神経質な人に向いてる仕事10選と不向きな仕事!長所短所や職場評価

神経質な人に向いてる仕事

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

神経質な人に向いてる仕事について、個性への理解を深めながら、自分にあう職業の選択肢を広げていきましょう。長所と短所、職場でどの様な評価を受けているのかなど、神経質ということポジティブに利用するための参考にしてみてください。

神経質な人でも大きなストレスなく続けることができる仕事、むしろ神経質でない人よりも活躍できる仕事もあります。ネガティブなイメージを持たれがちな神経質という性格は、環境次第では周りと差をつける大きな武器になり得るのです。

意識しなければならないのは、自分の長所と短所を十分に理解し、それに合った仕事を見つけることです。神経質な人が向いている仕事とはどのようなものなのか、今回紹介する10個を参考にすれば、糸口がつかめるでしょう。

神経質な人とは?

神経質な人の多くは、こだわりが強い完璧主義者です。そのため、与えられた仕事も自分が納得いくまでのレベルに仕上げなければ落ち着かない、ということがよくあります。そのこだわりから心配性な面もあり、ミスが無いかを人一倍気にしてしまいます。それが原因で、与えられた仕事の完成に時間がかかってしまうことが多いのも特徴です。

一方で、その神経の鋭さを活かし、細部まで細かい配慮が行き届いた作業をこなすことができるという面もあります。こだわりの強さを上手い方向に向ければ、仕事の完成度が頭1つ分飛び抜けるという人が多いです。また、他人からどう見られるかを気にして、言葉遣いやマナーをしっかりと心得ていることが多いという特徴もあります。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

神経質な人が向いてる仕事の特徴

神経質な人に向いてる仕事
その特徴を5つ紹介!

★特徴1「感性を生かせる仕事

流れ作業ではなく、自分のこだわりが現れる仕事です。
極めれば、自分にしかできない仕事を任せてもらえるようになることが良い点として挙げられます。

大勢で同時に取り組む機会が少なく、ストレスを軽減させることができるでしょう。

おさむ編集員

決められた時間内に、1人で自分のペースで作業を行える環境を手に入れることができればベストです。神経質な人は複数人でいるよりも、1人でいるときのほうが感性を発揮しやすい特徴があります。

★特徴2「丁寧さが求められる仕事

細部まで不備なく作業をこなすことが求められる仕事です。

完璧な仕事を求められるため、ミスが無いか何度も確認してしまう、完璧主義の特徴を持った神経質な人が有利になります。

ミスをしない能力というよりも、ミスが無いかを確認する能力を求められるので、納得いくまで丁寧に確認をしなければ不安になってしまう神経質な人にはうってつけです。

おさむ編集員

完璧主義を存分に発揮するべきでしょう。同時に、完璧を目指しすぎて効率が落ちないように、バランスをとる心がけも大事になります。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

★特徴3「目に見える仕事

自分の頑張りが目に見える形で残る仕事です。

自分の作業の成果が目に見えることで、上手くいった点や改善が必要な点が正確に把握できます。

神経質な人は、自分が行った仕事の復習点や今後の課題を決めなければ、見通しが立たず不安になってしまうという特徴があります。1つ1つの仕事の成果が可視化されて残ることで、心配なく次へ進むことができます。

おさむ編集員

自分の仕事に対して正当なフィードバックがもらえる職場だと、より明確な目標を作ることができるので、なお良いでしょう。

★特徴4「手先の器用さが求められる仕事

細かいところまで気を遣わなければいけない仕事です。
細部を気にする繊細さと、その繊細さを支える忍耐強さを発揮することができます。

大雑把な人は、細かいところの詰めが甘かったり、我流で進めてしまったりする特徴が見られます。細部の正確さにこだわる神経質な人は、このような仕事では重宝されるでしょう。

