定時で帰れる仕事ベスト10!女性にオススメの人気職種を一挙公開

定時で帰れる仕事「女性版」

女性が定時で帰れる仕事に就くことで生まれるメリットやデメリットなどを紹介いたします。また、定時で帰宅できる仕事はどんな職業かというところに着目し、その業種の平均年収やおすすめの理由、職業上で気をつけたいことなどをまとめています。

女性が定時で帰れる仕事を選ぶことで、自分の身の回りが大きく変わります。この理由についても、こちらの記事を読み進めるとヒントが見つかります!転職を検討している方、これから仕事を探したいと考える女性は必見です。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

女性にとって定時で帰れる仕事とは?

女性にとって定時で帰れる仕事とは、自分が自由に使える時間を大切にできる仕事と言い換えられます。残業や早出なしも含め、時間内に仕事を切り上げることができるため、働きやすさが増すことでしょう。自分の時間で学びや家事、遊びといったプライベートを満喫して、ワークライフバランスを最適化させることができます。

このバランスが崩れてしまうと、体調を崩すなどの弊害が出てしまいます。仕事ばかりにウエイトを置かないためにも、仕事と私生活のメリハリが大切です。このためにも、定時で帰れる仕事を選ぶことが望ましいです。年齢を重ね、転職や再就職を検討する際には、「定時で帰れる仕事」であることも視野に入れて、仕事探しをしていきましょう。

女性向きの定時で帰れる仕事の特徴

仕事の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

自分の業務の枠内で完結する

女性向きで定時で帰れる仕事では、他部署との兼ね合いが少ないのが特徴です。自分が引き受けた仕事が終われば完了します。自分の業務の枠内で完結できるものがほとんどです。他部署の工程が遅れていて終業できないといったことはほぼありません。

接客を伴う場合でも、自身の終業時刻前に仕事が終えるよう計算されています。1日の業務ルーティーンを作り、仕事の配分をしっかり考えたうえで終業時間を迎えられるところも大きな特徴でしょう。

ルーティンワークが中心

定時で帰れる仕事の特徴として、ルーティンワークが中心というケースもあります。ルーティンワークを効率よくこなせるよう工夫して、さらに時短で仕事を片付けられるのではないでしょうか。

女性の場合、面倒な工程はシェアリングするなど工夫をしながら、短時間で仕事を終えられるように考えることも怠りません。そのため、定時で帰れる仕事で、なおかつ、自分に余裕をもって業務を遂行できる「ゆとり」が持てるのも、特徴的だと言えるでしょう。

マニュアル優先の仕事内容

定時で帰れる仕事のさらなる特徴として、マニュアルが確立していることも挙げられます。マニュアル内にはアルゴリズムもきちんと組み込まれているので、「AならばB業務」「CならばAののちB業務」というように、流れが出来上がっているメリットがあります。

この流れを覚えるところまでが大変ですが、マニュアルを覚えてしまえば、あとはルーティンワークに当てはめていくだけの機械的な作業も可能です。女性にとって、慣れればゆとりも生まれることでしょう。

定時で帰れる仕事トップ10【女性版】<職種別>

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

受付 [定時で帰れる仕事・女性版 1/10]

受付の仕事内容

社内エントランスでの来客取次や電話交換手といった仕事を行います。企業によっても仕事内容が異なりますが、女性が中心の仕事です。社内の案内やアポイント確認など、来訪者と取次先部署との折衝などを行うこともあります。湯茶接待などはほぼありません。

オススメな理由
受付の対応時間を決めることで、来客のコントロールが可能です。そのため、仕事の区切りがつけやすくなります。派遣社員などをアウトソーシング起用することで、さらに定時で帰れる仕事として定着しています。

平均年収:350万円

受付担当者の平均年収は、正社員待遇で350万円前後になるでしょう。最近では派遣社員を利用するなど、コストダウンを図ることが増えているようです。

販売職 [定時で帰れる仕事・女性版 2/10]

販売職の仕事内容

接客を伴う販売の仕事です。衣服や食品といった「形がある商材」を、店舗で消費者に販売します。品出しなど商品補充やレジ管理なども併せて行うこともあるので、業務は多様です。職場によっても仕事の内容は大きく変わります。

