一人っ子に向いてる3つの仕事とは?特徴の理解でキャリアをイメージ

一人っ子に向いてる仕事

一人っ子にはこんな仕事が向いてる

一人っ子は、どんな仕事が向いてるのでしょうか?

一人っ子の特徴としては、主に以下の通りです。

  • マイペースに出来る環境を好む
  • 孤独感に強い
  • 対人関係が苦手という人が目立つ
  • 自己肯定感が高い
  • 競争を好まない

あなたが一人っ子であるなら思い当たることは多いのではないでしょうか?一人っ子は、対人関係が苦手で、会社員として働いているならしんどいと感じることが多いのではないかと思います。

そんな方へ一人っ子であっても向いてる3つの仕事をご紹介したいと思います。

1.新規営業職

新規営業職は、一人っ子の人に向いてることは多いです。なぜなら新規営業職は、基本的に個人でやることが多いからです。

新規営業職は、結果さえ出せれば基本的にあまり言われることはないので、マイペースでできるメリットもあります。

また新規開拓が主な仕事なので、気に入らない客であるなら相手にしなくてもいいことも一人っ子にとっては良いと感じるではないかと思います。

一方ルート営業であれば、固定取引先が離れないように常に気を配らないといけないため自分のペースでできずに、相手に合わせる必要があります。

新規営業職は、なかなかタフな仕事ですが、経験を積めば起業できるスキルが身につきます。自分で自由にやりたくて、起業したいと思っているなら新規営業職はおすすめです。

2.ITエンジニア

ITエンジニアは、人間関係よりパソコンと向き合ってする仕事なので、一人っ子でも向いてる人は多いです。実際にITエンジニアは、マイペースで自分を持っている人はかなりいます。

論理的に考えるのが得意で、新しいことを学ぶことが好きな人にとっては、ITエンジニアは適職でしょう。

ITエンジニアは、未経験であってもなりやすいので、興味があるなら転職するのもいいでしょう。

3.クリエイティブ関係の仕事

クリエイティブ関係に仕事は、一人っ子の人は向いてると思います。

具体的には、WEBデザイナー、ライター、ゲームクリエイター、編集、コピーライター、イラストレーター、グラフィックデザイナーなどがあります。

一人っ子は、誰にも阻害されずに自由に育てられていることが多いため気に入ったことに対しては物凄い集中力を発揮することがあります。

また、一人でいることが多かったため空想好きで面白い発想をすることが多いので、クリエイティブ関係の仕事に向いてるのです。

実際に宇多田ヒカル、村上春樹、坂本龍一、小室哲哉、三谷幸喜など一人っ子でクリエイティブ関係の仕事で成功をしている人は多いのです。

まとめ

いかがでしたか?一人っ子だからこれが必ず向いてると決めつけるのは問題です。

しかしやはり一人っ子として育まれた資質を活かしたほうがより活躍できるのではないかと思います。

今の仕事がいまいち向いてないと感じているなら転職を考えたほうがいいでしょう。

記事を共有する。