とろい人に向いてる仕事10選と不向きな仕事!長所短所や職場の評価

とろい人に向いてる仕事

とろい人に向いてる仕事が何かを誰もが見つけられるよう解説。人から「とろい」と言われると、「皆と同じペースでできていない」「要領が悪い」と指摘されたかのようで、落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、とろいという言い方の聞こえは良くないものの、その性格自体は決してその人の短所ではありません。人から「とろい」と言われたからといって、自分の性格について必要以上に悩まなくてもいいのです。

「とろい」は「穏やか」「仕事が丁寧」などと言い換えることができます。世の中には、そんなとろい人にこそ向いている仕事がたくさんあります。とろい人におすすめの仕事の特徴や、数ある仕事の中から厳選した10の職業について、解説します。とろいと言われたことがある方は、ぜひ仕事選びの参考にしていただければと思います。

とろい人とは?

とろい人とはどんな人を表す言葉なのでしょうか。人により定義が異なる場合もありますが、ここでは、より多くの人に理解を深めていただけるよう、一般的にみた場合の「とろい人」について説明していきます。

とろい人の性格について「おさらい」

とろい人は、以下の特徴が当てはまりがちです。何でも要領良くこなす人から見れば、「もうちょっと周りに合わせてスピードアップしてほしい」と思うかもしれません。しかし、いくらか改善の余地はあるにせよ、当の本人としては精一杯頑張った結果の現状であり、本人も悩んでいることが少なくありません。

  • 仕事の覚えが悪いので、こなすのに時間がかかる
  • 焦らずいつでものんびりしている
  • 周りが忙しくしていてもあまり気にならない
  • 待ち合わせ時間に遅刻するなど、時間にルーズなことがある
  • 話し方がゆっくりで、相手の速いテンポに合わせられない
  • 優先順位を付けて仕事をこなすのが苦手である

マイペースな人とは少し違うとろい人には、どのような仕事が向いているのでしょうか。

とろい人が向いてる仕事の特徴

とろい人に向いてる仕事
その特徴を5つ紹介!

チェックするポイント

チェックする前に、自分の過去~現在の仕事は、どのような特徴があったかを軽くイメージしてみてください。ここでは、本当に向いてる仕事の性質と、今までの仕事とのギャップを把握してキャリアの方向性を具体化していきましょう。

★特徴1「相談頻度が低い仕事」

≪怒られる心配があると萎縮しがちなストレスに弱いタイプ≫

相談頻度が低い仕事は、意見の細かなすり合わせや相手の意図を汲み取る技術があまり必要なく、自分で予定を計画立てられます。

相談頻度が低い仕事は、他人のことをあまり気にせず、自分のペースを守って取り組めます。

とろい人は相手に合わせたり、こまめに相談したりするのが苦手な傾向にあります。また、一度行き違いがあって怒られると萎縮し、それからは怒られる心配が頭をよぎって、さらに仕事のペースが落ちてしまいます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
とろい人は対人関係のストレスに弱い人が多いので、自分のペースを保てる相談頻度が低い仕事がおすすめです。

★特徴2「時間に厳しくない仕事」

≪仕事が遅い・要領が悪いなどルーズなのに変に几帳面なタイプ≫

時間に厳しくない仕事は急な締め切り対応に追われることがなく、ゆったりとした気持ちで自分の手順でこなせます。

時間に厳しくない仕事は、仕事が遅い・要領が悪いと言われたことがある方でも、自分のペースでのびのびと取り組むことができます。

とろい人は時間にルーズなところがある一方で、ある部分には強いこだわりを見せるなど、変に几帳面な一面を持つ傾向があります。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
時間に厳しくない仕事なら、自分のペースを保ちながらこだわっている部分を活かせるでしょう。

