オタクな人に向いてる仕事10選!不向きな仕事と長所短所や職場の評価

オタクな人に向いてる仕事

オタクな人に向いてる仕事を10職種紹介、不向きな仕事は5職種、それぞれ仕事内容や年収といった「比較検討材料」と、経験豊富な転職エージェントによるアドバイスを併記しています。オタクな人の特徴や性格、長所短所を客観的に振り返り、職場の人からのポジティブ評価とネガティブ評価を知ることができます。

記事を読み進めることで、自己理解が高まり、自分に向いてる仕事がわからなかったオタクな人でも、自分に合う仕事が明確になり始めるよう思考をアシストする解説内容になっています。

最後に自己分析にも触れていますので、これからのキャリア形成をじっくり検討する中で、より核心に迫った対策ができるよにするための参考にしてみてください。

オタクな人とは?

ビジネスにおけるオタクの評価は以前とは比べ物にならないほど向上してきました。オタクは話しにくいとか、協調性がないなどネガティブなイメージがいまだに存在してはいますが、集中力があるとか、情報収集力に長けているなどといった高評価を得ることが多くなってきました。

単純に考えると、オタクが必要とされる分野、例えばIT業界やアナリストの業界などに転職をすれば、オタクが自分の得意分野で花開くことは大いに考えられます。しかし、オタクが仕事よりも、ヲタ活に専念したい場合は、それほど自分が活躍できる仕事に就きたいと思わないでしょう。

そこでオタクとは、どのような性格で、どのような分野の仕事に適しているのか、そして自分を指導する上司はどのような意識でオタクとしての強みを活用していけば良いのか見ていきましょう。そうすることで、どんな上司と働くことで、やりたい仕事ができるようになるかがわかります。

性格についてのおさらい

オタクというと家に閉じこもってばかりで、自分が夢中になれる事以外には全く興味がない人というネガティブなイメージがあるものです。

この考え方は当たっているように思えますが、オタクは自分が興味を持っていることに対して、尋常でないほどの関心を持つことができる性格を持っている人です。そのため、自分の興味とマッチする仕事に出会うことができれば、まさに「水を得た魚」のように本領を発揮することができます。

オタクの集中力は凄まじく、一度集中すると寝食を忘れて没頭できるパワーを持っていますから、自分にぴったりの仕事に出会えれば、ヲタ活をエンジョイしながら、自分の仕事にも邁進できるので、自分の得意とする領域で仕事をすべきでしょう。

ななか編集員

今回、記事を担当する転活ラボの「ななか編集員」です。今回のテーマは「オタクな人に向いてる仕事」です。世の中の専門家は全員オタクといっても過言ではないほど、過去の悪印象は変わった昨今ですが、いまだに偏見を持つ人は多く、風当たりが厳しい実情があります。

そこで、本記事では、自分の性格や特徴を理解して、向いてる仕事を見つけるためのアイデア満載の内容でガイドさせていただきます。

オタクな人が向いてる仕事の特徴

オタクな人に向いてる仕事
5つの特徴を紹介!

チェックするポイント

現在、会社勤めしている人は「現職」、無職の人は「未来の仕事」をイメージしながら、オタクな自分の特徴と照らし合わせてみましょう。性格特性を活かす転職活動で、自分に向いてる仕事を探すには、まずその特徴と自己理解がポイントとなります。5つの特徴を参考にしてみてください。

★特徴1「土日・祝祭日が休みでヲタ活できる仕事」

ヲタ活をエンジョイできる土日祝の仕事

オタクはとにかくヲタ活をすることで、人生をエンジョイしていますから、イベントが多い土日が休日であることが重要です。

土日祝が休みでヲタ活に専念
アニメや鉄道のイベントや飛行機オタクが集う航空祭などは、まさにヲタ活動の聖地です。これらのイベントに参加してこそ、オタクとしての人生が充実していきます。

ヲタ活優先なら労働条件をチェックせよ
オタクの場合は、仕事の内容よりも土日が休日であることや、給与など、労働条件に関することで転職先を決めるのがベストです。

転職先は労働条件で決めよう!
ヲタ活動に参加しやすい土日休みでお給料の良い転職先を探しましょう!

