責任感が強い人に向いてる仕事10選と不向きな仕事!長所短所や職場の評価

責任感が強い人に向いてる仕事

責任感が強い人に向いてる仕事は幅広く、かえって迷ってしまいそうです。向いてる仕事、向いていない仕事とはどんなものがあるのか、責任感の強さの長所と短所を意識して探すとベストマッチする仕事が探せます。

客観的にみて「責任感が強いこと」は素晴らしい長所です。責任感が強い人が仕事に就けば信頼を集め、重宝されて活躍できるでしょう。やりがいを感じられる職場環境に恵まれれば、充実した毎日を過ごせます。

必ずと言っても良いほど職場で重宝される、責任感の強さをストレスなく発揮できる仕事とはどのようなものなのでしょうか。今回ピックアップする10選のうち、どれかがあなたにマッチすれば幸いです。ほかの仕事を希望する人の参考にもなるでしょう。

責任感が強い人とは?

責任感が強い人とはどんな人を表す言葉なのでしょうか。人により定義が異なる場合もありますが、ここでは、より多くの人に理解を深めていただけるよう一般的にみた場合の「真面目で責任感が強いタイプの人」について説明していきます。

責任感が強い人の性格についておさらい

責任感が強い人は、まずなんといっても真面目な人が大多数です。また、プレッシャーに強いし、苦しい状況でも沈まない強靱さを持っています。

真面目であるがゆえに勤勉な人も多く、ものごとを覚えるのが早い一面もあり、職場での成長や即戦力が期待できます。特性と職業がマッチすれば、かなりの業績が残せるでしょう。

主体的であることも、責任感が強い人によく見られる特性です。自分で考えて行動する積極性は、社会人として頼もしい部分です。ただ、自分の意思や考えを尊重しすぎるきらいもあるようです。

一方で、心配性の一面もあります。責任感が強いと、自分の責任になる失敗が起きないかを考えてしまうのでしょう。

責任感が強い人が向いてる仕事の特徴

責任感が強い人に向いてる仕事
その特徴を5つ紹介!

チェックするポイント

現在、どこかの会社に勤務している人は「日々の仕事」、離職中で転職活動をしている人は「希望の仕事」をイメージしながら、5つの特徴に当てはまっているかを確認しましょう。

★特徴1「誰かに貢献できる仕事」

『幸福感や満足を糧に頑張れる仕事』

困難な状況にある人をサポートする仕事です。仕事を通して幸福感や満足を得られるのが良い点としてあります。

誰かに貢献することから、相手からの喜びや感謝に触れられる機会が多いでしょう。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
相手の喜びや感謝の言葉を受けることがあります。それをモチベーションにして仕事がつらいときにも頑張れます。社会的意義や奉仕性が高い仕事があてはまります。

★特徴2「自分の信念を貫ける仕事」

『嘘が嫌いなマインドで責任感を貫く』

自分の意見が通り、行動力が認められる仕事です。仕事を通して実現させたいキャリアプランに近付けるのが良い点です。

これにより、主体性が重要視され、自分の目指す結果を求めやすいでしょう。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
責任感が強い人は、嘘が嫌いなマインドを持っています。信用を得る振る舞いをし、自分の意見を主張して主体性を発揮すれば、信念を貫き通せる環境が整えられます。

★特徴3「スピード・正確性が求められる仕事」

『高い集中力で期限を丁寧に守る』

正確かつスピーディーな成果が求められる仕事です。そのため、次々と出来上がる正確な成果物に達成感を得られます。

性格上、ミスが許されない環境の緊張感・プレッシャーに特性を発揮できることから、強みが活かせるといえます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
責任感が強い人は集中力が高く、正確性とスピード性を求められるプレッシャーに強い特性もあります。期限通りに丁寧な仕事こなすことで特性を発揮できます。

