心配性な人に向いてる仕事10選!仕事内容と年収や長所・短所を紹介

心配性な人に向いてる仕事

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

心配性な人に向いてる仕事を明らかにするべく、その性格的な特徴や職場での評価、振る舞い方などを詳しく見ていきましょう。

心配性な人というと、起こるかどうかもわからない未来について、必要以上に不安を抱いているなどのネガティブなイメージがあります。確かに、心配性という言葉は褒め言葉として使うことが少ないため、ネガティブなイメージで捉えられやすいのは否定できません。「こんな性格やめたい」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

しかし、そんな性格も考え方次第では、武器として仕事で活用できるはずです。そのためには、まずご自身の性格をしっかり分析しましょう。長所と短所を見つめ直し、どんなことが得意なのか、苦手なのかを分析していくと、適職も見えてきます。

心配性な人とは?

心配性な人とは、よく言えばリスク管理能力のある完璧主義の人です。ミスに慎重で、与えられた仕事は責任を持って最後まで仕上げる根気強さもあります。結果として、大きな失敗が少ないです。心配性だからといって、悪いことばかりでは限りません。仕事によっては、大きな武器として活用することも可能なのです。

ただし、小さいことに心配しすぎるのはマイナスな面でもあります。心配しすぎはストレスのもとです。加えて、ネガティブ思考になりやすいという短所もあります。

完璧を目指して慎重に行動できるというメリットと、ネガティブな考えに囚われやすく、ストレスを抱えやすいというデメリットの両面があると言えるでしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

心配性な人が向いてる仕事の特徴

仕事の特徴

心配性な人に向いてる仕事
その特徴を5つ紹介!

特徴1:助役的なポジションでの仕事

助役的な仕事とは、業務が円滑に進むために他者をサポートする役割です。

人の役に立っていることが感じられます。

心配性な人はあまり自分が前に出るタイプではなく、裏方でサポートするのが向いているという特徴があります。それゆえ、助役的な仕事ほどやりがいを感じやすいのです。

ななか編集員

心配性な人は、ミスがないように慎重に仕事を進めます。その強みを大いに生かしましょう。

特徴2:ミスやリスクを見つける仕事

数字を扱うような、1つのミスも許されない仕事です。

心配性な人は、自分の業務を確実に行う性格です。また、黙々と作業するのが得意なので、自分の特徴を生かせます。

慎重に仕事を進める心配性な人は、ミスの防止だけでなく、リスクを事前に察知するのも得意だからです。

ななか編集員

「絶対にミスは許されない」と、自分にプレッシャーをかけすぎないようにしましょう。

特徴3:準備・想定力が求められる仕事

事前準備や、起こり得るトラブルを想定し、回避するための方策を練る仕事です。

心配性な人は慎重な性格が特徴なので、抜かりのない準備が得意です。

どんな仕事にも準備が必要です。きめ細やかに準備を進められる心配性な人に向いています。

ななか編集員

慎重に準備することは大切ですが、目の前のことに囚われすぎて、全体像が見えなくなることがあります。実行力のある人と協力して、仕事に臨みましょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

特徴4:個人の信頼が大切な仕事

「この人なら大丈夫」という、個人の信頼のもとに成り立っている仕事です。信頼度が仕事を任せる根拠になるため、心配性な人に向いています。

物事を慎重に進める性格が発揮されるでしょう。

心配性な人には、任せられた仕事を責任を持って最後までやり遂げようとするという特徴があります。

ななか編集員

信頼を裏切らないことが大切ですが、慎重を期すあまり時間がかかりすぎないよう注意しましょう。

特徴5:精度が求められる仕事

精度が求められる仕事とは、ミスの許されない仕事と言い換えることができます。

細かい点まで気を抜かず、完成度の高い仕事ができる心配性な人に向いています。

任せられた仕事はミスなく確実に行おうと責任を感じる心配性の特徴が、かえって良い結果を生みやすいです。

ななか編集員

精度にこだわりすぎて、期限に間に合わなくなるようなことにならないように、気をつけましょう。

心配性な人に向いてる仕事10選 <おすすめ順>

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

経理職 [心配性な人に向いてる仕事 1/10]