★特徴3「記憶力が弱くてOKな仕事」

≪人より覚えられない記憶力が劣るタイプ≫

記憶力が弱くてOKな仕事は、常にその時の状況に合わせて正確な情報をアウトプットすることや、情報を組み合わせて考えを導き出すことを求められません。

ミスをすると当然、責任を問われますが、初めから記憶力があまり必要でない仕事を選べば、ミスを減らせます。

とろい人は人より記憶力が劣るため、情報を記憶しているつもりでも、似た情報と混同してしまうなど、正確に覚えられないことがあります。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
記憶力が弱くてOKな仕事なら、目の前の仕事に全力で向き合うことができるでしょう。

★特徴4「あまり急かされない仕事」

≪周りのペースに追いつけないと混乱してしまうのんびり屋なタイプ≫

あまり急かされない仕事は、膨大な情報量の仕事を迅速に処理することが求められず、限られた範囲内での正確な作業をします。

とろい人は、あくせくせず、いつでものんびりしているのがいいところです。そのため、あまり急かされない仕事の方が、真面目にコツコツ取り組めて本領を発揮できます。

とろい人は急かされても周りのスピードに追いつけないので、混乱してしまうことが増えます。とろい人は急かされると、その人の持ち味を見失ってしまいます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
あまり急かされない仕事なら、真面目さや仕事に対する丁寧さを活かすことができるでしょう。

★特徴5「自分のペースで進められる仕事」

≪自分とは違う他人のペースだとミスを頻発してしまうタイプ≫

自分のペースで進められる仕事は、他人のペースに合わせる必要がなく、ペースを乱されてミスをすることはありません。

自分のペースで進められる仕事の方が、とろい人は正確にこなすことができます。

とろい人は他人がどのように動いているかをあまり気にしないため、連携するのが苦手な傾向があります。他人のペースに無理して合わせていると、ミスを頻発してしまう可能性があります。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
他人を気にせず自分のペースで進められる仕事の方が、集中して高いパフォーマンスを発揮できます。

とろい人に向いてる仕事10選<おすすめ順>

とろい人に向いてる仕事には、どんな職種があるのでしょうか。自分の性格特性に合う、まさに適職と言える職業を探す際の参考になる仕事10選を「職種/仕事内容/おすすめする理由/年収」の情報とともに紹介します。

芸術家 [とろい人に向いてる仕事 1/10]

芸術家の仕事

【仕事内容】
芸術家とは、自分の内側と向き合って作品に昇華させる仕事です。芸術分野は多岐にわたります。画家・陶芸家・彫刻家・写真家・建築家・作家・音楽家などのあらゆる分野において「芸術家」と呼ばれる仕事があります。基本的には自分の作品を制作する芸術活動を行い、傍らで教室を開催することもあります。

▽おすすめする理由
他人から見ると、とろい人は何を考えているのか分かりかねる部分があるかもしれません。しかし、本人は意外と考えを巡らせています。

言葉でのアウトプットがうまくいかない方でも、アウトプットの表現を変えた時に目覚ましい才能を発揮することがあるため、とろい人に向いてる仕事だと言えるでしょう。他人とは違う視点で物事を見ている場合も多く、目新しい着眼点が芸術性を高めることもあります。

年収:0円~数億円

年収補足
芸術家の仕事は、独立開業している状態であり、才能だけではなく世の中に認められるまでに時間がかかることから「無収入状態」が長く続くため年収はゼロからとなっています。

長距離ドライバー [とろい人に向いてる仕事 2/10]

長距離ドライバーの仕事

【仕事内容】
300km以上離れた目的地を目指して、ひたすら商品を乗せたトラックを走らせます。基本的には一人で昼夜関係なく運転し続けます。長時間にわたって運転するので体力勝負です。また、納期は余裕を持って設定されているものの、時間までに商品を送り届ける責任感が必要です。

▽おすすめする理由
長距離ドライバーは一人で過ごす時間が長いため、人間関係で悩むことは少ない仕事です。渋滞に巻き込まれることもありますが、とろい人は時間を気にしてイライラすることはあまりありません。穏やかな性格のため、むしろ渋滞が気にならない方が多く、いつでも安全運転に努められます。