★特徴2「自分中心で没頭できる仕事」

オタクはコミュニケーションが苦手

オタクは一般的にコミュニケーションが苦手で、人との接触を極力避ける傾向にあります。

誰にも負けない集中力
オタクの長所といえば、興味のあることであれば、類稀な集中力を発揮できるところでしょう。

脅威の集中力でやり遂げる
例えば好きな鉄道模型をずっと作っていられるとか、好きなゲームを24時間続けられるなど驚異の集中力を持っているのがオタクなのです。

大好きな分野で花開く
オタクは自分が大好きな分野に特化した仕事に就けば、間違いなく本領を発揮できます。

★特徴3「ヲタ活資金に困らない給与額の仕事」

ヲタ活には資金が必要

オタクがヲタ活なしに人生の充実は考えられません。ヲタ活にはそれなりに資金が必要ですから、お金をある程度稼げる仕事に就くことが重要です。

オタクの集中力で結果を導きだす
オタクは興味があることであれば集中力を発揮して凄まじい結果を導きだすことができます。

オタクの専門分野は高収入が多い?
世の中には多くの仕事がありますが、給料が高い仕事の中にはオタクの専門分野であることも多いので、お金を稼ぎやすい環境が整っているといえます。

得意分野と合致する仕事を見つけよう
まず自分の得意分野に合致する仕事を探し、お給料と労働条件が自分の希望と合致しているものを見つけていきましょう。

★特徴4「オタク社員が多めの職場での仕事」

オタクが多い職場は天国かも

オタクはコミュニケーションが苦手な人が多いですから、オタクが多めの職場で働けば、会話が合うので仕事が楽しいと思えるでしょう。同じ世界観をわかちあう
オタクが多い職場であれば、お互いの世界を理解しあえます。一緒にヲタ活動を楽しむ同僚を見つけることができれば、プライベートも充実してくるでしょう。

ヲタ活に理解のある職場でリア充
ヲタ活を理解してもらいやすい職場であれば、休日も取りやすくリア充できます。

クリエイティブな業界はオタクにとって狙い目
クリエイティブな業界にはオタクが多いので、これらの業界を狙ってみると良いでしょう。

★特徴5「情熱・執着心が活きるワクワクする仕事」

自分が好きな分野でスーパーパフォーマンス

オタクは自分が好きな分野において驚異的な情熱を燃やします。そして成果を上げることや、褒められることによってやる気が倍増します。

オタクのやる気アップ度ハンパなし
どんな人も好きな仕事をしていればやる気がアップしますが、オタクに関しては、そのやる気アップ度が半端ではないのです。

オタクは褒められるのが好き
普通の人と違ってオタクは得意分野への執着心が強いため、褒められるなどプラス要因があれば、仕事の成果が大きく出やすいです。

伸び伸び働ける職場を選ぼう
オタクが伸び伸び働くことができる環境が整った職場を選びましょう。

オタクに向いてる仕事10選<おすすめ順>

オタクな人に向いてる仕事として10職種を紹介。仕事内容/おすすめする理由/平均年収をはじめ、年収についてポイントを解説。どんな仕事が自分に合うか、適職探しのお役立ち情報を短時間でチェックできるので、この章の後に紹介する「オタクな人には不向きな仕事」とも比較してみましょう!

おすすめ順
オタクに向いてる仕事10選

研究職 [オタクに向いてる仕事 1/10]

研究職の仕事

▽仕事内容
研究職の仕事内容には「基礎研究」と「応用研究」があります。基礎研究では、5年或いは10年先に視点を置いて、ビジネスの種を探していきます。応用研究では基礎研究で発見された技術をいかにビジネスに落とし込んでいくか、或いは既存の製品に応用できるかを研究していきます。

▽おすすめする理由
研究職は目先の利益にとらわれるのではなく、将来を見据えて研究をしていくので、研究をやり続ける力や仕事に対する使命感が必要とされます。研究職への適性が必要で、興味のあることに対して、粘り強く探求していくオタクにとって研究職は向いてる仕事になりうるのです。

▽年収について
令和元年の国税庁による調査では、研究職の平均年収は500万円となっています。日本人の平均年収が436万円であることを考えれば、研究職は普通より高めであることが分かります。

平均年収:500万円

開発職 [オタクに向いてる仕事 2/10]

開発職の仕事

▽仕事内容

どんな仕事をするの?
開発職には商品開発や技術開発、研究開発などがあります。商品開発はビジネスの種を商品に落とし込む仕事であり、技術開発は商品の開発や製造における技術に関して調べていく仕事で、研究開発は新しい技術を駆使して世の中に新しい製品を提供する仕事です。どの仕事も高い専門性が必要であり、物事を突き詰める執着心が必要です。

