完璧主義の人に向いてる仕事10選と不向きな仕事!長所短所や職場の評価

完璧主義の人に向いてる仕事

完璧主義の人に向いてる仕事には、数値によって目標が明確な職種が多い傾向があります。完璧主義の人は、完成度の高い結果にこだわりを持ち、妥協をしたがらない性質を持っています。仕事においては細部まできっちりと煮詰め、ミスのない結果を目指す人が多いようです。

フラットさが求められる環境では、完璧主義はバッドステータスだと捉えられがちです。その一方、効率よくミスのない仕事を求める環境においては適性が発揮できるでしょう。

しかし、選択する仕事が完璧主義の性質に適していない場合には、日々の仕事にストレスを感じるようになりがちです。

完璧主義ならではの特徴を活かせる職種を見つければ、あまりストレスを感じない、やりがいのあるワークスタイルを実現できます。完璧主義に向いている職種を探すことが何よりも重要です。今回ピックアップする仕事10選のうち、どれかがあなたにマッチすれば幸いです。ほかの仕事を希望する人の参考にもなるでしょう。

完璧主義の人とは?

完璧主義の人とはどんな人を表す言葉なのでしょうか。人により定義が異なる場合もありますが、ここでは、より多くの人に理解を深めていただけるよう一般的にみた場合の「完璧主義なタイプの人」について説明していきます。

完璧主義の人の性格についておさらい

完璧主義の人は自分を厳しく律し、質の高い結果を目指す優秀な人材が多い傾向です。その一方で、人に頼ることが苦手で、自分に厳しいがゆえに他人にも厳しい目を向けてしまいがちです。また、燃え尽き症候群になりやすいタイプだという声もあります。

そんな完璧主義だからこそ、性質を活かせる仕事に出会えれば、優秀な結果が期待できます。その反面、ストレスを感じるような仕事では苦痛を覚えることでしょう。

完璧主義の人に向いている仕事、向いていない仕事はそれぞれ特徴を持っています。魅力を感じる仕事と性質のマッチングが重要です。特徴を掴み、希望と一致する仕事を見つけられれば、充実したワークスタイルが実現するでしょう。

完璧主義の人が向いてる仕事の特徴

完璧主義の人に向いてる仕事
その特徴を5つ紹介!

チェックするポイント

チェックする前に、自分の過去~現在の仕事は、どのような特徴があったかを軽くイメージしてみてください。ここでは、本当に向いてる仕事の性質と、今までの仕事とのギャップを把握してキャリアの方向性を具体化していきましょう。

★特徴1「数字で説明が付く仕事」

『目標を立てやすく完璧を目指しやすい』

業務の結果が数字になって目の前に現れる仕事です。完璧を目指しやすいので、業務フローの確立や正確性が高い方法を取り入れられます。

完璧主義な人にとっては、結果が数字に反映されるため目標を立てやすく、やりがいを感じられます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
目標や結果が明確にされ、日々やりがいを得られる業務を好む人に向いています。目標達成のためのフローを取り入れ、手順通り完璧にこなしたときには達成感を得られるでしょう。

★特徴2「論理的思考力を求められる仕事」

『組み立てられた計画で成果を出しやすい』

論理的に計画を立てて実行し、成果を出す仕事です。論理的に組み立てられた計画・方法を用いるため、作業中のストレスが少なく、完璧な成果を目指しやすいのです。

完璧主義者の人にとっては、途中で疑問があっても論理的な思考によって完璧に修正できるため、納得のいく環境で仕事ができます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
感情ではなく知識やデータに基づいて判断し、作業を進めていけるタイプの職種です。情報分析が得意な人にもおすすめです。

★特徴3「クオリティーの高さが評価される仕事」

『完璧主義ならでは工程が結果につながる』

妥協しない完成度の高い成果を求められることが多い仕事です。完璧主義として納得のいく業務を手がけられます。

完璧な完成度を出すために、整えられた環境を手にすることさえ期待できます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
クオリティの高い結果を出すために、完璧主義ならではの精密な工程を手がけられます。ただ完璧を目指すあまり、徹夜やハードなスケジュールになって、仕事の効率を落としてしまう危険性については注意が必要です。