おさむ編集員

スピードが求められる職場では向かない可能性が高いでしょう。「量より質」の精神が職場全体にある仕事だと、手先の器用さを発揮できます。

★特徴5「きめ細やかさが求められる仕事

全体像だけでなく細部にまで目を光らせ、小さなミスも無くしていく仕事です。
神経質な人は繊細な人ととらえられ、信頼度が高まるでしょう。

全体を管理できる人と、細部にきめ細かい注意ができる人の両方が、どの仕事場にも必要だからです。

おさむ編集員

細かいことに神経を使うと、どうしても全体の流れを把握できなくなります。全て1人でやるのではなく、全体の管理が得意な人と協力できる仕事では、きめ細やかさという特徴を活かしやすくなるでしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

神経質な人に向いてる仕事10選<おすすめ順>

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

プログラマー [神経質な人に向いてる仕事 1/10]

プログラマーの仕事

【仕事内容】
プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書に沿って、プログラムをひたすら打ち込んでいく仕事です。複数のプログラミング言語をスピーディーに操り、次々へコードを完成させていく知識と集中力が必要になります。基本的に1人で作業することが多く、寡黙な人が多い傾向があります。

▼向いてる理由
神経質な人が向いてる仕事である理由は、1つの作業に没頭できる点です。末端のプログラマーは与えられたものをひたすらこなすだけなので、ミーティングも少なく、接客対応もほぼありません。余計なことに神経を分散させずに、1つのプロジェクトに集中できるのです。また、些細なミスも許されないので、細かいところに気が付く人が有利になります。

平均年収:340万円

経理事務 [神経質な人に向いてる仕事 2/10]

経理事務の仕事

【仕事内容】
経理事務の仕事は、一言で言うと、会社のお金の流れを記録することです。現金の支払いや受け取り、伝票の整理、帳簿の管理などを行います。税務や簿記などの専門的な知識が必要になるので、誰でもできる仕事ではありません。また、どの会社にも経理の人間は必要なので、資格と実務経験があれば比較的容易に転職できるというメリットもあります。

▼向いてる理由
経理事務が神経質な人に向いてる仕事である理由は、経理がミスを許さない職種ということです。会社のお金に関することなので、間違いがあれば不正にお金が動いてしまいかねません。自分の会社が困るだけならまだしも、取引先などにも被害が及び、信用問題にかかわるので、厳重な注意が必要です。経理事務になる人間は、神経質でなければいけないのです。

平均年収:344万円

映像クリエイター [神経質な人に向いてる仕事 3/10]

映像クリエイターの仕事

【仕事内容】
どういった形で活動するかによって仕事内容は変わりますが、映像クリエイターの仕事は映像作品を作るための企画立案や動画の撮影、加工、編集などです。資金調達や人材の手配などが仕事の一部になる場合もあります。チームを組んで行うのが一般的でしたが、最近では技術の進歩により、全ての工程を1人で行う映像クリエイターもいます。

▼向いてる理由
映像クリエイターは、細部にこだわり、丁寧に作品を創り上げていくことができる神経質な人に向いてる仕事です。動画の撮影や編集、加工は想像以上に地道な作業です。1つ1つの工程をきめ細かくこなしていく能力が役に立つでしょう。

また、神経質な人は他人からどう見られるのかを気にしがちです。その特徴を利用すれば、作品が第三者からどう見られるのかを適切に把握できるのです。

平均年収:450万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

グラフィックデザイナー [神経質な人に向いてる仕事 4/10]

グラフィックデザイナーの仕事

【仕事内容】
グラフィックデザイナーの仕事は多岐にわたります。代表的なものでは、雑誌やチラシなどの広告、看板などの印刷物のデザインや、ゲームなどのキャラクターや風景などのデザイン、ロゴの作成などです。それぞれのデザイナーは得意分野を持っており、それに適した依頼を受注するという形で仕事をしている人がほとんどです。

