繊細な人に向いてる仕事10選と不向きな仕事!長所短所や職場の評価

繊細な人に向いてる仕事

繊細な人に向いてる仕事についてを解説します。些細なことも気になるタイプなので、仕事選びは難しいといえるのではないでしょうか。繊細な人は、特に職場の人間関係などで悩みやすいでしょう。

しかし、繊細な人は決して少なくはありません。人口の2割の人が「HSP」という特性を持っていると言われています。HSPというのは、「人のささいな言動が気になってしまう」「人の態度や表情の変化に敏感に気がついてしまう」といった性質を持つ人のことです。病気ではなく目には見えないため、周囲からの理解を得られにくいといえます。少数派なので、周りの人に悩みを相談しにくいと感じることもあるでしょう。

中には適職がないと感じる人がいるかもしれませんが、繊細な性格の人に向いてる仕事はあります。そこでここからは、繊細な人に向いてる仕事を10個ご紹介します。

繊細な人とは?

繊細な人とは、どのような人をを表す言葉なのでしょうか。人により定義が異なる場合もありますが、今回は、より多くの人に理解を深めていただけるよう、一般的にみた場合の「細やかで繊細なタイプ」について説明していきます。

繊細な人の性格についてのおさらい

繊細な人というのは、具体的にどのような性格の人なのでしょうか。

  • 感受性が豊かでさまざまなことに敏感
  • 心配性で一歩踏み出せない
  • 完璧主義で自分のミスが許せない
  • 人の言動を気にしすぎてしまう

具体的には、このような性格の人が繊細な人の一例だといえるでしょう。

繊細な人の性格は大きく、他人のことを気にするタイプと、自分に厳しいタイプに分けられます。他人のことを気にするタイプの場合、職場では同僚や上司などの目線を必要以上に気にしてしまいます。

自分に厳しすぎるタイプの場合、仕事のミスが許せなくて必要以上に自分を責めてしまいます。その結果、辛くなって仕事を辞めたくなるケースもあるでしょう。

HSPの人に向いてる仕事はこちら

繊細な人が向いてる仕事の特徴

繊細な人に向いてる仕事
その特徴を5つ紹介!

ここがポイント!

現在、どこかの会社に勤務している人は「日々の仕事」、離職中で転職活動をしている人は「希望の仕事」をイメージしながら、5つの特徴に当てはまっているかを確認しましょう。

★特徴1「人の心身を癒やす仕事」

≫人の心身を癒やす仕事とは、マッサージやセラピーなどの施術を行い、心やカラダのストレスを取り除く仕事を指します。

≫良い点
人の心を癒やすだけでなく自分の心も癒やされるでしょう。静かでリラックスできる空間で働けます。繊細な人は他人の気持ちに敏感なので、お客さんの悩みにも共感しやすいです。

ななか編集員

▼ワンポイントアドバイス
心を病んでいる相手の心の闇に引き込まれないようにしましょう。時には共感しすぎないことも大切です。

★特徴2「自然や動植物と近い仕事」

≫自然や動植物と近い仕事とは、主に動植物の世話や施設の管理を行う仕事を指します。

≫良い点
動物や植物はしゃべらないため、空気を読む必要がないといえます。基本的にはあまり人と関わる必要がないため、気疲れしないといえます。人間関係のストレスを感じにくいでしょう。

ななか編集員

▼ワンポイントアドバイス
植物や動物の世話をする仕事ですが、全く人と関わらないわけでありません。接客も必要なことを覚えておきましょう。

★特徴3「高い精度と質を求められる仕事」

≫高い精度と質を求められる仕事とは、ミスなく進めなければいけない仕事を指します。IT系の能力がある場合、エンジニアなどとして活躍できます。

≫良い点
黙々と作業する仕事が多いため、あまり人と会話する必要がありません。繊細な人は任せられた業務を確実に行おうと思うため、ミス無く仕事ができるでしょう。

ななか編集員

▼ワンポイントアドバイス
ミスをしてはいけないと思いすぎて、自分を追い詰めてはいけません。

★特徴4「一人で集中できる仕事」

≫一人で集中できる仕事とは、個人で黙々と取り組める仕事を指します。他人と一緒に進める必要がなく、一人で出来るため気楽です。

≫良い点
人と争う必要もなく、ノルマとは無縁です。自分を追い詰めることも少ないでしょう。一人で行うからこそ細かい部分にこだわる必要があり、繊細な人ならではの丁寧さが活かせるといえます。