▽おすすめする理由
開発職はオタクに向いてる仕事と言われており、その理由はオタクは興味のある分野に対して、多大な執着心を持っており、それを実現するまで諦めない性格があるからです。オタクは物事を実現するために勉強をいとわないパワフルな面を持っています。

▽年収について
ある調べによりますと、開発職の平均年収は523万円となっており、日本人の平均年収より高めです。

平均年収:523万円

建築家 [オタクに向いてる仕事 3/10]

建築家の仕事

▽仕事内容
ビルや家屋、店舗などクライアントが満足するような建物を設計し、図面におこしていく仕事です。

▽おすすめする理由
建築家の仕事では、まず設計を学ばなければ何もできません。建築に対して情熱があり、かつどんな状況でもやり切る集中力と粘りが必要です。またデザインセンスも必要で、特に独創的で目立つ表現ができるとクライアントの満足度は増すものです。常に知識を増やしていかねばならず、好きな道での労力をいとわないオタクに向いてる仕事です。

▽年収について
建築家の平均年収は643万円というデータがあり、1,000人以上の大手企業に勤めていれば、建築家の平均年収は690万円であり、より高い傾向にあります。建築家の登竜門的存在である建築士の場合、平均年収は男性で653万円となっています。

平均年収:690万円

料理研究家 [オタクに向いてる仕事 4/10]

料理研究家の仕事

▽仕事内容
仕事内容はオリジナルレシピの開発や、企業とコラボして新しい食材の研究をしたり、レシピ本を出版したりなど、料理にまつわることであれば全てが仕事内容になると言えるでしょう。

▽おすすめする理由
料理が大好きという人であれば、料理研究家は向いてる仕事と言えます。その中でも料理オタクであれば、食材の扱い方や新レシピの開発などに並々ならぬ情熱を注ぐことができるはずなので、向いてる仕事となるでしょう。

▽年収について
料理研究家の平均年収は、840万円〜900万円と言われており、テレビや雑誌などで活躍するレベルとなると、平均年収は1,000万円〜3,000万円と言われています。

平均年収:840万円~900万円

記者 [オタクに向いてる仕事 5/10]

記者の仕事

▽仕事内容
入ってきたネタをもとにして、現場に出向いたり、関係者に電話をかけたりして情報を集め、それを記事にして世の中に発表するのが仕事です。スクープネタが入れば、それだけ記者としてグレードが上がるチャンスが待っています。

▽おすすめする理由
オタクは好きなアニメやアイドルなどを徹底的に追い求めます。記者も同じでネタに対して一般人では真似できないほどの執念を燃やして、圧倒的な調査力を駆使して情報を集めます。

▽年収について
新聞記者の平均年収は20代では400万円代ですが、40歳代になると800万円代となります。新聞記者といっても大手と地方ではまた違いがありますし、男女差や学歴差などで差異が出てきます。

平均年収:400万円~800万円

美容師 [オタクに向いてる仕事 6/10]

美容師の仕事

▽仕事内容
お客さんの髪を切ったり、ヘアスタイルの提案をしたりするのが主な仕事です。スタッフレベルであれば雑務全般が仕事になりますが、技術を磨くことでスタイリストとなり、お給料も上がっていきます。

▽おすすめする理由
何か技術を磨くとなると、オタクにかなうものはないでしょう。持ち前の集中力や粘り強さで、どんどん技術を磨いていくはずです。創造的なヘアスタイルの実現もオタクの得意分野ですから、美容師はオタクに向いてる仕事といえます。

▽年収について
美容師の平均年収は260万円と言われており、サロンによっては労働時間が12時間以上のところもあるので、時給に換算するととても低いことが分かります。ただし地方よりも関東の方が年収が高い傾向にあり、トップクラスの技術を身につけて良いお客さんがつくと1,000万円を楽に超える年収になります。

平均年収:260万円

コラムニスト [オタクに向いてる仕事 7/10]

コラムニストの仕事

▽仕事内容
社会問題であったり、趣味の分野であったり、得意な分野に関してコラム(囲み記事)を書くことが仕事内容となります。得意分野があってライティングの能力があれば、能力を活かせる仕事だと言えます。

