新卒入社後わずか半年で転職を成功するコツ!メリットとデメリットも完全網羅!

新卒入社後半年で転職成功

新卒入社で退職はいつからできる

入社してから最低でもこれくらい働いていなければいけないと言った決まりはないですが、継続する事は次の転職に大きくひびいてきますので1年間は継続して会社に務めることをおすすめします。

1年間ひとつの会社で勤めれば、社会人としてのマナーが自然と身についたり、会社というものがどんなものなのかがわかります。新卒入社から転職するならば1年間という期間を目安として、退職から転職までの計画を立ててから転職活動を進めていきましょう。

新卒から入社!半年で転職を成功させるコツ

新卒入社から半年で転職する事はリスクがでてきますが、転職できない訳ではありません。転職する場合は辞めた理由を明確に答えれるようにしておくことがポイントです。

転職には2つの成功させるコツが2つあり、転職するとなったら早く見切りをつける事と転職サイトを上手く使いこなす方法があります。

見切りをつける早さが重要

転職活動をする場合、ある程度の見切りをつける早さが重要になってきます。早く見切りをつけるケースとして多いのは、ブラック企業や体力と精神面の限界、業績不振といったケースがあげられます。

その他にも実際に働いた場合、仕事内容や労働環境に限界を感じることも出てくるでしょう。先ずは立ち止まって自分でよく考え、それでも解決策がみつからない場合は上司や友人に相談を促すと自然と解決へとつながってくるのではないでしょうか。

会社に見切りをつける時は、ちょっとした不安を感じる瞬間から限界だと感じ会社を離れようと決心した瞬間まであります。会社を辞める事は誰もができればしたくない事ですが、ビジネスでは色んな場面で見切りをつける能力が必要になってくることがあります。

取引先の選定、商品の選定、人の選定などの場面で見切りの能力は必要になってきますので、会社の状況を無しにして普段からビジネス力を磨いておくことも重要となってきます。

第二新卒の転職サイトを利用する

第二新卒で転職を考えている人は、転職サイトを利用する時に、応募したい企業や求人を見つけたら、大手の転職エージェントを通じて応募する方法がおすすめです。

第二新卒を探す時には第二新卒向けの転職サイトを利用することが望ましいのですが、注意するポイントがあります。

転職サイトから単に応募するだけでは面接に落とされることは少なくありません。転職サイトで求人を探し、相談ができる転職エージェントと連携する事がおすすめです。

転職エージェントに推薦してもらうことで書類選考の通過率が大きく上がったり内定率も劇的に上がるので転職サイトと転職エージェントを上手く利用していきましょう。

新卒入社から半年で転職するメリット

新卒入社から半年以内で退職をして転職をする場合、個人にとってメリットがでてきます。「今の会社は自分に合わない」、「自分にはもっといい職場があるのではないか」と悩んでいるなら、退職を考えるタイミングかも知れません。新卒入社から半年で転職する時に知っておきたいメリットを見ていきましょう。

有給休暇が取得できる

新卒入社から半年で転職を考えている人は、有給休暇が使えるメリットがあります。就職をして勤務から6ヶ月が経過すると、10日間の有給がもらえます。

転職活動をする時に有給休暇があると、転職エージェントに相談をする時間や企業に面接をする時間が給料をもらいながら時間を確保することが可能になります。

会社によって細かい設定はあるかと思いますが、有給休暇は労働者が自由に使えるので心と体を休められます。休暇をとると冷静な判断がしやすくなるので有給休暇を使うのはおすすめです。

希望の会社・仕事に転職できる

新卒入社から半年で転職する時、希望の会社や仕事に転職できるメリットがあります。少しでも会社で働いた経験があることで、ビジネススキルや社会での立ち振る舞いなどが身についているため、多くの企業では貴重な人材として重宝されます。

企業からすると新卒の人を採用するよりも、ある程度のビジネススキルを身につけてくれてた人を、積極的に採用をしたいと思っています。

新卒の時に競争率が高かった企業、就職したかったけど入れなかった企業は第二新卒を対象とした求人をだしている事もあるので、転職エージェントに相談することをおすすめします。