ななか編集員

▼ワンポイントアドバイス
雑音に敏感な人は、静かで集中しやすい環境を作るのがおすすめです。

★特徴5「右脳を活かすクリエイティブな仕事」

≫クリエイティブな仕事とは、創造性を活かして行う仕事を指します。作家や芸術家が当てはまるでしょう。

≫良い点
自分自身と向き合う仕事が多く、人とあまり関わらなくても問題ありません。繊細な人には豊かな感受性が備わっていることが多いため、芸術系の仕事に向いています。

ななか編集員

▼ワンポイントアドバイス
感受性が豊かになりすぎて、感情のコントロールができなくならないようにしましょう。

繊細な人に向いてる仕事10選<おすすめ順>

繊細な人に向いてる仕事には、どんな職種があるのでしょうか。自分の性格特性に合う、まさに適職と言える職業を探す際の参考に、仕事10選を「職種/仕事内容/おすすめする理由/年収」の情報とともに紹介します。

≪おすすめ順≫
繊細な人に
向いてる仕事10選

整体師/マッサージ師 [繊細な人に向いてる仕事 1/10]

整体師/マッサージ師の仕事

【仕事内容】
≪整体師の仕事内容≫は、民間療法などによって、肩こりや腰痛といった体の不調の改善を目指すことです。整体師は国家資格は不要ですが、鍼灸師を目指す場合は必要です。なお、整体師がリハビリを行うことはできません。

≪マッサージ師の仕事内容≫は、マッサージや指圧、あん摩によってカラダの不調を改善することです。マッサージ師になるには国家資格が必要です。

▽おすすめする理由
繊細な人は相手に丁寧に接することができます。そのため、患者さんやお客さんの悩みを聞くこれらの仕事に向いています。相手に寄り添った丁寧な施術ができるでしょう。繊細な施術によって、多くの人を癒やせます。

平均年収:200万円~300万円

セラピスト [繊細な人に向いてる仕事 2/10]

セラピストの仕事

【仕事内容】
セラピストの仕事内容は、アロマオイルを使って行うマッサージや、体に手を当てて行うリフレクソロジーなどです。また、お客さんの話を聞いて精神の不調を整える仕事もあります。どの仕事でも心身を癒やすという目的は同じです。

▽おすすめする理由
アロマなどを使って施術を行うことで、働きながら自分もリフレッシュできます。香りに癒やされることが好きな人にぴったりです。

仕事の性質上リラックスできる環境を作る必要があるため、静かな環境で働くことができるでしょう。繊細な人でも雑音などに悩まされません。また、施術は個人で行うことが多いため集中しやすいです。

平均年収:280万円~350万円

動植物園の職員 [繊細な人に向いてる仕事 3/10]

動植物園の職員の仕事

【仕事内容】
動物園の主な仕事内容は、動物の世話や施設の清掃です。動物の魅力を伝えるためのショー・イベントの企画立案や準備、司会なども行います。さらに、動物の研究や種の保存のためのサポートといった業務もあるでしょう。

植物園の主な仕事内容は、植物の世話や清掃、施設の管理です。動物園と同じく、イベントの準備や進行を行うこともあります。

▽おすすめする理由
基本的には動物や自然相手の仕事なので、癒やされながら働くことができます。動物や植物は話さないため、人からの言葉で傷つきやすい性格の人でも安心できるでしょう。ただし、排泄物などの処理も行うことは理解しておきましょう。

平均年収:300万円~400万円

トリマー/トレーナー [繊細な人に向いてる仕事 4/10]

