平日休みの仕事ベスト10!男性が選ぶ働きやすい職業を詳しく解説

平日休みの仕事

平日休みの仕事を探している求職活動中の男性の方々へ。わたしたちが就くことのできる職業にはいろいろな種類があり、仕事内容もそれぞれ異なります。いわゆるオフィスワークや公務員など、土日や祝日が休みの仕事もあれば、職種によっては平日が休みの仕事もあります。

では、平日休みの仕事にはどんなものがあるでしょうか。おすすめの仕事をいくつか紹介したいと思います。加えて、平日休みの仕事に就きたいと考えている男性は、平日休みの仕事の内容や収入だけでなく、メリットやデメリットもしっかりと理解しておくことが大切です。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

平日休みの仕事とは?

平日休みの仕事とは、文字通り仕事の休みが平日である職種のことです。一般的な仕事の休日は小中学校や官公庁のように土日祝日になります。一方、平日休みの仕事は月曜日から金曜日のいずれかに仕事の休みがあります。

平日休みの仕事には平日に固定で休日がある仕事もあれば、シフト制の仕事もあります。休日が固定の仕事は「毎週水曜日が休み」と休日が決まっているのに対し、シフト制の場合は毎週の休みが決まっていません。職種によっては土日や祝日がシフトの関係で休みになることもあります。

独身か既婚かに関わらず、ほとんどの男性は多くの時間を仕事に費やします。そのため、心身ともに無理をしないで働くことができるという理由から平日休みの仕事は人気があります。

平日休みの仕事の特徴

仕事の特徴

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

個人向けサービスの仕事が多い

平日休みの仕事の特徴の一つに「個人向けサービスの仕事が多い」という点があります。個人向けにサービスを提供したいと思う場合、顧客となる対象が休みの時を狙って、面会したりサービスを販売したりしなければなりません。

そのため、個人向けサービスをする会社で働く男性は、多くの人が休みである土日や祝日に仕事をしなければならないのです。必然的に個人向けサービスをする会社で働く男性は土日や祝日以外、つまり平日に自分の休みを取ることができます。

少人数制の仕事が多い

平日休みの仕事に見られる別の特徴は「少人数制の仕事が多い」ことです。少人数制の仕事では社員の数が少ないため、順番に休みを取る必要があったり、仕事が立て込んで忙しい時期には社員総出で働かなければならないことがあります。

それゆえ、少人数制の仕事ではシフト制が多かったり、仕事の状況に応じて休みが与えられるので平日の休みが多くなります。

また、少人数制の仕事に就く男性は、人間関係が楽に感じたり、いろいろな分野で仕事ができることにメリットを感じるようです。

余暇が充実した生活をおくれる

平日休みの仕事のもう一つの特徴は「余暇が充実している」ことです。

もちろん、どんな仕事でも充実した余暇を過ごすことはできますが、通常の土日や祝日が休みの仕事の場合、せっかく仕事が休みで出かけても、観光地は混雑していることがほとんどです。ショッピングモールや近所のスーパーマーケットでさえ土日祝日は混んでいます。

平日休みの仕事に就いている男性はそのようなストレスをほとんど経験しないで済みます。結果的に、充実した余暇が過ごせていると感じる人が多くおられます。

平日休みの仕事トップ10<職種別>

ベスト10リスト

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

不動産営業 [平日休みの仕事 1/10]

不動産営業の仕事内容

不動産営業には賃貸営業や住宅営業がありますが、賃貸営業の人が成約しても単価が少ない傾向にあります。また、土地の売買を中心に行う営業や投資用物件を扱う営業もあります。

平日休みでオススメな理由
不動産物件を探しに来る人は、ほとんど休日に不動産会社を訪れます。そのため、不動産営業は自ずと平日休みになりやすいです。また、多くの不動産関連の会社は水曜日が休みの所が多くなっています。曜日が固定された平日休みの仕事を探している人にはおすすめの職種です。

平均年収:420万円ほど

男性の場合は520万円ほどで、女性の平均に比べて高い傾向にあります。

飲食店員 [平日休みの仕事 2/10]

