平日休みの仕事ベスト10!女性に人気の働きやすい職業の内容と年収

平日休みの仕事・女性版

女性向け平日休みの仕事について、そのメリットや特徴、人気がある職種をご紹介します。また、平日が休みだけどしっかり稼げる仕事についても言及してまいります。女性向けの平日休みの仕事の場合、気になるのが「資格について」ではないでしょうか。

強みになる資格などもまとめました。平日が休みになる仕事は、女性にとって有意義な時間を作れるため注目されています。この記事を読むと仕事の選び方に対する考え方が大きく変わります。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

女性向けな平日休みの仕事とは?

女性にとって平日休みの仕事というと、土日祝日に繁盛する仕事や、シフト制で24時間稼働する職場を指しています。土日祝日に休みの仕事はなかなか家事まで手が回らないことが多いのですが、平日休みの仕事なら銀行や役所といった家事に必要な案件を、有休をとらずにすませることができます。

このほかにも「平日休み」というメリットはたくさんあります。週末の雑踏のなか買い物に行くことや、疲れをいやすために混雑した行楽地へ出かける必要もなくなるでしょう。

仕事をしながら有意義な毎日を過ごしたい人や、人とは違う生活ルーティーンを過ごしたいという人にはおすすめです。また、社会インフラの維持に欠かせないエッセンシャルワーカーなども平日休みの仕事が多く、人々の生活を支えられる存在でもあるのです。

女性向きの平日休みの仕事の特徴

仕事の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

接客を伴う仕事が多い

平日休みの仕事の女性は、接客を伴う仕事が多い特徴があります。例えば販売の仕事や飲食の仕事など、日常生活に即した仕事が大半でしょう。

エッセンシャルワーカーに代表されるサービスを提供する側として働く人が大半で、平日よりも土日や祝日など、学生や企業で働く人が休みの日に客扱いが多いということもあるようです。

接客といえば、若干趣旨が異なりますが、教育や公務などもこれに当てはまるでしょう。日中夜間を問わず業務にあたる人も見られます。

法人より個人が相手

平日休みの仕事の特徴として、法人よりも個人客を相手に仕事をすることが多い傾向にあります。サービスを提供する立場として働く人が多く、女性の場合美容師や百貨店店員など個人向けのサービスを施す人が多くみられます。

また、流通・販売といった第3次産業などに「平日休みの仕事」が集中していますが、加工や商品化といった第2次産業にも平日休みといった動きも増えています。女性の場合、シフト制で工場勤務という人も見られます。

平日ならではのメリットも多い

平日休みの仕事の最大の特徴として、文字通り「平日に休みである」ことのメリットが大きいことが挙げられます。

女性の場合、家事を担う割合が大きく、「平日では無ければいけない家事案件」も存在します。都度仕事を休むわずらわしさもなく、仕事が休みの平日にすべて済ませられるメリットがあるでしょう。

家族が学校や企業勤めで不在というときに、休みで在宅できるといった点も息抜きがしやすく、家事もはかどることでしょう。もちろん「病院などに通いやすい」といったポイントも評価されています。

平日休みの仕事トップ10【女性版】<職種別>

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

ウェディングプランナー [平日休みの仕事・女性版 1/10]

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーは、挙式や披露宴を希望するカップルに寄り添い、披露宴のプロデュースなどを行います。衣装の試着や食事プランの提案、演出の打ち合わせなどを行います。また、式の運営に必要なスタッフの手配や管理業務も担います。新郎新婦と式場、スタッフとの橋渡し役です。

平日休みでオススメな理由
式の打ち合わせや結婚式は通常土日祝日に行われます。また、六曜に左右される業界なので「仏滅」などは業務自体が休みになりやすい傾向も。運営上の管理業務は平日に追われることがほとんどですが、業務はほぼ土日祝日に集中するので平日に休めるメリットがあります。

平均年収:300~400万円

ウェディングプランナーの平均年収は300万円~450万円と言われています。経験年数や勤務先によっても大きく変わるため、平日休みの仕事の中で稼げる女性として活躍したい場合は、ノウハウの研鑽や経験を積むことが求められるでしょう。