★特徴4「戦略的な仕事」

『課題や改善点を見出だせる人にぴったり』

現状分析や次の手を戦略的に考えて取り入れる仕事です。特に良い点としては、仕事の完遂を目指して立てた戦略的な計画を完遂しやすい業務内容です。

そのため、業務中の課題や改善点を戦略的に洗い出し、思考することが好きな完璧主義者に向いています。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
思考することに抵抗を持たない完璧主義者なら、さまざまな課題を見つけ、改善するフローを確立する業務に適性があります。結果が出たときには充実感を得られます。

★特徴5「少数精鋭で行う仕事」

『自身の裁量で妥協せず実行できる』

個人や少人数の裁量である程度進められる業務です。少人数で取り組むため、個人の意思が尊重されやすく、自分が納得できるクオリティを追求しやすいでしょう。

結果的に、個人に与えられた裁量の中でもくもくと業務・作業を進めることは、完璧主義者の個性にマッチしやすいのです。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
妥協したがらない完璧主義者は、小さなミスが曖昧になりやすい大人数よりは、細かい点にまで目が届く少数精鋭が向いています。

完璧主義の人に向いてる仕事10選<おすすめ順>

完璧主義の人に向いてる仕事には、どんな職種があるのでしょうか。自分の性格特性に合う、まさに適職と言える職業を探す際の参考になる、仕事10選を「職種/仕事内容/おすすめする理由/年収」の情報とともに紹介します。

おすすめ順
完璧主義の人に
向いてる仕事10選

広報/ブランド戦略 [完璧主義の人に向いてる仕事 1/10]

広報/ブランド戦略の仕事

≪冷静な視点と戦略的な思考が求められる仕事≫

【仕事内容】
広報は社内広報・社外広報を担当します。プレスリリースの発信や外部からの取材の申し込みを受け、企業イメージを戦略的にアピールしていきます。危機管理も業務であることが多く、冷静で毅然とした人格が求められます。企業の公式SNSの管理も業務として取り扱います。

▽おすすめする理由
計画を立てて企業をアピールし、イメージアップに効果的な方法を実行する広報/ブランド戦略は、日頃から戦略的な思考を厭わない特性を持つ完璧主義の人に向いてる仕事です。企業のイメージを損ねないよう、自らも毅然とした態度が必要とされるため、完璧な自分でありたいと頑張る人にはぴったりです。

平均年収:413万円

マーケッター [完璧主義の人に向いてる仕事 2/10]

マーケッターの仕事

≪コツコツした作業が得意な人に≫

【仕事内容】
マーケティング業務をおこなう仕事です。商品価格・ターゲットを設定し、商品やサービスの売り出し方法や宣伝を考案します。一般の店舗、対面式販売のオフマーケティングとネットショッピングのオンラインマーケティングに分かれます。

▽おすすめする理由
価格やターゲットの設定のための情報収集・分析能力が必要な仕事は、戦略を立てることが得意で、コツコツとした作業が好きな完璧主義の人に向いてる仕事です。積極的なプレゼンやコミュニケーションといった行動力やスキルも必要ですが、質の高い結果を出すための業務の一環として、ストレスなくこなすことができるでしょう。

平均年収:700万円~800万円

データサイエンティスト [完璧主義の人に向いてる仕事 3/10]

データサイエンティストの仕事

≪非常に高いスキルを求められる仕事≫

【仕事内容】
情報分析や統計学を用いる業務です。事業戦略で情報を収集・分析・加工し、課題や改善点を指摘・立案することも求められます。複雑な業務であり、求められる知識の幅は広く、高いスキルの習得が望ましいと考えられます。

▽おすすめする理由
データサイエンティストは求められるスキルが非常に高く、仕事の内容も高度であるため、自己研鑽が必要です。完璧主義の人は自分が興味を持てば努力できる特性を持っているので、性格的に向いてる仕事だと言えるでしょう。自己研鑽に励み、知識を高め、上級資格を取ることによって目に見える評価を得やすく、完璧主義ならではの満足感を得られる仕事です。