飲食店員の仕事内容

飲食店関連の仕事には調理に関わるキッチンでの仕事、接客サービスを行うホール・カウンターの仕事があります。

平日休みでオススメな理由
基本的に飲食店は土日や祝日が忙しい傾向にあります。そのため、土日や祝日は出勤になることがほとんどでしょう。しかし、飲食店員はシフト制のことも多いため、場合によっては土日や祝日も休みを取ることは可能かもしれません。平日休みの仕事でもフレキシブルに働きたい男性に向いているでしょう。

平均年収:300万円ほど

中小規模の飲食店の場合、ボーナスが出るところは少ないようです。一方、大手飲食チェーンに就職できれば年収は高くなる傾向にあります。

宝飾品営業 [平日休みの仕事 3/10]

宝飾品営業の仕事内容

宝飾品営業、ジュエリー販売員の仕事は宝飾店での接客や販売が主な仕事になります。宝飾店も大小様々ありますが、扱う商品も多岐にわたります。専門店で限られた商品を扱うこともあれば、幅広い商品を扱う店舗で働くこともあるでしょう。

平日休みでオススメな理由
宝飾品を購入しに来るお客様のほとんどは、特別な理由があって来店されます。多くの場合、特別なプレゼントや結婚、その他の記念日で来店されます。特別な買い物に関わる営業は営業マンとしての質が向上します。平日休みの仕事で営業スキルを向上させたい男性に向いているかもしれません。

平均年収:330万円ほど

宝飾品営業/ジュエリー販売員の平均年収です。

トラックドライバー [平日休みの仕事 4/10]

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーは運送会社に属して仕事を行います。長距離ドライバーなのか中距離ドライバーなのかによって、給料にも差が出てきます。けん引免許など、特殊な資格や免許があれば給料も上がることがあります。

平日休みでオススメな理由
運送業界は365日24時間体制で動いています。そのため、トラックドライバーも土日休みではなく、平日休みの仕事となります。現在、物流業界は人手不足なのでトラックドライバーは稼ぐチャンスがあると言えます。所属する運送会社をきちんと選ぶことができれば、自分のペースで働くこともできるでしょう。

平均年収:420万円ほど

勤続年数が長かったり、管理職についていることが多いため、男性の方が女性よりも平均年収が高い傾向にあります。

コンビニ店長 [平日休みの仕事 5/10]

コンビニ店員の仕事内容

コンビニ店長の仕事は担当するンビニ店舗の監督です。これにはコンビニに関わる全ての作業が含まれますが、ほとんどは雇っているバイトが通常業務を行ってくれます。店長はレジの出入金誤差の確認や点検、売り上げの日報作成、モニターチェックや商品発注などを主に行います。

平日休みでオススメな理由
コンビニ店長の持つ権限や責任を考えると、とてもやりがいのある仕事と言えるかもしれません。他にも平日休みの仕事はあるかもしれませんが、店舗全体を任されるのは男性にとっては楽しく感じるかもしれません。

平均年収:500万円ほど

上記、コンビニ店長場合。経験が浅ければ年収も低く、経験を積んでいけば年収が高くなります。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

葬儀スタッフ [平日休みの仕事 6/10]

葬儀スタッフの仕事内容

葬儀スタッフの仕事は、亡くなった方のご遺体の管理から葬儀全般の取り仕切り、埋葬なども含む葬儀後の各種手配などです。現在は様々なタイプの葬儀があるので、ご遺族の意向に沿うよう配慮をすることが求められます。基本は平日休みの仕事ですが、土日の勤務もあります。

平日休みでオススメな理由
葬儀スタッフと聞くとあまり良いイメージがわかないかもしれませんが、ご遺族の方からの感謝の言葉を頂いたり、良い葬儀ができた時にはやりがいを感じることができます。
チームとして働くことも多いため、男性は特にやりがいを感じるかもしれません。

平均年収:380万円ほど

勤続年数や勤務する地域によって給与に差が出る特徴があります。

フィールドエンジニア [平日休みの仕事 7/10]

フィールドエンジニアの仕事内容

フィールドエンジニアは自社商品を購入していただいた顧客のもとに出向いて、製品の保守点検やメンテナンス、故障などのトラブル処理などを行います。機械に強いことは必須スキルですが、顧客と話す機会も多いのでコミュニケーションスキルも必要な仕事です。