▽おすすめする理由
自分の興味がある分野に関して熱心に情報を収集し、時には想像力は働かせて記事を書くので、オタクに向いてる仕事といえます。

▽年収について
コラムニストの平均年収は200万円〜400万円と言われており、仕事がない可能性もあるので、そうなると年収0円ということもありえます。大手新聞社に勤めるコラムニストであれば年収1,300万円以上も夢ではありませんし、フリーのコラムニストであっても人気のある人であれば、1ページで数十万円の報酬をもらうこともあります。

平均年収:200万円~400万円

データアナリスト [オタクに向いてる仕事 8/10]

データアナリストの仕事

▽仕事内容
IT化が進み、企業は膨大な量のデータを蓄積できるようになりました。これらのデータからビジネスにおける課題を見つけたり、収益につなげたりするためにデータを分析するのがデータアナリストの仕事です。

▽おすすめする理由
膨大なデータを利用して問題を解決する仕事ですから、他人と違った着眼点を持ち、情報収集欲や課題発見力を持ったオタクにとって、データアナリストは向いてる仕事と言えるでしょう。

▽年収について
データアナリストの平均年収は669万円です。データアナリストの仕事の範囲はとても広いため、経験や知識によって年収に大幅な開きがあります。例えば20歳代であまりスキルが必要ないデータアナリストであれば、年収で300万円〜400万円ですが、経験豊富であらゆるデータに対応できるスキルを持っているなら年収1,500万円以上も夢ではありません。

平均年収:699万円

雑誌編集者 [オタクに向いてる仕事 9/10]

雑誌編集者の仕事

▽仕事内容
勤めている雑誌の種類によって仕事内容は異なってきますが、雑誌編集者の仕事は記事の企画、取材、記事を書く、スケジュール調整、原稿チェック、レイアウトチェック、ディレクションなど多岐にわたります。

▽おすすめする理由
得意な分野に対して異常なまでの粘着力を持つオタクですから、質問力や集中力のあるオタクにとって雑誌編集者は向いてる仕事といえます。雑誌編集者になるのであれば、文章表現力や写真撮影の能力も鍛えておくと良いでしょう。

▽年収について
雑誌編集者の平均年収は441万円であり、比較的年収が高い東京であっても、平均年収は471万円となっています。業界的に拘束時間が長い場合が多いにもかかわらず、一般の日本人の平均年収と比べると、やや低い傾向にあるといえます。

平均年収:441万円

ゲームクリエイター [オタクに向いてる仕事 10/10]

ゲームクリエイターの仕事

▽仕事内容
ゲームを作るのがゲームクリエイターだと思いがちですが、ゲームが複雑化してきた昨今、複数の人間が分業してゲームを作ることが一般的です。そのため、ゲームクリエイターとは、アニメのキャラや背景を描くデザイナーや、スケジュール管理などを行うディレクター、プログラマー、シナリオライターなどを指します。

▽おすすめする理由
ゲームを趣味とするオタクが多く、集中して物事に取り組めるオタクが多いので、ゲームクリエイターはオタクに向いてる仕事と言えます。

▽年収について
ゲームクリエイターの平均年収は450万円ですが、新人のころは200万円というのもザラな話です。しかし人気のゲームクリエイターとなれば年収1,000万円を軽く超えていきますし、役職などがつけば、また年収が上がる可能性があります。

平均年収:450万円

ななか編集員

仕事の選び方がわからない人は、自分に向いてる仕事を発見するための基準と、転職の軸づくりに役立つこちらの記事を参考にしてみてください。

仕事の選び方がわからない

オタクな人には不向きな仕事一覧

オタクな人には不向きな仕事には、どのような職種があるのでしょうか。ここでは、性格上、向いていない5つの仕事について「職種/説明/向かない理由」を紹介します。自分に向いてる仕事がわからないとき、向き不向きの両面から仕事選びをする際の参考にしてみてください。

こんな仕事は
オタクな人には向いていない!