眠くなった時には自分のペースで休憩を取れますし、運転中は自分が好きな音楽を聞けるので、とろい人に向いてる仕事だと言えるでしょう。

年収:400万円~750万円

警備員 [とろい人に向いてる仕事 3/10]

警備員の仕事

【仕事内容】
施設に不審者が侵入しないように行う施設警備、工事現場やイベント会場で歩行者を誘導する交通誘導警備、現金や貴重品を乗せた車を警護する輸送警備などがあります。いずれも辺りを警戒しながら人や物を守る正義感が必要な仕事です。

▽おすすめする理由
とろい人には自分のペースで働ける仕事が向いてる仕事です。警備員は危険がないか、常に油断なく神経を張り巡らす必要があるため、勤務中に積極的なコミュニケーションを求められることは少ないです。自分のペースで働けて、こだわりがあることに関しては徹底してこだわれる仕事だと言えるでしょう。

年収:240万円~420万円

キャリアカウンセラー [とろい人に向いてる仕事 4/10]

キャリアカウンセラーの仕事

【仕事内容】
教育機関では、学生に対してセミナーの開催やキャリアプランの相談をします。企業では相談者の話を聞き、必要だと判断される場合には医師や臨床心理士に引き継ぎを行います。ハローワークなどの公的職業紹介機関では、相談者に合う職業の紹介や必要なスキルの身に着け方を教えます。また、決まった会社に勤務せずに、フリーランスで活躍する人もいます。

▽おすすめする理由
とろい人は話し方がゆっくりなため、相談者に威圧感を与えません。職場での悩み事がある人や、就職・転職活動中で複雑な思いを抱えている人に寄り添うことができます。幅広い職業知識やカウンセリング技術が必要ですが、自分のペースで身につければ向いてる仕事となるでしょう。

年収:200万円~400万円

放射線技師 [とろい人に向いてる仕事 5/10]

放射線技師の仕事

【仕事内容】
放射線技能士は、医師の指示に基づいて、患者に放射線を使った検査や治療を行います。この仕事に就くには、国家資格が必要となります。医療に従事する仕事の中でも狭くて深い専門性が非常に高い仕事だと言えます。

▽おすすめする理由
放射線技能士は、慎重な取り扱いが必要な放射線を使用します、そのため、スピードよりも安全性が求められます。とろい人は、自分のペースを守れば正確で安全性の高い仕事をすることが可能です。真面目な性格を活かして実務経験を積むうちに、徐々に慣れて効率が上がり、向いてる仕事にできるでしょう。

年収:350万円~550万円

薬剤師(薬局) [とろい人に向いてる仕事 6/10]

薬剤師の仕事

【仕事内容】
薬局薬剤師は、医師が発行した処方箋を見て、薬剤を調剤する仕事です。患者に対して薬剤の説明をするだけでなく、どのように服用するのか指導も行います。また、患者本人や他の薬剤師が見やすいように、おくすり手帳に薬歴を記すのも仕事です。

▽おすすめする理由
薬剤は病気を治すことができる一方で、間違えて服用すると最悪の場合、命に関わります。そのため、薬局薬剤師はスピードよりも正確さが必要になる仕事です。とろい人は作業は遅くても正確です。自分のペースで正確な調剤を行い、患者に穏やかな口調で服薬指導ができるので、向いてる仕事だと言えるでしょう。

年収:400万円~550万円

データ入力 [とろい人に向いてる仕事 7/10]

データ入力の仕事

【仕事内容】
パソコンにひたすらアンケート結果などのさまざまなデータを入力する仕事です。オフィスに出向いて専用のパソコンを貸与されて取り組む場合もあれば、在宅勤務ができる場合もあります。

