聞き上手を活かせる仕事とは?適職4選/経営者と従業員の重要な調整役

聞き上手に向いてる仕事

聞き上手を活かせる仕事はこの4つ

「本当に聞き上手だね。」と言われた経験はありますか?聞き上手であることは、仕事においてとても有利です。なぜなら仕事の本質は、他者のニーズを把握してそれに応えることだからです。

聞き上手であるなら他者のニーズを把握しやすいですから仕事でもとても役立つでしょう。

ただしあなたがもし聞き上手であることをよく言われるならそれを活かした仕事をしたほうがもっと活躍できると思います。

聞き上手を活かせる仕事は主に4つあります。

1:コンサルタント

コンサルタントとは、顧客の抱えている問題の解決策を提供する職業です。

コンサルタントは、顧客から本当の問題を引き出す必要があるため聞き上手である必要があります。そのため聞き上手である人は、コンサルタントになればその力を活かすことができるでしょう。

ただしコンサルタントは、聞き上手だけではなく問題解決能力いわゆる論理的思考が求められることも理解しておきましょう。

2:営業職・販売職

営業職、販売職は基本的に聞き上手であることが求められます。なぜなら聞き上手でないと顧客のニーズを把握することができず、ニーズに合わない商品を売ろうとしてしまうからです。

ニーズに合っていなければ、当然売上を上げることは難しいです。

ただし売る商品が決まっている場合などは聞き上手である必要もありますが、それ以上に買ってもらえるように価値を伝える能力が求められます。

聞き上手を活かすのであれば、顧客ニーズをより深く理解する必要がある営業職・販売職がいいでしょう。

例えば、提案営業職、コンサルティング営業職、人材・IT・広告などの無形商材の営業職、化粧品の販売職、保険の販売職などです。

3:ヘルプデスク、サービスデスクなど

ヘルプデスクやサービスデスクは、企業が提供している商品やサービスの問い合わせに対して対応する仕事です。

ヘルプデスクやサービスデスクなどの電話サポートの仕事は、聞き上手であることを活かすことができます。

なぜならヘルプデスクやサービスデスクなどの電話サポートの仕事は、聞き上手でないと顧客は本当は何に問題を抱えているのかわからないからです。

4:カウンセラー

カウンセラーとは、顧客の抱える問題や悩みを専門的な知識や技術によって相談、解決する仕事です。カウンセラーは書くまでもないですが、聞き上手でないと、顧客の抱える問題や悩みがわかりません。

そのためカウンセラーは、聞き上手であることは、必須条件といっても過言ではないでしょう。聞き上手であることは、どんな仕事でも必ず求められることなので、有利に働くと思います。

たださらに自分を活かすなら聞いた情報をどう使うかも考えれば、もっと活躍できるでしょう。

使い方に関しては、人によって得意不得意があるので、自分の得意なことが活きるようにすればいいと思います。

まとめ

結論、聞き上手は、最高の特技です。誰にでも真似できるものではありません。人は誰しも、自分を主役としたキャリアを実現するためなら、他人のことよりも自分を優先した報告・連絡・相談をする傾向があります。

そのため、組織の人数が増えるほど、社員間の摩擦の種類が増え、派閥が出来た結果として、対立や忖度が生まれるのです。

そんなとき、他人の意見や心境に対して、耳と心を傾けて傾聴できる『聞き上手な人』は、経営者と従業員には欠かせない調整役であり、ネゴシエーターとしての重要な役割を担うことができる強みがあります。

つまり、替えが効かない存在ということです。

今、あなたが勤めている会社において、聞き上手なあなたが排他される場合、個々人が自分の事ばかりの組織は離れることをおすすめします。

記事を共有する。