▼向いてる理由
グラフィックデザイナーはクライアントの依頼内容を的確に把握し、それに忠実な作品を仕上げなければいけません。そのため、感覚で何となく作業を進めてしまう人は不向きで、細部までクライアントの意向に沿ったものになっているかに注意できる人が上手くいく職業なのです。他人の意見に過敏になりがちな神経質な人にとって、向いてる仕事と言えるでしょう。

平均年収:335万円

建築家 [神経質な人に向いてる仕事 5/10]

建築家の仕事

【仕事内容】
建築家の仕事は、クライアントの要望を聞き、それに沿った家屋の設計を行う職業です。ただクライアントの言うとおりに作業をするだけでなく、家を建てる土地の条件や、安全面の規定を満たしているかなど、様々な条件をクリアしなければなりません。さらに、建築現場の監督も行うため、人を動かす能力も求められるでしょう。

▼向いてる理由
家は住む人の生活に大きく影響するもので、有事の際は命にかかわることもあります。大雑把な仕事はできません。クライアントの意見、安全性、予算、期限、人材など、様々な要素を細かく管理し、完璧に近い仕事をできる人でなければ務まらないのです。建築家は、完璧主義という特徴を持った神経質な人にとって向いてる仕事と言えます。

平均年収:653万円

工芸職人 [神経質な人に向いてる仕事 6/10]

工芸職人の仕事

【仕事内容】
工芸職人の仕事内容は、作る物によって大きく異なります。例えば、ガラス細工のように芸術作品に近い物を作る職人か、箪笥や籠などの日用品を作る職人かで、勝手が違うでしょう。黙々と毎日作業に取り組む職人もいますが、中にはワークショップや体験教室などのイベントを開いて収入を得ている職人もいます。共通して言えるのは、作品制作に没頭する力と、手先の器用さが求められることです。

▼向いてる理由
職人にとってあってはならないことが、作品によって完成度にばらつきがあることです。多くの場合、職人は常に同じクオリティーの作品を提供することが求められます。そのため、常に作品のクオリティーに気を配ることができなければいけません。そういった面で、工芸職人は神経質な人に向いてる仕事と言えるのです。

平均年収:500万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

料理人 [神経質な人に向いてる仕事 7/10]

料理人の仕事

【仕事内容】
料理人の仕事は、レストランや施設などで食材を調理することです。顧客の注文に応じ、料理を適切に調理し、提供します。食材や衛生環境の管理、調理器具のメンテナンス作業も行います。また、働く場所によっては、食材の仕入れやメニュー考案に携わることもあります。他人の口に入る物を提供する仕事なので、細部まで気を遣うことができなければ務まらない仕事です。

▼向いてる理由
衛生面はもちろんのこと、料理のクオリティーや提供の素早さなど、細かい部分の正確さが求められる仕事です。多くの食材を毎回同じように、正しい手順で調理し、無駄なくスピーディーに提供していかなければなりません。日ごろから正確さを気にかけている神経質な人に向いてる仕事です。

平均年収:408万円

支配人 [神経質な人に向いてる仕事 8/10]

支配人の仕事

【仕事内容】
ホテルの支配人は、ホテルを運営している組織をまとめ上げるリーダーの役職です。経営のトップでもあり、ホテルの経営方針、売り上げの管理、サービスの見直しなども行います。他のスタッフと同様に接客を行うこともあり、特に著名人やVIPが訪れたときには自ら対応することが多々あります。多くの側面において、完璧を求められるポジションです。

▼向いてる理由
ホテルの総支配人と聞くと、豪快で小さいことを気にしない、大物のような人を想像してしまうかもしれませんが、実はホテルの中で最も繊細で神経質でなければいけない役職です。ホテルの全ての分野に注意を払わなければいけませんし、何か不備があれば真っ先に気付き、対応しなければいけません。

そのため、ホテルの支配人は完璧主義の特徴を持った、神経質な人に向いてる仕事なのです。

平均年収:600万円

機械工 [神経質な人に向いてる仕事 9/10]