平均年収:600万円

商品企画 [完璧主義の人に向いてる仕事 4/10]

商品企画の仕事

≪目に見えた成果を感じられる仕事≫

【仕事内容】
新商品の企画立案や開発をおこないます。お客様の声や市場動向をもとに、既存商品の改善点を提案することもあります。トレンドなど情報に敏感で、アイディアに結びつけられるスキルが求められます。下請けともやり取りをするため、コミュニケーションスキルも重要です。

▽おすすめする理由
完璧主義の人はアイディアを出し、形にすることが得意です。情報分析も向いているので、商品企画は向いてる仕事です。アイディアが売上や評価に結び付くため、より完璧で質の高い結果を出せば出すほど、目に見えた成果を感じられます。完璧主義の人ならやりがいや満足感を得やすく、オススメできる仕事です。

平均年収:425万円

研究開発 [完璧主義の人に向いてる仕事 5/10]

研究開発の仕事

≪凝り性にはストレスが少ない仕事≫

【仕事内容】
新製品を開発する基礎的な研究、およびその結果をもとに、製品化を目指す仕事です。テーマに沿った実験をおこない、結果を分析して製品化に役立てていきます。業務にはコストパフォーマンスの計算やモニタリング、安全確保も含まれます。

▽おすすめする理由
コツコツと研究を積み重ね、実験結果の分析から製品化に結びつけていく業務は、完璧主義の人に向いてる仕事です。自分の興味の方向性と一致する内容なら、凝り性が多い完璧主義にはストレスが少ない業務内容になるでしょう。分野によっては社会貢献に繋がる製品もあり、特性に合った仕事であると同時に、大きな満足感を得られる可能性が高い仕事です。

平均年収:523万円

内部監査 [完璧主義の人に向いてる仕事 6/10]

内部監査の仕事

≪常に完璧を求められる≫

【仕事内容】
経営者に代わり、社内をモニタリングして、従業員が不正をしていないか、効率的な業務を進められているかをチェックする仕事です。不正や不祥事を防止し、健全な経営を目指す企業に需要があります。問題点があれば経営者に改善点を提案し、健全化の一助となります。

▽おすすめする理由
広い視野で主観に流されず、中立的な立場が必要な内部監査は、常に完璧を求められます。従業員の動向から経理面の細かい流れなど、数多くの業務で完璧な結果を目指す必要があるため、妥協せずコツコツと進める根気が求められます。また、高い情報収集能力が求められますので、特性的に完璧主義の人に向いてる仕事です。

平均年収:636万円

会計士 [完璧主義の人に向いてる仕事 7/10]

会計士の仕事

≪完璧さ・正確さが重要な仕事≫

【仕事内容】
公認会計士とも呼ばれます。企業の財務状況を調べ、間違いや不正がないかをチェックする仕事です。適正な会計がおこなわれているかどうかを判断し、企業が発表する財務情報の信用性を精査します。投資家や債権者の安心にも繋がるため、公共の利益を守る仕事とも言えます。

▽おすすめする理由
正確に情報を精査し、経験を積めば独立開業も可能な会計士は、少数精鋭の環境で能力を発揮する完璧主義の人に向いてる仕事です。ほかにも、税務相談や書類作成を請け負うことがあり、いずれも完璧な結果が求められる種類のものであるため、完璧主義であればあるほど質の高い結果を目指すことができます。

平均年収:992万円

税理士 [完璧主義の人に向いてる仕事 8/10]

税理士の仕事

≪常に知識のアップデートが必要な専門家≫

【仕事内容】
企業や個人を対象に、税金関連のアドバイスをおこない、書類作成を請け負う仕事です。税金関連は種類が多く、手順も複雑なため、専門知識が求められます。ときには税務署に異議申し立てをしたい人にアドバイスをして、手続きを取ることもあります。納税者の権利を守ることも業務の一環です。