▽おすすめする理由
いかに多くのデータを入力するかという仕事なので、とろい人でも自分のペースで黙々と取り組むことが可能です。雇用主とのやり取りは電話ではなく基本的にはメールとなるので、コミュニケーションが苦手な方でも取り組みやすい仕事です。

周りを気にせず、自分のペースで正確に行うデータ入力は、とろい人に向いてる仕事です。

年収:190万円~260万円

受付 [とろい人に向いてる仕事 8/10]

受付の仕事

【仕事内容】
その企業の顔となって訪問客の要件を伺い、担当者への取次ぎや案内を行います。数ある仕事の中でも接客のプロフェッショナルだと言える仕事です。決められた時間内で働くため、残業はほとんどありません。

▽おすすめする理由
受付の仕事は、いつでも冷静かつ和やかな雰囲気で行わなければいけません。とろい人は動作も話し方もゆっくりとしています。しかし、このことがとくに初めての訪問客にとっては分かりやすく上品な対応に感じられ、その企業の品格を底上げします。イレギュラーな対応も少ないので、とろい人に向いてる仕事だと言えるでしょう。

年収:300万円~400万円

コールセンター [とろい人に向いてる仕事 9/10]

コールセンターの仕事

【仕事内容】
コールセンターでは、申し込みや問い合わせ、クレームなどを受け付ける受診業務と、販売促進を目的とした発信業務の二種類があります。いずれも対面ではなく電話での対応となるので、対面以上に丁寧な聞き方や話し方が求められます。

▽おすすめする理由
コールセンターでは業務に応じて話す内容のマニュアルがあるため、咄嗟に言葉が出てこないとろい人でも心配ありません。また、受診業務においては話を聞いてほしいお客様が多く、ゆったりと対応できるとろい人は聞き上手な印象を与えられます。

向いてる仕事だと感じられれば、より声に元気が出て、お客様対応に活かせるでしょう。

年収:240万円~330万円

WEBライター [とろい人に向いてる仕事 10/10]

WEBライターの仕事

【仕事内容】
WEBライターは依頼に応じて求められる情報を徹底的に調べ上げて、誰でも分かりやすい記事にパソコンで作成して納品します。原稿料・文字単価・時給単価などが決められており、時間の使い方と品質の良さのバランスが重要となる仕事です。

▽おすすめする理由
パソコンで自分が納得できるまで調べ上げて記事にしていくWEBライターの仕事は、自分のペースでコツコツと積み上げるのが得意なとろい人に向いてる仕事です。とろい人だからこそ、さまざまな立場の人の目線で記事を作成できるのではないでしょうか。

年収:260万円~550万円

とろい人には不向きな仕事

とろい人には向かない仕事として代表的な職種を5つ紹介します。それぞれ、そのような仕事なのか、不向きな仕事として分類した理由を知って、仕事選びの段階でミスマッチを未然に防止できる知識を身につけましょう!

こんな仕事は
とろい人には向かない!

営業職/とろい人に向かない仕事①

営業の仕事は、営業相手がどんな情報を欲しがっているのか、誰に決定権があるのかなどを見極め、常に先を見越して早めに動くことが重要です。

▼向かない理由
とろい人は営業相手が行動を起こしてから動き始めるので、常に出遅れて、営業成績に結びつきにくくなってしまいます。

秘書/とろい人に向かない仕事②

秘書の仕事は、役職者のスケジュール管理や顧客の把握です。常に役職者をサポートし、顧客の満足度を高めるための工夫が必要です。

▼向かない理由
とろい人が自分だけでなく、常に予定が詰まっている役職者のスケジュール管理まで行うのは荷が重いかもしれません。顧客それぞれの嗜好を押さえておく記憶力も試されます。