新卒入社から半年で転職するデメリット

新卒入社から半年で転職をするメリットがあれば、転職ができにくいデメリットもあります。デメリットは、把握することによって対策を練ることができるので、しっかり頭に入れて転職活動は進めていきましょう。

転職回数が増えると転職できにくくなる

転職回数の多さをプラスに捉える企業はごくわずかで、転職回数が増えれば増えるほど、転職する時に不利になることがあります。

収入をアップしたい、キャリアアップがしたい、ハラスメントがあった等、転職に繰り返す理由はたくさんあるかと思います。

転職経験者が陥りやすい落とし穴は転職に慣れてしまうこと、希望の職種に転職を希望するなら転職回数を増やさないように努力をするのことがおすすめです。

就活が必要になる

入社から半年で転職する場合のデメリットは、就職活動を最初からおこなう必要がでてきます。企業を選択する事や企業の調査など、新卒の時と同じような就職活動からスタートです。 前回に就活をしている場合、やるべき事とやらないでいい事の区別はできるはずなので、就活にかける時間は少なくて済みます。経験した時間が違う事へ有効利用できるので経験を存分に生かして就活を楽しんでいきましょう。

新卒入社で企業を半年で辞めるリスク

新卒で入社した企業を半年で辞めるのは、1年や2年勤めて辞めるのと比べると短期離職のリスクは大きくなります。小さなリスクから大きなリスクまで考えるとキリがないですが、行動しない事が時にはリスクとなる事もあるので要注意です。

後々、後悔しない為にも半年で辞めることのリスクをしっかりと理解し、仕事を辞めても困らない対策をとりながら転職活動は進めていきましょう。

企業にまた辞めると思われる

入社してから半年で辞めるリスクとしてあげられるのは、「転職先の企業にまたやめられてしまうのではないか」と思われてしまうことです。一度転職の癖がつくと理想を追い求めて、現実が見れていない人と思われてしまいます。

転職をするのは悪いことではありませんが転職が続くと、どうしても企業からしたらマイナスのイメージを持たざる得ないでしょう。

転職を繰り返す時は、この人となら一緒に仕事がしたいと思われるように転職理由を明確にして挑戦することがおすすめです。

転職時!新卒の時より選択肢が減る

就職する時に新卒と第二新卒では就職先の選択肢が大幅に変わる事は知っているでしょうか。新卒と第二新卒の転職状況を比べると、新卒採用は企業で活躍する中心的人物を採用する傾向があり、中途採用は人員が足りない時の即戦力として採用される傾向があります。

第二新卒は自分が求める企業への就職が難しく、新卒の場合は一から人材を育てるので就職先も多く就職の幅が広がります。

第二新卒の採用は、昔より徐々に多くなってきましたがスキルの少なさや長期就業への積極性の無さといった理由から転職は難しくなっています。

転職で給料交渉はできるのか?

転職をする時に希望金額から給料が下回る時は給料交渉をする事は大切です。転職先の提示金額が、現職や前職と比較して低かったり、自分のキャリアやスキルに見合っていないと感じた場合は、面接時の条件交渉する時や内定後に給与の話を切り出すことをおすすめします。

給与交渉をするポイントしては、強気で話をする事や自信がなさそうに話すのは評価を下げる事になりかねません。まずは自分の市場価値を理解してキャリアやスキルに見合った金額で冷静になって給料交渉するのが大切です。

印象がよくない給料交渉は、能力以上の金額掲示や業界の水準からかけ離れた金額掲示は面接官に悪い印象を与えてしまいます。内定後の面談でしっかりと企業を説得するのではなく納得してもらうように進めていきましょう。

転職活動はサポートサービスを使って成功の道へ

色んな不安がある転職活動は周りに相談する事は難しく、1人で転職活動をする傾向があります。1人で転職活動を進めて求人に応募しても、時には面接すらさせてもらえない企業もありますので注意が必要です。

転職活動は転職サイトや転職エージェントのサポートサービスを上手に使い、本音で相談ができる相談相手を見つけて転職活動を成功させましょう。

記事を共有する。