ハローワーク活用で転職を成功に導く流れ!持ち物と服装は?メリットデメリットまで解説

ハローワーク活用で転職の流れ

成功しよう!ハローワークで転職をする流れ

ハローワークに目を傾けてみると、日本では転職者人口は増え続けています。

勤務環境が悪い・給与が低いなどの様々な理由で、転職について一度は考えたことがあるのでは無いでしょうか?

転職サイト・エージェント・企業展を利用するなど転職方法は様々ですが、今回はハローワークを使った転職について利用方法やメリット・デメリットを紹介していきます。

色んなサービスが充実しているハローワーク

ハローワークと聞くと仕事を探す場所というイメージが強く、求人を検索できたり仕事先を紹介してもらう場所として認知されています。

しかし、ハローワークは求人の検索以外にも、失業保険の申請や職業訓練の受講等のサービスを提供しているのです。

失業保険の申請をすれば、条件を満たすことにより失業給付金が出るのでお金の心配を減らして転職活動に取り組むことができます。また職業訓練では、ニート脱出や第二新卒のスキルや経験不足により転職先が限られるという悩みの解決を手助けしてくれます。

朗報!ハローワークは完全無料で利用できる

様々なサービスを提供しているハローワークで、実は無料で利用することができる事を知っていますか?

ハローワークは公共職業安定所と呼ばれており、国民に安定した雇用機会を確保する事を目的として厚生労働省が設置している行政機関です。

そのため税金で運営されており、民間企業とは違い、利用料で利益を出す必要がないため無料で利用ができます。

ハローワークの営業時間や流れ

ハローワークは原則として、平日の8時30分から17時15分まで利用することができます。

また、人口20万人以上の都市や隣接する都市は8時30分から19時と土曜日の10時から17時まで利用することができます。

しかし、平日の17時15分以降と土曜日は職業紹介のみの取り扱いで、失業保険などの対応はしていないので注意しましょう。

さらに言えば上記で紹介したのは原則としての営業時間です。エリアによって営業時間が異なる場合があるので、チェックしてから訪れることをおすすめします。

ハローワークでは何ができる?

ハローワークでは主に「求人の検索」「失業保険などの申請」「職業訓練」の3つのサービスを受ける事ができます。

「ハローワークに掲載されている様々な求人を検索して、自分に合った仕事を見つける」

「失業保険の手続きをして生活を安定させながら転職活動をする」

「やりたい仕事につくために職業訓練を受ける」

 転職活動をするうえでとても重要な事なので、一つ一つ詳しく説明していきます。

求人を閲覧できる

ハローワークでは職種・業種などで転職先を探すのはもちろん、正社員の求人だけではなくパートやアルバイトといった求人も探すことができます。

求人情報はハローワーク内に設置してあるパソコンで確認することができ、様々な条件から検索して自分に合った仕事を探すことができます。

気に入った仕事を見つけたら、職員に選考を受けたい旨を伝える事で企業に連絡をしてくれるので自分で連絡する必要はありません。

失業保険などの手続き

前職で雇用保険に加入して月々の給与から保険料を支払われていた方は、失業給付金を受け取れる可能性があります。

失業給付金を受け取るには条件があるので、自分が受け取れるのかどうかチェックしてもらいましょう。

また、失業給付金だけではなく、ハローワークで転職を成功させるともらえる再就職給付金や育児休業の不安を解消する育児給付金等もあり、それぞれ条件があるので確認してもらいましょう。

職業訓練によるスキルアップ

職業訓練はニートから脱出するためや、第二新卒などの実績がなく自分のスキルに不安がある方が資格を取って就職・再就職しやすいように支援してくれるサービスです。

講座にはパソコン講座のように、どんな仕事にも役立つものや、介護士・ネイルアートなどといった専門的な講座も用意されているので、新しいことに挑戦したいという方の手助けになります。

ハローワークで転職!利用時の流れ

ハローワークで、どのようなサービスが利用できるのかについて説明してきましたが、ハローワークを活用するには具体的にどのように動けば転職活動がスムーズなのかについて紹介していきます。