経理職について

▼仕事内容
経理職とは、会社のお金を管理する仕事です。仕入れや販売に関する売上や経費などから、社員の給与や税金、保険などの管理・計算、決算書の作成など、会社の資産にかかわることに広く関係しています。

▼おすすめする理由
経理ではミスが許されません。また、自分が表に出るより、縁の下の力持ち的な存在として、他人をサポートする側面が強いです。ミスを恐れて慎重になってしまう心配性な人には、その性格がかえって有利に働くでしょう。心配性な人には責任感が強い人も多いため、お金の管理という重大な責任を伴う経理はやりがいを感じやすく、向いてる仕事と言えます。

年収:400万円

営業事務職 [心配性な人に向いてる仕事 2/10]

営業事務職について

▼仕事内容
営業事務の仕事内容は、外回りなどで忙しい営業職に代わって、社内で顧客の対応や取り次ぎなどを行うことです。自分が矢面に立つのではなく、営業職をバックアップする役目と言えるでしょう。

▼おすすめする理由
心配性な人は慎重に仕事を進めるため、ミスが少ないのが長所です。仕事の性質上データを扱うことも多いので、ミスの少ない、心配性な人に向いてる仕事です。また、顧客対応が丁寧な面も見られるため、営業担当と顧客との間に立って、良好な関係を構築することにも貢献できるでしょう。

年収:360万円

営業事務職の平均年収は約360万円です。全職種の平均より低いですが、個人のスキルや経験によっては、もっと高い年収を得ている人もいます。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

購買担当 [心配性な人に向いてる仕事 3/10]

購買担当について

▼仕事内容
購買担当の仕事内容は、会社に必要なものを文字どおり購入することです。購入対象はあらゆるものに及びます。原材料、備品、消耗品から、他社に依頼する配送や加工などのサービスまで、有形・無形問わず、多種多様です。

▼おすすめする理由
地味なイメージのある購買担当ですが、納期や数量に関してなど、ミスの許されない重要な役割を担っています。ミスやリスクに対して慎重になれる、心配性な人に向いてる仕事と言えるでしょう。

年収:450万円

購買担当の平均年収は約450万円です。ただし、企業の規模によって大きな開きがあるため、実際は年収300万円から年収500万円の範囲に収まる人が多いと言えるでしょう。

品質管理職 [心配性な人に向いてる仕事 4/10]

品質管理職について

▼仕事内容
品質管理職は、文字どおり、製造した製品の品質を管理する仕事です。個々の製品の不具合は製造担当が行いますが、品質管理職の仕事は、個々の製品というより、製造工程全体を管理することで、不良品を出さないようにすることです。自社のイメージを保つという、非常に重要な仕事です。

▼おすすめする理由
品質管理という仕事柄、小さなミスも見逃さないだけの優れた観察力と高い集中力が求められます。また、データを扱うこともあるため、数字のミスも許されません。ミスを恐れて慎重に行動する、心配性な人に向いてる仕事です。

年収:470万円

品質管理職の平均年収は、全職種の平均と比べてやや高く、約470万円です。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

WEBディレクター [心配性な人に向いてる仕事 5/10]

WEBディレクターについて

▼仕事内容
WEBディレクターの仕事内容は、ウェブサイトの制作の全工程を監督することです。企画の立案から実際の制作、運用後のフォローに至るまで、広範囲に及びます。また、WEBデザイナー、エンジニア、SEO担当、ライターなど、複数の職種を管理し、全体の進捗や成果物の品質に問題がないかどうかをチェックします。

▼おすすめする理由
WEBディレクターの仕事は多岐にわたります。スケジュールや予算の調整から、関係各所との折衝など、気を使うことが多数あるため、慎重に物事を進められる心配性な人に向いてる仕事です。

年収:490万円

WEBディレクターの平均年収は約490万円です。ただし、ボリュームゾーンは500万円台で、個人のスキルや経験によって大きく左右されます。

ゲームデバッガー [心配性な人に向いてる仕事 6/10]