ホテル受付 [平日休みの仕事・女性版 2/10]

ホテル受付の仕事内容

ホテルによっても異なりますが、ホテル受付の仕事は一般的にチェックイン・チェックアウト業務になります。必要に応じてサービスの案内を行い、その担当へ客をつなげる仕事も担います。女性担当者が多く、場合によっては予約受付業務なども担います。

平日休みでオススメな理由
ホテル受付の仕事は一般的に24時間業務です。シフトで対応することが多く、平日に休みを重ねやすい特徴があります。完全に平日休みの仕事というものではありませんが、ワークライフバランスを考慮した働き方が可能です。

平均年収:300~350万円

ホテル従業員としての平均年収を見ると、正社員では300万~350万円程度になります。ホテルによっては、派遣会社へのアウトソーシングやパート社員を起用することが多く、時給1,200円前後での雇用が多くみられます。

アパレル販売員 [平日休みの仕事・女性版 3/10]

アパレル販売員の仕事内容

アパレルショップでの衣料品販売や接客、店内整美が主な仕事です。お店の性質によっては、自身がマネキンとなって、販売中の衣料品について着こなしを発信することもあります。女性が中心の仕事です。

平日休みでオススメな理由
アパレルショップの営業はファッションビルの営業時間に準じることが多く、ほとんどがシフト制の仕事になります。路面店でも土日出勤で平日休みの仕事となるでしょう。自身の趣味を生かした仕事ができますし、平日は静かな環境でゆっくりと休めます。

平均年収:300万円ほど

アパレル販売員の平均的な年収は、雇用方法によっても大きく異なります。年収換算すると300万円程度と考えられます。一般的に正社員としての販売員は少なく、パートタイムや派遣社員が中心です。時給は1,200円前後が相場のようです。

美容部員 [平日休みの仕事・女性版 4/10]

美容部員の仕事内容

特定の化粧品ブランドの商品を販売します。スキンケアのアドバイスやコスメアイテムの使い方などを紹介する仕事です。女性向けの商品が中心なので女性が多い業界です。

平日休みでオススメな理由
美容部員が働くフィールドは、化粧品店や百貨店です。週末や休日に顧客が多く訪れます。平日も顧客が足を運ぶ場所ですが、シフトなどで比較的休みやすい場所です。接客メインの業務なので、平日に休みがあると静かな場所で休めます。

平均年収:350万円ほど

美容部員の場合、雇用先や勤務場所によっても年収に大きな幅が生まれます。大手化粧品ブランドの美容部員の場合、年収350万円前後が平均とみられます。百貨店やショッピングモールなどの美容部員として採用されている社員は、320万円程度が年収の平均となります。

ネイリスト [平日休みの仕事・女性版 5/10]

ネイリストの仕事内容

顧客のネイルケアが中心です。爪にポリッシュやジェルネイルを施すほか、オフネイル施術なども業務の一つです。オプションなどでハンドマッサージなどのケアを行います。個人事業主としてネイリストをしているならネイル施術業務以外にも、販売できるネイルチップの作成や美容商材を仕入れて販売する業務も行います。

平日休みでオススメな理由
自分のペースに合わせてできる仕事です。子育て中の女性にも人気の職業で、無資格でもネイリストとして業務に携われます。子供の学校行事参加やお迎えなど自由度が高まるでしょう。

平均年収:350万円ほど

ネイリストの場合、平均的な年収は350万円程度と言われています。出来高制の仕事がほとんどで、顧客が取れれば更なる収入につながるでしょう。働き方によっては、100万円前後の収入になるケースも見られます。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

セラピスト [平日休みの仕事・女性版 6/10]

セラピストの仕事内容

一般的には「リラクゼーション目的のマッサージ施術」が主です。足裏や背中などのマッサージ等を行います。技術によってはアロマオイルを使ったボディマッサージの施術なども行われます。一部占いなどスピリチュアルに関することを提供する人も「セラピスト」と名乗ることがあるので、広義な名称といえるでしょう。

平日休みでオススメな理由
休日や平日を問わず平均的に顧客を受け入れられる業界です。平日定休を設定するお店も多く、平日休みの仕事としても定着しています。女性が中心でかつ体が資本の仕事なので、ゆっくりと休める平日に連休を設定することも多いようです。