★特徴4「忍耐と努力が報われる仕事」

『褒められるのは裏切らない仕事への執着心』

忍耐・我慢が必要ですがリターンも大きい仕事になるでしょう。努力を継続しながら働くほど、成果にも繋がりやすく、満足感を得られる可能性が高いでしょう。

特性的に、忍耐力がクオリティの高い結果に結び付きます。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
責任感の強い人には、結果への執着心があります。忍耐が結果に反映される仕事は裏切らないと感じ、いっそう頑張れます。結果はお金、褒められることなど、人によってさまざまです。

★特徴5「高い目標に挑戦し続ける仕事」

『負けず嫌いからの向上心で達成する』

困難な目標をクリアすることによって大きな成果が生まれる仕事です。目標を目指す充実感と達成したときの強い満足感が得られます。

性格上の特性でもある「真面目さ」が働くので忍耐力を発揮しやすいでしょう。

ななか編集員

▽ワンポイントアドバイス
向上心と忍耐力を発揮できる責任感が強い人は、負けず嫌いの一面もあります。目標が高いほどやる気が出て、達成すると満足感を得られるでしょう。

責任感が強い人に向いてる仕事10選<おすすめ順>

責任感が強い人に向いてる仕事には、どんな職種があるのでしょうか。自分の性格特性に合う、まさに適職と言える職業を探す際の参考になる、仕事10選を「職種/仕事内容/おすすめする理由/年収」の情報とともに紹介します。

おすすめ順
責任感が強い人に

向いてる仕事10選

人事 [責任感が強い人に向いてる仕事 1/10]

人事の仕事

≪選考・採用のプロには責任感が必要≫

仕事内容】
企業に適した人材を採用するための採用計画の立案・実施・選考や、人材育成のための教育や研修の社内外の調整を担当します。また、昇給や昇格に関わる人材評価や、企業内の労務管理も取り扱います。

▽おすすめする理由
人事は企業の人材にダイレクトに関わるため、最後まで仕事や人間関係を投げ出さない責任感が強い人が向いてる仕事です。口の堅さや相手の立場を思いやれる心も必要です。社内の風紀を守るという業務の特色上、縁の下の力持ちになれる愛社精神を持てるとより良いでしょう。責任感が強い人は奉仕を厭わない特性があり、その点でも向いています。

平均年収:502万円

広報 [責任感が強い人に向いてる仕事 2/10]

広報の仕事

≪ブランドを背負う立場の責任感≫

【仕事内容】
企業情報のプレスリリースやイベント開催、SNS管理など、企業情報を社会に向けて広く発信する仕事です。また、企業の名誉に関わる案件や不祥事対応などの危機管理も担当します。人とのコミュニケーションが多く、社会からの注目度が高い仕事です。

おすすめする理由
真面目な人が向いています。会社のブランド性を保つためには重要な部署です。社会が注目するトラブルがあれば、誰よりも早く正確な対応が求められます。その対応が得意な特性を持つ、責任感が強い人に向いてる仕事です。忍耐力も必要ですので、やはり責任感が強い人の特性を活かせるでしょう。

平均年収:413万円

経理 [責任感が強い人に向いてる仕事 3/10]

経理の仕事

≪貢献性が高い縁の下の力持ち≫

【仕事内容】
企業内の利益・資産に関わるお金を管理する仕事です。仕入れや売上の管理をはじめ、従業員の給与や保険、税金に関わる業務を担当します。決算書作成のほか、必要なときにはお金の使い方に意見することもあります。

▽おすすめする理由
コツコツと進めながらも、間違いが許されない仕事です。縁の下の力持ちでいられる貢献性と、正確で丁寧な仕事ができる特性を持つ責任感が強い人に向いてる仕事です。プレッシャーもかかる仕事ですが、プレッシャーに強い特性が発揮できるでしょう。正しい金額を算出しなければ、という使命感も、責任感が強い人にプラスに働きます。

平均年収:413万円

教職員 [責任感が強い人に向いてる仕事 4/10]

教職員の仕事

≪生徒の成長をサポートする聖職≫

【仕事内容】
児童や学生の教育をおこなう仕事です。直接勉強を見たり生活指導をしたり、学級の運営や保護者対応もあります。校長や教頭といった上級職になると、教職員の管理も仕事内容に含まれます。

