要領が悪い人に向いてる仕事10選!不向きな仕事や長所短所と自己分析

要領が悪い人に向いてる仕事

要領が悪い人に向いてる仕事を10職種紹介、逆に不向きな仕事は5職種、それぞれ内容や年収といった「気になるポイント」とともにアドバイスが併記してあります。今回は、「要領が悪い人」について、性格的な特徴や長所・短所といった部分を、振り返られるような内容にしています。

特に知って欲しいことは「要領が悪い人に対する職場の人からの評価」です。自分は、努力しているつもりでも、周囲から同じように評価されているとは限りませんので、今後のキャリア形成のために参考にしてみてください。

最後には、自己分析の方法についてレクチャーしますので、向いてる仕事を見つけるために自分を客観視して誇れる仕事選びが出来るようになってくださいね。

要領が悪い人とは?

要領が悪い人は仕事ができないのではなく、自分に合った仕事を選んでいない可能性があります。そこで、自己分析をして性格や特徴のイメージを掴むことで、より適正のある仕事に就くことができます。要領が悪い人が職場でどのようなイメージを持たれているか、心配している人もいますが、決して悪いイメージばかりではありません。

性格にはいくつか特徴があります。淡々とこなしたい人もいれば、みんなでわいわいしながらする仕事が好きな人もいます。どの職種にも性格上の向き不向きあるため、自分の長所や短所を理解することで目指すキャリアへと近づけます。自分をもう一度見つめ直していけば、実は要領が悪い人に向いてる仕事は沢山あるのです。

要領が悪い人の性格

  • ひとつのことを丁寧にやろうとする
  • 優柔不断で取捨選択が苦手
  • 行動がゆっくりで生真面目すぎる

ゆっくりと丁寧にひとつのことを取り組む

マイペースで仕事も自分の思うペースで進めないと気が済まない、というタイプの人は要領が悪いことが多いです。一緒に働いている人から見ると、どんくさい、話が通じない、仕事が任せられない、という印象を持たれるかもしれません。

しかし、ちょっと失敗してしまう人の方が教えがいがあって親しみやすい、と感じる人もいるので、そこまで深刻に考える必要はありません。

真面目なのは良さ

性格的に真面目なのですが、要領が悪い人は、新しい仕事を教えてもらえなかったり、自分自身の評価も落としたりしてしまうため、まずは要領の悪さの原因となる性格を改善しなければなりません。

要領が悪い人に向いてる仕事の特徴

要領が悪い人に向いてる仕事
5つの特徴を紹介

チェックするポイント

現在勤めている会社がある人は「今の仕事」、退職済みで転職先を探している人は「将来の仕事」をイメージしながら、5つの特徴に当てはまるかどうという視点でチェックしてください。

★特徴1「ルーティンワーク」

考えなくてもマニュアル通りのルーティンに沿ってできる

ルーティンワークは毎日決まった仕事、作業量をこなすような仕事です。良い点は、手順や段取りが決まっており、自分で考えなくてもいいので集中力も上がるところ。要領が悪い人に向いてる理由は、決められた仕事をマニュアル通りにこなせばいいため、あれこれ考える必要がないからです。

ななか編集員

<ワンポイントアドバイス>

完璧なルーティンワークはありません。日々改善を繰り返すことで、作業効率をもっと上げることができます。

★特徴2「一人で完結できる仕事」

一人の方が気楽で集中するので効率も上がる

同じ事を繰り返す単純作業や人と関わりの少ない仕事が多いです。良いところは、ほとんどの作業が一人でできるものが多く、人の目を気にせず集中してできるため、気楽だという点です。要領が悪い人の中には、人の目があると仕事が手に着かないという人もいるため、一人で完結する仕事が向いています。

ななか編集員

<ワンポイントアドバイス>

責任感の強い人やメンタルが強い人は、その部分を伸ばせたら評価も良くなります。

★特徴3「優しい人に囲まれる職場での仕事」

失敗も許容してくれる上司や同僚がいる環境は安心して仕事ができる

明るい雰囲気で、新人や業界未経験の人にも丁寧に仕事を教えてもらえます。良いところは、多少のミスでも許容してくれる優しい上司や同僚がいるため、新人でも安心して仕事ができる点です。要領が悪い人に向いてる理由は、会社が人材育成に力を入れているため、新人が焦らずゆっくり仕事を覚えられる環境を整えてくれているからです。