機械工の仕事

【仕事内容】
機械工は、設計図に従い、機械を組み立てていく仕事です。レーンに加わって組み立ての一部を担当する場合と、1つの製品を全て1人で組み立てる場合があります。細かい作業工程は、製造している製品や会社の規模によって異なるでしょう。職場によっては検査や調整、出荷まで行います。製造業の根幹を支える仕事なので、将来性は十分です。

▼向いてる理由
神経質な人が持つ特徴である、正確さ、細部への気遣い、完璧主義を存分に生かせる仕事です。設計図どおりに正確に組み立てる以外に正解は無く、完璧が求められます。

また、神経質な人が煩わしく感じる人間関係も、機械工業界では少ない傾向にあります。自分の能力を存分に発揮し、苦手分野を避けないのなら、機械工は向いてる仕事でしょう。

平均年収:366万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

品質検査員 [神経質な人に向いてる仕事 10/10]

品質検査員の仕事

【仕事内容】
品質検査員は、工場などで製造された製品の検査を行う仕事です。主に製品が正常に動作するかを判断する機能検査と、傷やへこみ、色剥がれなどの見た目の不備が無いかを判断する外観検査に分かれていることが多いです。品質検査は多くの業界で自動化が進んでいるとはいえ、最終チェックは今でも人間の手で行うところがほとんどです。

▼向いてる理由
品質検査を終えた製品はそのまま梱包され、顧客のもとに届くまで開けられないこともあります。つまり、品質検査員は製造ラインの「最後の砦」となるわけです。99個完璧な製品を提供していても、1個不良品が混ざってしまっていては会社の評判に傷がつきます。品質検査員は神経質な人くらいがちょうどいいくらいで、向いてる仕事なのです。

平均年収:486万円

神経質な人には不向きな仕事

こんな仕事は
神経質な人に向かない!

向かない仕事1「営業職」

営業職は、成果の大部分が相手次第で決まってしまう仕事です。自分が最大限の努力をしていても、見合った結果が出ないことがあります。神経質な人は、成果が出ないことを深刻に受けすぎてしまいがちです。営業職は向かない仕事でしょう。

向かない仕事2「販売職」

販売職は商品を売り込むだけでなく、顧客と会話し、商品の購入意欲を引き出さなければいけない仕事です。顧客対応の大部分は、相手に合わせて進めなければいけません。自分のペースで作業をするのが得意な、神経質な人には向かない仕事と言えます。

向かない仕事3「受付」

来客対応や電話対応など、仕事の大部分が会社やお店の外からくる人の対応になります。不特定多数の人間がいつ訪ねてくるか分からないので、仕事のリズムが不規則になります。対応も相手のペースに合わせなければいけないので、自分のペースで動くのが好きな、神経質な人には向かない仕事です。

向かない仕事4「カウンセラー」

カウンセラーは、相談者の心理状態を冷静に、客観的に観察しなければいけません。相談者を理解しつつ、ある程度の距離は置くべきなのです。神経質な人は、相談者の境遇や感情に影響を受けすぎてしまう可能性があります。ある程度の図太さの無い人には向かない仕事でしょう。

向かない仕事5「セラピスト」

1人1人の顧客の状態に合わせて、ふさわしい施術をしなければならない仕事です。顧客の症状はそれぞれ違うので、いつものやり方が上手くいかない場合もあります。完璧主義の特徴を持つ神経質な人には向かない仕事でしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

神経質な人の性格的な特徴

神経質な人は、細かいところにまで気を配ることができ、クオリティーの高い仕事ができます。しかしある程度大雑把でもいいところまでも気になってしまい、余計なストレスを感じてしまうことが多いという難点もあります。

長所について

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

長所1「細かい部分に目が届く」

普通の人ならスルーしてしまう細かい部分にも気が付きます。

▼プラスのポイント
細部まで気が使える注意深い人という印象を持たれています。

ななか編集員

細部まで気が回る性格は長所ですが、神経質な人から必要以上に指摘されたり、押し付けられたりすることに、不快感を覚える人もいます。気が付いても、それを口に出すかどうかは考えましょう。