鉄道職員/オタクな人に向かない仕事①

新幹線などは安全な運行が第一です。

▽向かない理由
鉄道オタクなら鉄道職員がぴったりのような気がしますが、安全な運行は趣味じゃないことが多く、これが向かない理由となっています。

防衛省職員/オタクな人に向かない仕事②

防衛省に勤める全ての職員は防衛省職員であり、事務官などの文民と、武器を持って戦う自衛官がいます。

▽向かない理由
ミリオタは飛行機・軍艦などのマニアですが、遊びじゃないですからいつ命を落とすかわかりません。また機密事項を扱うことが多く、オタクとして語りたくても語ることができないので、この仕事は向いていません。

警視庁職員/オタクな人に向かない仕事③

東京都にある警察本部を警視庁と言い、そこで働く人を警視庁職員と言います。

▽向かない理由
パトカーやSAT/SITやSPなどは、ドラマや映画などで見るとカッコよくて、オタクならずとも人気があります。警察マニアにとって警視庁で働くことは憧れですが、実際には命の危険にさらされることが多いですから、不純な動機はNGです。

消防職員/オタクな人に向かない仕事④

消防職員は地方公務員であり、人命救助や救急・消火が主な仕事となります。

▽向かない理由
厳しい訓練と規律がありますから、マイルールがモットーのオタクには向かない職場でしょう。ましてや強靱な肉体と精神力が必要であり、好きというだけでは続かない仕事ですから、自分が仕事に耐えうるかどうかよく吟味して応募してください。

海上保安官/オタクな人に向かない仕事⑤

国家のために領海侵犯に対して退去を命じたり、海上交通の安全のために巡視したりするのが仕事です。

▽向かない理由
テレビや映画で海上保安官はカッコよく描かれていますが、現実には命がけで仕事をすることが多く、軽い気持ちでできる仕事ではありません。映画と現実のギャップに打ちひしがれるだけなので、十分考慮してから海上保安官になるべきでしょう。

オタクな人の長所と短所

オタクな人にはどのような長所や短所があり、どのような状況でそのように判断されるのでしょうか。オタクと一緒に働く同僚や上司が一緒に働いていく上で、注意するべきアドバイスも踏まえながら、考察していきましょう。

オタクな人の
長所3選!

長所について

長所1:物事を突き詰めるのが得意

自分の興味のあることはとことん突き詰める探究心の塊という特徴があります。

【ポイント】
興味のある分野に関する知識欲が強く、半ばプロ意識を持って活動をします。

【アドバイス】
探究心や知識欲の強さはオタクの強みなので、それを活かせる仕事に就くべきでしょう。

長所2:問題解決能力が高い

自分が得意とすることに対して負けず嫌いな面が強いので、何か問題が発生すると高い問題解決能力を発揮します。

【ポイント】
興味があることに対して執着心が強く、一般の人が気が付かないような点に気が付けるという能力も高いので、問題解決が得意です。

【アドバイス】
人と違った視点があるという強みがあるので、効率よく課題を解決に導くことができます。アナリストなど、問題解決能力が必要とされる仕事が良いでしょう。

長所3:調査・分析が得意

オタクは自分が興味あることに対して執着心が強く、情報収集に長けています。あらゆる角度から情報を分析して、課題を解決する能力に長けています。

【ポイント】
他人とは違った思考ができ、情熱を持って仕事に当たることができるのはオタクの強みと言えるでしょう。

【アドバイス】
気になることは情報を収集して、納得いくまで調べていくというスタンスが強みなので、調査や分析をする仕事に就くと能力が開花する可能性が高いです。

オタクな人の
短所3選!

短所について

短所1:自己顕示欲が強い

オタクは興味のあることに対して集中して取り組んでいきますが、その姿勢が逆に人に認められたいという欲求に繋がっていきます。

【 ポイント】
得意分野に関する知識を多く持つと、どうしても誰かに話したくなったり、周りに認められたくなったりします。得意分野において信任を得たいという欲求が芽生えてくるのです。

【 アドバイス】
オタクは我が強いので自己顕示欲が強いですが、仕事をしていく上で弱みになり、そこを攻撃されてしまう可能性が高いので、自己顕示欲が出てきたら一度引いて客観的に自分を見る癖をつけましょう。

短所2:協調性が低い傾向がある

オタクは自分が得意としない分野や、得意とする分野であってもアプローチの仕方が自分の考えと違っていると、非協力的になることが多いです。

【ポイント】
趣味やサークルなどで非協力的になる分にはそれほどダメージはないかもしれませんが、仕事で非協力的という評価となってしまうと、それが弱みとなり、同僚やクライアントから信頼されなくなります。

【アドバイス】
仕事で誰からも信頼されなくなったら、いくら好きな仕事でも続けることができなくなりますので、たとえ自分が思う方向でなくても参加してみるようにしましょう。