ななか編集員

<ワンポイントアドバイス>

人と話すのが好きで、真面目にコツコツ取り組める人が向いています。

★特徴4「スピードより丁寧さが重要な仕事」

ゆっくりコツコツと着実に、丁寧に作業をするため焦らない心持ちでいられる

作業効率が悪くとも仕事が丁寧であれば、質を求める仕事はとても向いています。良いと面としては、コツコツと着実に作業ができ、焦らないことを要求されるため、仕事でのミスが少なくなることです。そして、要領が悪い人に向いてる理由は、設定される納期に余裕がある場合が多いことから、自分のペースでじっくりと仕事ができるからです。

ななか編集員

<ワンポイントアドバイス>

仕事が遅くても、持ち前の丁寧さを活かせば、十分仕事を任せてもらえるようになります。

★特徴5「ペースを乱されない仕事」

自分のペースで作業するためミスしにくく混乱やパニックを起こしにくい

場所や時間にとらわれず、相手が必ずしもお客様だけとは限らない仕事が多いです。良い点は、自分のペースするためトラブルが少なく、仕事で混乱しにくいため、パニックを起こして起こるミスの連発を防げまることです。そして、要領が悪い人に向いてる理由は、少人数で作業をすることが多いため、すれ違いや見当違いがなくなるからです。

ななか編集員

<ワンポイントアドバイス>

マイペースなところを仕事に活かせるようになれば、伸び代があると言えます。

要領が悪い人に向いてる仕事10選<おすすめ順>

要領が悪い人に向いてる仕事として10職種を紹介。仕事内容/おすすめする理由/平均年収をはじめ、年収についてポイントを解説。どんな仕事が自分に合うか、適職探しのお役立ち情報を短時間でチェックできるので、この章の後に紹介する「要領が悪い人に不向きな仕事」とも比較してみましょう!

おすすめ順
要領が悪い人に向いてる仕事10選

ルート営業 [要領が悪い人に向いてる仕事 1/10]

>決まった先客や法人・個人にカタログ提案をするため要領が悪い人にも向いてる仕事。

ルート営業の仕事

▽仕事内容
新しく契約を取るのではなく、決まった客先を中心に営業をします。法人・個人を問わず相手にし、ポスターやカタログ提案などをします。また、顧客の要望の再調査や、取引商品のアフターフォローを行います。

▽おすすめする理由
自社の商品を売り込む商談技術も、高いコミュニケーション能力も必要ありません。既存客との関係を大切にできる人にオススメです。決まったルートで営業するため、どうしたらいいのかすぐに思いつかない、要領が悪い人でも向いてる仕事です。

▽年収について
雇用形態や業務成績によっても変わります。また、アルバイトや派遣社員など、非正規雇用になると時給換算になります。

平均年収:300万円~400万円

データ入力 [要領が悪い人に向いてる仕事 2/10]

>事務・総務のデスクワークで、基本的に指示通りに同じことを繰り返すため要領が悪い人でも向いてる仕事です。

データ入力の仕事

▽仕事内容
主にパソコンのソフトなどを使って作業をします。例えば、手書きアンケートのデータ化、顧客情報の整理などです。基本的にデスクワーク中心で、指示に従って仕事をすれば、どんなに要領が悪い人でも確実にできます。

▽おすすめする理由
非正規雇用であれば、データ入力のみの仕事もあります。正社員は事務・総務の仕事と併用して、データ入力作業も行うことが多いです。マルチタスクをこなすのが難しいと感じる人や、一つのことをコツコツと自分のペースで、単純作業がしたい人に向いてる仕事です。

▽年収について
多くの人が副業やアルバイトとして従事しているため、平均年収が下がっているとも言えます。正社員となれば、事務などの仕事と同等の年収になることもあります。

平均年収:250万円~300万円

公務員 [要領が悪い人に向いてる仕事 3/10]

>安定雇用で失業の心配もほぼ無く、決められた業務を淡々とこなす仕事のため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

公務員の仕事

▽仕事内容
住民、国民が安心して暮らせるための行政サービスを提供します。例えば、公共機関の整備、法令や条例の選定などです。基本的に決められた業務を決められた時間内に行うため、残業も少なく、雇用形態や仕事内容全てを見ても安定雇用と言えます。