転職活動は事前準備をしっかりして、スピーディーに動くことが重要です。

離職期間が長引くと金銭的な不安から条件面を妥協するなど焦った転職活動になってしまい、結果的に転職前より悪い状況になってしまうことも考えられるので、しっかり流れを理解しておきましょう。

ハローワークカードを作成する

ハローワークのサービスを利用するには、ハローワークカードと呼ばれるものが必要です。ハローワークカードを手に入れる方法としては、ハローワークに訪れて必要事項を記入して提出するだけと非常に簡単な手続きでもらうことができます。

記入事項としては氏名や住所といった個人情報はもちろん、希望職種などの転職に関する希望条件を記入する必要があるので、事前にある程度自己分析をしてから訪問することをおすすめします。

ハローワークで求人を閲覧

ハローワークカードをもらえたら求人検索をして、転職活動をスタートできます。

ハローワークカードを持っていなくても閲覧自体はできますが、応募はできないので転職活動にはハローワークカードが必要です。

先ほど話した通り、求人情報はハローワーク内に設置されているパソコンから見ることができ、自宅のパソコンからでも閲覧することができます。

ハロワークで求人に申し込む

応募したい求人票を見つけたら職員にその旨を伝える事で、応募することができます。応募は職員の方がしてくれるので、直接電話やメールでやり取りをする必要はありません。

同時に申し込みができる数はハローワークによって異なりますが、基本的には複数同時に応募することができるので、気になる求人が複数ある場合は並行して複数の選考を進めるようにしましょう。

申し込みが完了したら面接へ

申し込みが完了すると職員が面接日まで設定し、紹介状を発行してくれるので、設定された面接日に持参しましょう。

紹介状は本人確認として企業担当者の方に渡す必要があるので、忘れないようにして下さい。

当然、履歴書や職務経歴書も準備が必要です。

面接に自信がないという方は、ハローワークの面接練習があるので利用するのがおすすめ。

面接が終われば採用可否

面接が終われば基本的に1週間以内に返答がきます。

その際、どのような条件で雇用契約をしたいかというのも教えてもらえるので、条件に納得できる場合は入社の意思がある事を伝えましょう。

条件に納得できない場合は、どこが納得いかないのかを交渉することで条件を変更することが可能ですが、交渉することによって内定取り消しという事もありえます。

もし、他の選考状況を待って意思表示をしたい場合は、いつまで待ってもらえるか相談しましょう。

もしも連絡が来ない時は

原則としてハローワークからの紹介求人については、採用の可否を明確に提示する必要があるため返答がないということは少ないです。

しかし、企業担当者の方が忙しく、選考に時間がかかっている場合や返答するのを失念している場合もあります。

返答期日を過ぎても連絡がない時は、ハローワークに連絡をして確認を取ってもらいましょう。

採用を辞退したい場合は

企業から内定が出たとしても条件面や会社の雰囲気を加味して、辞退したいという事も中にはあります。その場合は入社の意思がないことをしっかりと伝えましょう。

ハローワークの担当の方によっては、結果が出てからの辞退は企業側に迷惑をかけるのでやめて頂きたいと言われる場合もあります。

しかし、納得できない転職ではまた同じことの繰り返しになるだけなので、自分の意志を貫きましょう。

ハローワークへ持っていく必須の持ち物

ハローワークに求人を検索しに行くだけなら特に必要な持ち物はありません。

それは初めてハローワークに訪れる際も同じです。

ただし、失業保険の申請の場合は、「雇用保険被保険者離職票」「個人番号確認書類」「身元確認書類」「証明写真2枚」「印鑑」「本人名義の口座番号が分かるもの」が必要です。

ひとつでもそろっていないと申請をすることができないので注意が必要です。

ハローワークへ行く服装について

ハローワークに行く時の、おすすめの服装はスーツです。

なぜなら、応募した日に面接を組んでもらえることもあり、スーツを着てない等の準備ができていないと、せっかくの面接のチャンスを後日にずらすことになります。すると、その間に他の人で採用が決まってしまい、募集が終わってしまうということになりかねません。

しかし、絶対にスーツで行かないというわけでななく、私服で行っても問題はありません。

ただし、社会人として奇抜な格好は避けて清潔感のある服装をしましょう。

ハローワークで転職する6つのメリットとは?