長所2「足りないことに気づくのが早い」

時間、人材、物資などの数の間違いや不足にいち早く気が付き、トラブルになる前に事前に対応できます。

▼プラスのポイント
会議やイベントの際には確認を怠らないでいてくれるので、周りの人間は安心感があります。

ななか編集員

準備を万全にする心持ちは長所にもつながりますが、不安になりすぎてしまうきらいがあります。気を張りすぎず、多少不備があってもどうにかなることもあると理解しておきましょう。また、神経質な人はイベントの主催者として、その性格を有効活用できる可能性があります。

長所3「期日前行動できる」

期日までのプランを入念に組み立てることができます。トラブルを想定したうえでの準備をする人も多いです。

▼プラスのポイント
常に期日を守って行動できるので、しっかりしている性格だととらえられています。安心して仕事を任せることができる、という評価を受けることが多いです。

ななか編集員

期日よりも前倒しで行動できることは長所ですが、神経質な人は自分に必要以上のプレッシャーをかけてしまうことがあります。期日までに済ませることができれば100点満点なので、前倒しにこだわりすぎないようにしましょう。

短所について

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

短所1「他人の言動が気になる」

神経質な人は、周りに迷惑をかけたくない、低く見られたくないという性格の人が多く、他人の言動が必要以上に気になってしまうことがあります。

▼マイナスのポイント
他人の評価によって精神的なダメージを負うことを恐れて、行動を起こせないことも多々あります。行動を起こせないことにもストレスを感じ、負のスパイラルにハマっていくことも少なくありません。

ななか編集員

他人の言動を気にして委縮してしまうことは短所ですが、他人の考えを参考にできることは長所です。他人の言動を個人的な批判と受け取らず、今後の参考くらいにとらえておきましょう。

短所2「承認欲求が高い」

神経質な人は、常に十分な評価を得ていないと不安に感じてしまうため、承認欲求が高い傾向にあります。成果に対して十分な反応が無いと、それを否定ととらえてしまいがちです。

▼マイナスのポイント
承認欲求があることは問題ではありませんが、それに精神状態が左右され、欲求を満たすための仕事をするようでは短所になってしまいます。

ななか編集員

承認欲求が強いという自分の性格を自覚しましょう。十分な評価がもらえていないと感じたら、「これは自分の承認欲求が高いからだ」と確認し、余計なストレスを回避しましょう。

短所3「ストレス耐性が低い」

神経質な人は、その完璧主義のために、全てが上手くいっていないと気が済みません。何かミスがあったり、叱られたりすると、完璧が傷つけられたと感じ、精神的なストレスになってしまいます。

▼マイナスのポイント
細部までこだわる性格なので、少しのミスでも無くそうとして、必要以上に自分を追い込んでしまうことが多いのです。

ななか編集員

小さいミスまで全て無くすことができればそれは長所となりますが、それに気を取られて仕事全体のクオリティーが落ちてしまうと、短所に変わってしまいます。常に100%を目指す必要はないことを理解しておきましょう。

神経質な人に対する職場からの評価

職場からのポジティブな評価

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

ポジティブな評価1「細部に行き届いた仕事ができる」

神経質な人本人は意外と気が付いていませんが、細かいところに気が付くからこその言動はしっかり見られています。

深読みせずに、純粋に良い評価として受け取りましょう。細部にこだわることができる人材は、チームに1人は必要なのです。

評価の活かし方

「神は細部に宿る」と言われています。細かいところまで気を遣っても、誰も気に留めていないように感じることもあるでしょうが、確実に会社のクオリティー向上に貢献しています。他人は気にせずに、自分が納得のいく仕事をしていきましょう。