▽おすすめする理由
要領が悪い人でもマニュアル通りに動けばいいため、難しく考えなくてもいいです。安定していて残業が少なく、内容も覚えやすいものがいい、という人に向いてる仕事です。

▽年収について
民間企業と比べても平均年収は高く、会社の成績などによって給料が減ることもないため、安定した年収です。年齢や能力によっては600万円を超えないこともあります。

平均年収:530万円~700万円

受付スタッフ [要領が悪い人に向いてる仕事 4/10]

>業務範囲が限定されており、素敵な笑顔があれば乗り切れるため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

受付スタッフの仕事

▽仕事内容
企業や病院など様々な場所で仕事があります。主に来客や電話の対応、取次業務、アポイントの確認などです。特別な知識が必要ない分、笑顔や言葉遣いに気を配らないといけない接客のプロという立ち位置です。

▽おすすめする理由
活躍の場が幅広く、業務範囲も限定されるため、要領が悪い人で作業内容を覚えられない、という人にも向いてる仕事と言えます。仕事ができるのも大切ですが、笑顔が素敵だと尚良いです。

▽年収について
勤務先や忙しさなどによっても左右されます。また、未経験の場合は年収が300万円を下回ることもあります。残業がほぼないため、残業代での上乗せはほぼ期待できません。

平均年収:300万円~400万円

ルート配達員 [要領が悪い人に向いてる仕事 5/10]

>配送ルートは毎日のルーティンになり、一人で黙々とできるため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

ルート配達員の仕事

仕事内容
毎日同じルートを通って商品を配送します。例えば、食材や調味料であれば飲食店やスーパーを回ります。他には、定期便を個人宅などに配送することもあります。要領が悪い人でも、一度ルートを覚えたらとても楽に仕事がこなせます。

▽おすすめする理由
自分のペースで毎日決まったルーティンを繰り返すため、新しいことを覚えることもありません。覚えるのが苦手な人や、一人で黙々と作業がしたい人には、ルート配達員が向いてる仕事だと言えます。

▽年収について
年収は、配送する荷物の種類にもよって変化します。軽い物で近場を回る場合と、重たい物や広範囲を配送する場合では、当然差が出ます。

平均年収:350万円~400万円

バス運転手 [要領が悪い人に向いてる仕事 6/10]

>乗客に感謝されることもあり、定刻通り決められた路線を運行するだけなので要領が悪い人にも向いてる仕事です。

バス運転手の仕事

▽仕事内容
乗務前の車両点検をし、トラブルがないかを確認してから運行します。基本的にそれぞれ決まった路線を定刻通りに運行するため、ルート配達員と同じように、道さえ覚えてしまえば楽です。また、お客様を安全に目的地まで送り届けられるような安全運転を心掛けます。

▽おすすめする理由
人と接するのが好きな人に向いてる仕事です。また、よく利用する方からお礼を言われるなど、感謝される機会もあるため、要領が悪い人でも人の役に立ちたい、という人にオススメです。

▽年収について
公務員か民間か、または年齢や経験にも左右されるため、年収がこのような振れ幅となっています。公務員が一番年収が良いです。

平均年収:370万円~560万円

生産ライン作業 [要領が悪い人に向いてる仕事 7/10]

>流れ作業で失敗しない仕組みが出来上がった安心できる仕事内容のため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

生産ライン作業の仕事

▽仕事内容
流れ作業が中心です。ベルトコンベアーで流れてくる部品の組み立てや、箱詰めなどがあります。単純作業であり、数人で一つのラインの作業をするため、失敗しない仕組みができています。

▽おすすめする理由
流れてくるもの全てを対応しなければならないということではありません。自分のできる範囲で作業すればよく、できない分は別の作業員がやってくれるので安心です。そのため、要領が悪い人でもコツさえ掴めば黙々とこなせます。一つのことを飽きずに取り組める人に向いてる仕事です。

▽年収について
土日休みや年間の休日の日数、有給休暇の取得率などが高いことが多く、残業も少ない工場が多いです。

平均年収:250万円~350万円

倉庫内作業 [要領が悪い人に向いてる仕事 8/10]

>肉体労働が求められる重要な仕事だが、仕事内容はわかりやすいため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

