、費用は13万円~35万円程度です。すでに所持している資格、合宿か通学かで違いがあります。

おさむ編集員

大型自動車第一種免許があれば、大型トラックドライバーとして働けるようになります。物流の業界で長距離・長時間の運送の仕事に従事し、人間関係のストレス無く高収入を得ることも可能です。

中型自動車第一種免許

中型自動車第一種免許は、車両の総重量が7.5t以上で11t未満、最大積載量は4.5t以上6.5t未満、乗車定員人数は11人以上の29人以下という車両の運転に必要な資格です。

▼取得にかかる期間と費用
教習所で資格を取得するのに必要な期間は6日~2か月程度、費用は11万円~24万円程度です。すでに所持している資格、合宿か通学かで違いがあります。

おさむ編集員

中型自動車第一種免許があれば、運送会社で一般的な4tトラックが運転できるので、物流の業界で運送ドライバーとして働くことができます。またマイクロバスによる送迎の仕事も可能です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリストは、ワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィスの製品の取り扱いについて一定以上のスキルがあると証明する資格です。

▼取得にかかる期間と費用
資格取得のために必要な勉強時間は、全くの初心者でも80時間程度、費用は一科目で10,780円、より高度なエキスパートレベルでは1科目12,980円です。WordとExcel両方の資格を取得しようとすれば、それぞれ倍の費用がかかります。

おさむ編集員

マイクロソフトオフィススペシャリストがあればWordやExcelのスキルだけでなく、ITリテラシー全般の高さの証明ともなるので、事務仕事、秘書、あるいはパソコンのインストラクターといった職に就く際に有利になります。

ITパスポート試験

ITパスポートは、情報処理技術者としての初歩的な知識があることを証明する資格です。WordやExcelを操作できるということではなく、パソコン/ネットワーク/個人情報/セキュリティなどの基礎を、ある程度理解していることを示します。

▼取得にかかる期間と費用
資格取得のために必要な勉強時間は、30時間~100時間程度とPCの理解の度合いによって違いがあります。費用は受験料が5,700円です。

おさむ編集員

ITパスポートは、ITエンジニアとして働くための入門の資格です。あくまで基礎的な内容なので、ITエンジニアとして転職するときに資格が武器になることはありません。

ですが、ITエンジニアを目指してゼロから勉強するときには、情報系入門資格の中では合格率が高いITパスポートを取得することを一つの目標にするとよいでしょう。

TOEIC®

転職で有利になるTOEICのスコアは一般的に700点以上とされています。これは社会人全体の平均が600点程度だからです。700点あれば、平均よりも英語力があるということの証明になるでしょう。

実際に海外の取引先とのやり取りがある仕事では800点以上、外資系企業では900点以上と、より高いスコアが求められる仕事もあります。

▼取得にかかる期間と費用
社会人平均レベルの600点から700点へと、スコアアップするのに必要な時間は200時間程度、費用は受験料が7,810円です。

おさむ編集員

TOEICで800点以上のスコアがあれば、海外製品を扱う会社や、海外赴任のある会社での仕事がスムーズに進みます。また、900点以上あれば外資系企業や翻訳者の仕事に生かせるでしょう。

人と関わらない仕事が辛くなったときの回復術

モチベーション回復方法

意を決して仕事を休む

通常であれば仕事の小さなストレスは、同僚や上司からの励ましや慰め、あるいは何気ない雑談などで和らげることができます。しかし人と関わらない仕事をしていると、そうした発散の手段がありません。気づかないうちにストレスが溜まって限界を超えてしまうこともあるので、思い切って仕事から離れるのが有効です。

▼アドバイス
ストレスが限界を超えて心身に大きなダメージを負ってしまうと、長期で仕事を休まざるを得なくなります。ですから早めに1日や2日のリフレッシュ休暇を取り、憂鬱な気持ちを引きずらないようにしましょう。

気心の知れた人と話す

人と関わらない仕事をしていると、仕事上で壁にぶつかったり、悩みがあっても誰にも相談ができないので孤独感がつのっていきます。そのようなときには家族や学生時代の友人など、自分のことを心配してくれる人達に話を聞いてもらうことで気持ちを楽にすることができるのです。

▼アドバイス
できれば定期的に友人と集まる機会を設けるようにして、日頃から仕事の話がしやすいプライベートな人間関係を築いておくようにしましょう。全く違った業界や職種の友人の話を聞くことは、よい刺激にもなります。

自分の目標を見直してみる

どうしても辛いときには、自分が仕事をするうえでの目標を見直すことで新しい道が開ける可能性があります。人と関わらない仕事が好きで始めたけれど、実際に働く中で他にやりたいことが見えたという人もいるでしょう。目標について見直すことで転職も選択肢に入れることができます。

▼アドバイス
一度、立ち止まって、自分が将来どうなりたいのかというキャリアプランについて考えてみましょう。そのプランを達成するためには、人と関わる仕事に就くことが必要だと納得できれば、前向きな気持ちで転職活動に臨むことができるでしょう。

まとめ ≪今後へ向けてのアドバイス≫

今後へ向けてのアドバイス

人と関わらない仕事は、対人関係のストレスから解放されるというメリットがある一方で、高い専門性求められたり、収入面で不安があったり、メンタルの管理が難しいというデメリットもありました。

強みが活かせる、自分に向いている仕事が見つかればいいのですが、ただ一人でできる仕事だからという理由で安易に転職するのは危険です。

転職を考えるなら、まずは通常の仕事探しと同じようにその職業や業界についてよく研究し、必要であれば資格やスキルを身につけて万全の準備で臨むようにしましょう。

現在は働き方がますます多様化していき、これまでは人と関わることが必須だと思われていた仕事でも在宅ワークの導入などで、より仕事上の対人関係のストレスは少なくなっている傾向にあります。

そうした働き方を積極的に導入している企業を探してみるのもおすすめです。

人と関わらない仕事について「よくある質問」

よくある質問
人と関わらない仕事にはどんな職種がありますか?

デザイナーやプログラマーなど、業界ごとに色々な職種がありますが、人と一定の関わりが必要となる職種、完全に人と関わらない職種の大きく2つに分かれています。本記事「人と関わらない仕事21選」の中で紹介していますので、仕事選びの参考にしてみてください。

完全に人と関わらない仕事はありますか?

はい、あります。デイトレイダー(個人投資家)、アフィリエイター、チラシのポスティングなどの仕事の場合、業務は完全に一人で行うことができるので、人とは関わらないで働くことができます。

人と関わらない仕事のメリットは何ですか?

主に3つのメリットがあるので紹介します。「対人関係の悩みを最小限にできる」「自分のペースで働くことができる」「自分の強みに集中して働ける」などです。人によりメリットと感じるポイントは異なりますので、自分にとってのメリットも思い浮かべてみましょう。

人と関わらない仕事のデリットは何ですか?

主に3つのデメリットを紹介します。「単純労働が多くスキルアップが難しい」「人と接しないため視野が広がりにくい」「低所得で生活が楽になりにくい傾向がある」などです。デメリットは、目的や目標により個人差がでます。

記事を共有する。

ABOUT US

F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。