平均年収:200~300万円

セラピストの場合、さまざまな職種があります。平均的な年収は200万~300万程度。こちらも施術人数によって比例する出来高制であることがほとんどなので、働き方や保有技術によっては、更なる収入増が見込めます。

不動産営業 [平日休みの仕事・女性版 7/10]

不動産営業の仕事内容

不動産売買や賃貸借にかかわる仕事を行います。宅地建物取引士(宅建士)の資格を生かして顧客同士の橋渡し役を行います。顧客の希望に叶う物件検索や、確保などの仕事も営業担当の業務です。女性ならではの視点で生活動線や住環境のセールスができるのも人気です。

平日休みでオススメな理由
一般的に、定休日を持たず年中無休とする不動産会社がほとんどです。シフト制などで仕事ができるため、平日休みの仕事として受け止められています。平日でもデベロッパーとの折衝などの業務が入ることもあり、一長一短かもしれません。

平均年収:400万円

不動産営業の仕事の平均年収は400万円前後です。一般的に有資格者であることと、仲介手数料といったインセンティブ収入も見込まれるため、ケースによってはこれ以上の収入が見込めることもあるでしょう。

イベントスタッフ [平日休みの仕事・女性版 8/10]

イベントスタッフの仕事内容

イベントの企画運営を担います。広義な職業ですが、企画や統括を行う部門から一つのプロジェクトとして多くの人員を動かします。観客動員の規模によってもイベントスタッフの仕事量やその内容が大きく変わるので注意したいところです。

平日休みでオススメな理由
基本的にイベント開催は休日が主です。8時間以上に及ぶ拘束もあるため、平日休みの仕事になるのが一般的です。誰かに満足してもらえるイベントづくりが大好きだという人なら、男性・女性関係なくおすすめできる仕事です。

平均年収:300万円ほど

イベントスタッフの場合、さまざまな職種があります。統括など上位職であれば500万以上の年収が見込めますが、顧客対応など前衛的な業務の場合は300万円前後の年収となるようです。イベントスタッフの場合長期的プロジェクトとして動くことが多くみられます。

ベビーシッター [平日休みの仕事・女性版 9/10]

ベビーシッターの仕事内容

依頼された家庭へ赴き、託児を行うサービスです。場合によっては託児対象の子供の習い事の送り迎えや家庭教師なども担います。ベビーシッターの仕事はアイディア次第でサービスの差別化ができる業種です。特に女性に注目される業種です。

平日休みでオススメな理由
「平日休みの仕事」というよりも、働き方が自由に選べる仕事と位置付けるべきでしょう。クライアントの意向に合わせた仕事になるケースが多く、自ら「平日休み」と決定すれば、それに合わせた働き方が見えてきます。

平均年収:260~300万円ほど

派遣や月極め契約など雇用形態が異なるので平均年収が大きく下がりますが、ベビーシッターは260万円程度が平均と考えられています。職業としてベビーシッターを行っている人は300万円以上の収入も見込めます。

飲食店員 [平日休みの仕事・女性版 10/10]

飲食店員の仕事内容

飲食店での接客や給仕、調理等を担います。このほか店内の清掃や整美、食材の買い出し等も担います。

平日休みでオススメな理由
土休日は営業しますが、平日の一日だけ定休日とするお店が多くみられます。市場が休みの日に合わせて定休日にするといったケースが大半です。毎週決まった曜日も平日に休みとなるため、予定が立てやすくなるメリットがあります。また限られた時間だけの営業なので、短時間勤務ができるのも特徴です。お店によっては、勤務シフトに応じ、フレキシブルに休めるメリットもあるでしょう。

平均年収:350万円ほど

飲食店員は働き方によっても大きく収入が変わります。正社員や事業主の場合350万円前後が平均年収になると考えられています。パートやアルバイトの人口が多い職種なので、扶養範囲内での年収でコントロールする女性も多くみられます。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