倉庫内作業の仕事

▽仕事内容
荷下ろしやピッキング、仕分けなどが中心です。通常は、流れ作業で検品をしたり、フォークリフトを使って荷物を運んだりします。重要な仕事からわかりやすい仕事まで様々で、個々の適応や希望によって担当を振り分けられます。ラベル貼りや検品は、力に自信のない人や女性でもできます。

▽おすすめする理由
肉体労働なので、体力に自信のある人に向いてる仕事です。頭で考えると次に何をやったらいいのかわからなくなる、という人にもオススメです。要領が悪い人でも簡単な指示の仕事が多いため、未経験でも取り組みやすいです。

▽年収について
給料幅が大きく、勤務先や経験、スキルなどでも変わります。

平均年収:250万円~350万円

マンション管理 [要領が悪い人に向いてる仕事 9/10]

>住人のいる施設の管理人の仕事のため人との関りもあり孤独を感じにくく、内容も覚えやすいため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

の仕事

▽仕事内容
主に設備点検、セキュリティーチェック、修繕などです。マンションは多くの住人が共同生活する施設ですので、小さなことでも徹底的な管理が必要となります。管理人は些細なことでも安全と安心を守る義務があります。

▽おすすめする理由
力仕事がほとんどないため、女性や未経験でも就業できます。また、常駐でない場合は基本的にやることがルーティン化するため、作業が遅いとか、仕事をなかなか覚えられないといった要領が悪い人にも向いてる仕事です。

▽年収について
平均をとればこのくらいになりますが、活躍の場や担当する職務は広範囲になるため、内容によっては年収がもっと上がることもあります。

平均年収:350万円~400万円

清掃作業 [要領が悪い人に向いてる仕事 10/10]

>きれい好きで活躍の場が広い仕事です。一度覚えたら繰り返しのため要領が悪い人にも向いてる仕事です。

清掃作業の仕事

▽仕事内容
学校など施設から、ホテル、公園など公共の場、飛行機など、活躍の場は幅広いです。基本的には一人から数人のグループを組んで、一つの場所を担当することが多いです。時給制のところもあれば出た回数によって変わる所もあり、様々です。あまり汚れていないために清掃が簡単な所もあれば、かなりの重労働になる所もあります。

▽おすすめする理由
飲食店などのように覚えることが沢山あったり、イレギュラーが起こったりすると対応できない、という要領が悪い人でも向いてる仕事です。きれい好きで、一人で黙々と作業したい人にはオススメです。

▽年収について
どこの清掃をするのか、または清掃の内容によっても変わります。

平均年収:250万円~300万円

要領が悪い人に向いてる「一人でできる仕事」

ここまで10職種の仕事を紹介してきましたが、その中で見える傾向として「一人でできる仕事が向いている」ということを、おわかりいただけたかと思います。そこで、現段階で、一人でできる仕事への関心が高まった方は、下記の記事も参考にしてみてください。

一人でできる仕事

要領が悪い人には不向きな仕事一覧

要領が悪い人には不向きな仕事を5職種(職域)紹介。性格的にミスマッチになりやすく、機会損失に繋がりやすい、相性の悪い仕事を事前に知ることで、不要で無駄な時間を過ごすリスクを未然に避けておきましょう。

こんな仕事は
要領が悪い人には向いていない!

コンサルタント/要領が悪い人に向かない仕事①

人としての魅力がある/コミュニケーション能力が必要な仕事。

▽向かない理由
複雑なマルチタスクを同時にこなさなければといけないため、ある一定の動作に一つのことしかできない人には向かない仕事です。

ディレクター/要領が悪い人に向かない仕事②

自分が指示を出す役割を担う/判断にスピードが求められる仕事。

▽向かない理由
自分が指揮する立場です。指示無しだと動けない人には向いていません。広い分野に精通する知識力や人脈も必要になります。

秘書・庶務/要領が悪い人に向かない仕事③

臨機応変な対応力/知識の領域が広い/察する能力を求められる仕事。

▽向かない理由
上司に代わり、業務を行ったり仕事の依頼を受けたりします。自分だけじゃない、他の人の管理もするため、物覚えが悪いと務まりません。

看護師など医療スタッフ/要領が悪い人に向かない仕事④

失敗が許されない/チームワークを意識/高度な知識が必要な仕事。

▽向かない理由
医療現場は常に緊張感があります。報連相の精度も要求され、常に多忙の中、マルチタスクをこなします。要領の悪い人には不向きです。

教職員/要領が悪い人に向かない仕事⑤

人としての魅力がある/コミュニケーション能力が必要な仕事。

▽向かない理由
授業に加え、クラブ活動もあります。そのため、時間管理や効率重視が求められます。人との関わりが苦手な人や管理能力が低い人には向いてません。

ななか編集員

向いてる仕事と不向きな仕事について理解した上で、仕事の選び方がわからない場合は、こちらの記事で基準と軸づくりをしてみましょう!