平日休みでオススメな理由
エンジニアという言葉からもわかるように、フィールドエンジニアは技術職なので男性に人気があります。しかし、営業の側面もあるので、単に機械いじりをするだけではないという面白さもあるようです。平日休みの仕事を探している男性で、技術職と営業職のどちらもやってみたいという人に向いているかもしれません。

平均年収:470万円ほど

ホテルマン [平日休みの仕事 8/10]

ホテルマンの仕事内容

ホテル運営に関わる様々な仕事を行います。フロントスタッフやベルボーイとして現場で働くこともあれば、管理職として従業員たちを取りまとめる仕事をすることもあります。

平日休みでオススメな理由
ビシッとしたイメージでかっこいいホテルマンは、平日休みの仕事を探している男性に人気の職業です。丁寧な言葉遣いをはじめとする、レベルの高いマナーが身に着くのもホテルマンとして働くメリットの一つです。

平均年収:320万円ほど

ホテルマンの年収は勤続年数や立場によって差があります。また、残業が多い職種なので閑散期か繁忙期化によって月収に差が出るのも特徴の一つです。

タクシードライバー [平日休みの仕事 9/10]

タクシードライバーの仕事内容

タクシーを運転してお客様を目的地まで送り届けます。夜勤を行ったり、長距離を運転することもあります。

平日休みでオススメな理由
運転が好きな男性にとって、一日中車の運転ができるタクシードライバーは楽しい仕事になるかもしれません。働いただけ稼ぐことができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

また、タクシードライバーは平日休みの仕事の中でも比較的自由に休みが取れる仕事です。フレキシブルに働きたい人にはおすすめです。

平均年収:370万円ほど

歩合制の会社も多く、働く時間帯や勤務時間によって年収も大きく変わります。

警備員 [平日休みの仕事 10/10]

警備員の仕事内容

人々の安全を守るのが警備員の仕事です。マンションの警備員として居住者の安全を守ることもあれば、交通誘導などを行って道路や歩行者の安全を守ることもあります。宝飾店やデパートなどのブランド店、銀行や企業や会社などに駐在している警備員もいます。

平日休みでオススメな理由
交通誘導などを行う警備員は、いろいろな現場で勤務することがあります。勤務地が変わるので飽きないと感じる男性が多くいます。また、平日休みの仕事の中でも特に警備員はシフトの自由度が高いです。そのため、休みが自由に取りたい男性にはおすすめです。

平均年収:350万円ほど

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

稼げるけど平日休みの仕事

稼げるけど平日休みの仕事

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

稼げるけど平日休みの仕事1「MR(医療情報担当者)」

MRの仕事内容

MR(医療情報担当者)の仕事は、医薬品に関する情報を医師や薬剤師などに説明したり、解説したりします。また、マーケティングも行います。製薬会社に所属して自社の医薬品をマーケティングするMRもいれば、アウトソーシング会社に所属し、複数の製薬会社の商品をマーケティングする人もいます。

平日休みでオススメな理由
専門性の高い仕事で、新しく覚えたり勉強しなければならないことも多くありますが、そこにやりがいを感じる男性は多くいます。平日休みの仕事の中では給料も良く、人気のある職種の一つです。

平均年収:500万円ほど

稼げるけど平日休みの仕事2「フリーランス・エンジニア」

フリーランス・エンジニアの仕事内容

WEBエンジニアやシステムエンジニアなど、ITエンジニアはプログラミングスキルを持ち、アプリやソフトの開発に携わります。スキルを持ち、経験があるエンジニアはフリーランスとして自分で案件を見つけて働くことができます。

平日休みでオススメな理由
フリーランス・エンジニアは平日休みの仕事の中でも特に自由に働くことのできる職種で、まとまった休みも取りやすいです。

また、単価の高い案件をこなすことで効率よく稼ぐことも可能です。スキルを身に着けるためには努力が必要ですが、給与が高くフリーで働くことができるので男性に人気の職業です。

