仕事が合わないストレスを解消する方法4選!残るか転職するかを判断

仕事が合わない

仕事が合わないストレスを解消するには?

仕事が合わないストレスを解消するにはどうすればいいのでしょうか?合わない仕事をしているとストレスが溜まってくるのは当然だと思います。

自分に合わないと感じながら仕事を続けてしまうと、ストレスは溜まるばかりで、心身の健康に支障をきたすことがあります。そのため、仕事のストレスは、解消方法を知ることで、うまく解消する必要があるでしょう。

そこで今回は、自分にとって『今の仕事が合わないストレスを解消する4つの方法』を、ひとつづつ要点を絞って解説します。できる限り、正確な判断をして、早くストレスから解放されるよう端的に書きますので、自分に合うと感じた解消方法を見つけたら挑戦してみてください。

それでも無理なら、自分だけ考え込まないで、利害関係の無い周囲の人やプロのキャリアコンサルタントなどに相談しましょう。

1:少しでもできるように努力する

あまり賢い方法ではありませんが、少しでもできるように努力することによってストレスを解消できることもあります。合わない仕事であっても改善できる余地は必ずあると思います。

合わない仕事であっても改善していって、少しでもできるようになるとやりがいを感じるかもしれません。そうなると合わない仕事でも今よりはストレスが解消されるのではないかと思います。

ただし無理をしすぎるとさらにストレスを増大させることがあるので、焦らずできる限るのことをやればいいでしょう。

少しでもできるように努力しようと思ってもストレスが増えるだけだと思ったら別の方法を考えたほうがいいでしょう。

2:メリハリを意識してやる

合わない仕事をしているならメリハリを意識してやるようにしましょう。合わない仕事なのにだらだらやっていたらなおさらストレスが溜まってしまいます。

合わない仕事でも特に苦手なことは、出来る限り朝に集中して一気にやってしまいましょう。一気に片付けてしまうことによって、昼からは余裕を持って仕事をできるのではないかと思います。

また休むときは、仕事のことは忘れて疲れを取ったほうがいいでしょう。なかなか休みのときも仕事のことが気になるのであれば、何か没頭できる好きなことをやればいいでしょう。

好きなことに没頭していれば、他のことは考える余地はないので、ストレスが解消されていくのではないかと思います。

3:誰かにやってもらう

合わない仕事の中でも特に苦手だと思う事は何でしょうか?特に苦手なことを誰かにやってもらうことにうよってストレスが解消されることはあります。

例えば数字を扱うのはどうも苦手なのであれば、数字を扱うのが得意な人にお願いすればいいのです。もちろん何かやってもらう代わりに他の仕事をする必要はあります。

組織で働いているメリットを最大限活用して、お互い得意なことを活かせばもっと楽に仕事はできるはずです。

おさむ編集員

仕事が合わないと、ストレスが膨らんで、仕事のやる気が出ない状態に陥りやすくなりますよね。私自身も辛い経験をしたことがあります。

仕事でやる気が出ないときの原因と回復方法、その後の再発防止などについて、細やかに解説している記事があるので、お悩みの方は、あわせてチェックしてみてください。

仕事でやる気が出ない

4:転職先が決めてから辞める

仕事が合わないのであれば、最終的には転職したほうがいいです。

なぜなら合わない仕事をするのは、あなたが不幸になるだけではなく、周りにも迷惑をかけるからです。ただし仕事が合わないからといって衝動的に辞めるのはおすすめしません。

今の仕事が合わなくストレスが溜まっていたとしても転職先が決めてから辞めたほうがいいでしょう。そうじゃないとなかなか転職先が決まらなかった場合に仕事選びにおいて妥協しやすくなるからです。

そうなるとまた合わない仕事を選んでしまう可能性は十分ありえるからです。

まとめ

仕事でのストレスに悩む人は、気持ちが弱い人が多い傾向があります。しかし、誰もが鋼のハートを持っている訳ではないので、自分を卑下する必要はありません。

ただし、他人の意見を聴く素直さが無い人は、自分を見つめ直す時間を持つことをおすすめします。他人から理解を得られない人は、まず、相手を理解することから始めることで、自己理解が深まり、自分を変えることに真摯に向き合うようになれば、周囲の人はあなたのことを信頼してくれるようになるでしょう。

仕事上のストレスは、思うように行かないことや、理不尽や不条理なことが当たり前のことのように事実をねじ曲げる人間がいる場合にこそ、大きなストレスとして私たち人間の心に負荷を与えます。

他にも、仕事をする中で、あなた自身の強い責任感が、巡り巡って自分のストレス発生源となることもあるため、習慣を見直すことが最良の改善につながることも。

仕事以外で、仕事のストレスを解消することは、正直なところおすすめできません。仕事のストレスは、仕事上の関係性やプロセス、何よりも自分自身を見直すことでしか本質的な改善は難しいからです。

どうしても判らない場合は、悩みすぎず、客観的視点で傾向を分析できる第三者に相談して、転職を視野に入れた改善策を模索しましょう。会社は沢山在ります。自分を狭い社会におかないで、可能性を大切にして、将来を見つめてみることをおすすめします。

記事を共有する。