医療事務/とろい人に向かない仕事③

医療事務とは、医療機関の受付や会計業務を行う仕事です。患者様をお待たせすることのないように、スピーディーな対応が求められます。

▼向かない理由
とろい人は、患者様に急かされるとミスを頻発してしまいます。常に患者様の目があり、自分のペースで働きにくいため、向かないかもしれません。

教師/とろい人に向かない仕事④

教師は学生に勉強を教えるだけでなく、集団生活の過ごし方や進路指導にも携わります。さまざまな学生に向き合うため、人間力が試されます。

▼向かない理由
教師は雑務が多いので、とろい人は授業をこなすので精一杯になりがちです。そうすると、学生たちの様子まで気を配れない可能性があります。

飲食店員/とろい人に向かない仕事⑤

飲食店員のランチタイムの仕事は、壮絶な忙しさとなります。お客様の注文を聞き、同時並行で出来上がった料理の提供、空いたテーブルの片付け、会計業務を行わなければいけません。

▼向かない理由
とろい人は同時に複数の作業をこなすのが苦手です。お客様を待たせると、クレームや売上低下に繋がってしまいます。

別視点での仕事探しに
おすすめの記事

面白い仕事
手に職つける方法と仕事
儲かる仕事と儲からない仕事

とろい人の性格的な特徴

とろい人は、動作も話し方もすべてがゆっくりです。短所だと思われがちなスローな対応が、反対に長所に結びつくことがあります。とろい人はどのような長所と短所を持ち、何を生かして何を改善していけば良いのでしょうか。

長所について

長所1:人から好かれる穏やかさ

とろい人は負の感情が顔に出にくい性質があります。

【ポイント】
とろい人は感情の浮き沈みが少なく、いつでも心穏やかです。周囲の人は話し掛けるタイミングに気を遣わずに済みます。

【アドバイス】
いつでも自分のペースを乱さず、穏やかでいられるのは長所ですが、周囲が忙しい時に一声掛けて気を配れると、今よりも存在意義が高まります。

長所2:じっくり丁寧な仕事をする

とろい人は自分のペースなら、長時間集中力を保ったまま、正確な仕事ができます。

【ポイント】
とろい人には几帳面な一面があるので、丁寧に向き合わなければいけない仕事やコツコツと時間を掛けて取り組む仕事がぴったりです。

【アドバイス】
じっくり丁寧な仕事ができるのは素晴らしいことです。しかし、以前引き受けたのと似た仕事の場合は、効率も考えられるようになると、より会社に貢献できます。

長所3:人の話を最後まで真面目に聴ける

とろい人は動作や話し方がゆっくりなので、人と話している時には聞き上手な一面を発揮します。絶妙な相槌を打ちながら、人の話を遮ることなく、最後まで真面目に聴くことができます。

【ポイント】
とろい人と言うと悪意が感じられますが、聞き上手であることは素晴らしい長所です。ゆったりとした相槌を打ち、相手に気持ちよく話をしてもらうことができます。

【アドバイス】
人の話を最後まで聴くことができるので、相手は自分に何を望んでいるのかを汲み取りましょう。相手の考えが分かるようになれば、ワンランク上の聞き上手になれます。

短所について

短所1:周りまで見る余裕がない

とろい人は自分のことだけで精一杯になり、周りまで見る余裕がないことがほとんどです。そのため、自分の仕事が終わると、さっと休憩に行ってしまうこともあります。

【マイナスポイント】
良くも悪くも周りのことが気にならない性格のため、空気が読めないとか、気が利かないとか思われてしまいます。

【アドバイス】
自分のペースを変える必要はありませんが、時々周囲の人がどのような状況に立たされているかを考えてみると良いでしょう。自分に余裕がある時には、「大丈夫ですか」と声を掛けてみましょう。

短所2:成長に人一倍の時間を要する

記憶力や応用力が乏しく、その仕事を任せられるようになるまでに多大な時間を要することがあります。

【マイナスポイント】
とろい人は一度聞いたことを忘れてしまったり、一度に複数の仕事が立て込むと混乱してしまったりすることがあります。

【アドバイス】
教えてもらったことはメモを取り、定期的に見直して忘れないようにしましょう。一度に複数の仕事をこなさなければならない時は、緊急度や重要度から判断して、優先順位を付けて、落ち着いて順番に対応しましょう。