ゲームデバッガーについて

▼仕事内容
ゲームデバッガーの仕事内容は、完成したゲームやアプリなどにミスがないかを発見することです。ミスを発見した場合、その修正を行い、時にはミスが発生した原因の究明を行うこともあります。

▼おすすめする理由
ゲームデバッガーの仕事は、完成したゲームのミスを発見する仕事です。したがって、ミスの見逃しは許されません。1つのミスも許さないためには、長時間高い集中力をキープできる能力が要求されます。ミスを恐れる心配性な人に向いてる仕事です。

年収:250万円

ゲームデバッガーの平均年収は約250万円です。他職種と比べてかなり低いですが、期間限定の単発の応募が多く、アルバイトが中心の仕事だからと考えられます。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

経営コンサルタント [心配性な人に向いてる仕事 7/10]

経営コンサルタントについて

▼仕事内容
経営コンサルタントの仕事内容は、クライアントの経営上の問題を解決することです。そのためには、業界の知識や法改正の動きなど、さまざまなことにアンテナを張っておかなくてはなりません。客観的なデータや自身の思考力や用い、顧客が抱える問題の洗い出しから、検証、分析、解決策の提案などまでを行います。顧客のためを思えば、経営陣を説得することが必要な時もあるでしょう。

▼おすすめする理由
経営コンサルタントに必要なスキルの1つに、論理思考力があります。あらゆる事態を想定して、課題解決のために仮説を構築していく必要があり、心配性な人に向いてる仕事です。

年収:590万円

証券アナリスト [心配性な人に向いてる仕事 8/10]

証券アナリストについて

▼仕事内容
証券アナリストの仕事内容は、専門的な知識とスキルを駆使し、証券投資における情報分析や価値評価などを行うことです。一般的に証券会社などに所属し、エコノミストらとともに情報の収集、分析を主に担当しています。

▼おすすめする理由
証券アナリストにはさまざまなスキルが求められますが、重要なスキルの1つが数理的手法に長けていることです。また、情報収集に関しても日ごろから地道に行う必要があります。ミスのないように毎日こつこつ努力できる、心配性な人に向いてる仕事です。

年収:650万円

証券アナリストの平均年収は約650万円ですが、外資系の証券アナリストともなると、800万円以上の高年収を得ている人も多いです。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

秘書 [心配性な人に向いてる仕事 9/10]

秘書について

▼仕事内容
秘書の仕事内容は、企業の役員や社長などのサポートを全般的に行うことです。電話対応からメールの返信、来客応対、さらにスケジュールの調整や管理、資料の作成など、多岐にわたります。サポートする相手によっては、お歳暮やお中元の手配、御礼状の作成など、雑事的なことも業務の範囲です。

▼おすすめする理由
秘書は、担当する役員や社長が何を必要としているかを素早く察知し、すぐに動けることが大切です。状況を冷静に判断する能力も求められるでしょう。ミスの少ない心配性な人に向いてる仕事です。

年収:350万円

秘書の平均年収は約350万円です。仕事の性質が近い、一般事務や受付よりもやや高い傾向があります。

心理カウンセラー [心配性な人に向いてる仕事 10/10]

心理カウンセラーについて

▼仕事内容
心理カウンセラーの仕事内容は、カウンセリングを通じて、相談者の抱える悩みや課題を解決に導くことです。課題の解決は相談者自身が行い、心理カウンセラーはあくまでサポート役です。相談者にどのような心理療法がふさわしいかを見極めることも、業務に含まれます。

▼おすすめする理由
心理カウンセラーにとって最も大切なことは、相談者の信頼を得ることです。また、相手がどのような状況に置かれているかを観察する能力も求められます。慎重で細かいことに気がつく心配性な人に向いてる仕事です。

年収:300-400万円

心理カウンセラーには、公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士など、多くの職種が含まれます。全体的な年収は、300万円~400万円の範囲です。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