仕事の選び方がわからない

要領が悪い人の長所と短所

要領が悪い人は、どんな長所と短所があるのでしょうか。自分自身の性格特性や、強み・弱みの詳細を知っておくことは、人生の道筋を描く際に「強みを活かせる方向性」を決めやすくしてくれる重要な判断材料となります。

ここからは、性格特性を頭に入れながら、代表的な長所3つ・短所3つについて解説していきます。

▽性格特性のおさらい

  • 集中力がある
  • 性格が明るい
  • 淡々と作業できる
  • ミスに敏感
  • 行動が先に出る
  • プライドが高い

いい面も悪い面もどちらもあります。しかし、活かしたり改善したりすることでその人の大きな武器ともなり得ます。

要領が悪い人の
長所3選!

長所について

長所1:集中力が高い

要領が悪い人は、意外にも集中力が必要とされる仕事が得意な人が多い傾向があります。

【ポイント】
この長所を発揮するには、一つのことをやり遂げる力も必要です。

【アドバイス】
自分の集中力を活かせるように動けば、要領が悪い人でも、仕事の中で強みを発揮できるようになります。

長所2:明るく元気に振る舞える

要領が悪い人には明るい性格を持ち合わせている人が多く、職場で明るく振舞い場を和ませることが得意なので、会社内では欠かせない存在になることができます。

【ポイント】
仕事はできないけど愛想が良い人の方が、淡々としている人より可愛がられるケースが多いです。ムードメーカーの存在はかなり重要です。

【アドバイス】
明るく振舞うと同時に、なんとか仕事を覚えようとする姿勢を見せると、教える方にも頑張って教えよう、という気にさせられます。明るい性格は大きな強みです。

長所3:仕事を最後までやり切れる

臨機応変な対応が苦手という要領が悪い人は、逆に決められたことはきちんと最後までこなせることがあります。

【ポイント】
言われたことや決まっていることならきちんとできる、という強みを活かし、黙々と作業をしましょう。言われたことができるのは基本でもあり、最低限必要なことです。

【アドバイス】
無理に考えてやろうとせず、まずは目の前にある与えられた仕事を完璧にこなせるようにしましょう。

要領が悪い人の
短所3選!

短所について

短所1:失敗をずっと引きずる

几帳面で、ちょっとした失敗も大袈裟に受け止めてしまいます。それぞズルズルと引きずって、就業後も後悔し続ける人もいます。

【ポイント】
要領が悪い人は、小さなミスを長い間悔やんでいます。そのため、次の日の仕事に支障をきたしたり、上の空で仕事が手つかずになったりします。

【アドバイス】
ミスは誰にでもあることです。それを自分の弱みだと考えず、次に進むためのステップだと捉えましょう。

短所2:質問が苦手で独断で実行してしまう

人に聞くのが億劫だと感じたり、要領が悪い人だと思われるのが嫌だったりという理由で、独断で行動してしまう癖がついてることがあります。

【ポイント】
行動力があるとも言えますが、不安であるにも関わらず、聞くのが怖くて確認なしで即行動してしまうのは、ミスに繋がるため弱みでもあります。

【アドバイス】
聞かずに失敗される方が、周りの人も困ってしまいます。何度も聞いてしまう人はメモをとりましょう。

短所3:プライドが高くチームの輪を乱す

人に聞くことを頑なに拒みます。自信があるのはいいことですが、チームワークという面では弱みになってしまいます。

【ポイント】
周りに知らず知らずのうちに迷惑をかけてしまっていることがあります。プライドが高く、自分勝手な行動をするが故に、要領が悪い人だと思われてしまいます。

【アドバイス】
自分勝手な行動は他の人の迷惑にもなると考え、仕事ではいらないプライドを持たないようにしましょう。

要領が悪い人に対する職場からの評価

要領が悪い人は、職場の人々から、そのような評価をされているのでしょうか。ここでは、良い評価を「ポジティブな評価」、悪い評価を「ネガティブな評価」として、各3つずつ解説していきます。思い当たる点がある人は、ポジティブは伸ばし、ネガティブはできる限り改善する取り組みを行いましょう。