▽おすすめする理由
税金関連の法律は改正が頻繁におこなわれます。情報収集や知識のアップデートをコツコツと続けられる性格が必要です。書類の代理作成はミスが許されないという点も踏まえると、完璧主義の人に向いてる仕事です。プロとして質の高い仕事と結果を求める人なら、やりがいを感じるでしょう。

平均年収:892万円

経理 [完璧主義の人に向いてる仕事 9/10]

経理の仕事

≪正確さが特に重要≫

【仕事内容】
企業の資産や利益を管理する仕事です。経費や仕入れ・販売に関する金銭の正確な管理が求められます。社員の給与計算や保険関連の管理、税金関係の計算、決算書作成など、社内のお金に関する内容をほぼ請け負う立場です。

▽おすすめする理由
経理で重要視されるのは「コツコツと正確に金銭を取り扱う能力」です。書類作成も多く、会社の要となる立場です。業務内容の細かさや正確さの重要性が何よりも求められますので、完璧主義の人に向いてる仕事です。地味な仕事と思われがちですが、実際はなくてはならない存在であり、特性を活かしてコツコツと続けていればやりがいを感じられる仕事です。

平均年収:413万円

建築士 [完璧主義の人に向いてる仕事 10/10]

建築士の仕事

≪完璧で当然とされる仕事≫

【仕事内容】
建築物の設計や施行・工事管理をする仕事です。設計スキルはもちろん、建築基準法をはじめ、多数の法律への精通が求められます。建物のデザインだけではなく、耐久性・耐震性・電気・空調への配慮と設計スキルも必要です。施行現場へ行って、計画通りに進んでいるかのチェックもおこないます。

▽おすすめする理由
完璧な成果が当然とされる建築物を手がけるため、完璧主義の人に向いてる仕事です。とても広い知識が必要な上、建築物のデザインといったクリエイティブな能力、建築の進行が計画通りであるかのチェックもおこないます。いずれも完璧主義の人の特性を発揮できる仕事の内容です。

平均年収:653.5万円

完璧主義の人には不向きな仕事

完璧主義の人には向かない仕事として代表的な職種を5つ紹介します。それぞれ、そのような仕事なのか、不向きな仕事として分類した理由を知って、仕事選びの段階でミスマッチを未然に防止できる知識を身につけましょう!

こんな仕事は
責任感が強い人に向かない!

心理カウンセラー/完璧主義の人に向かない仕事①

クライアントと会話をし、不安や悩みを取り除きます。

▽向かない理由
クライアントの悩みには元々明確な回答がなく、曖昧な結果になりがちであるためです。

キャリアカウンセラー/完璧主義の人に向かない仕事②

転職や職業開発のサポートをします。

▽向かない理由
考えや提案がクライアントの希望と一致しないこともあり、提供するプランが完璧な結果に繋がりにくいでしょう。

システムエンジニア/完璧主義の人に向かない仕事③

システムの構築や障害への対応をおこないます。

▽向かない理由
自分のこだわり通りに進みにくく、障害の理由が判明しないこともあり、完璧な結果を出しにくい傾向です。

保育士/完璧主義の人に向かない仕事④

子供の成長を見守り、手助けをします。

▽向かない理由
イレギュラーな出来事が多く、成果が見えにくい仕事です。完璧にできない子供に不満を感じることもあります。

インストラクター/完璧主義の人に向かない仕事⑤

人を指導する仕事で、ジャンルは多数です。

▽向かない理由
最初から完璧にできない生徒へ苛立ちを感じるほか、自分の指導が受け入れられないこともあります。

完璧主義の人の性格的な特徴

完璧主義者は高い目標を遂行しようという意識を持ち、責任感の強さや危機管理能力、自立心に優れます。一方、ストレスの適性や極端な発言、他人への態度が気になる人もいるようです。