短所3:クリエイティブ脳が強く衝動的

オタクはクリエイティブ脳であるためこだわりが強く、自分が得意とする分野に関して、自分の意見や考え、優先順位などと相反するもものは我慢できない傾向にあります。自分が納得いかない状況になると協調性がなくなりやすいです。

【ポイント】
カタチばかり考える癖が強いため、それに合致しないものは受け入れられないという弱みがあります。

【アドバイス】
世の中には自分と違う意見があるということを認識し、それを出来るだけ受け入れれば、自分の世界がさらに広がるのでおすすめです。

オタクな人に対する職場からの評価

オタクな人について、自分以外の職場の人たちは、どのような意見を持っているのでしょうか。ここでは、オタクな人に対する上司・同僚からの「ポジティブな評価」と「ネガティブな評価」を各3つの計6つをピックアップ。

それら評価のとらえ方や活かし方、そして改善をする場合の考え方について解説しますので、自分の職場環境をイメージしながらチェックしていってください。

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1「新事業立上げで活躍する存在」

オタクは新規事業の際にゼロいち、つまり0から1を目指して大切な人や時間を有効に使える、無限の可能性がある将来を構築できる存在とされています。

オタクは興味関心を持ったときのフットワークが軽く、瞬発力(スピード)があるので新規事業にうってつけの存在ですが、チームワークは苦手なので自分中心に進めてマイナスに取られることもありますが、立ち上げでは右に出るものはいない重用される人材です。

この評価の活かし方

会社は「創造力」「推進力」「コミュニケーション能力」を求めますが、チームの中で一人でできる仕事を見つけて得意なことを活かせるポジションを獲得しましょう!特に事業拡大や業績回復には貢献しやすい特性があるので戦略は向いています。

一人でできる仕事

ポジティブな評価2「専門職として優秀な存在」

オタクは興味がある分野に対して並々ならぬ集中力と執着力を発揮します。そのため専門的な分野で彼らを使えば、心強いスタッフとなってくれる人であると評価されています。

オタクは一見取っ付きにくい感じがしますが、興味の対象が人よりも狭いだけであって、彼らの興味を引くような仕事を与えていけば優秀な存在として仕事をしてくれると感じてもらえるでしょう。

この評価の活かし方

一つのことを突き詰めることができる性質に磨きをかけ続けましょう。そのうえで、高い専門性から生まれる発想に根拠をつけるため、データ収集や分析のスキルを伸ばして、誰もが納得する社内外への提案ができるようになるとプロフェッショナルに近づくことができます。

ポジティブな評価3「調査をさせたら右に出る者はいない存在」

オタクは彼らの興味がある分野において、集中力や収集欲が無くなることがありません。さらに集めた情報をもとに行う分析力の高さも、一般の人よりレベルが高いと評されます。

好きなことなら、何時間でも集中力を発揮し続けることができるため、その強みを自己認識して仕事上で役立てていきましょう。

この評価の活かし方

普通の人からすると、オタクの集中力は度を超えていることがあり、異質な存在に見られることがあります。しかし、トータルで仕事がうまく行けば良いと思って、多少奇異に見えても自分の能力が活きる仕事をさせてもらえるよう、上司や同僚からの信頼を獲得しましょう。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1:イレギュラーを認めない頑固な存在

オタクは集中力が強いため良い仕事をしてくれる反面、マイルールから離れることを極度に嫌がります。上司や同僚からは「自分の主義に反することは頑として受け入れない人」と評されることが多いです。

自分の直感の鋭さは、仕事において良い方向に働くことが多いですが、反面悪い方に陥ることがあると認識しておきましょう。

この評価を改善するには?

オタクは、自分の興味関心が強い専門分野には強い反面、イレギュラーが発生した場合、パニックになりやすいという欠点があります。そのため、たとえ苦手でも報連相を徹底し、自分の強みに集中できるよう周囲からの支援が受けられる環境を構築しましょう。

そうすることで、徐々に、自分にさせてはいけない仕事が相手に伝わり、自分を活かす方法を知ってもらうことができます。

ネガティブな評価2:常に上から目線なのが嫌がられる存在

オタクは視野が狭く、協調性があまりないので、周囲から上から目線で話すと勘違いされることがあります。

オタクが上から目線で話すと勘違いされやすいのは、自分の得意とするコミュニティ以外での会話の経験が少ないからであり、決して悪気がないと理解すべきです。むしろ周囲の方が理解が少ないのかもしれません。

この評価を改善するには?