心配性な人には不向きな仕事

向かない仕事1「営業職」

営業職は成果がすべてです。どんなに準備しても、成果が伴わなければ評価されません。

▼この仕事に向かない理由
営業職にはノルマがあります。また、ライバルを出し抜いてでも売上を上げる強い姿勢が必要です。そのため、営業職には第一に、人より高い競争心が求められます。人と争うことが苦手で、ミスを恐れて動けなくなるような過剰に心配性な人にとって、営業職は向かない仕事ではないでしょうか。

向かない仕事2「キャリアカウンセラー」

キャリアカウンセラーは、相談者の転職支援を行います。仕事だけでなく、家族や人間関係、お金など、さまざまなことを聞きながら、相談者が前向きに行動できるよう支援する仕事です。

▼この仕事に向かない理由
キャリアカウンセラーには、メンター的な存在として、人を指導することが求められます。また、個人情報を扱うため、仕事について他人に相談することはできません。心配性な人には向かない仕事でしょう。

向かない仕事3「ファイナンシャルプランナー」

ファイナンシャルプランナーとは、相談者のライフプランにおいて、資産をどのように設計するかの提案を行う仕事です。

▼この仕事に向かない理由
ファイナンシャルプランナーは、刻々と変化する経済状況において、お金の不安を抱く相談者に対して、適切なプランを提案する側です。相手を不安にさせないことが大切なので、自分がすぐ不安になってしまう心配性な人には向かない仕事でしょう。

向かない仕事4「銀行員」

銀行員の仕事は、顧客のお金を預かることです。また、預かったお金を融資や投資で運用するため、重大な責任を伴います。

▼この仕事に向かない理由
顧客の大事なお金を預かっている以上、1つのミスも許されない仕事です。ミスを恐れる心配性な人に向いてるようですが、小さなことに右往左往したり、一喜一憂したりしては務まらない仕事です。常にどっしりと構えて、迅速かつ正確に行動できる人でないと向かないでしょう。

向かない仕事5「運転手」

トラックやタクシーの運転手は、車を単に運転するだけではありません。他にも、多くのプレッシャーにさらされながら仕事をしています。

▼この仕事に向かない理由
トラック運転手の場合、指定の時刻までに指定された荷物を確実に届けなければなりません。タクシーなどの運転手も同様ですが、さらに、接客というストレスフルな業務が加わります。したがって、プレッシャーに弱く、ストレス耐性のない心配性な人には向かないでしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

心配性な人の性格的な特徴

長所について

長所1「想定力が高い」

起こり得るリスクを想定し、リスク防止のために動けるのが、心配性な性格の人の長所です。

事前に考えて慎重に行動するため、ミスが少なく、大きな間違いを犯しません。

ななか編集員

リスクを想定して慎重に行動できるのは心配性な人の長所ですが、必要以上にリスクを恐れて動けなくなってしまうことに注意です。どの程度の想定が適切なのか、見極められるようになりましょう。

長所2「準備に余念がない」

心配性な人はミスを恐れる性格ですが、逆に言えば危機管理能力が高く、ミスを回避するための準備に余念がないという長所にもなります。

余計な失敗をしないよう、細部まで気を抜かないことは評価されるポイントです。

ななか編集員

準備に十分な時間をかけるのはよいですが、考えすぎて動けなくなってしまわないように注意しましょう。必要性に応じて、適度な準備ができるようになると良いです。

長所3「細かいことに気がつく」

仕事で細かいことに気がつくことができるのは大きな長所です。物資や時間などのミスを素早く察知し、トラブルを事前に予防できます。

心配性な人は、準備や確認を怠らず、きめ細やかに仕事をするので、周囲の人にとっては安心です。

ななか編集員

細かいことに気がつく性格は、危機管理能力が高いとして評価されます。しかし、細かいことに囚われすぎないように注意しましょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