長所について

長所1:責任感が強い

1度手がけたら途中で諦めたりはしません。

【ポイント】
完璧主義の人の長所で、他人からの信頼を集めます。

【アドバイス】
仕事もプライベートも、一度決めたことは最後までやり抜くため結果を出せるでしょう。

長所2:想定力・準備力が高い

危機管理能力や自己管理に優れています。

【ポイント】
計画性があり、失敗が少なく、効率よく目的を達成します。

【アドバイス】
計画通りに失敗がないように作業を進められる長所は、緻密な仕事を求める人々に重宝されます。完璧主義の人は考えすぎると、不要な想定や準備までしてしまう傾向があるため、必要性を見極めた上で、物事の想定・準備をおこないましょう。

長所3:自立心が強い

自分の意見や自信を持ち、能力を活かせる場を求めて自立を目指すのは、完璧主義の人の強みです。

【ポイント】
質の良い結果、成功への意欲が高い傾向があります。

【アドバイス】
上昇志向と完璧主義が一致すれば、自立心の助けを借りて、より高い目標に向かっていけるでしょう。備わった自分の能力や立場を冷静に分析し、自分が積み重ねてきた結果を把握すると、成功体験へ結び付きます。

短所について

短所1:ストレス適応力が弱い

完璧主義の人はイレギュラーに弱く、計画が崩れたときにはショックで強く落ち込んでしまう傾向があります。

【マイナスポイント】
細かいことに気付く長所が行きすぎると、気になりすぎてストレスの原因になります。

【③アドバイス】
おおらかな気持ちを持つことが大切です。元々能力が高いのですから、イレギュラーが起きても、柔軟な気持ちを持てば対応できるはずです。

短所2:極端な発言をする

完璧主義の人は他人にも完璧を求め、価値観を押しつけるような発言をしてしまう傾向があります。

【 マイナスポイント 】
他人に対して自分と同じ目標ややり方を求める気持ちが、極端な発言に繋がるケースが多いようです。

【アドバイス】
極端な発言は他人には重圧となってしまいます。自分より優秀な人と行動してみて、誰かに頼れる環境を経験してみると良い結果に繋がります。

短所3:他人の言行に厳しい

自分の規範から外れる言行をする相手に、厳しい態度を取ってしまいます。

【 マイナスポイント 】
完璧主義の人は細かいところが目に付くゆえに、他人の悪いところにも目が行ってしまい、イラついてしまうようです。

【アドバイス】
自分と他人の基準が違うことを認識しましょう。自分の常識を客観的に見てみるのも良い方法です。他人の常識を柔軟な視点で受け止めることも大切です。

完璧主義の人に対する職場からの評価

完璧主義の人と評されている自分自身について、職場の人たちは実際のところ、どのような意見をもっているのでしょうか。

普段、会社の中では知ることが難しい、ポジティブな評価とネガティブな評価の中から、代表的な評価について『どんな人材と評されているか』や、受け止め方・活かし方・改善の仕方を詳細に解説していきます。

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1:質に妥協しない存在

完璧な結果のため、妥協しない姿勢は真似できないものです。

この評価について、素直に、高く評価されていると考えて良いでしょう。人によっては敬意を持ってくれているかもしれません。

この評価の活かし方

高い品質や結果を普段から求められる仕事に就いている人は、これからも仕事にその特性を活かしていきましょう。ただ、タイプが違う人に同じことを求めるのはNGです。

ポジティブな評価2:人や物事を見抜くセンスがある存在

情報分析力や思考力が評価されています。完璧主義の人の特性の一つです。

同僚や上司からは、あなたという人は「能力が高い人」だと思われています。商品企画のような仕事で重宝される特性は、頼りにされているでしょう。

この評価の活かし方

高い能力が活かせる職場で働くと、評価が上がります。気付いた情報のシェアやコミュニケーションを取ると、人間関係にも好影響です。

ポジティブな評価3:細部に意図を持っている存在

細部まで気が付く特性と、準備を怠らない特性が同時に評価されています。

常に、準備を怠らず、計画通りに成果を上げていく能力があると考えられます。人によっては苦手なことですので、誇って良いでしょう。

この評価の活かし方

計画を立てるとき、ほかの人が見逃す部分をフォローできます。押しつけないように気を配った提案がおすすめです。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1:カタチを作ることが最優先にする存在

周りの人にとって、完璧主義の人は、過剰と思えるほどの緻密な計画性が目につくのかもしれません。

つまり、柔軟性のなさが指摘されています。人によって「完璧」の定義が異なる可能性を考慮しましょう。

この評価を改善するには?