▽おすすめする理由
教職員は子供の成長を見守り、サポートする中、奉仕精神や忍耐を要されることも多い仕事です。しかし、子供の成長や変化に喜びを得て、やりがいを感じられる一面もあります。奉仕や忍耐に抵抗を持ちにくい特性のある、責任感が強い人に向いてる仕事です。真面目さも必須条件です。責任感が強い人が教職員になると、とても良い先生として評価されるでしょう。

平均年収:700万円

議員秘書 [責任感が強い人に向いてる仕事 5/10]

議員秘書の仕事

≪とことんまで議員に寄り添う奉仕性≫

【仕事内容】
議員の業務のスケジュール管理や身の回りなど、あらゆることをサポートします。議員の代理として、挨拶や会合に出席することもあります。いつも議員とともに行動し、議員が落選すれば2人揃って失業するという特殊な一面がある仕事です。

▽おすすめする理由
議員秘書は普段の政治活動から選挙まで、常に議員を支える立場です。素早く政策の根回しをするほか、支援者の好意を得るための行動を自主的におこなうこともあります。ミスが許されないプレッシャーへの強さ、奉仕精神、主体的な行動力など責任感が強い人の特性が存分に発揮できる仕事だと言えるでしょう。

平均年収:930万円

医療福祉 [責任感が強い人に向いてる仕事 6/10]

医療福祉の仕事

≪忍耐や相手への奉仕が充実を招く≫

【仕事内容】
理学、作業、言語などの療法士や、介護、精神保健などの福祉士が該当する仕事です。機能回復訓練や、老人や子供をはじめ、困難な状況にある人々の社会復帰を手助けします。ほかに、検査技師、医療関連の経営なども含まれています。地域住民の健康を守る大切な仕事です。

▽おすすめする理由
奉仕のマインドや忍耐を大いに必要とする仕事です。相手に寄り添うことも多く、人の気持ちに向き合っていける心構えが求められます。人の役に立つことに喜びを感じられるなら、充実した仕事ができるでしょう。奉仕や忍耐の特性を持つ、責任感が強い人に向いてる仕事です。

平均年収:405万円

イベント運営 [責任感が強い人に向いてる仕事 7/10]

イベント運営の仕事

≪取り仕切る能力で得る感動≫

【仕事内容】
イベントの企画を立てて、制作業務をおこないます。広告代理店と連携することもあります。イベント当日には運営も担当し、スムーズな進行を目指します。イベント開催中にはイレギュラーも多々発生しますので、スピーディーな対応能力や危機管理能力も求められる仕事です。

▽おすすめする理由
催事は細かく隙の無い段取りが必要です。取り仕切る側の責任感が求められます。大変な仕事ですが、成功時の感動は大きいでしょう。ストレス耐性が高くて質の高い仕事ができ、イレギュラーなときにはスピーディーな対応ができる特性を持つ、責任感が強い人に向いてる仕事です。

平均年収:400万円

ファイナンシャルプランナー [責任感が強い人に向いてる仕事 8/10]

ファイナンシャルプランナーの仕事

≪人生の不安を軽減する知識が武器≫

【仕事内容】
FPと表記されることがほとんどです。住宅ローンや生命保険、学資保険など、ライフプランの中で重要なイベントに関して相談に乗り、資産に関する設計や提案をおこないます。年金や金融資産を運用したいクライアントと関わることも多く、金銭に関する広い知識が求められる仕事です。

▽おすすめする理由
FPは日々変化する金融関連の情報や法律を勉強し続けながら、顧客のお金や将来についての不安を聞く立場で、ミスが許されないというプレッシャーが日常的です。責任感が強い人が持っている特性が多項目マッチする環境です。主体性を活かして独立も可能です。

平均年収:382万円

アナウンサー [責任感が強い人に向いてる仕事 9/10]