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1:指示されたことが最低限できる

与えられた作業を忠実にこなすのは評価が高いです。業務フローは最低限の仕事です。応用ができず、要領が悪いと思っても、最低限のことができる力はとても良いです。

次の仕事でも任せてもらえるように、さらに柔軟性を高めましょう。

この評価の活かし方

事務はほとんど業務フロー通りの対応で済みます。時には自分で考えることも必要となるため、判断が難しい時はすぐに上司に相談しましょう。

ポジティブな評価2:一人作業を黙々とこなせる

一人淡々と作業がこなせるのは、会社にとって必要な人材です。要領が悪い人でも黙々と作業ができると、次の指示をしなくても済むからです。

淡々と作業できる人は、真面目、集中力があると思われます。素直に良い評価と受け取り、今後に活かしましょう。

この評価の活かし方

仕事の質も高い、という評価が貰えるようにしましょう。作業量自体が多くても、質が悪ければマイナスになってしまうからです。

ポジティブな評価3:みんなが飽きる仕事も黙々とできる

単純作業は飽きがつきものです。単純だけど必ず誰かがやらないといけない仕事もあります。それができることは、会社からも評価が高いです。

繰り返し作業を飽きずにできることはとても良いことです。他の人が投げ出してしまうことも、自分ならできるのは強みです。

この評価の活かし方

単純作業のため、一つのミスが響きます。集中してミスを無くせば、要領が悪い人だと思われることは減ります。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1:マルチタスクな仕事ができない

会社は、マルチタスクをこなせる人材を育てたいと考えます。一つのことはできても、それ以上のことを教えられないとなると評価は低下します。

自分の記憶力を理解しましょう。できないからと諦めず、やろうとする姿勢が大切です。

この評価を改善するには?

要領が悪い人は、同時に複数のことを覚えようとします。そうではなく、自分のあった量やスピードを指導者に伝えて、ゆっくり吸収しましょう。

ネガティブな評価2:周囲の助言を受け付けない

周囲の助言を受け付けない人は、言っても無駄、要領が悪いからもう放っておこう、と思われてしまいます。

自分勝手な言動をやめましょう。助言してくれるのは、その人を思ってのことです。自分が正しいと思っても、違うと指摘されたら、まずは自分自身を見直しましょう。

この評価を改善するには?

自分で自分の評価を低下させています。まずは、他人の意見に耳を傾けるようにしましょう。

ネガティブな評価3:悪い部分を直さず現状維持

仕事を新人に教えてほしいと会社は思いますが、任せてもらえないのは信用が足りないからです。

足りていない部分があるため、評価が低下することはなくとも、上がることもありません。自分を見直し、悪い部分があれば直しましょう。

この評価を改善するには?

何が自分に足らないのか考え、その上で助言をしてもらいましょう。上司が思う足りない部分を改善できたら、要領が悪い人も卒業できます。

要領が悪い人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

要領が悪い人が、職場において『上手に仕事を進めるコツ』を3つ紹介します。たった3つですが、もっとも重要で比較的かんたんに実践、継続することにより「習慣化しやすい」内容に絞っているので、日頃から心掛けることの参考にしてみてください。

コツ1:上司と上手く関わるための心掛け

社に入ると必ず上司という存在がいます。ちょっとした心がけを意識することで、簡単に上司と打ち解けるコツをつかめます。

上司の立場になって物事を考えることは必要です。自分という部下を持つ上司が、自分に対してどう思っているのかを振り返ってみましょう。

▽日頃から心掛けること
挨拶をする他に、休憩時間を利用して仕事以外の話もしましょう。自ら話しかけることで円滑なコミュニケーションにも繋がり、上司の考えや価値観を知るきっかけにもなります。

おさむ編集員

上司からのアドバイスは素直に受け止め、報連相を心掛けましょう。その基本さえできていれば、徐々に打ち解けられます。

同僚や仕事仲間と仲良くするための心掛け

同僚とは、会社の中で助け合う仲間です。身近な存在だからこそ、適切な配慮や日常から心がけを意識することが大切です。

ミスはカバーし合い、誰か休みの時はフォローしましょう。お互いが助け合い精神を持って接することで、絆が深まります。

▽日頃から心掛けること
仕事仲間であるため、公私混同しないよう、けじめをつけましょう。また、ライバルでもあるため、お互い切磋琢磨し合っていけるような関係作りをしましょう。