トリマー/トレーナーの仕事

【仕事内容】
≪トリマーの仕事内容≫は、犬や猫などのカットやシャンプー、耳掃除や爪切りなどを行うことです。店によってはカラーや飾り付けなども行うこともあります。

≪トレーナーの仕事内容≫は、主に動物のトレーニングをすることです。代表的なのは、犬にマナーを教えるドッグトレーナーでしょう。警察犬をトレーニングする訓練士という仕事もあります。

▽おすすめする理由
犬や猫などの動物と関わることが得意な人に向いてます。可愛い動物と触れあえるため、繊細な人でも仕事が楽しみだと思えるでしょう。飼い主とコミュニケーションを取る必要もありますが、基本的には動物と接する時間の方が長いです。

平均年収:250万円~300万円

ITエンジニア [繊細な人に向いてる仕事 5/10]

ITエンジニアの仕事

【仕事内容】
ITエンジニアの主な仕事内容は、コンピューターを動かすシステムを設計することです。ただし、システムエンジニアやプログラマーなど様々な職種に分かれており、職種によって仕事内容はやや異なります。

▽おすすめする理由
ITエンジニアはパソコンに向かって黙々と行う業務が多いため、あまり人と関わりたくない繊細な人に向いてるといえます。基本的には接客を行う必要がないため、接客が苦手な人にも向いてます。

さらに、集中力があり一人でコツコツと仕事を進められる人にもぴったりでしょう。ただし、中にはクライアントとの打ち合わせが多い職種もあるため注意が必要です。

平均年収:400万円~450万円

WEBデザイナー [繊細な人に向いてる仕事 6/10]

WEBデザイナーの仕事

【仕事内容】
WEBデザイナーの仕事内容は、主にWEBサイトのデザインを行うことです。サイトのコンセプトに合ったデザインを考えたり、ユーザーが使いやすいように工夫をしたりする必要があります。会社によってはデザイナーがコーディング作業を担うこともあり、プロミングなどに関する幅広い知識が必要となります。

▽おすすめする理由
繊細な人は感受性が豊かでクリエイティブ脳を持っている人が多いため、WEBデザイナーは向いてる仕事だといえます。独自の創造力を活かして働くことができるでしょう。自分がイメージしたデザインが形になれば、やりがいを感じられます。

平均年収:300万円~400万円

文章ライター [繊細な人に向いてる仕事 7/10]

文章ライターの仕事

【仕事内容】
文章ライターの仕事内容は、クライアントや編集者から依頼を受けた記事を執筆することです。文章を書くだけでなく、取材や編集業務を行うこともあります。編集を行う場合は、文章力だけでなくソフトを扱うスキルや知識も必要です。

▽おすすめする理由
繊細な人は感受性が豊かであることが多く、様々な人の立場に立って文章を書けるでしょう。考察力の高さも活かせるため、文章ライターは繊細な人に向いてる仕事だといえます。また、WEBライターの場合は独立してフリーランスになる人もいます。独立すれば完全に一人で仕事ができるため、人と関わるのが苦手でも安心です。

平均年収:300万円~500万円

家事代行 [繊細な人に向いてる仕事 8/10]

家事代行の仕事

【仕事内容】
家事代行の仕事内容は、日常的な家事全般です。一般的には、食事の準備や掃除、洗濯などを行います。また、郵便物の受け取りや庭の簡単な手入れ、引越しの手伝いなどを担当することもあります。専門技術や資格が必要な、介護やベビーシッター、エアコンクリーニングなどには対応できません。

▽おすすめする理由
家事代行の仕事は依頼主の自宅で一人でできるため、繊細な人に向いてる仕事だといえます。もちろん依頼主とはコミュニケーションを取る必要がありますが、作業中は依頼主が留守のことも多く、人目が気になりません。家事業務にはきめ細かい作業が求められるため、繊細な性格を活かせます。

平均年収:300万円~350万円

手芸作家 [繊細な人に向いてる仕事 9/10]