アナウンサーの仕事

≪情報発信に伴う責任を意識≫

【仕事内容】
テレビやラジオ、ネットの番組などを通して、視聴者へ情報発信をおこないます。ニュースやバラエティ、スポーツなどジャンルは多岐にわたるため、幅広い知識の吸収が必要です。イレギュラーも多く、臨機応変な対応力も求められます。

▽おすすめする理由
アナウンサーは、報道で発信する情報に責任を持つ立場です。局の方針に従いながら、間違いなく情報を読み上げることにプレッシャーを感じるでしょう。日々アップデートされるニュースを取り入れる努力、報道中のイレギュラーに素早く冷静に対応する能力も必要です。責任感が強い人の特性が幅広く活かせる仕事です。

平均年収:750万円

NPO/NGO職員 [責任感が強い人に向いてる仕事 10/10]

NPO/NGO職員の仕事

≪貢献性と協力の心が人を救う≫

【仕事内容】
社会貢献や慈善活動をおこなう非営利組織の仕事です。複数の団体があり、団体によって仕事の内容も変わります。社会環境の充実や問題の改善、恵まれない人を救うための援助・協力など、高い奉仕精神が必要とされます。

▽おすすめする理由
NPOやNGOは非営利のため、給料は最低水準に近い金額です。奉仕精神が高くなければ働き続けるのは難しいでしょう。問題解決の努力を厭わない使命感が重要です。責任感が強い人は奉仕精神や使命感が強いという特性を持つため、この仕事に向いています。問題が解決したときの人々の笑顔が大きな充実感、達成感を与えてくれます。

平均年収:231万円

責任感が強い人には不向きな仕事

責任感が強いひとには向かない仕事として代表的な職種を5つ紹介します。それぞれ、そのような仕事なのか、不向きな仕事として分類した理由を知って、仕事選びの段階でミスマッチを未然に防止できる知識を身につけましょう!

こんな仕事は
責任感が強い人に向かない!

芸術家/責任感が強い人に向かない仕事①

この仕事は、クリエイティブ性が高く、計画性より感性が重視されます。

▽向かない理由
目的意識が結果と一致しないこともあり、責任感が強い人は苦手と感じて向かないでしょう。

アパレル店員/責任感が強い人に向かない仕事②

この仕事は主に、顧客の要望を満たすファッションの提案や商品管理をします。

▽向かない理由
お客様のペースで1対1でコミュニケーションを取る仕事は、ときに遊び心が必要です。真面目すぎるタイプには向いていません。

デザイナー/責任感が強い人に向かない仕事③

この仕事は、感性やセンスを活かし、創造的な成果を提供する仕事です。

▽向かない理由
マニュアルが無い、クリエイティブな仕事です。おもに右脳や感性が重視されるため、真面目なタイプには向いていません。

生産作業員/責任感が強い人に向かない仕事④

この仕事は主に、工場などで決められた作業をします。

▽向かない理由
オートメーション化されて、考える必要が無い作業を続ける仕事です。同じことの繰り返しでイライラします。

清掃員/責任感が強い人に向かない仕事⑤

この仕事は、清掃を通し施設の衛生環境を守る仕事です。

▽向かない理由
清掃員は一般的に単調で変化が無い作業を続ける仕事内容です。思い通りになりにくいため、主体性が強い人には向かないでしょう。

責任感が強い人の性格的な特徴

責任感が強い人は、真面目で自主的な努力を厭わず、約束を守る特性で多くの人に頼りにされます。一方で、自意識が高い、ストイックすぎる、柔軟性に欠けるという声もあるようです。

長所について

長所1:達成意欲が高く頼りになる

性格的に「目標達成に意欲的」な傾向があります。

【ポイント】
周囲の人々からは「頼りになる」と思われています。

【アドバイス】
責任感が強い人は目標達成が満足に繋がります。主体性からの努力も評価の理由です。

長所2:自分事として捉え行動する

性格的に、頼まれた仕事を自分の問題として捉えます。

【ポイント】
頼みごとを主体性をもってこなしてくれるので、任せて安心な人だと評価されています。

【アドバイス】
責任感が強い人はどんな仕事も自分の問題だと考え、賢明に取り組みます。手を抜かないため、信用されます。その分、失敗すると過剰な自責に捕らわれがちなので、ほどよいバランスで頼まれごとと向き合うと良いでしょう。