カタチを作ることは大切ですが、柔軟性を取り入れましょう。計画外のことはミスではなく、新たな選択肢が生まれたのだと考えると効果的です。

ネガティブな評価2:仕事が遅くても平気な存在

完璧主義な人は、完成度にこだわるあまり、時間がかかりすぎる傾向を懸念されています。

仕事の遅さは、周囲に迷惑をかけることもあります。この評価に納得がいったら、全体の流れを見直してみるべきタイミングです。

この評価を改善するには?

高い品質へ向けて完璧に仕上げるのは大切ですが、周囲との連携も意識しましょう。間に合わなければ、周囲に助けを求める勇気を出すことも大切です。

ネガティブな評価3:頑固な存在

完璧主義者の人は、周囲の人に対して、自分のこだわりや意見を曲げない強さが頑固な印象を与えています。

一緒に働いている人たちからは、他人の意見を受け入れない人だと思われています。仕事に支障が出てしまう可能性の考慮が必要です。

この評価を改善するには?

強いこだわりや意見を持つのは良いことですが、他人の話を聞く姿勢を見せて、納得できる部分があれば一部分でも受け入れ、柔軟性を意識すると良いでしょう。

完璧主義の人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

コツ1:上司との関わり方

完璧主義の人が上司と関わるときには、自分の意見やこだわりを持ちすぎると、意思の疎通が難しくなるケースがあります。

上司に意見を聞き、頼る姿勢を見せましょう。会社の上司は部下のフォローも仕事の内です。

▼日頃から心掛けること
計画を立てるときには、なぜそれが必要なのかを伝えると同時に、自分の考えを穏やかに説明するように心がけると効果的です。

おさむ編集員

自分の中に強いこだわりがあったとしても、上司がアドバイスをくれたときには耳を傾けましょう。その上で考えて、納得できないようであれば再度話し合いをお願いするのがコツです。

コツ2:同僚との関わり方

同僚との関わり方は、自分と同僚の考え方が違う可能性を考慮することが大切です。

自分と考え方や仕事への姿勢が違っても、それが相手の常識なのだと広い視点で見るようにすると良いでしょう。

▼日頃から心掛けること
できるだけコミュニケーションを取り、自分の特性を理解してもらっておくこと、相手の性格を理解しておくことが重要です。

おさむ編集員

意見や姿勢の違いがあっても、まずは話し合いを心掛けることが円満に仕事を進めるコツです。同じ会社の仲間なのですから、自分の考えに固執しすぎずに、譲れるところは柔軟に譲るとうまくいきます。