短所3:神経が細くストレスに弱い

一度ミスをして怒られた仕事については、再度取り組む時に、必要以上に不安に思ってしまうことがあります。

【マイナスポイント】
とろい人はストレスを感じやすく、一度受けたストレスを忘れにくい性質があります。

【アドバイス】
仕事をしていれば、ミスしてしまうこともあります。ミスを起こした時に自分を否定するのではなく、これから同じミスを繰り返さないようにはどうしたらいいのかを考えて、メモしておきましょう。以前ミスした原因と対策を覚えておけば、次からはミスを減らせます。

とろい人に対する職場からの評価

とろい人と評されている自分について、職場の人たちは実際のところ、どのような意見をもっているのでしょうか。

普段、会社の中では知ることが難しい、ポジティブな評価とネガティブな評価の中から、代表的な評価についてどんな人材と評されているか・受け止め方・活かし方・改善の仕方を詳細に解説していきます。

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1:優しいので新入社員には特に好かれる存在

とろい人はいつでも穏やかで、人あたりが良いのが特徴です。新入社員は慣れない環境のもとで緊張しているので、質問しても嫌な顔ひとつせず答えてくれる存在として頼りにしています。

後輩育成は、会社の大切な業務のひとつです。新入社員に好かれるというのは、誇りに思えばいいでしょう。

この評価の活かし方

とろい人だからこそ、苦労して身につけた仕事は多くないはずです。仕事のコツやミスを減らす方法を新入社員に惜しみなく教えてあげましょう。

ポジティブな評価2:一生懸命に自分の仕事をやれる存在

とろい人は自分のペースで仕事に打ち込んだ時、高い集中力を持続させて、とことん取り組むことができます。

周囲には手を抜きながら仕事をしている人もいるかもしれません。いつでも一生懸命真面目に取り組んでいることを評価されるのは、嬉しいことです。

この評価の活かし方

一生懸命さを活かして、これからも自分の仕事に責任を持って取り組んでいきましょう。今後は自分の仕事だけでなく、チームや会社全体の進捗状況にも気を配れるようになることが望ましいです。

ポジティブな評価3:ルーティンワークが苦にならない

とろい人は自分のペースで進められる仕事を好みます。ルーティンワークは仕事の見通しが立てやすく、自分のペースを保つことができます。

ルーティンワークこそが仕事の基本です。その基本を忠実にこなせることは、自信にして良いでしょう。

この評価の活かし方

ルーティンワークだからといって、何も考えずに黙々とこなすのではなく、その中の情報から改善点を見つけられるようになると、ルーティンワークに意味を見出せます。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1:社員皆が気を遣う存在

とろい人は一人だけ作業が遅れてしまうことがあります。そのため、どんな仕事を割り振るかや進捗状況の確認の頻度など、気を遣う必要があります。

会社は一人で仕事をする場所ではなく、たくさんの人が協力する場所です。とろい人にもその個性が発揮されて捗る仕事があります。

この評価を改善するには?

仕事の得意・不得意や分かりやすい仕事の依頼方法の工夫などを、周囲の人と予め共有しておきましょう。自己研鑽を忘れず、少しずつできることを増やしていけばいいのです。

ネガティブな評価2:納期を守らないルーズな存在

とろい人は、頭の中から時間の概念が抜け落ちてしまうことがあります。時間に追われてイライラしない代わりに、のんびりしてしまうのです。

仕事には厳守すべき納期が設定されていることがほとんどです。守らなければ社内外の多くの人に迷惑を掛けてしまうことを覚えておきましょう。

この評価を改善するには?