おさむ編集員

とはいえ、上司や部下よりも心強い存在です。気が合う人とは仕事だけでなく、プライベートでも関わりを持つことが円滑な業務遂行につながるコツです。

自分の課題を見つけレッテルを挽回する方法

自分自身が仕事と真摯に向き合う必要があります、いくら同僚や先輩と良い関係が築けていても、要領が悪い人という立ち位置を改善しない限り、先には進めません。

自分がどういう理由で要領が悪いと思うのかを考えます。覚えるのが苦手なら、マルチタスクの仕事をあえて引き受けないよう、自分のキャパをしっかりと知りましょう。

▽日頃から心掛けること
自分の性格に合う仕事をしましょう。また、どうしてもできない時は一人で考え込まず、人を頼るという術を身につけると、上手くいくこともあります。

おさむ編集員

ミスをいつまでも引きずらず、前向きに考えられるようになりましょう。

向いている仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

最も自分を見直すのに適しているのは、マインドマップです。自己分析以外にも、会議においても解決案を出す方法として応用されています。自由な考え方を分岐にして増やしていく図で、見えない性質を具現化します。

どんな自己分析なのかについて

マインドマップを作ることで、アイデアを閃きやすくします。特定のキーワードから別のキーワードへと派生していくため、普段は思いつかないような考えも浮かびます。

また、図として頭の中の考え方を書き出すため、記憶に定着しやすいです。書き起こすことで自分の考え方を客観的に見ることができ、より広い視点になって考えることができるので、深い思考力も手に入ります。

やり方について

中心にメインテーマを定義します。例えば「向いている仕事が見つからない」だとします。そこから、なぜ見つからないのかを考えます。自分の性格がこうだから、やりたいことはこれだから、という風に、メインテーマからどんどん分岐を作ります。こうすることで、自分が考えている最終的な思考に行き着くことができます。

理論について

マインドマップは、脳の自然な働きを活かして作るものです。ただ考えるだけでは考えがまとまらず、余計な思考が入ってくることもあります。しかし、思うがままに連想したことを書き起こすことで、自分が本当に考えていることを理解することができます。つまり、本質を捉えることができるようになります。

考え方(捉え方)について

マインドマップで頭を整理すると、自分が描く理想のゴールやキャリアが明確になります。広い視野でたどり着いた答えは、非常に優れた意思決定であるのと同時に、問題を解決し、希望に満ちた未来を描くきっかけともなります。

マインドマップから出た短所や長所から、自分の性格を理解できます。そこから自己PRを考えたり、適正のある仕事を選べるようになります。

よくある質問

真面目だけど要領が悪い人はどう思われますか?

軌道に乗るまでは時間がかかるかもしれません。ただ、コツコツとした積み重ねはいつか大きな力となります。基本ができる真面目な人は応用力も身につくため、悲観する必要はありません。

要領が悪い人は憧れの仕事に就けませんか?

努力次第ではどんな仕事でも就けます。要領が悪いというのは、慣れていないという部分が大きいです。頑張れば十分可能性はあります。

要領が良くないことはダメなことでしょうか?

要領が悪い人はミスから学び、最初からできる人と比べてスタートが遅くても、成長のポテンシャルは高いです。苦しいことを糧とし、自分を変えたいと思える原動力にもなるため、決してダメなことではありません。

要領が悪い人は損しかしませんか?

要領が悪い人は、普通の人より時間をかけてやります。一見損しているように見えますが、時間をかける中で、他人には真似できないノウハウや技術を身につけることがあります。すぐにとはいきませんが、動作が丁寧でゆっくりだからこそ、細かいことまで気づけるようになります。

どうやったら要領良くなれますか?

最初に段取りを決めるだけでもかなり違います。効率が良くなれば、気持ちも徐々に前向きになり、ネガティブ思考から抜け出せるようになります。物事の順序を考えられるようになるため、自然と良くなります。

要領が悪いのは生まれつきですか?

要領の良し悪しは、その人にとって必要なことができているかです。価値観はそれぞれ違うため、できる人と比べる必要はありません。ゆっくりなのもその人の魅力です。

記事を共有する。