短所について

短所1「考えすぎて行動できないことがある」

心配性な人は、小さなミスを恐れすぎて、必要以上に準備に時間をかけた挙げ句、なかなか行動できなくなる傾向があります。

ミスをなくすための努力は大切ですが、それも度が過ぎると短所となります。

ななか編集員

ミスを回避するのは良いことですが、その結果、動けないのは損な性格です。あまり気にし過ぎないようにしましょう。

短所2「恐れすぎて機会損失することがある」

見えない恐怖に囚われて、そのために良い機会まで逸することがあるのが短所です。

心配性な人は、性格的に考え過ぎなのがネックです。そのせいで動けないようでは、得られるものも得られません。

ななか編集員

最悪の事態を想定し、その場合の対処法を考えておきましょう。これ以上悪くなりようがない時の対処法がわかっていれば、恐れすぎて動けなくなることはありません。

短所3「周囲の人を不安にさせることがる」

心配性な人は、自分だけでなく、他人へ不安を伝播させることがあります。

この短所のネックとなる部分は、他人にも影響が及ぶことです。チームで仕事をする場合、あなたの性格が周囲の人の足かせになってしまうことがあります。

ななか編集員

不安を口にする前に、状況を現実的に見直してみましょう。その不安は事実に基づいているのか、考えてみてください。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

心配性な人に対する職場からの評価

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1「リスク管理がしっかりしている人」

▼このように評価される理由
リスクを事前に想定し、それを回避するためのプランを立てることに長けています。

▼受け止め方について
この良い評価は、安心して仕事を任せることができるという信頼の証です。好意的に受け止めましょう。

評価の活かし方

心配性な人は、起こり得ないことまで心配になることがあります。予想する心配事は確かなことでしょうか。事実に基づく根拠を考えることが大切です。

ポジティブな評価2「重要性の高い仕事を任せられる人」

▼このように評価される理由
心配性な人は、ミスしないようにしっかり準備をしてから、仕事に臨みます。その結果、正確性を評価され、重要な仕事を任されるのです。

▼受け止め方について
「この人なら間違いない」という良い評価なので、ストレートに受け止めましょう。

評価の活かし方

重要性の高い仕事ばかりではストレスになります。上司に相談し、気軽に取り組める仕事も回してもらいましょう。

ポジティブな評価3「周囲から信頼されている人」

▼このように評価される理由
心配性な人は、ミスを恐れるゆえに行動が慎重であり、その結果、失敗の少ない、確実性の高い人という良い評価を受けることがあります。

▼受け止め方について
周囲の信頼は、素直に受け止めて良いです。

評価の活かし方

心配をすべて口にしないようにしましょう。周囲の人たちにまで不安が伝播してしまいます。人に話す時は、根拠のある心配事なのかを判断しましょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1「新しい仕事を任せられない人」

▼このように評価される理由
心配性な人は、前例のないことや不確かなことをやるのが苦手だからです。

▼受け止め方について
「新事業を任せられない」との良くない評価を変えたいのなら、自分の言動を見直してみましょう。

評価の活かし方

不安に思っても、すぐに口にしないことです。慎重なのは良いですが、新しいことにはむしろ楽観的に臨むぐらいがちょうど良いでしょう。

ネガティブな評価2「イレギュラー対応が苦手な人」

▼このように評価される理由
心配性な人は不安のあまり、すぐに行動できない傾向があります。イレギュラーなことが起きた時に、柔軟に対応できないのが良くない評価の理由です。

▼受け止め方について
逆に考えると、リスク管理能力が高く、慣れた仕事なら確実にできると言えます。

評価の活かし方

失敗を恐れて動けない人より、挑戦する人のほうが評価されやすいことを意識しましょう。

ネガティブな評価3「検討期間が長い人」

▼このように評価される理由
ミスを恐れる慎重な人なので、行動に移すまでの検討期間が長くなる傾向があります。

▼受け止め方について
検討期間が長いとは、言い換えれば優柔不断ということです。決断が遅いという良くない評価ですから、注意してください。

評価の活かし方

慎重さは自分の長所と捉えつつも、「兵は拙速を尊ぶ」と言うように、スピードが第一に重視される場合もあることを忘れないでください。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

心配性な人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

コツ1「上司との関わり方」

心配性な人は、自己評価に反して、細かいことに気がつく点や慎重さを評価されている場合があります。

上司はしっかり見てくれていますので、心配事は抱え込まずに相談しましょう。

▼日頃から心掛けること
心配性は危機管理能力の高さでもあります。それを長所と捉え、上司にはホウレンソウをしっかり徹底することです。その心掛けは、きっと良い評価につながるでしょう。

