女性に向いてる仕事とは?転職するときに知っておきたい業界と職種

女性向きの仕事

女性に向いてる仕事はコレ

今の仕事はどうも向いてる感じがしない。周りは男性ばかりでもっと女性に向いてる仕事へ転職したいと考えている方はいると思います。男性と女性は、見た目だけではなく、向き不向きがあるのは事実です。

一般的に女性は、男性に比べて共感性が高く、複数のことを同時にこなすことができ、洞察力に優れていると言われています。

そのためそういった仕事へ女性は転職したほうがいいでしょう。どんな仕事があるのか具体的に紹介いたします。

1.サービス業

女性は、共感性に優れてることが多いためサービス業は向いてると言えます。女性の細やかな心配りにはサービス業で大きく活かすことができるでしょう。

サービス業といっても広範囲なのでわかりにくいので、具体的に挙げると以下の通りです。

  • ホテルや旅館などの宿泊施設
  • レストランや居酒屋などの飲食店
  • エステサロンやクリニックなどウェルネス系
  • 結婚式場や葬儀場など冠婚葬祭業

あくまで例なので、人の気持ちを汲み取り応えていく仕事であれば、女性に向いてると思います。

2.営業職

一般的には、営業職は、男性のほうが多いですが、女性でも営業職は向いてると思います。

しかし新規顧客をガツガツ開拓していく営業は、男性のほうが向いてるでしょう。厳しいノルマが課せられ、競争心を煽り、いわゆる体育会系の営業スタイルは女性は向いてないことが多いです。

女性は、有形商材より形のない商材・サービスである無形商材の営業のほうが向いてると思います。

なぜなら無形商材は、有形商材のようにただ売るのではなく、顧客のニーズを汲み取りそれに合わせて売っていく必要があるからです。

具体的に無形商材の営業は、人材営業、広告営業、ITシステム営業、保険営業、ブライダル営業などが挙げられます。

3.人事・事務・総務などのバックオフィスの仕事

人事・事務・総務などのバックオフィスの仕事は、女性は向いてることが多いです。実際にこれらの仕事は女性が多いです。

人事・事務・総務などの仕事は、心遣い、気配りなどが求められます。また同時進行でやらなければいけないことが多いので、女性には最適なのです。これらの仕事に興味があるなら転職するのはいいでしょう。

しかしバックオフィスの仕事は、誰にでもできることも多いため長く働くことが難しいことも多いです。そのためバックオフィスの仕事を長く続けたいのであれば、何か専門性を身につけたほうがいいでしょう。

IT、人事、財務など何でもいいので、求められて、興味のあることを深めて、専門性を高めましょう。

4.秘書

秘書は、社長など会社の管理職をサポートする仕事です。

秘書の仕事は、会社によってさまざまですが、共通するのは以下の通りです。

  • アポイントメント調整
  • スケジュール管理
  • 電話・メール対応
  • 情報収集・整理
  • 働く環境の整備

秘書は、一見華やかに見えますが、裏方の仕事であくまで会社の管理職を支える仕事です。

コミュニケーション能力とホスピタリティ精神が求められるため女性には向いてることが多いです。実際に秘書は、女性がほとんどです。雑用的な仕事も多いので、大変なこともありますが、役に立っているという実感は持てるのでやりがいはあると思います。

誰かの役に立ちたいという気持ちを強く持っている人にとっては特に秘書には向いてるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?女性に向いてる仕事をご紹介しました。ただしあくまで一般論なので、女性であっても今回紹介した仕事が向いてないこともあります。

記事を共有する。