長所3:約束や期日は必ず守る

性格的に、1度決まったことなら守り、裏切りません。

【ポイント】
あらかじめ決めた項目を絶対に守ってくれるという安心感を持たれています。

【アドバイス】
責任感が強い人は納期やルールを真面目に守ります。期日前に仕事を終えることもあり、絶対的な信頼感・安心感を持たれているでしょう。反面、予定が乱れたと感じたときにはストレスになりがちです。周囲の人への相談がオススメです。

短所について

短所1:自意識過剰な人と思われやすい

性格上、真面目すぎる姿で、自意識が高いと思われてしまいます。

【マイナスポイント】
真面目に仕事に打ち込み、1人で何でもこなそうとしている姿を見て、自信満々の自意識過剰だと思われてしまいがちです。

【アドバイス】
責任感が強い人は何にでも真剣に全力で取り組みますが、それが裏目に出て「やりすぎだ」と取られてしまうこともあるようです。たまには息抜きをしてみると良いでしょう。

短所2:ストイックで自責が強すぎる

性格上、真面目が過ぎて、何でも自分の責任だと捉えてしまいます。

【マイナスポイント】
「全部自分がやらなきゃ」と思い込み、失敗すると強すぎる自責をして、疲れる印象を持たれています。

【アドバイス】
責任感が強い人は何でも自分主体でやろうとし、上手くいかないと自分を強く責めてしまいがちです。そんな姿について行けないと思われることもあるようです。たまには人に頼ると効果的です。

短所3:自信が強く柔軟さに欠ける

性格上、自信過剰で融通が利かないと思われます。

【マイナスポイント】
信念を通そうとして強く意見する姿が自信過剰だと感じられることがあるようです。

【アドバイス】
責任感が強い人は信念が強い反面、頑固で融通が利かない面があります。自分の意見を押し通そうとすると自信過剰に見えがちです。周囲の意見に耳を傾け、自分の意見よりも良い点があったら積極的に受け入れるようにすると良いでしょう。

責任感が強い人に対する職場からの評価

責任感が強い人と評されている自分について、職場の人たちは実際のところ、どのような意見をもっているのでしょうか。

普段、会社の中では知ることが難しい、ポジティブな評価とネガティブな評価の中から、代表的な評価についてどんな人材と評されているか・受け止め方・活かし方・改善の仕方を詳細に解説していきます。

職場からのポジティブな評価

ポジティブな評価1:仕事をやり抜く強い使命感を持つ存在

責任感が強い人であるあなたについて、職場の人からは、必ず仕事を完遂して、成果を出そうという意識が、仕事をする者の使命感として評価されています。

この評価については、「あの人に任せれば完遂してくれる」という信頼感を獲得していると、素直に受け止めるのが良いでしょう。

この評価の活かし方

真面目な姿が周囲を牽引することもあるでしょう。同僚の推進力にもなる責任感の強さは、今後も重宝されます。たまには息抜きも必要です。

ポジティブな評価2:チーム全体を把握する努力をする存在

責任感が強いあなたに対して、職場の人からは、全体像を見極める能力があるという評価を得ています。

この評価については、リーダーシップを取れる能力があると思われているので、自信を持っていい部分として真っ直ぐに受け止めて良いでしょう。

この評価の活かし方

責任感が強い人はリーダーシップをとることにも向いています。どんなことにも真面目に取り組む姿勢は、チームメンバーの厚い信頼を得るはずです。コミュニケーションを重視してください。

ポジティブな評価3:義理堅く仲間を裏切らない存在

責任感が強いあなたに対して、職場の人は、細かい部分まで配慮をする心遣いが信頼感をもたらしています。

この評価については、あなた自信が義理人情に厚く、仲間や同僚を助けてくれる存在だと思われているということなので、好意的に考えるのが良いでしょう。

この評価の活かし方

責任感が強い人は周囲への心遣いを厭わない特性があります。良質なコミュニケーションを形成する一助になります。過剰にならない程度に気を配れば、お互いの信頼感を強くします。

職場からのネガティブな評価

ネガティブな評価1:周囲に頼るのが下手な存在

あなたについて、職場では、1人で何でも抱え込む姿が「頼り下手」と思われています。

これについて、何かあったときに誰にも頼らず、破滅する可能性を憂慮するべきです。

この評価を改善するには?