手芸作家の仕事

【仕事内容】
手芸作家の仕事内容は、雑貨やアクセサリーなどの作品を作ることです。人に教えられる技術があれば、ワークショップや手芸教室を開くという選択肢もあります。人気作家になれば、出版社から依頼を受けて本を執筆するという仕事もできるでしょう。

▽おすすめする理由
作品を作っている間は完全に自分だけの世界に没頭できます。そのため、人と関わるのが苦手な繊細な人に向いてる仕事だといえます。手先が器用な人は、どんどん作品を作り上げられるでしょう。手芸作家だけで食べていけるようになれば、自分のペースで働けるようになります。ただし、知名度を上げるハードルは高いといえます。

平均年収:30万円~50万円

芸術家 [繊細な人に向いてる仕事 10/10]

芸術家の仕事

【仕事内容】
芸術家の仕事内容は、芸術作品を生み出すことです。絵を描く画家や彫刻を作る彫刻家、器を作る陶芸家など、様々な種類に分かれています。楽器を演奏する演奏家も芸術家の一種といえるでしょう。一般的には作品の販売や展示会の開催、芸術教室の開講などで収入を得ています。

▽おすすめする理由
芸術家は創作活動が仕事になるため、創造力のある繊細な人に向いてる仕事です。締め切りがなければ、時間に追われない仕事でもあります。自分が創作活動を行いたい時に、気ままに働くことができます。作品が売れることでやりがいも感じられるでしょう。ただし、芸術家で食べていくことは非常に難しいです。

平均年収:200万円~300万円

繊細な人には不向きな仕事

営業職/繊細な人に向かない仕事①

営業職には、ノルマが設定されているという性質があります。

▽向かない理由
競争が激しいため繊細な人には向かないといえます。特に保険や不動産はハードルが高いでしょう。

料理人/繊細な人に向かない仕事②

料理人には、スピードや手際の良さが求められるという性質があります。

▽向かない理由
狭くて暑い厨房で仕事をするため、周囲の環境に敏感な人には向かないといえます。

ショップ店員/繊細な人に向かない仕事③

ショップ店員には、不特定多数の相手と関わるという性質があります。

▽向かない理由
人と話すのが主な仕事内容なので、接客が苦手な人には向かないでしょう。

マネジメント職/繊細な人に向かない仕事④

プロジェクトマネージャーやプロデューサー等のマネジメント職には、人を采配するという性質があります。

▽向かない理由
人を動かす仕事なので、人の気持ちに敏感すぎる人には向かないのです。

建設作業員/繊細な人に向かない仕事⑤

建設作業員にはガテン系だという性質があり、働いている人も比較的体育会系の人が多いです。

▽向かない理由
騒音が発生する環境なので、音に敏感な人には向かないでしょう。

繊細な人の性格的な特徴

繊細な人には、「人の気持ちに敏感」「一つのことに打ち込める」といった性質があります。これらの性質は長所にも短所にもなるため、長所になる点は伸ばして、短所になる点は改善しましょう。

長所について

長所1:分析力・考察力が高い

繊細な人は深く考える力があり、分析力や考察力が高いです。

≫ポイント
物事をどのように捉えるのかがポイントです。

▼アドバイス
全てのことをネガティブに考えすぎるのではなく、ポジティブに捉えることを意識しましょう。

長所2:共感力が高い

繊細な人は感受性が豊かな人が多く、優れた洞察力があります。人の痛みが自分のことのようによくわかるため、共感力が高いのです。

≫ポイント
洞察力が高くなりすぎると、必要以上に共感してしまいます。対立している人がいれば両方に共感して、どっちつかずになる可能性があるでしょう。

▼アドバイス
他人の変化に敏感なあまり、人の気持ちを気にしすぎないようにしましょう。

長所3:コツコツ地道が得意

繊細な人は集中力が高く、コツコツ地道に取り組むことが得意です。芸術家肌な人も多く、創造性を活かした五感を使う作業に向いてるでしょう。

≫ポイント
集中力が高すぎて、自分の世界に没頭しすぎる可能性があります。周りが見えなくなるかもしれません。

▼アドバイス
打ち込めることを見つけたとしても、周りを気にすることは忘れないようにしましょう。時にはリフレッシュすることも大切です。

短所について

短所1:真に受けて傷つきやすい

繊細な人は他人からの言葉を真に受けやすいです。マイナス思考が原因となって、冗談だったとしてもネガティブな言葉に傷ついてしまうのです。また、言われた言葉の裏を読みすぎる人もいます。