デスクのよく見えるところに、納期を書いた付箋を貼っておきましょう。複数の仕事をしている時には時系列に貼り直し、毎朝、納期までにできるかを確認します。難しい場合は、早めに上司に相談することで解決策を得られます。

ネガティブな評価3:失敗を恐れて挑戦しない存在

とろい人は一度起こした失敗を根に持ち、自己評価を低く下げてしまいます。

失敗をしないように気を付けていることはいいのですが、あまりにも気にしすぎるのは良くありません。時には失敗を恐れずに挑戦してみましょう。

この評価を改善するには?

会社で経験を積むうちに、仕事の大まかな進め方や躓いた時に誰に聞けば良いのかが分かってきます。職場には、これまでさまざまなことを教えてくれた、頼りになる上司や先輩がいます。困った時には周囲の人に聞いて、新しいことにも挑戦してみましょう。

とろい人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

コツ1:上司との関わり方

上司と関わると、何か小言を言われるのではないかと避けようとする人は多いです。しかし、上司から学ぶことは多いので、うまく関わって、色々と教えてもらいましょう。

上司は想像以上に多忙です。そのため、話し掛ける時には「5分ほどお時間いただけますでしょうか」と配慮しましょう。今すぐは難しい場合も、後で必ず時間を取ってくれるはずです。

▼日頃から心掛けること
わざわざ上司のデスクまで行くのは、気負ってしまう方もいるでしょう。エレベーターで乗り合った時など、日頃から挨拶以外に簡単な仕事の報告をすると、話し掛けやすくなります。

おさむ編集員

トラブルが起きてから上司に相談するのではなく、トラブルが起きそうな気配がしたら先に報告しましょう。上司が長年の会社経験からさまざまな知恵を授けてくれるでしょう。

コツ2:同僚との関わり方

会社は仕事する場所ですが、同僚との仲間意識は、モチベーションの維持やスムーズな仕事のために欠かせません。どのように関われば良いのでしょうか。

同僚と言えども仕事を抱えて忙しくしているので、話し掛ける際には「今話しても大丈夫?」と聞くことを忘れないようにしましょう。

▼日頃から心掛けること
「こんな時にはどうする?」「〇〇の機能が便利」というような情報を日頃から共有していると、業務の効率化に繋げることができます。

おさむ編集員

同僚なので、似たようなミスをしたこともあるかもしれません。そんな時にどのように対処したのかを聞いておくと、実際にミスを起こしても冷静に対処できます。同僚は心強い仲間です。

コツ3:自分の仕事の進め方

自分がとろいという認識がある人は、仕事を進める上でどんなことを気を付ければいいのでしょうか。

とろい人は記憶力があまり優れていません。また、周囲の人が良くも悪くも気になりません。

▼日頃から心掛けること
一度注意されたことはメモを取り、納期や気を付けなければいけないことについては、目に付く場所に付箋を貼っておきましょう。自分の仕事に没頭しすぎず、時々周囲の人の様子を窺ってみましょう。

おさむ編集員

自分だけで仕事を進めようとするのではなく、上司に相談したり同僚と情報を共有したりしましょう。そして、いいなと思ったことや忘れてはいけないことは確実にメモを取り、業務に活かしましょう。

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

とろい性質を持っている人が、自分に向いてる仕事がわからない場合の自己分析には、「自分史」と「モチベーショングラフ」を作成がおすすめです。

どんな使い方ができるか

生まれてから今まで、大なり小なり、さまざまな経験をしてきたことと思います。自分史とは、その過去から現在に至るまでの詳細な経験を時系列に書き出したものです。モチベーショングラフとは、自分の感情が揺さぶられた時に振れ幅が広がるグラフのことです。真ん中から上をプラス、下をマイナスとし、振れ幅が広がるほど感情が揺さぶられたことを表します。

やり方

自分史にモチベーショングラフを重ねることで、これまでどんな経験をした時にプラスの感情が芽生えたのか、視覚的に捉えることができます。また、マイナスの感情が生まれた時にはどのように立ち直ったのかを書き出してみましょう。