稼げるけど平日休みの仕事

稼げるけど平日休みの仕事

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

楽に稼げる仕事1「不動産営業」

不動産営業の仕事内容

主に不動産売買に携わります。宅地建物取引士の資格を持たないと業務に携わることができません。女性にも人気の職種で、売り手と買い手の仲介役となり必要な不動産を次につなげる仕事を行います。新しい物件開拓のためにデベロッパーのもとを訪れるほか、良物件を探すために奔走します。

平日休みでオススメな理由
平日休みにできるか否かは働き方や、勤務先の定休日に左右されるでしょう。個人客を相手にする場合、土日の営業も常なので平日休みの仕事として受け止められます。

平均年収:400万円ほど

不動産営業の平均年収は400万円前後です。こちらは基本給ベースで算定された年収ですが、不動産営業の場合インセンティブ収入が大きいため、年収としてはさらに上回ることもあるでしょう。一軒でも契約につなげられれば、大きく稼げる仕事です。

楽に稼げる仕事2「MR(医療情報担当者)」

MRの仕事内容

広義の解釈では「製薬会社や医療機器販売会社の営業担当」です。自社の医薬品や医療機器の有益性を説明し、納入を決定してもらうための橋渡し役として動きます。MRによっては医療従事者向けの講習会を開くなど、工夫を凝らした仕事を行います。

平日休みでオススメな理由
残念ながら、MR(医療情報担当者)が働くフィールドは平日休みの仕事とは言えません。医療機関が開いている平日に営業に出向くことが多いため、必ず平日が休みになるものではないといえるでしょう。しかし、外来がない土日に院内勉強会を開く医療機関もあるので、講師としてMRが派遣される場合は「平日休みの仕事」となるでしょう。

平均年収:600~700万円

MR(医療情報担当者)の平均年収は、600万円~700万円ほどです。薬学などの知識や、国家資格を持つことで仕事の幅が広がります。女性MRも多く、地域を問わず活躍しています。

楽に稼げる仕事3「フリーランス・キャリアアドバイザー」

フリーランス・キャリアアドバイザーの仕事内容

勤務先でのキャリアパスや転職に関して、相談者である社会人の悩みや、これから構築するキャリアに対して助言やアドバイスを行います。国家資格である「キャリアコンサルタント」や「キャリアコンサルティング技能士」が必要です。

平日休みでオススメな理由
フリーランス・キャリアアドバイザーとなれば、働き方が自分で決められます。社会人が休みの土日にキャリア相談会などを開き、平日に休みを取るといった仕事をするとよいでしょう。資格職はお金を取ることもできるので、企業と顧問契約などが取れると収入につながります。

平均年収:600万円ほど

働くフィールドや働き方によって年収も大きく変化する職種です。全般的なキャリアアドバイザーの平均年収は600万円前後。フリーランスになると同等か8割程度の年収になると予想されます。女性でも技術やノウハウがあれば大きく稼げます。

資格があると有利な仕事【女性版】

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

資格で稼げる仕事1「美容師」

美容師の仕事内容

美容師国家資格を持ち、ヘアカットやヘアケアなどの技術を提供します。美容師資格を持つことでまつ毛パーマなどの施術も可能になるといわれています。ヘアサロンなどで働ける資格です。

平日休みでオススメな理由
美容院に出向く人は土日の会社が休みの時に多いといわれています。一般的にシフト制やパートタイムなど働き方は自分の自由に決められるので、平日休みにして土日に働くということもできるでしょう。体が資本の仕事ですので、平日に休みならゆっくり休養ができるのでおすすめです。

平均年収:330万円ほど

女性の人口が多い美容師の平均年収は330万程度と考えられています。1日に対応できる人数が限られていることと、出来高制や歩合制であることが考えられます。フルタイム勤務や、大手企業のスタイリストとして働くという場合はもう少し収入が高くなります。

資格で稼げる仕事2「介護福祉士」

介護福祉士の仕事内容

要支援者や要介護者へ向けた身体介護を行います。介護福祉士の資格を使ってスタッフへ向けた指導や家族との面談なども可能です。介護のスペシャリストとして、介護スタッフのチームマネジメントを行う立場として活躍します。