≫マイナスポイント
真面目すぎるがゆえに、冗談が通じないと思われる可能性があるでしょう。

▼アドバイス
人から言われた言葉を全て真に受けるのではなく、適度に聞き流す能力を身に付けるのがおすすめです。

短所2:環境的ストレスに敏感

繊細な人は環境の変化にも敏感で、ささいな変化によってストレスが溜まることがあります。

≫マイナスポイント
騒音や温度変化に敏感な人もいますが、調整できないケースがあるため慣れることも必要です。

▼アドバイス
環境の変化によってストレスを感じるかもしれませんが、周りからは気にしすぎだと思われる可能性があります。そのため、可能な限り自分で工夫してストレスを軽減しましょう。

短所3:マルチタスクが苦手

繊細な人は丁寧な人が多く、人よりも作業に時間がかかることがあります。同時に多数の作業を行うのが苦手な人も多いでしょう。

≫マイナスポイント
丁寧に仕事をすることは大切なことですが、仕事が遅いと捉えられる恐れがあります。

▼アドバイス
完璧主義の場合、量より質を重視しがちです。しかし、時には量が重要なケースもあるため、時と場合によって柔軟に考え方を変えましょう。

繊細な人に対する職場からの評価

繊細な人と評されている自分について、職場の人たちは実際のところ、どのような意見をもっているのでしょうか。

普段、会社の中では知ることが難しい、ポジティブな評価とネガティブな評価の中から、代表的な評価についてどんな人材と評されているか・受け止め方・活かし方・改善の仕方を詳細に解説していきます。

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1:精度が高い仕事を任せられる人

繊細な人は細かい部分にも目を配れるため、仕事の正確さを評価される可能性が高いです。仕事の正確さを評価されたら、より丁寧な仕事を心がけて相手に良い印象を与えましょう。

この評価の活かし方

精度の高い仕事が得意だということをアピールして、積極的に引き受けましょう。ただし、それが自分へのプレッシャーにならないようにしてください。

ポジティブな評価2:深く早く変化を察知できる人

繊細な人は洞察力が優れているため、変化に敏感です。他人よりも速くさまざまな変化を察知できるでしょう。変化に気がつけることを自分の強みにして、能力を発揮できる仕事に取り組むのがおすすめです。

この評価の活かし方

変化に敏感なのは人間が相手の場合だけではありません。マーケットの変化にも気がつけるため、商品企画などの仕事に向いてるでしょう。

ポジティブな評価3:美的センスを求める仕事が得意な人

感覚が鋭い傾向にある繊細な人の中には、美的センスが高い人が多数います。そのため、デザイン系などの仕事が得意だという評価を得られます。センスを活かしてできる仕事にチャレンジするのがおすすめです。

この評価の活かし方

美的センスが高い反面、こだわりすぎて仕事が遅いと注意されることもあります。スピードも意識しましょう。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1:他人の言葉を深読みしすぎる人

繊細な人は他人の言葉の裏を読みがちです。そのため、深読みして気にしすぎる人だという評価を得やすいのです。傷つきやすいことから、周囲に「扱いにくい」と思われている可能性があります。長所であり短所でもあるため、できれば改善するのがおすすめです。

この評価の改善の仕方

物事を深く考えられるという側面をアピールしましょう。

ネガティブな評価2:失敗を恐れすぎて優柔不断な人」

繊細な人は失敗を恐れて優柔不断になる傾向があります。一歩踏み出すのが苦手な人が多いでしょう。失敗を恐れることは弱点でもあるが、危機管理能力は高いとも言えます。自分の長所だと前向きに受け止めてその能力を伸ばしましょう。