転職の仕方は多様化しており、「転職サイトで自主的に応募する」「転職エージェントを利用して紹介してもらう」など様々な方法があります。

そんな中でハローワークを利用することには、どのようなメリットがあるか知っていますか。

ここでは、若手から年配の方まで幅広い方にハローワークの利用をおすすめしたい理由6点を紹介していきます。

求人数の多さ

ハローワークを利用する一番のメリットは求人の多さです。

ハローワークは求職者が無料で利用できるだけではなく、求人を募集する側の企業も無料で利用することができます。

その為、求人にコストをかけることのできない小さな企業から、様々な求人広告を使っているような大手企業も、コストのかからない求人方法として使うことが多いです。

求人が多いということは、それだけ自分に合った求人も見つけられる可能性も高まるのでメリットといえます。

地元の仕事に強い

ハローワークは求人数が多いので、地元の求人もたくさん掲載されています。

求人サイトなどの掲載されている求人は、全国展開しているような企業等広告費にコストをかけることのできる企業が大半も占めています。

しかし、先ほど話した通りハローワークの求人は無料で掲載することができるので、人手が足りない企業の大半が掲載しているため地元企業も多く掲載されているのです。

地元で働きたいと考えている方は、地元のハローワークに訪れるといい求人が見つかるかもしれません。

職業訓練のサポート

ハローワークを利用することのメリットとして、職業訓練を受ける事ができるという点があります。

求人サイトやエージェント経由の応募は、基本的に現在のスキルや過去の経験を元に応募をするものなので新しいスキルを学べる環境は用意されていません。

その為に経験のない職種への転職は困難になりますが、職業訓練を受けて資格を得る事で新たな道を開くことができます。

面接対策

面接が苦手という人には、面接対策が事前にできるという点もありがたいです。

転職サイトやエージェントでは、こういう質問が来る可能性がありますという例題を教えてくれますが実戦形式の面接練習をすることはできません。

面接はアピールの場なので、緊張してしまって本来の自分を見せることができなければ内定を勝ち取ることは難しいです。

面接対策で事前準備をしてから面接に取り組みましょう。

定年退職でもOK

ハローワークでは幅広い求人が掲載されているので、定年退職をされた方でも再就職の仕事を見つけることができます。

近年は人手不足や高齢者の雇用を安定させるために再雇用制度などを導入している企業も多く、定年退職者でも新たな職場を探すことは可能です。

もちろん正社員だけではなく、アルバイトやパートなどの雇用形態の募集もあるので気軽に相談することができます。

新卒者も大歓迎

ハローワークでは、新卒応援ハローワークという新卒者向けの就職活動支援も行っています。

新卒応援ハローワークは学校機関と連携し、ジョブセンター等の支援を受けながら新卒の方をサポートしてくれます。

通常のハローワークとは違い予約制となっており、同じ担当者が相談に乗ってくれるといったメリットがあります。

既卒の方でも卒業から3年以内であれば利用することが可能で、求人情報の提供やセミナーの実施、入社後の相談にも乗ってくれます。

ハローワークで転職する3つのデメリットとは?

ハローワークで転職活動をするメリットがある反面、デメリットがあります。

メリットを知っておくことも重要ですが、併せてデメリットも把握しておくことで自分に合った転職方法を見つけることができます。

ハローワークを使った転職活動が自分に合っているのかを把握するためにも、ハローワークを使った場合のデメリットについても理解しておきましょう。

相談員(スタッフ)の質のばらつき

ハローワークを使って転職活動をする場合は、相談員を介す必要があります。

相談員の中には相談員の方から積極的に動いてくれる人もいれば、やる気のない相談員もいるので、相談員の質が転職活動の進み具合に影響するのです。また、相談員との相性も重要です。