平日休みでオススメな理由
介護現場は24時間365日休みがありません。また平日休みの仕事といっても、勤務先やワークライフバランスによる働き方ありきのところがあるので、必ずしも「平日が休みになる」とは限らないのが現状です。これを逆手にとって「平日休める職場」への入職を目指せるメリットがあります。

平均年収:320万円ほど

介護福祉士の平均年収は320万円ほどといわれています。働く場所によっても大きく左右されてしまう職種で、転職によって収入増を見込めることもあるでしょう。女性のなり手が増えている職種です。

資格で稼げる仕事3「看護師」

看護師の仕事内容

医療機関で看護に携わります。看護計画を立てるほか、患者のお世話なども担う業務です。また医師の指示によって必要な検体を準備するなど、命に係わる仕事に携わります。女性が多く、総合病院や外来のみの医療機関など働けるフィールドがたくさんあります。

平日休みでオススメな理由
一般的に3交代制での仕事ですが、シフトによって平日休みの仕事になります。外来がメインとなる地域のクリニックでも、平日に休診日が設けられるので、平日休みのメリットを大きく得られるでしょう。

平均年収:500万円ほど

看護師の平均年収は、500万円程度とされています。ただし、勤務先の規模によって収入は大きく変わります。この額の年収を目指す場合は、看護師(正看護師)資格を持ち、交代制業務がある総合病院で夜勤シフトを入れることをおすすめします。

平日休める職場<代表格>

どんな職場?

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

No1.コンシューマー向け事業を展開する会社

コンシューマー向け事業は、平日休みの仕事というより「平日休める仕事」と表現することが正しいといえるでしょう。消費者やエンドユーザー向けの事業などで、休日に稼働することもあります。事業内容によっては24時間365日稼働することもあります。公休のほか代休や有休休暇など、女性も平日に休みがとりやすい業界ととらえるとよいでしょう。

とくに資格やスキルは不要です。直接顧客対応をする仕事内容もあるため、コミュニケーション能力は必須です。コンシューマー向け事業は広義で、インターネットポータルサイト運営もコンシューマー事業の一つです。ITスキルなど、事業に即したスキルや資格を求められることもあるでしょう。

ななか編集員

コンシューマー向け事業を持つ企業は、全国に拠点があり、従業員が多い特徴があります。そのため、福利厚生などにも注力して働きやすい職場としても人気です。

No2.物販事業を展開する会社

物販事業を展開する会社は、部署によって24時間365日稼働します。交代制シフトで働くなら平日に公休が得られるため、平日休みの仕事として受け止められるでしょう。女性もオペレーション業務などで土日祝日に出勤すれば、代休や公休が得られるでしょう。

職種によっても資格やスキルは変わります。ITや事務、コミュニケーションスキルなど、求められるスキルはさまざまです。勤務先の業種などを見極めて、自分に必要なスキルをどんどん伸ばしていきましょう。

ななか編集員

物販事業は、大企業もあれば地方の中小企業など多岐にわたります。どのような企業でも企画から調達、製造のほか、仕入れ販売といったたくさんのプロセスを学べます。平日休みにならない企業や職種もありますが、収入も大きく長く働ける職場としてもおすすめします。

No3.美容・健康系の会社

美容や健康系の会社は、エステサロンなどを展開していることがあります。年中無休とするケースや平日の任意の一日を定休日とすることが多く、スタッフはシフト制など週休2日で勤務します。業種によっても仕事内容が変わるので平日休みの仕事にならないこともあります。

女性の場合、エステティシャンやセラピストとしての業務があります。専門の資格を取得することで収入につながります。また健康系の企業ならば、管理栄養士などの資格があると強みに変えられるでしょう。コミュニケーション力は必須です。

ななか編集員

女性が働きやすいフィールドです、顧客も女性が多く客単価も高いため、顧客を獲得できるようになれば、しっかりと働けるようになります。また、平日固定の定休日を設ける場所も多いため、平日休みが確約されていることも理由として挙げられます。

女性が平日休みの仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

外出しても空いていて快適

土日に公休となる企業が多いため、行楽地や買い物など人ごみの中で済ませることになります。平日休みの場合、人ごみの中を移動するわずらわしさもなく外出先でも快適に過ごせます。