この評価の改善の仕方

失敗を恐れていては何も行動できません。失敗は成長のチャンスだと捉えて挑戦しましょう。

ネガティブな評価3:管理職を任せられない人

繊細な人は人を束ねるのが苦手なので、管理職は難しいと思われがちです。本当は管理職を任せたいと思われているかもしれません。チームワークが得意なことをアピールして、必要以上に評価が下がらないようにするのがおすすめです。

この評価の改善の仕方

人の立場に立って考えられることを活かして、積極的に同僚や上司とコミュニケーションを取りましょう。

繊細な人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

コツ1:上司との関わり方

繊細な人は、特に上司との関わり方で悩みやすいでしょう。どうすれば適度な距離を保てるのでしょうか。

上司はあくまでも仕事上での関係なので、相手に期待しすぎないことが大切です。無理にわかり合おうとする必要はありません。

≫日頃から心掛けること
ストレスを抱えて体調を崩せば上司に心配を掛けてしまいます。限界がくる前に早めに相談して、ストレスを解消することが大切です。

おさむ編集員

上司と親しくなりすぎると、相手の態度や表情の変化が必要以上に気になります。そのため、あまり深入りしすぎずに一定の距離を取ることをおすすめします。

コツ2:同僚との関わり方

仕事では必然的に同僚と関わることになります。場合によってはプライベートで会うこともあるでしょう。

相手の気持ちの変化に気がついたからといって、それが全て当たっているとは限りません。仲の良い同僚であっても、無闇に指摘するのはやめておきましょう。

≫日頃から心掛けること
同僚は一緒に仕事をする仲間なので、自分からコミュニケーションを取るのがおすすめです。まずは挨拶から始めてできるだけ良い関係を築きましょう。

おさむ編集員

人間関係が原因で憂鬱な気持ちになると、仕事にも支障を来します。ストレスをためないように、同僚とはうまく付き合いましょう。

コツ3:自分の仕事の進め方

繊細な人は仕事の進め方で悩みやすいでしょう。できるだけ丁寧さとスピードを両立できる方法を見つける必要があります。

まずは、自分は繊細で傷つきやすいということを自覚することが大切です。マルチタスクが苦手な場合、仕事は1つずつ丁寧に処理しましょう。

≫日頃から心掛けること
ストレスの原因がわかっている場合、その原因から距離を置くのがおすすめです。それが難しければ、なるべく関わらなくてもいいように工夫しましょう。

おさむ編集員

過剰なマイナス思考に陥ると、物事をどんどん悪い方向に捉えてしまいます。そんな時は一度休憩して、リフレッシュしてみるのがおすすめです。

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

自分に向いてる仕事がわからない場合の自己分析には「SWOT分析」を行いましょう。

どんな使い方ができるか

自分の性格がはっきりとわからない時にSWOT分析を行うと、長所や短所を洗い出せます。また、向いてる仕事を絞り込む時にも役立ちます。

▼SWOT分析のやり方

[STEP1] 長所を書き出す

まずは、自分の長所をできるだけ多く書き出します。

  • 集中できる
  • 英語が得意

のように、箇条書きでかまいません。

[STEP2] 短所を書き出す

続いて、自分の短所も書き出します。以下のように、長所と同じく箇条書きでたくさん挙げましょう。

  • 外に出るのが苦手
  • 環境の変化に敏感

[STEP3] 転職する上で自分に有利な外部要素を書き出す

次に、転職する上で自分にとって有利な要素を書き出します。たとえば以下のような要素が考えられます。

  • IT業界の発展
  • リモートワークの普及

[STEP4] 転職する上で自分に不利な外部要素を書き出す

自分にとって不利になりそうな要素についても考えます。

  • 海外企業の増加
  • AIの発展による仕事の減少

[STEP5] 4つの要素を組み合わせて考える

最後に、以上4つの要素を組み合わせて自分に向いてる仕事を考えましょう。たとえば、「集中できる」と「IT業界の発展」を組み合わせると、集中力が求められるIT系の仕事が向いてるかもしれないとわかります。