コツ3:自分の仕事の進め方

良い結果を出すために、自分の仕事の進め方を見直すと効果があります。思ってもみなかったことに気付ける可能性があります。

完璧主義はマイナスではなく、行動によっては良い結果を出せる素晴らしい特性だと考えると良いでしょう。

▼日頃から心掛けること
自分の考えやこだわりに固執しすぎるのであれば、柔軟性を持つように意識を変えます。1人で抱えすぎずに、上司や同僚への相談がおすすめです。

おさむ編集員

特性ゆえに時間がかかり、やり方にこだわりすぎてしまう点を周囲に理解してもらえると、効果的です。同時に、あなたも周囲に対する理解が必要です。

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

自己分析の手法には、主に、「エニアグラム無料診断」「ストレングスファインダー」「SKIT能力診断」などがあります。

どんな使い方ができるか

自己分析は、ネット上にある診断テストである程度詳細な分析が可能です。複数の質問から考え方の傾向や性格を導き出し、回答者の自己分析に役立つ結果を出してくれます。

やり方

自己分析診断ツールが設置されているサイトでおこないます。会員登録が必要な場合もありますが、ほぼ無料で利用可能です。

用意された質問に回答する形式です。ツールによっては、直感的に答える、または長考も可能であるなど、回答時間について言及している場合もあります。

質問数は30~90題と幅広く、数が多ければ多いほど詳細な分析が期待できます。その分回答にも時間がかかるため、時間があるときに手をつけたほうが良いでしょう。

どんな理論か説明

回答に質問することにより、自分が持っている能力や強み、弱点、将来の展望を明らかにしていくことができます。質問の中には嗜好や生活習慣、過去の経験を細かく問うケースもあり、回答を続けることによって自分と向き合うようになります。

考え方

自己分析ツールがすべてではありませんが、「自分はどのような人間か、どのような強み・弱みを持っているか」など、普段は意識しない一面を見つめられるメリットがあります。

完璧主義ではないと思っていたのに実は完璧主義だった、あるいはその逆だったなど、意外な結果が見える可能性もあるでしょう。ただ、あくまでツールです。参考の一つとしての利用にとどめておいたほうが良さそうです。

仕事選びへの活かし方

自己分析によって、自分の特性や強み・弱みがある程度把握できます。希望している職種にマッチするかどうか、判断材料になるでしょう。また、就活サイトやエージェントが同様のツールを提供していることもあるため、活用の価値はあると考えられます。

まとめ

完璧主義はバッドステータスだと思っている人もいるようです。しかし、その特性を活かした仕事に就けば、驚くほどの成果を上げる可能性を秘めた武器になります。

「自分に向いてる!」と思った職種があったのなら、得意の情報収集能力と分析能力、思考力で、役に立つ情報をどんどん取り入れられます。転職を目指すならエージェントに質問し、回答や解説をもらって自信をつけると良いでしょう。

職場では能力だけではなく、対人スキルや礼儀はもちろん、仕事の進め方に対する考え方に柔軟性を持たせることも非常に重要です。能力を最大限に発揮するためには、仕事仲間の能力や仕事の進め方にも理解を示したほうが良い結果に繋がります。人間関係も円滑になるでしょう。

頑張りすぎるのも完璧主義の人の特性ですが、抱え込みすぎず、いざというときは上司や同僚に相談するよう、心掛けることをおすすめします。高い能力を発揮できる職場に巡り会えれば大成功です。

完璧主義の人に向いてる仕事について「よくある質問」

完璧主義だと仕事の幅が狭くなりませんか?

完璧主義だからといって仕事の幅が狭くなることはなく、特性を活かした仕事が必ず見つかります。特性とマッチすれば、高い評価に繋がることも多々あります。 記事内「完璧主義の人に向いてる仕事10選」を参考にしてみてください。

完璧主義を直すにはどうすればいいですか?

完璧主義は悪いことではなく、良い部分もあります。どうしても気になるのなら、柔軟性を持つように意識したり、臨機応変が必要とされる団体競技を楽しんでみたりすると、良い方向への刺激になります。

完璧主義だからなのか人間関係がうまくいきません。

完璧主義の人は、自分が完璧であろうとするように、他人にも同様のレベルを求めがちです。お互いの性格を理解し、自他の区別をつけると良いでしょう。

仕事で時間をかけすぎてしまうことに悩んでいます。

それには、責任感の強さが関係しているかもしれません。時間のかけ過ぎは、完璧を求めるがゆえなのですが、同僚にとっては迷惑なときもあります。決められた時間内に終わらせることを意識すると、スピードアップができるはずです。無理なときには周囲に助けを求める勇気を出すべきです。

失敗することに対して極端に怯えてしまいます。

完璧主義の人によくある感覚です。しかし、人は失敗を繰り返して成長していきます。失敗したときには潔く「勉強になった」と考え、挽回を目指すと良いでしょう。

こだわりが強く、他人のミスや遅れが気になります。

自分と他人は「これで出来上がり」のラインが違うことを意識すると良いでしょう。あなたのラインがほかの人には高すぎる場合があります。

記事を共有する。