平均年収:790万円ほど

稼げるけど平日休みの仕事3「投資物件営業」

投資物件営業の仕事内容

投資物件営業は投資用の不動産を専門に扱う営業職です。電話での営業が主な方法になりますが、顧客となる多くの人が富裕層で、扱う金額も大きいのが特徴です。

平日休みでオススメな理由
大きな金額の成約が取れた時などにやりがいを感じる男性が多くいます。平日休みの仕事の中では比較的大変な仕事にはなりますが、やり遂げた時の達成感や、払った努力がインセンティブとして給与に反映されるのは投資物件営業の魅力の一つです。

平均年収:420万円ほど

投資物件営業の人の場合は更に高い年収となります。投資物件営業はほとんどが歩合制なので平均値を出すのが難しいですが、年収1,000万円近く稼ぐ人もいます。

平日休み・資格があると有利な仕事

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

資格があると有利な仕事1「理容師」

理容師の仕事内容

理容師の主な仕事は、散髪や理髪をすることに加えてシェービングをすることです。お店によってはカラーやパーマをすることもありますし、最近ではエステをする理容師も増えています。

平日休みでオススメな理由
理容師はお客様から感謝されることが多い職業です。これは髪を切って整えることで、カッコよくなりたいとか、気持ちよくなりたいという気持ちが満たされるからです。

節目に散髪に来る男性も多く、ここぞという日の身だしなみのお手伝いができることにやりがいを感じる男性が多くいます。オシャレが好きな人やコミュニケーションスキルのある人に向いている平日休みの仕事と言えます。

平均年収:375万円ほど

資格があると有利な仕事2「調理師」

調理師の仕事内容

調理師の仕事は食事を作ることですが、就職先によって仕事内容は異なります。大きなレストランやホテルに勤務する人はチームで料理を作りますが、個人店などを開いてほとんど全て自分で調理する人もいます。また、学校や病院などの施設で料理する調理師もいます。

平日休みでオススメな理由
調理師のやりがいはお客様に美味しいと言ってもらうことです。もともと料理が好きだった男性に限らず、モノづくりに興味のある男性や食べることが好きな人にも向いている平日休みの仕事かもしれません。専門学校に進学すれば調理師の免許は取得できます。

平均年収:340万円ほど

資格があると有利な仕事3「美容師」

美容師の仕事内容

美容師はヘアカットやカラー、パーマなどを行います。ネイルサロンやエステを行う美容師もいます。美容室で雇われている美容師もいれば、独立してお店を開く人もいるなど雇用形態は様々です。

平日休みでオススメな理由
美容師の良し悪しを分けるのは、カットやパーマの技術に加えてセンスです。お客様からの要望を聞くだけでなく、お客様にあったセットをするのにはセンスが必要です。オシャレが好きな男性やセンスを磨きたい男性に向いている平日休みの仕事です。

美容師は技術とセンスを磨いていけば自分のお店を持てたり、給料アップすることもがあるので、稼ぎたい男性にもおすすめです。

平均年収:330万円ほど

平日休める職場<代表格>

どんな職場?

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

No1.個人向けビジネスを展開する会社

個人向けのビジネスとは、顧客となる対象が会社などの法人ではなく、個人であるということです。法人向けのビジネスの場合、会社が開いている平日に仕事をしなければなりませんが、個人向けの場合は多くの人が休みである土日や祝日に仕事をしなければなりません。そのため、平日休みの仕事が多いです。

営業職の場合には営業士や語学力、サービス業の場合は調理師や美容師の資格などがあると良いかもしれません。

おさむ編集員

平日休みの仕事の中でも幅広い職種があります。自分の好みやスキルにあったものが見つけやすいと感じる男性が多くいます。

No2.個人向け物販ビジネスを展開する会社

個人向け物販ビジネスとは、会社などの法人ではなく、個人にモノを販売する仕事のことです。ホテルマンや美容師は目に見えないサービスを売るのに対し、物販ビジネスではアパレルや電器屋など目に見える商品を販売します。

顧客となる個人は休日に買い物に出かけるため、平日休みの仕事が多いです。

実店舗で働く場合、基本的に必要となる資格はありません。しかし、ネットで物販ビジネスをしようと考えている男性は注意が必要です。ネットで中古品の販売や医薬品の販売などをするには資格が要るので、何を扱い、そのためには何の資格が必要かを事前に確認しましょう。

