おっとりしている人に向いてる仕事は?転職すべき仕事の特徴を解説

おっとりした人に向いてる仕事

おっとりしている人が向いている仕事は?

おっとりしている人ができる仕事は何だろうと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?今日ますます競争が激しくなっているので、できるだけ早く仕事をすることが求められています。

そんな時代におっとりしている人にとっては仕事のしづらさ感じているのではないかと思います。しかしおっとりしているとしても向いてる仕事はあります。

どんな仕事がいいのかご紹介したいと思います。

転職すべき仕事の特徴

まず仕事内容ではありませんが、おっとりしている人は、どんな会社へ転職するかもよく考えたほうがいいでしょう。なぜなら企業によって仕事のスピード感は全く違うからです。

例えばおっとりしているのであれば、スピードが感が求められるベンチャー企業などは絶対に合わないでしょう。

ベンチャー企業は、スピードが命というほどできるだけ早く仕事をすることが求められます。

遅く仕事をしていれば、ライバルに抜かれて会社が倒産しかねないので、早く仕事をしなければいけないのです。おっとりしているのであれば、比較的安定している会社へ転職したほうがいいでしょう。

決して大きな会社である必要はありませんが、財務基盤が安定しており、スピードよりは正確さが求められる会社のほうが向いてると思います。

1.インフラ関係の仕事

ガス、水道、電力などインフラ関係の仕事は、スピードよりも確実が求められます。そのためおっとりした人でも活躍できる仕事はあるでしょう。

またインフラ関係は、他の業界と違ってそこまで変化が激しいわけではないので、おっとりしていたとしても問題ないと思います。

またインフラ関係の仕事は、安定感は抜群なので、長く働けるメリットがあります。

インフラ関係の仕事は、安定しているので人気があるため転職することは簡単ではないですが、可能性はゼロではないのでトライしてみるのはいいと思います。

2.比較的マイペースにできる専門職

比較的マイペースにできる専門職であれば、おっとりしていても向いている仕事はあります。具体的には、プログラマー、DTPオペレータ、デザイナー、カウンセラー、校正、ライター、データアナリスト、大工などの職人などです。

もちろん先ほど挙げた職種であっても企業によっては、スピード感が求められることがあるので、転職するのであれば仕事内容をよく調べたほうがいいでしょう。

また専門職で、ゆっくりマイペースに仕事をしたいのであれば、稀少性を高める努力をすることです。

そのためには専門性を高めて、これだけは誰にも負けない分野を持っておくことです。そうすればゆっくりマイペースに仕事をやったとしても相手は待ってくれます。

まとめ

できるだけ早くが求められることが多い時代なので、おっとりしている人は生きずらいと思います。しかしおっとりしていてもできる仕事は必ずあります。だから諦めず自分の向いている仕事へ転職したほうがいいでしょう。そのためには探す努力をしましょう。

ななか編集員

おっとりしている人に似ている性格の持ち主に向いてる仕事を紹介している記事が他にもあるので最後に紹介します。

  1. 優しい人に向いてる仕事
  2. マイペースな人に向いてる仕事
  3. 聞き上手な人に向いてる仕事

自分にとっての「いい仕事」を見つけるための参考にしてみてください。情報は随時更新しているので、気になったらブックマークして、必要なときに最新のノウハウをチェックすることをオススメします!

記事を共有する。