ポジティブな評価2「他の人が気づかないことに気づける」

普通ならスルーするような些細なこともどうしても気になってしまうので、神経質でない人からすると、色々なことによく気が付くように見えます。

他人と違う視点で物事を見られるということは、チームで働くうえでは重要な能力です。貴重な存在として認識されているので、良い評価と受け取って問題ないでしょう。

評価の活かし方

物事を客観的に分析しなければいけない場面で、違う視点を持った人は力を発揮します。分析や観察に関するタスクに、積極的にかかわっていくといいでしょう。

ポジティブな評価3「マニュアル作成スキルが高い」

細部までよく気づくことができる、神経質な人の特徴が活きているということです。また、他人からどう見られているかを気にするため、自分が作成したマニュアルが読み手の目にどう映るかも想像できます。

マニュアル作成は、それを使う人全員に影響を与えます。重要な仕事を任せてもらえるという良い評価としてとらえましょう。

評価の活かし方

マニュアル以外の様々な資料制作に、その特徴を活用できます。資料作成が適任の可能性があるので、その方面の仕事にかかわっていきましょう。

職場からのネガティブな評価

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

ネガティブな評価1「こだわりが強すぎる面がある」

細部まで完成させないと気が済まない性格のため、1つのことに対してこだわりが強すぎるという印象を周りに与えています。

こだわることは問題では無いのですが、それによって作業を進めるのに時間がかかるとなると、話は別です。「完成度よりも効率を優先してほしい」という良くない評価である可能性が高いので、気をつけましょう。

評価の活かし方

100%の作品を遅れて提出するよりも、80%の作品を期限通りに提出するほうが先方は助かります。完成度とスピードのバランスをとるように心がけましょう。

ネガティブな評価2「手を抜くということが苦手」

何に関しても完璧主義が働いてしまい、手を抜けないことが多いです。「そこまで頑張らなくてもいいのに」という印象を与えてしまいがちです。

大きな声では言えませんが、日々の作業の中には手を抜くべきものもあります。手を抜いてもよいところは抜いて、その分の体力を大事なことに使ってほしいというのが、多くの上司の本音です。「優先順位を考えて欲しい」という、良くない評価として受け止めたほうがよさそうです。

評価の活かし方

状況を見極め、力を入れる場所と抜く場所のバランスを整えていきましょう。

ネガティブな評価3「気持ちの浮き沈みが激しい」

神経質な人は、普通の人が気に留めない些細なことにも反応しがちです。そのため、周りの人から見たら、理由も無く急に落ち込む、と思われることがあります。

モチベーションが浮き沈みしてしまっているように見え、周りに悪影響を与えているかもしれません。落ち着いた態度で仕事に臨んで欲しいという、良くない評価として受け取りましょう。

評価の活かし方

精神状態と立ち振る舞いを分離させる訓練をしましょう。気分が落ち込むことは仕方のないことですが、それによって周りの人たちへの接し方を変えてはいけません。

神経質な人が上手に仕事を進めるコツ

上手に仕事を進めるコツ

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

コツ1「上司との関わり方」

神経質な人は上司からの言葉に過度に反応してしまい、気を遣わせたり、怒らせてしまったりすることがあります。神経質な人が会社で良い人間関係を構築するには、コツが必要です。

自分の感情と行動を分けるようにしましょう。自分が落ち込んだりイライラしたりしているからと言って、関係の無い人たちに不快な態度をとっていい理由にはなりません。

▼日頃から心掛けること
自分の感情が先走ってしまわないように、言葉を発したり行動を起こしたりする前に、いったん冷静になる時間を作るように心掛けましょう。その時間で、適切なふるまいをイメージします。

おさむ編集員

神経質であることも、落ち込んだりイライラしたりすることも、悪いことではありません。しかし、その感情に行動が振り回されてしまうことは絶対に避けましょう。

コツ2「同僚との関わり方」

神経質な人は刺激を受けやすく、大勢で行動することに抵抗があり、同僚たちから孤立しがちです。同僚はいざと言うときに支え合える仲間であり、会社で生き残っていくために必要な存在ということを忘れてはいけません。