おさむ編集員

個人向け物販ビジネスも多岐にわたるため、選択肢が多いというメリットがあります。

No3.美容系の会社

美容系の会社にはエステやリラクゼーションなどのサロン、美容室や理容室、ネイルやアロマテラピーなどが含まれます。

顧客の多くは会社の休みに来店するため、美容系のお店は平日休みの仕事が多いです。同様の理由で、オフィスや会社自体も平日休みとしているところが多いです。

お店で働く場合には美容師やエステティシャン、ネイリストなどの資格が必要になります。女性が多いですが、美容師などは男性も多くいます。また、コミュニケーションスキルが必ず求められるスキルです。

おさむ編集員

専門職なのでやりがいを感じる男性が多いです。努力すれば昇進や昇給も可能なので、稼ぎたい人にもおすすめです。

平日休みの仕事を選ぶメリット

メリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

外出時の混雑を避けられる

平日休みの仕事をするメリットで一番先に思いつくのは「外出時の混雑を避けるられること」かもしれません。平日であれば観光地やレジャー施設はもちろん、スーパーマーケットやショッピングモールも空いています。

ゆっくりと買い物を楽しんだり、観光やアクティビティも待ち時間なしで楽しむことができるかもしれません。レストランなどの人気店もそれほど列に並ぶことなく入店できるでしょう。

多くの男性にとって混雑はストレスになるので、混雑を避けられるのは大きなメリットです。

ななか編集員

まれに土日や祝日にのみセールを行うお店があります。混在を避けられるのはメリットですが、お得に買い物をするためにはセール情報をチェックしておくと良いでしょう。

旅行の予約が取りやすい

旅行を計画する時、金曜日や土曜日はすぐに予約でいっぱいになってしまいます。人気の高い旅館やホテルなどは特にそう言えるかもしれません。

平日休みの仕事であれば、比較的予約が取りやすいでしょう。フリーランスやシフト制の仕事をしている男性であれば、旅行の計画を立ててから休みを調整することも可能です。

ななか編集員

平日休みの仕事でも、休みの曜日が固定されてる場合には注意が必要です。自分の休みの曜日と祝日とが重なっている場合には、平日扱いにはならないのでいざ予約を取ろうとしても埋まっている可能性があります。

毎月のカレンダーをきちんと確認しておくようにしましょう。

平日割などの恩恵を受けられる

旅行や観光などの予定を立てる際、土日や祝日には休日料金が設定されていて、普段よりも高いお金を払う必要が生じることもあります。

一方、平日だと休日料金の割り増しが無く、通常価格で各種サービスを利用できます。さらに平日限定の格安プランやサービスを提供しているところも多くあります。

ななか編集員

平日休みの仕事に就く男性であれば、いつでもお得なプランを利用できるわけではありません。かなり細かく曜日や日付が設定されていたり、一日ずれるだけでサービス内容が大きく変わることもあります。いろいろなプランを比較考慮すればより納得のいくサービスを見つけることができるかもしれません。

平日休みの仕事を選ぶデメリット

デメリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

家族や友人と予定が合わない

平日休みの仕事の場合、土日休みの会社員や学生と休みが重ならないというデメリットがあります。特に家族に学生がいる場合、家族みんなで出かけることができる機会は一年のうちにそう何日もないかもしれません。

独身の男性も友達や彼女とどこかに出かけようと計画する時に、なかなか日程が合わなくて大変な思いをするかもしれません。

おさむ編集員

家族で出かける場合には、学校の休みを確認しておくと良いでしょう。子供の予定に合わせて休みを取ることもできるかもしれません。友人と出かける時は、休日より平日に出かけるメリットがあるので、友人に有休を取ってもらうようにお願いするのもいいでしょう。

しかし、人数が多い場合には自分が土日や祝日に休みを取って合わせることが必要かもしれません。

結婚式などのイベント参加がしづらい

結婚式などのイベントは、大多数の人が参加しやすいように土日や祝日に企画されることが多いです。平日休みの仕事をしている男性の場合、そうしたイベントに参加しづらいというデメリットがあります。