自分のペースを乱されることにストレスを感じがちですが、職場では協力体制も大切です。頼ることで自分の負担を減らし、周囲との連帯感も強まります。無理をしすぎないことが大切です。

ネガティブな評価2:完璧を求め過ぎる厳しい存在

職場の人達からみたあなたは、自分だけではなく、他人にも厳しくしすぎる面があると感じられています。

これについては、自分を律するあまり、他人にも同じことをしてしまっていると考えるべきです。

この評価を改善するには?

自分ができるからといって、他人に強く同じことを求めるのは相手が疲れます。プライドが高い、神経質だ、と誤解されてしまうでしょう。アドバイスは丁寧に、言葉を選ぶと良いでしょう。

ネガティブな評価3:いつかは燃え尽きないか心配な存在

職場の人達からは、頑張りすぎて無理をしていないか、不安感を持たれています。

自分の受け止め方としては、心配されているということは、負担が過剰ではないかと思われている可能性があると考えましょう。

この評価を改善するには?

責任感が強い人は鬱になりやすいと言われます。落ち込み、やる気がなくなり、急に退職してしまうこともあるほどです。上手に休息を取り入れると良いでしょう。

責任感が強い人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

コツ1:上司との関わり方

責任感が強い人は、上司にも我を通そうとするきらいがあります。心配をかける原因になってしまいます。

自分1人で抱え込もうとせず、シェアできることがないか、上司にアドバイスを求めると安心してもらえます。

▼日頃から心掛けること
ホウレンソウを小まめにおこない、何かあったときには遠慮せず頼るように心掛けると良いでしょう。

おさむ編集員

会社は1人で回すものではなく、チームワークも必要です。上司がそのコントロールをすると理解しておくのが、良い関係を築くコツです。頼って良いのかと思うような小さなことでも、相談するのがおすすめです。

コツ2:同僚との関わり方

向上心が強いあまり、同僚に厳しい態度を取ってしまうことがあります。反感を買う原因になります。

情報をシェアし、お互いの状態を把握できるよう、コミュニケーションを取ると良いでしょう。

▼日頃から心掛けること
会社では仲間として仕事をするのですから、お互いの状態や仕事のペースを把握して、ベストな環境を作るべきです。

おさむ編集員

お互いの状態を把握できれば、「これが得意なのか」「ここまではできているんだ」と相手のペースが分かります。「自分のペースとは違う」ということを理解すると、あまり厳しい要求や物言いをしなくなるでしょう。

コツ3:自分の仕事の進め方

責任感のあまり、無理な仕事の進め方をしては、周囲に迷惑をかけてしまいます。ある程度のコントロールが必要です。

責任感が強いのは良いことですが、強すぎて、自分や周囲に負担をかけてしまいかねないことがあります。しかし、仕事や人間関係にプラスになる特性も持っています。

▼日頃から心掛けること
人に頼る方法や休み方、息抜きの方法を覚えると良いでしょう。

おさむ編集員

仕事に邁進し続けるだけでは心身が疲れ果て、良い結果から遠ざかります。上司や同僚に頼り、配慮してもらい、たまには思う存分息抜きするのがおすすめです。

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

責任感が強いあなたの自己分析には「クリフトンストレングスファインダー」がおすすめです。

どんな使い方ができるか

向いている仕事が分からないときには、自分の性格や性質を分析してみると、新たな発見や仕事探しに役立ちます。自己分析は転職サイトやエージェントでも活用されており、最近ではスタンダードな方法です。