「海外企業の増加」と「英語が得意」を組み合わせると、海外企業で働くという選択肢が見えてくるでしょう。

理論について

SWOT分析はマーケティング手法の一種で、長所や短所、市場の状況などを知る時に用いられます。他にも、商品やサービスの状態を客観視するためなどにも用いられることがあります。

これは思考を整理するフレームワークなので、比較的短時間で自己分析をしたい場合でも、十分自分のことがわかる良い考え方として使えます。

考え方(捉え方)

自分の長所だけ、もしくは短所だけに目を向けるのではなく、働き方や市場全体の状況も意識することが重要です。

仕事選びへの活かし方

SWOT分析だけで向いてる仕事が明快になるとはいえません。しかし、自分の性格や転職市場の現状などを考えるきっかけにはなります。

適職や転職といわれるような、自分がいきいきと働くことができる職場や職業は、各会社ごとに異なる環境の中で自分がベストマッチした状況下で感じられることです。

そういった意味では、自己分析で「自分を知る」ことをして、転職エージェントに「深く入り込んでいる企業について教えてもらう」という動作の両方をすることで、自分の中でワクワクする仕事がどんな組織にあるのかのイメージ作りが大切であると言えます。

まとめ

今回は、繊細な人に向いてる仕事について解説しました。繊細な人には、「共感力や洞察力が高い」「美的センスがある」「仕事が丁寧」といった長所を活かせる仕事がおすすめです。セラピストやWEBデザイナー、ITエンジニアなどの職種を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

繊細な人は、普通の人よりも自分の短所が気になるでしょう。「自分に向いてる仕事はない」と感じることがあるかもしれませんが、そんなことはありません。短所をカバーして長所を活かせる仕事はあるので、ゆっくり考えてみましょう。

また、仕事でストレスを抱えすぎないように、上司や同僚との付き合い方を工夫しましょう。仲良くなりたいのであれば積極的にコミュニケーションを取ることをおすすめします。一方で、適度に距離を置きたい場合は、あくまでも仕事上の関係だと割り切ることが大切です。

適職が見つからない場合は、自己分析で自分を理解するところから始めましょう。

繊細な人に向いてる仕事について「よくある質問」

繊細な人は仕事でどんな悩みを持ちやすいですか?

繊細な人が仕事で持ちやすいのは、「上司が不機嫌なだけで疲れる」「作業を見られると緊張する」「仕事のスピードを求められて焦る」といった悩みです。他人と同じ空間で働いていると、それだけでもストレスを感じやすいでしょう。記事内「繊細な人に向いてる仕事10選」が参考になるので確認してみてください。

繊細な人が気をつけるべきことは何ですか?

周りの人に気を遣わせないように気をつけましょう。周りの人が言った冗談で傷ついたとしても、相手を責めすぎるとよくありません。もちろん我慢しすぎる必要もありませんが、指摘する場合は角が立たないような言い方を心がけましょう。

どうしても職場の環境が合わない場合どうすればいいですか?

職場の環境が合わなくて辛いなら、転職を視野に入れることをおすすめします。自分以外の人や環境を変えようとするのは難しいため、あまりおすすめできません。

同僚に悩みを相談しても「気にしすぎ」と言われるのはなぜですか?

繊細な人の悩みは、繊細ではない人にとってささいな悩みであることが多いです。そのため、あまり理解を得られないケースもあります。

転職したいけれど一歩踏み出せない時はどうすればいいですか?

転職するかどうか決められない時は、どのような人生を歩みたいかを考えましょう。その上で、理想の人生に近づくための決断をすることをおすすめします。

仕事の悩みを職場の人に話せない時はどうすればいい?

同僚や上司に相談しにくいと感じる場合は、家族や友人、カウンセラーなどに頼ることも大切です。職場と全く関係ない相手の方が話しやすいというケースもあるでしょう。

記事を共有する。