内向的な人が向いてる仕事を4タイプに分類!自分がどれかをチェック

内気で内向的な人に向いてる仕事

内向的な人が向いてる仕事とは?

内向的な人が向いてるのは、どんな仕事があるのでしょうか?

内向的な人は以下のような特徴があります。

  • ストレスを感じたときは一人になりたい。
  • 行動より傍観することのほうが多い。
  • 仕事は順番にこなしたい。
  • 人の輪の中で雑談することが苦手。
  • あまり期待をされたくない。
  • 他人に邪魔されるのが極端に嫌い。
  • 思考を巡らせているのが幸せ。
  • 自己開示は避けたい。
  • 興味があることは追求する。

もしいくつも当てはまることがあるなら内向的である可能性は高いでしょう。内向的な人は、社会においてなかなか評価されない傾向にあります。

組織の中では、やはりどうしても外向的な人が評価されやすいのです。そのため内向的な人は、なかなか評価されないために生きずらさを感じている人も多いでしょう。

しかし内向的に向いてる仕事に就けば、もっと楽に生きられるはずです。

そこで内向的な人が向いてる4つのタイプの仕事をご紹介したいと思います。

タイプ1:慎重さが求められる仕事

内向的な人は、慎重である傾向が強いです。あなたが内向的であるなら行動、発言、人の付き合いなど慎重ではないでしょうか?

一般的に慎重であることは、あまり評価されないことが多い。しかし慎重さが求められる仕事であれば、きっと活躍できるでしょう。

具体的には、銀行員の仕事、経理の仕事、命にかかわる医療関係の仕事、安全が求められる航空関係の仕事などです。

こういった仕事は、ミスが許されないので慎重であることは有利に働きます。

タイプ2:高い分析力が求められる仕事

内向的な人が必ずしも高い分析力があるとは限りませんが、持ち合わせていることが多いです。

普段から情報収集するのが好きで、何かと分析したがるのであれば、高い分析力が求められる仕事へ転職してみるのもいいでしょう。

例えばデーターサイエンティスト、マーケティングリサーチなどの仕事です。

近年スマホなどの登場によってあらゆるデータが取りやすくなっているため統計学などを使って分析する仕事は増えています。

タイプ3:長期間集中力が求められる仕事

内向的な人は、ひとつのことに対して長期間集中力が継続する傾向にあります。なぜなら外向的な人と比べて、何かやるときに外からの刺激や後押しが必要ないからです。

長期間集中力が続くのは大きな強みなので、それを活かした仕事をやったほうがいいでしょう。具体的には、ITエンジニアなどの技術職、研究職、WEBデザイナーなどのデザイン関係の仕事などです。

自分は、何か没頭すると長期間ずっとできるのであれば、そうったことが求められる仕事に転職したほうがいいでしょう。

タイプ4:聞くことが中心の仕事

内向的な人は、外向的な人と比較すると話すよりは聞くことのほうが好む傾向にあります。

また、内向的な人のほうが、共感性が優れ、話し相手をよく理解することができます。

内向的であるけれども人と関わりたいと思っているなら聞くことが中心の仕事に就けばいいでしょう。

例えば、カウンセリング、コーチング、コンサルタントなどは聞くことはとても大切な仕事です。

まとめ

いかがでしたか?内向的であっても向いてる仕事は、あなたが思っている以上にあるのです。

あなたが内向的であっても無理やり外向的に変える必要はありません。

それよりは、内向的な資質を活かした仕事へ就いたほうがいいでしょう。


▼タイプ別に向いてる仕事を紹介している記事

記事を共有する。