同僚には、悩みや自分が感じていることを素直に話してみてもいいでしょう。似た境遇にいるなら理解してくれる人も多いでしょうし、それによって結束も強まります。

▼日頃から心掛けること
同僚を敵視しないことが、上手くやっていくコツです。同じ会社で同じ目標に向かっていく同志ですから、敵対心よりも支え合いの心を持つことを心掛けましょう。

おさむ編集員

神経質なことで悩んでいる人がいるように、他の人もそれぞれの性格で悩んでいるものです。もし悩みを相談されたら、相手の身になって支えましょう。

コツ3「自分の仕事の進め方」

自分の仕事の進め方では、自分のペースと会社のペースの妥協点を探さなければいけません。あまりマイペースでも迷惑がかかるし、会社の言いなりでもストレスになり、長く仕事を続けていくことが困難になります。

自分の限界点をしっかりと認識しておくことが重要です。神経質な人は「気が済まない」という動機に突き動かされて、オーバーワークをしてしまいがちです。その結果、余裕がなくなり、周囲に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

▼日頃から心掛けること
モチベーションだけでなく、体に残っているエネルギーの残量にも配慮しながら、仕事をしていきましょう。

おさむ編集員

神経質な人は、外の世界にばかり意識が向きがちです。自分の内側にもちゃんと焦点を当て、外と内の調和を保てるように心掛けましょう。

向いてる仕事がわからない場合の自己分析

自己分析

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

自己分析を行う際に、サポートのツールとして「クリフトンストレングスファインダー」の使用をおすすめします。

どんな使い方ができるかなど説明

クリフトンストレングスファインダーでは、質問に答えることで、自分自身の専用の分析データが手に入ります。そのデータをもとに、自分のキャリアプランニングや職種選びを行うことが可能です。また、自分を知ることで、周りの人間への接し方も変わっていき、人間関係の悩み解消にも役立ちます。

やり方

クリフトンストレングスファインダーのWebサイトに行き、診断テストへのアクセス権を購入します。購入後に177の質問に答え、提出します。

その質問の答えをもとに、回答者が持つ10の資質と、その資質の活用方法がわかります。そのデータは就職、転職、進学の際に参考にしてもいいですし、今の仕事でもっと活躍するためのヒントにもなるでしょう。

どんな理論か説明

思考力、人間関係力、影響力、実行力の4つの領域をさらに細分化することでできた、34の資質が存在します。クリフトンストレングスファインダーでは177の質問から、回答者がこの34の資質の中でどれを持っているのかを割り出します。

考え方(捉え方)

自分の強みを認識し、それを活かすというだけでなく、弱みを理解し、それを補えるパートナーや環境を探すことにも役立てることを、クリフトンストレングスファインダーでは推奨しています。また、テストによってわかった資質がどのように障害になるのかも提示してくれるので、自分がどういった類の困難にぶつかるのかも予測ができるようになります。チーム全体でテストに取り組み、その結果をもとに、チーム編成や人事を行うという使い方もできます。

仕事選びへの活かし方

まず、クリフトンストレングスファインダーで見つけた自分の強みを十分に活かせる場面を想像しましょう。いきなり仕事を特定しようとすると、給料や勤務日数などの細かい条件が気になり、判断が鈍ってしまいます。損得勘定はいったん抜きにして、自分の強みとそれを活かせる環境についてのみ考えるのです。

まとめ

まとめ

神経質な人は、正しい環境、人間関係、自己分析によって最大限の力を発揮します。大事なのは、自分を正しく理解して、できることとできないことを明確にし、それに合わせた仕事を探すことです。

また、本記事で解説した通り、神経質な自分を受け入れ、上手く付き合って行くことも大事です。今まで神経質であることを短所だと思って生きてきた人は、付き合い方を変え、神経質を武器に変えていけるように努力しましょう。

そうすることによって、今まで自分には向いてるわけがないと思っていた職種が、就職先の候補になることもあります。神経質であることで職探しの可能性を狭めず、逆にたくさんの新たな可能性を広げていきましょう。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。