おさむ編集員

会社の仕事はチームでやるべきことです。1人の不安は1人で抱え込むことではありません。小さなことでも上司に相談し、自分の性格を把握してもらうことが、上手に仕事を進めるコツです。

コツ2「同僚との関わり方」

普通なら気にならないような小さなことでも、心配性な人は気にしてしまいます。

すぐに不安を口にすると、同僚も心配になってしまいます。何でも口にしないように心掛けましょう。

▼日頃から心掛けること
心配性な性格がマイナスに映る反面、会社の仲間には、細かいことに気がつく人という良い評価になっていることもあります。チームにはいろんな人がいるべきです。自分の性格も役に立つとポジティブに捉えましょう。

おさむ編集員

心配性な人の慎重な性格を生かして、計算や分析などが必要な仕事に積極的にかかわりましょう。それが上手に仕事を進めるコツです。

コツ3「自分の仕事の進め方」

心配性な人は、なかなか一歩を踏み出すことができません。会社の仕事には決まったペースがあるため、それに遅れないようにすることが大切です。

心配すべきこととそうでないことをしっかり区別しましょう。何でも不安に感じてしまう自分の性格をわかっているのなら、それが根拠のない不安なのか、現実的に起こり得る不安なのかもわかっているはずです。

▼日頃から心掛けること
「なんとなく」という根拠のない不安には囚われないようにしましょう。

おさむ編集員

心配ばかりしていると、ストレスが嵩じて心身の不調の原因になってしまいます。自分の心身にも配慮しましょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

自己分析手法

適職探しのための自己分析の手法として、今回ご紹介したいのは「自分史」です。

使い方について

「自分史」とは文字どおり、自分についての歴史です。自分史を書くには、自分の過去を振り返る必要があります。その過程で、自分の趣味・趣向や価値観などを改めて認識できます。それらを軸に仕事探しをすることで、どんな職種が適職なのかが見えやすくなります。

やり方

自分史の書き方に決まりはありません。専用のノートを用意しておくとよいでしょう。そのノートに、自分の思い出せる限りの古い記憶から、年代順に出来事を書いていきます。出来事に付随して、その時に感じたことなども思い出し、それも文章にまとめましょう。

どう役立つか

自分史を書く過程で、自分の価値観に改めて気づかされることになります。自分の価値観が明確になれば、企業の価値観と比べた時に、どんな企業が自分に向いているかがわかりやすくなるでしょう。

考え方

自分史を書く中で見えてくる自分の価値観や判断基準は、適職選びにも参考になります。

例えば、転職希望先として2つの企業で迷った時を考えてみましょう。両社を比較すると、「A社は給料は高いけれどイレギュラーな対応が多い」「B社は給料はそこまで高くないけれどルーティーンワークが中心」などと、違いが見えてくるはずです。

自分史を書くことで、このようなケースで過去の心配性の自分はどのような選択をしていたか、どんな結果になったのかが見えてきます。すると、より後悔しない選択肢も自然と見えてくるでしょう。

おさむ編集員

自分史は、仕事選びだけでなく、応募書類の作成時や面接時にも役立ちます。過去のエピソードを通して自分の価値観を明確にできているため、応募先にふさわしい対応がしやすくなるはずです。

まとめ

心配性な人について、その性格や特徴から向いてる仕事、向いてない仕事などを解説してきました。

心配性な人は小さなことでも不安に感じてしまい、一歩を踏み出しにくいのが短所です。逆に見れば、リスク管理能力が高く、不要なミスをしないという長所にもなります。自分の性格を踏まえ、それをどのように活かすと仕事で高いパフォーマンスを発揮できるかを考えてみましょう。

それには、紹介した自己分析の手法も助けになります。その結果、「自分で思っていたのとは違う職種が適職かもしれない」などと、新たな可能性に気づかされることもあるでしょう。まだ起こってもいない心配ゆえに可能性を否定するのではなく、楽天的な気持ちで、失敗を恐れず、転職に挑戦してください。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。