長時間待つといったこともなく、濃密な一日が過ごせるメリットがあるでしょう。顧客や知り合いと外出先で顔を合わせたくないという人や、一人で静かに過ごしたいという女性におすすめです。

おさむ編集員

土日などの休日に仕事があるといった人が多く、平日休みの仕事なら静かに体を休めませられるメリットがあります。カレンダー通りの仕事ではないため、休みの印象はないかもしれませんが、風景を独り占めできるなど、普段の日曜とは違った行楽地を楽しめるでしょう。代休や有休を上手に利用することで平日の連休を満喫できますよ。

休日に行政手続きを済ませられる

官公庁は平日の開庁が一般的です。コンビニなどでも書類の取り寄せが可能なサービスがありますが、なかには直接官公庁の窓口へ出向いて申請手続きを行わなければいけない案件も見られます。

時間休み(いわゆる中抜け)や有休休暇を取得する必要なく、女性にとって自分の時間を使って官公庁へ足を運べるのは大きなメリットといえるでしょう。

おさむ編集員

平日休みの仕事の場合、官公庁以外にも銀行窓口などに立ち寄れるメリットがあります。ATMやコンビニなどで用事を済ませられる案件が多いですが、どうしても銀行に行かなければいけないときに、仕事の段取りをつけて休みを取る必要がないのはうれしいですね。限られた時間で効率的に動けるよう、あらかじめスケジュールを立てておきましょう。

土日に出勤手当がでる会社もある

平日休みの仕事に就く女性のなかで、交代制やシフト業務の場合があります。土日出勤の代わりに平日に公休日(法定休日)を置き換えるため、一般的には割り増しで出勤手当を出すことは少ないでしょう。

その代わりもともと公休日と決められている休日に勤務を余儀なくされた場合は割り増しで出勤手当がつきます。誤解されやすいパターンなので覚えておきましょう。ただし、企業の福利厚生で出勤手当を上乗せすることもあるので、確認は必要です。

おさむ編集員

一般的には平日休みの仕事の場合、法定休日と定められた土日に出勤手当が出ることはありません。しかし、祝祭日に出勤の場合は、出勤手当が出る企業が大半です。土日の所定の出勤日に残業などがあった場合、残業分に対しては割り増し適用が認められるケースもあるので、雇用条件を確認しましょう。

女性が平日休みの仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

彼氏や友人と休みが合わない

カレンダー通りの休業日で仕事をする相手とは時間が合わないことも考えられます。レジャーを検討したときスケジュールが合わず断念することもあるでしょう。

これが一番の理由です。女性に限らずのことですが、時間のすれ違いによって相手とのコミュニケーションがうまくいかず、孤独を感じることがあるかもしれません。

ななか編集員

平日休みの仕事はメリットでもありますが、周囲との時間が合わせられないといったデメリットもあります。しかし、会社員であれば所定の「有給休暇」を使うことができるでしょう。土日に有休を使って、平日の公休日と合わせることで遠出などもしやすくなります。また仕事上がりの夜間などは時間を合わせられるのではないでしょうか。

平日休みのサービス業が多い

自分自身が休みの日に有名な店や女性向けの美容院へ出かけようとしたときに、行先の店舗が定休日でなかなか出向けないということが大きなデメリットとなるでしょう。

働き方の多様化でライフスタイルがそれぞれですが、平日の自分の休みと重なってしまうとスケジュールがすべて狂ってしまうこともあるようです。平日休みの仕事を持つ人が残念に思うポイントでしょう。

ななか編集員

固定で休みの曜日が決まっている場合、希望するサービスの定休日が重なることもあります。有休をとることで対処できることもあるでしょう。自分自身が事業主という場合は臨時休業や連休をとることも一案です。ワークライフバランスを保つことも働き方改革には必要です。自分の遊興や家事のためにお休みをいれて、外部サービスを利用するのもよいでしょう。