理論について

達成感ややりがいなどのプラスの感情が得られた経験は、あなたの得意とするものや向いてるものだったのではないでしょうか。一方で、悲しみや憤りといったマイナスの感情を覚えた経験は、あなたの苦手とするものや感情をむき出しにしてしまうものかもしれません。それをバネに、成長へと結びつけた経験もあるでしょう。

考え方(捉え方)

自分史とモチベーショングラフから、自分の得意・不得意や向き・不向きなことがぼんやりと浮かんできたのではないでしょうか。

仕事選びへの活かし方(助言)

仕事選びでは不得意なものより、得意なものを選んだ方が自分の個性を活かしやすくなります。今まで興味を持ったものや経験があることにまつわる仕事で、あなたの個性を活かせる仕事を探しましょう。

マイナスの感情を抱いて立ち直った時に得た「役に立ちたい」「人から認められたい」といった思いは、あなたが活躍するのに役立ちます。勇気を出して、新しいことに挑戦してみるのもおすすめです。

まとめ

とろい人は周りを見る余裕がなかったり、成長するまでに人一倍時間が掛かったりします。しかし、穏やかで聞き上手なため、人あたりが良く、じっくりと丁寧な仕事ができるのが強みです。

そんなとろい人に向いてる仕事や特徴について解説しましたので、転職の際の参考にしていただければと思います。

社会には、数え切れないほどたくさんの仕事があります。そのため、ここで挙げられた職種はその中のほんの一部にしか過ぎません。どんな職種であっても、独りよがりにならず、上司や同僚といった周囲の人とのコミュニケーションを大切にしながら取り組めば、必ず上手くいきます。

気を付けたいのは、「自分のペースにのめり込み過ぎず、周囲との連携も大切にしながら仕事に取り組むこと」と「大切なことや納期についてはメモを取って覚えるまで見直し、よく目立つところに見えるようにしておくこと」の2点です。周囲の人から認められ、会社に貢献できる存在に近づくことを目標としていきましょう。

とろい人に向いてる仕事について「よくある質問」

とろい人でも迅速さが必要な仕事はできますか?

やりたい仕事が見つかっているのは、素晴らしいことです。最初はうまくいかなくても、周囲の人がどのように対応しているかを真似しているうちに、とろい人でも対応が身につきます。怖がらずに挑戦しましょう。

とろい人でも得意な仕事に就けますか?

「得意なこと」と聞くと、英語やスポーツを思い浮かべるかもしれません。しかし、長時間集中できる、年下に慕われるといったことでも構いません。意識しなくても人より少しだけ秀でた部分から、仕事探しに繋げてみましょう。 参考に「とろい人に向いてる仕事10選」を確認してみてください。

とろい私には仕事のイメージが湧きません。

社会は多くの人の仕事で成り立っています。どんな仕事があるか調べてみたり、身の回りで働く人の話を聞いたりして、仕事に対する興味を深めましょう。

天職とは何でしょうか?

天職とは、その仕事をしていることによってやりがいを感じられ、自己肯定感を高められる仕事です。どんな仕事も取り組み方の工夫次第で天職にできます。ただし、得意なことや向いてる仕事の方がミスをしにくく、モチベーションを維持できるので、天職にしやすいでしょう。

仕事が自分に合っているか分かる方法はありますか?

仕事の1日の流れを詳しくシミュレーションできるなら、その仕事をよく理解していて、自分に合っているから選んだと言えるでしょう。

家資格を苦労して取得しても、仕事にやりがいを感じられなかったらと思うと、やる気が出ません。

実際に現場に出ると、想像以上にハードに感じるかもしれません。しかし、勉強で得た知識に体験が加わることで、見えるものはたくさんあります。まずは合格を目指して頑張りましょう。

記事を共有する。