クリフトンストレングスファインダーは用意された質問に答えていくと、その各種の回答からあなたの人となりや性質、強みや弱点が分析される仕組みです。

やり方

web上で完結できる自己分析ツールです。クリフトンストレングスファインダーの公式サイトへ行けばすぐに始められます。最初に説明やツールの特徴を読んでおくとより活用しやすくなります。

クリフトンストレングスファインダーには177問の質問が用意されています。質問数が多いですが、ぜひトライしてみてください。

理論について

自分では普段あまり意識しない面を見つめて答えるものが多く、知らない自分を発見することがあります。また、もともと知っていた自分の特性をさらに詳細に知り、強みや弱点を把握しやすくなるメリットがあります。

考え方

設問数が多くかなりの時間がかかります。その分、自分を詳細に分析できるという一面があります。あくまでツールなので、傾倒しきってしまうより、自分の性格や適性、特性が導き出されたという考え方がおすすめです。自分を知っておくのは仕事選びに関してとても有効ですので、情報の1つとして利用すると良いでしょう。

仕事選びへの活かし方

自分の特性を理解できると、ベストマッチする仕事に近付きやすくなります。また、エージェントに相談するときに「自分はこんなタイプです」という説明が容易になるため、提供される求人のターゲティングがしやすくなり、質の高い求人に出会える可能性が上がります。

まとめ

責任感が強い人は、特性に適した職場であれば厚い信頼を得て、尊敬されるような優れた結果を出せるようになります。周囲が責任感の強さを正しく評価してくれる職種が向いてるでしょう。

本記事で解説した通り、責任感の強さには良い面・悪い面があります。自己分析ツールなどで把握して、職探しへの活用することをおすすめします。

自己分析をしてみたら、周囲と上手くいかない原因が自分の責任感ゆえの厳しい態度や言葉であったり、なかなか頼らないあなたに傲慢さを感じていたりと、意外な理由が見つかる可能性があります。

責任感の強さはどんな職場でも必ず重宝されます。責任感が強い人ならではの特性を活かせる仕事は数多くありますので、興味を持った仕事があれば、詳細に調べてみると良いでしょう。

転職サイトやエージェントに登録しているのなら、担当者に求人を探してもらうのも良い方法です。あなたの特性を活かした仕事に出会えることをお祈りします。

責任感が強い人に向いてる仕事について「よくある質問」

責任感が強いことは短所ですか?仕事探しに影響がないか心配です。

いいえ。長所にも短所にもなります。長所として役に立つ特性を意識した仕事探しがおすすめです。記事内「責任感が強い人の性格的な特徴」を参考に、自分の性格上の長所と短所を理解しながら、自己分析まで行ってみることをおすすめします。

仕事で失敗すると過剰に落ち込んでしまいます。

1人で抱え込む必要がないのが会社というものです。失敗しそうだと感じたときには、上司や同僚に相談してみると良いでしょう。失敗したら誠実に謝り、落ち込みはほどほどにして、挽回を図るのもポジティブな方法です。

責任感の強すぎるせいか、人の作業が遅れるとイライラしてしまいます。

責任感が強い人は、自分と他人はペースが違うことを理解したほうが良いでしょう。

責任感が強すぎて嫌われたのか、周りから距離を置かれてしまいます。

責任感が強いのは真面目であるということでもあります。真面目すぎて近寄りがたいのかもしれません。たまには自分から楽しい雑談などを振ってみるのも良い方法です。

人に頼まれると自分に責任がある仕事のように感じ、キャパオーバーでも引き受けてしまいます。

余裕があるときは引き受けるのも良いですが、残業になりそう、自分の仕事が後回しになりそう、というときには、思い切って断る勇気を持つべきです。社会人なら、断られてもあなたを批判することはないでしょう。引き受けられない理由をきちんと説明したほうが気遣いになります。お互いに気遣い合って、良い職場関係を築きたいものです。

目標が達成できそうもないときに焦ってしまいます。

途中で計画変更をしたり、上司や同僚にヘルプを求めたりすると良いでしょう。融通性や協調性も大切です。

記事を共有する。