長期休暇が取りにくい傾向がある

平日休みの仕事の場合、一般企業と違って夏季休暇などの長期休暇が取りにくい傾向があります。女性にとって家事と重なると長期休暇がないと厳しいですね。

企業が長期休暇を見据えた「年間休日」を定めており、申告制などで長期休暇を取得できる環境ならよいのですが、年間休日に法定休日が含まれているなど、勤務先が長期休業を設定していないケースも考えられます。正月やお盆、春の連休に繁忙期という企業も存在します。

ななか編集員

サービスの都合上、長期休暇を設定しない企業も存在します。この場合、公休日のほか特休日として長期休暇に相当する休日をあらかじめ与えている可能性があります。平日の連休設定などシフトに組み込まれていることもあるので、年間休日と特休日の扱いについて確認しましょう。有休と組み合わせて休みを上手に使いましょう。

平日休みの仕事の注意点

注意点の解説

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

福利厚生が整っていない会社は少なくない

平日休みの仕事をしている女性が気を付けてほしいのが「福利厚生」に関することです。土日休みではない分、働くことへのモチベーションを高めるために、福利厚生サービスを手厚くしていることが多くみられます。

しかし、中小企業や個人経営の店など福利厚生面における従業員への還元は少ないことも考えられます。社員割引が可能なサービスの導入や、日曜シフトの場合は割増賃金というように福利厚生面で「休日が出勤日」というデメリットをメリットに変えてくれるサービスがあるか事前に確認しましょう。

また、年間休日にも着目したいところです。年間休日は法定休日のみか、それ以外に勤務先が定めた休日が設けられているかもチェックしたいところです。もちろん、有休は何日取得できるかも確認したほうがよさそうですね。

いざという時に休む制度があるか転職前にチェック

生活をしているなかで、自身の急病や身内の不幸など突発的に休暇を取得せざるを得ないケースに遭遇することもあります。有休休暇を取得することもできますが、会社が定めた特別休暇などがあるかも確認しましょう。

例えば「会社の長期休業日に相当する10日間を有休とは別に与える」「忌引、誕生日休暇、リフレッシュ休暇、女性の生理休暇など、有休とは別に与える」といった内容です。

有休以外に有休と同じ条件で休める日があると安心できます。転職を検討しているなら、企業の休暇制度については必ずチェックを入れるとよいでしょう。平日休みの仕事ならこういった休暇制度を使わないと、土日の用事がさばけないということもあるので必ずチェックしてください。

休日保育を頼む必要がでてしまう

交通インフラや小売業など、エッセンシャルワーカーを中心としたサービス業は土日も出勤だというケースがあります。女性の場合、子供の預け先がないというケースもあるでしょう。

この場合、家族や保育園などに休日保育を依頼する必要があります。休日保育を引き受けてくれる保育園や託児施設もあるので上手に利用しましょう。

しかし、子供が低年齢になるほど、保育料が割高になる可能性があります。自分の収入と保育料のバランスが取れない場合は、転職などを検討する必要が出てくるかもしれません。

平日休みの仕事のメリットをとるか、子育ての利便性をとるかは個人の考えにゆだねられます。収入や仕事へのやりがい、家族の協力体制などを踏まえ、働き方について考えていくことが重要となるでしょう。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

女性にとって平日休みの仕事は、家事との両立がしやすくプライベートを大切にした生活が可能です。接客業など人と接する仕事の場合、土休日の喧騒から離れたいということもあるでしょう。自分が思い描くライフスタイルと平日休みの仕事がぴったり合うならば、働き続けられるでしょう。

なかには、プライベートの面や家族との生活の面ですれ違いが生まれるかもしれません。平日休みの仕事をしている人も必要なので、周囲の理解や協力が必要になります。

ただし、女性の場合、子育てや家事なども並行してこなす人も見られます。土日休日が休めない場合、家族にそのしわ寄せが来る可能性も否めません。働き方を変えるか休み方を検討することをおすすめします。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
Y.Nanaka外部編集員
中堅人材紹介会社のキャリアコンサルタント職。 独身、転職回数:3回、年収:550万円、国家資格:複数保有。自分にとって、向いてる仕事がわからなくて悩んでいた時期は、年収が全くアップしませんでした。現在はボランティアとして、転職活動に奮闘する人達へ向け、情報発信をする適職発見同好会のライターとしても活動中。