先ほども話した通り、面接前までの設定は相談員などの職員がしてくれます。

そのため、相性がいい人であれば企業側にもいいように聞こえますし、相性が合わない人であれば悪く聞こえてしまう可能性もあるのです。

募集終了の求人を掲載

ハローワークには実際は募集が終了しているのに、継続的に掲載されている物があります。例えば、無料なので掲載を取り下げる手間をかけるのが面倒と考える方もいれば、掲載している事を忘れていしまっている場合があります。

実際には積極的に募集していない求人に応募したからといって何か問題があるわけではありませんが、結局採用までしてもらえる可能性が低いので、無駄な時間となるので要注意です。

履歴書を用意する手間がかかる

転職サイトやエージェントからの応募の場合は、一度キャリアシートを作ってしまえば、キャリアシートで選考をしてくれる場合もありますし、パソコンで作った履歴書のコピーでも問題ありません。

しかし、ハローワークの場合は原則として応募するたびに履歴書が必要ですので、わざわざ作成する手間がかかります。

1社の応募で決まればいいですが、数社受けないといけない方には結構なストレスになる場合があります。

ハローワークで転職!条件のいい情報に出会う方法

ハローワークでの転職だけに関わらず、いい条件の転職先を探すのは大変です。ハローワークで良い条件の転職先を見つけるためのポイントについて紹介していきます。

どのように探すのがいいのか、興味を惹かれる求人を見つけた時はどうすればいいのか等について説明していくので、ぜひ参考してください。

いつも見る求人を探すではなく!リアルタイムな情報を探す

求人を探すときのポイントは、新しい求人を探すことです。

いつも出ている求人は、募集が終了しているのに放置されている求人の可能性があります。

また、離職率が高く常に人手不足なので、常時募集しているという風にも考えられます。

新着の求人は、今すぐに人が欲しいと思っている企業が多いのでスピーディーに対応してくれる場合や、急募の為条件がいいという場合もあります。

条件は必ず確認する!相談員と面選時

良い条件の求人を見つけて応募したいと思ったら、相談員の方にしっかり条件を確認することも重要です。

求人票には専門用語を使った記載や、分かりにくい表現がされている場合があるので、分からないまま入社すると後で後悔するので要注意です。一見いい条件のように見えて、実は制限がある場合などもあるので、応募を検討する際には相談員の方に確認をするよう心がけましょう。

企業の情報取集をする

求人票の情報だけを信じるもいいですが、その会社の情報収集をする事もいい条件の会社に入社するために重要な方法です。

現在はインターネットが発達したことにより、企業の情報を簡単に調べる事ができ、また場合によっては、実際に働いている人の意見を聞くことができる場合もあります。

働いてみたらイメージと違ったというギャップを生まない為にも、事前準備が重要です。

ハローワークのメリットとデメリットを熟知して転職を成功させよう!

ハローワークを使った転職活動には幅広い求人が掲載されており、様々な人が利用しやすい環境にあり、就職の支援も無料でしてくれるというメリットがあります。

一方で、相談員の質によって転職活動に失敗するリスクやインターネットで応募するより手間がかかる場合もあります。

ハローワークを使った転職とはどういうものなのかをしっかり理解して、自分に合った転職方法を見つけて下さい。

はじめての転職に役立つガイド集

履歴書の書き方

履歴書の書き方

感覚的に選んでいた履歴書のテンプレート、自分の考えの中だけで試行錯誤していた、履歴書の書き方を根本から見直すことができるコンテンツ。記入欄毎に書く理由/人事がチェックするポイント/注意点など一挙解説。(無料ダウンロードあり)

転職スターターガイド

転職の準備について

はじめての転職、自信が無い人の転職活動をサポートするための、不安解消をたった1記事で可能にしました。転職準備を万全にして成功したと言える転職にしましょう!

面接対策スターターガイド

面接対策(転職者向け)

我流から脱出して、転職の面接で良い評価を得るために必要な実践ノウハウを提供。

転職エージェントスターターガイド

転職エージェント選び

20代/30代/40代/50代まで、現役社会人の転職エージェント選びに必要な考え方を網羅。年代別に、積み重ねたキャリアを活かせるオススメの転職エージェントを紹介しています。

記事を共有する。