特に結婚式など一生に一度のイベントのために有給を取っておくと、他の土日や祝日に開催されるイベントにはなおさら参加しづらくなってしまいます。

おさむ編集員

確かにスケジュール調整は難しいですが、本当に大切なイベントの場合にはかなり前から日付が知らされているはずです。上司や同僚の理解が得られるよう、良い準備と計画を立てておきましょう。そこまで重要ではない用事のために、有給や土日の休みを使いすぎないよう注意が必要です。

資格試験や講習の開催日が土日

資格試験や講習会はなるべく大勢の人が休みの時に参加できるように、土日に予定されていることが多いです。平日休みの仕事に就いている男性は、試験日や講習会の日に休みを申請しなければなりません。

おさむ編集員

会社で必要となる資格試験や講習会であれば、仕事の一部とみなしてくれるかもしれないので、会社に確認しましょう。仕事扱いにはできなくとも、休みを取ってくれる会社はたくさんあるはずです。

自分のスキルアップのための講習会の場合、同じような内容で平日開催のものが無いかを確認してみましょう。資格試験は土日のみの場合が多いですが、日付はかなり前から知らされているはずです。試験勉強と合わせて計画しておくことが大切です。

平日休みの仕事の注意点

注意点の解説

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

入社時、有給休暇の有無を確認しよう!

平日休みの仕事の場合、どうしても家族や友人のスケジュールに合わせて土日や祝日に休みを取らざるを得ないことがあります。そのような時必要となるのが有給ですが、業務形態によっては有給が付かないこともあります。そこで、平日休みの仕事に就こうと考えている男性は、入社時に有給についてきちんと確認しておくようにしましょう。

有給があるという場合でも、一年にどのくらいの有給がもらえるのか、有給を使うタイミングはどんな時期が会社にとってもあまり迷惑がかからないかなども確認しておくと良いかもしれません。

しかし、面接の段階から有給のことばかり聞いていると良い印象にはならないので、有給について聞くタイミングにも配慮を示しましょう。

シフト制の会社もあるので注意

平日休みの仕事には、休みとなる曜日が固定されている会社と毎回休みの曜日が異なるシフト制の会社があります。休みの曜日が固定されている場合、いろいろな計画を立てるのはあまり難しくありませんが、シフト制の場合には注意が必要です。例えば、年中無休のシフト制の会社で働く男性は連休が取りにくいかもしれません。

また、毎月のシフト希望を受け付けてくれる会社は多くありますが、どこまで希望が反映されるかは会社や部署によって異なります。土日や祝日の希望は冠婚葬祭などの重要なイベント以外受け付けないという会社もあるので注意が必要です。

また、シフト制の会社の場合、年間の休みの合計が他の会社よりも少ないことがあるので、入社前に確認しておくことも大切です。

特別休暇や傷病休暇があるかチェック

有給は法定休日であり、会社は必ず休みを与えなければなりません。一方、特別休暇や傷病休暇は有給とは異なり、会社が福利厚生制度に基づいて独自に設けている休暇です。

傷病休暇は、入院や長期の治療が必要となる病気やケガをした際に、治療費やその後の仕事のことを心配せずに治療に専念できるための制度です。こうした保障制度が有ると無いとではいざという時に大きな違いが生じるので確認しておくことは重要です。

平日休みの仕事に就こうと考えている男性は、入社しようと思っている会社に特別休暇や傷病休暇があるかをきちんとチェックしておきましょう。そのような休暇が有る場合にも、受給条件や補償内容なども併せてチェックしておくことは有事に備える上で大切なことです。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

平日休みの仕事には休暇に混雑を避けることができたり、平日限定のお得なプランを利用できるといったメリットがあります。

一方で、家族や友人と休みを合わせたり、結婚式などのイベントに参加しづらいといったデメリットもあります。

平日休みの仕事は個人向けのサービスに関係した会社や営業職、少人数の会社に多く見られます。また、休みとなる曜日が固定されている会社もあればシフト制の会社もあります。資格を取得したり実務経験を積むことで効率よく稼ぐことができる職種もあります。

平日休みの仕事に就きたいと考えている男性は、平日休みの仕事の特徴やそのメリット、さらにはくデメリットもよく考えてから仕事を選ぶことが大切です。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。