自分の強みを、このように評する人たちの考え方は偏っていて、多様性を尊重しない組織であることがうかがえます。伝え方を工夫しながら、相手に寄り添う姿勢を持つよう試みながら、他者の助けとなる仕事をして信頼を獲得しましょう。

ネガティブな評価3:同じ事を長く続けられない短気な存在

オタクは興味があることに対しての集中力がずば抜けて大きいですが、新しいことが好きという性質もあるので、関心が低いまま何かを続けることを特に苦手としているので、自分に向かない仕事を担当するとこのように評されることがあります。

逆に言えば、新しいことが好きというのは、常に新規立ち上げをするポジションではイキイキと取り組める可能性が高いので、周囲の人へ自己開示をしていきましょう。

この評価を改善するには?

人は苦手なことよりも、得意なことに集中したほうが、成果を出せるといわれています。しかし、会社組織では必ずしも自分の要望が通るわけではなく、職域のミスマッチが発生しやすいのです。そのため、改善努力をしても効果が見込めない場合は、思い切って転職エージェントなどに相談して「今の仕事があっているか」を確認するようにしましょう。

オタクな人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

オタクな人が、職場において『上手に仕事を進めるコツ』を3つ紹介します。たった3つですが、もっとも重要で比較的かんたんに実践、継続することにより「習慣化しやすい」内容に絞っているので、日頃から心掛けることの参考にしてみてください。

コツ1:上司との関わり方

オタクは仕事ができる人が多いですが、上司との相性が良くなければ、仕事ができないばかりか、会社を退職しなければならなくなります。

オタクは自分が得意とする分野に並外れた探究心を持ちますが、そうでない分野は箸にも棒にもかかりません。オタクは上司や同僚に対して一定の興味を持ち、相手に配慮することが必要です。

▽日頃から心掛けること
オタクが会社で円満に仕事を進めていくためには、上司や同僚とコミュニケーションを持つように心掛けることが必要です。

おさむ編集員

オタクな人が上手に仕事を進めるためには、自分の不得意分野を補完してくれる仲間、それを許容して強みを生かそうとしてくれる上司の支援が必要です。自分を理解してほしいなら、まずは、相手を理解して「上司が求めていること」に応えて、信頼を積み上げていきましょう。

コツ2「同僚との関わり方」

プログラマーなど、オタクが多い職種であっても会社で働く以上、仲間とのコミュニケーションは必要です。

会社の同僚や仲間との関係がうまくいってこそ、良い仕事ができるはずなので、日頃から周りと雑談するなどコミュニケーションをとっておきましょう。

▽日頃から心掛けること
気の合わない同僚と必要以上に仲良くする必要はありませんが、毎日顔を合わせたら挨拶をしたり、雑談をしたりしてコツを掴むように心掛けましょう。

おさむ編集員

オタクな人は悪気がないにもかかわらず、一方的なイメージから周囲に悪く見られがちです。浮いてしまわないために、会社内で周りと溶け込めるように会話の掛橋になってくれそうな人を探すなど、同僚と接する機会を自発的に増やしていきましょう。

コツ3「自分の仕事の進め方」

オタクは仕事ができる人が多いですが、周囲に誤解されて孤立しがちです。

オタクである自分が周囲に完全に受け入れられることは不可能だということを悟りましょう。そして相手の意見に耳を傾けて、やたら批判することは避けましょう。

▽日頃から心掛けること
オタクを理解してくれる人はいないですし、優しく接してくれる人は少ないと認識しておくべきです。不要な摩擦を防ぐために日頃から挨拶をするなり、雑談をするなりして、攻撃的な人間ではないと理解してもらいましょう。

おさむ編集員

重要なことなので何度も伝えますが、オタクな人は周囲の理解が不足してしまうと、悪く思われて孤立しがちです。周りとの間に軋轢を生まないように、周囲に溶け込むようなチャンスを作ってもらえるよう、上司にお願いしてみましょう。(サポートしてもらうことは恥ずかしいことではありません)

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

性格診断による自己分析

自己分析をする際によく目にするのが「性格診断」でしょう。性格診断はネットで気軽に受けることができますし、また就職活動先の企業で受けさせられることもあります。

どんな使い方ができるか

自分のことは自分が一番よく分かっていると思いがちですが、意外にも自分の強みや弱みというのは、とっさに答えることができないものです。自分の周囲の人のほうが、自分のことをよく理解していることもありえます。

