向いてる仕事へ転職するにはどうすればいいのか解説

向いてる仕事への転職を成功させる方法

向いてない仕事をしていると本当に辛いですよね。私も20代の頃に向いてないひたすら新規顧客を開拓するテレアポ営業をやっていたことがあったのですが、本当にしんどかったです。

人見知りな性格なので、見ず知らずの人に電話越しに大きな声を張り上げて営業をかけることはあまりにも向いてませんでした。

その後キャリチェンジして、データ分析やコンサルティング営業の仕事をすることになったのですが、明らかにテレアポ営業より向いていました。はっきりいってここまで違うのかと思うぐらいでした。

もしあなたが現在向いてない仕事をしているなら我慢する必要はないのです。向いてない仕事をやることはあなただけではなく、周りのも迷惑をかけるので会社にとってもよくないのです。

では向いてない仕事をしている場合にどうやって向いてる仕事へ転職を成功させればいいのか?それは転職エージェントを徹底活用することです。私も転職活動したときは、転職エージェントを徹底活用しました。

転職エージェントを利用する3つのメリット

なぜ転職エージェントを利用するのがいいのか?私が転職エージェントを実際利用して感じたメリットは主に3つです。

客観的に分析してくれて向いてる仕事を紹介してくれる

向いている仕事を探すためには、客観的な意見をもらうことは重要です。なぜなら自己評価ほど当てにならないことはないからです。自分が向いてる仕事だと思っていても実際は向いてない仕事だったということはよくあります。

しかも現在向いてない仕事をしているなら自分で間違った仕事を選んでしまったわけですから客観的な意見をなおさらもらったほうがいいです。

私もテレアポ営業ぐらいできるだろうと自分を過大評価していました。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが客観的にあなたの強みと弱みを分析してくれて、向いてる仕事を紹介してくれます。

特にマイナビジョブ20’s、ハタラクティブ、ワークポートなどは、自己分析ツールなどであなたの強みや適性を一から診断して向いてる仕事を紹介してくれるのです。

転職対策をしっかりやってくれる

やってみるとわかるのですが、転職活動は、簡単ではないです。

しかも今までの違う仕事へキャリアチェンジする場合は、20代であってもやり方を間違えれば、苦戦することは多いです。

転職を成功させるためにキーポイントになってくるのが、履歴書・職務経歴書と面接対策です。しかし履歴書・職務経歴書と面接対策は、なかなか一人でやることは難しいです。

なぜなら履歴書・職務経歴書の書き方や面接は、悪いところがあっても一人では気が付くことが難しいからです。転職エージェントを利用すれば、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策をしっかりやってくれるのでとても役立ちます。

私もキャリアアドバイザーに履歴書・職務経歴書の添削や面接対策をしてもらってから書類通過率、面接通過率が劇的に良くなりました。

面倒な転職活動の手間を省くことができる

向いてない仕事だからといって安易に何も考えずに会社を辞めてしまうとすぐ転職先が決まらないリスクがあります。転職先がなかなか決まらないと収入が入ってこない焦りから仕事選びにおいて妥協しやすくなります。

そうなるとまた向いてない仕事に就いてしまう可能性が高くなります。そうならないためにも働きながら転職活動することが大切なのですが、なかなか難しいです。

しかし転職エージェントを利用すれば、志望企業の応募、面接日程の調整など面倒なことをやってくれるので、手間を省けてとても便利です。

転職エージェントは、これだけ便利なのにも関わらず利用するのばすべて無料です。

だから使わない理由はないです。すべて無料で利用できる理由は、採用活動を行っている企業から費用をもらって成り立っているからです。

うまく活用するためには複数登録するのがコツ

しかし転職エージェントは、とても役立ちますが当然ですがデメリットもあります。それは、どんなに評判のよい転職エージェントであってもキャリアアドバイザーの質のばらつきや相性があることです。

質が低かったり、あなたと相性が悪いキャリアアドバイザーに当たってしまうとなかなか転職活動はうまくいかないことが多いです。そのため転職エージェントは、1社よりも複数登録して利用したほうが、デメリットを克服できます。

また複数登録したほうが、紹介してくれる仕事も増えるので、より自分の可能性を拡げることができます。

おすすめ転職エージェント

おすすめの転職エージェントをご紹介します。うまく活用するためにも最低2社登録することをおすすめします。利用するのはすべて無料なので、複数登録するリスクはまったくないと思います。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、20代向けの転職エージェントです。20代の転職市場をよく理解しているキャリアアドバイザーが、一人一人丁寧に転職できるまでサポートしてもらえます。

マイナビジョブ20’sを利用すれば、あなたの強みや適性を診断してくれるテストを受検できます。

毎年世界中で数千万人の転職希望者が利用するテストで、とても信頼性が高いです。そのためよりあなたに向いている仕事を紹介してくれるでしょう。

対象年齢は24歳~29歳、対象地域は主に関東・関西・東海に住んでいる方になります。そのため対象に当てはまらない人は、別の転職エージェントを利用したほうがいいでしょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代をメインとした若年層向けの転職エージェントです。

ハタラクティブは、業界未経験転職支援実績4万人以上、転職内定率80.4%と高い実績があります。

またハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングであなたに向いてる業界、職種を把握してくれて、仕事を紹介してもらえます。

対象年齢は20代、対象地域は主に関東に住んでいる方になります。しかし関東以外に住んでいる方でも関東で働く予定があるならみっちりサポートしてもらえます。

ワークポート

ワークポートは、あらゆる年齢、業種に対応した総合転職エージェントです。ワークポートは、未経験からの転職を強みとしています。

そのため今の仕事が向いてないと感じていて、未経験の仕事を希望している場合はとても役立つ転職エージェントです。

対象年齢や対象地域は、特に縛りがないので、積極的に利用したほうがいいです。

DODA

DODAは、大手人材紹介会社のパーソル(旧インテリジェンス)が運営する総合転職エージェントです。

DODAの強みは、なんといっても大手だけあって求人情報量が圧倒的に多いです。

そのためできるだけ多くの仕事を紹介してもらいたいと思っている方にはDODAはとても役立つと思います。

とりあえず無料相談してみよう

向いてない仕事をしており、転職したいと思っていたとしても実際なかなか行動を移すことに躊躇している人は多いと思います。

私も転職しようと思ったときは、かなり迷いました。

しかし行動しなければ、今の現状は変わりません。そのためとりあえず転職エージェントに無料相談することをおすすめします。

会社を辞めなければ、リスクはまったくありません。

また転職活動をやってみて、やっぱり違うと思ったら途中で辞めてもまったく問題はないです。まず行動してから判断したほうが、転職するしないどちらにせよ後悔は少ないと思います。

記事を共有する。