性格診断は客観的に自分を見つめ直すツールであり、これを利用することで、自分が何に強くて、何が弱いかがわかるので、自分の天職を知ることができます。また人生において何に時間や労力をかけていくと、自分の人生が花開くかを把握できます。

やり方について

ネットで性格診断を検索してみると、ありとあらゆる性格診断が出てきます。大抵の場合、無料で行うことができるので、軽い気持ちでやってみましょう。性格診断は概ね質問に答えていくだけの簡単作業で結果を得ることができ、入力時間はテストの種類によりますが、大体10分あれば回答できるものばかりです。

理論について

気軽に入力して結果が出るものばかりですが、実は有名な心理学の理論をベースにして作られたものだったりするので、結果はかなり信憑性が高いことが多いです。

考え方(捉え方)について

性格診断の結果が100%正しいとは限りません。人間の気持ちは毎日変わりますし、体調によって考え方も変わってくるでしょう。性格診断の結果が全てではありませんから、一つの目安として利用してみてください。

ななか編集員

気軽な気持ちで出てきた性格診断の結果は、自分の長所や短所、どのような分野に興味があるなど、自分に関することおいて色々な情報を教えてくれます。

自分が意識していなくても、自分の得意分野はこれですと教えてもらえることもありますから、まずは結果を受け取めてください。そしてそれをもとにして、自分の能力が発揮できる仕事や会社を選んでみてください。

まとめ

オタクな人は仕事に対する集中力や分析力などが凄まじいので、映画監督やプログラマーなど専門的な職種はオタクな人に向いてる仕事であり、能力を発揮できる可能性が高いです。そのため、以前は疎まれていたオタクな人も、今では企業が欲しいと思う人材となっています。

これまで解説してきたように、オタクは得意とする分野においてレベルの高い仕事ができる可能性が高いですが、逆にそれが周囲との軋轢を生む結果となりがちです。クリエイティブな仕事は独りで仕事をする機会が多いですが、それでも最低限、上司や同僚とのコミュニケーションが必要となります。

周囲と軋轢を生まないためにも、まずは自分はオタクな人であることを認識し、周囲から誤解されやすくネガティブな印象を持たれやすい事実を把握しましょう。時には攻撃してくる人もいるでしょうが、気にせずマイペースで自分と興味がある人と話をするなどして、気持ちが落ち込むのを避けましょう。

そして攻撃するような人であっても毎日挨拶などをして、コミュニケーションを欠かさないようにして、働きやすい環境を自ら作っていく努力を怠らないようにしてください。

オタクな人からの「よくある質問」

オタクに向いている仕事とは?

オタクは創造力があり、黙々と仕事をするのを得意としますから、映画監督やゲーマー、プログラマーなどのクリエイティブな仕事を選ぶと良いでしょう。人と会うのが苦にならないのであれば、フィギアなどを販売するショップの店員なども毎日楽しく仕事ができるのでおすすめです。

オタクの仕事の探し方を教えてください

オタクに対する評価が良くなってきていますし、むしろオタクが欲しいと思っている企業が多く存在しています。転職活動をしたいなら、仕事探しのプロである転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

ヲタ活と仕事は両立できますか?

毎日残業ばかりで休みが取れない仕事は、いくらお給料が良くてもヲタ活ができないので避けましょう。多少お給料が低くても、自分が幸せを感じることができるヲタ活への時間が確保できる休みが取りやすい職場を選びましょう。

フィギアマニアでも職場に馴染めますか?

フィギアマニアであることは自分のアピールポイントとなりますから、デスクなどにお気に入りのフィギアを飾ってみましょう。多くの同僚が関心を示してくれるので、コミュニケーションのチャンスをゲットできます。

オタクであることで周囲に疎まれてそうです

残念ながらオタクに関してネガティブなイメージを持つ人は大勢います。毎日自分から挨拶をしたり、声をかけたりして、自分を少しでも知ってもらいましょう。

鉄道マニアなため出費がかさみます

鉄道という分野が自分のライフスタイルで欠かせない存在であるならば、諦める必要はありません。収入を増やすか、無駄な出費を省きましょう。外食や飲み会を止めるのも一つの方法です。

記事を共有する。