オススメな理由
個人商店など営業時間が定まっている職場であれば、定時で帰れる仕事として確立します。10時から17時までの営業で、前後30分は店内整備やレジ準備というように、ルーティンを設け、仕事の段取りをつけておくと、定時に帰りやすくなります。営業時間が長い場合は、時間ごとに行う仕事のルーティンをしっかりと決めておくと引継ぎもしやすくなります。

平均年収:400万円

販売職といっても業種によって大きく異なり、女性は正社員待遇で400万円程度が平均年収だと言われています。インセンティブ収入なども考慮すると、もっと年収が高い人も見られます。

工場作業員 [定時で帰れる仕事・女性版 3/10]

工場作業員の仕事内容

製造ラインなどの工場で製造にあたります。ライン作業のほか、出荷や部品入荷といった作業なども担います。場合によっては、発注作業や工程管理といった仕事もあるでしょう。工場全般の仕事です。

オススメな理由
生産ラインを効率よく稼働させるために、稼働時間を決めていることがほとんどです。単一作業といったルーティーンが多く、シフトの交代もスムーズなので、定時で帰れる仕事としておすすめできます。ただし、繁忙期などは残業や休日出勤のケースもあるでしょう。

平均年収:400万円

工場作業員の場合、年収は400万円前後となります。男性が多い職場ですが、女性でも同等の収入が得られやすい特徴があります。定時で帰れる仕事としては、コンスタントに収入が得やすいでしょう。資格取得や現場リーダーなど、地位が上がることで収入増が見込めます

検針員 [定時で帰れる仕事・女性版 4/10]

検針員の仕事内容

ガスや水道、電力などのメーターの検針を行います。フィールドワークが中心で、1軒ずつ自宅を訪れて、メーターボックスの数字を専用機器に入力する仕事です。この入力数値に応じて、契約者へ請求する料金が決まります。

オススメな理由
日中~日没前までに回れるよう、ルートが決められているので、定時で帰れる仕事として確立しています。ただし、主に車を使えない外勤ですので、天候に左右されやすい業務ということも考慮しましょう。

平均年収:300万円

検針員の平均年収は300万円前後です。一般的に、定年世代の第二の職場として活躍している人が多いこと、嘱託や女性のパートタイム勤務が中心であることから、この年収となっているようです。

食品配達員 [定時で帰れる仕事・女性版 5/10]

食品配達員の仕事内容

卸売店や製造業者から食品を受け取って小売店へ配送する、小売店から消費者のもとへ配送するなど、さまざまな仕事スタイルがあります。ルートが決められているので、順番に配達することで経費を抑え、効率よく配送可能です。

オススメな理由
朝・昼・晩のルート配送というようにスケジュールが決まっているので、定時で帰れる仕事として注目されています。女性ドライバーも増えてきました。しかし、道路事情や天候によって残業が確定することもあります。

平均年収:380万円

食品配達員というピンポイントな業種での年収ではなく、「ルート配送」というくくりでいうと、380万円前後になります。勤務先や雇用形態によっても異なりますが、大型車両を運転するため、資格手当も得られやすいでしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

電話オペレーター [定時で帰れる仕事・女性版 6/10]

電話オペレーターの仕事内容

電話オペレーターやコールセンターの仕事は、顧客から受電した内容を確認し、必要な提案をしたり、担当部署へつないだりといった業務が主です。通信販売や携帯電話の問い合わせ、カード会社のコールセンターなど、多岐にわたります。

オススメな理由
コールセンターの仕事は受電時間が決まっており、時間になると受電できない仕組みを取り入れている企業が大半です。そのため、定時で帰れる仕事として人気です。24時間受付のコールセンターの場合は、多少残業が入るケースも見られます。

平均年収:320万円

電話オペレーターの仕事の平均年収は320万程度と言われています。パート勤務が多いこともあり、正社員待遇での勤務ならば、もう少し収入はよいでしょう。女性では、派遣会社からのアウトソーシング勤務の人も多く見られます。

営業事務 [定時で帰れる仕事・女性版 7/10]

営業事務の仕事内容

主に受発注業務です。内勤でパソコン端末を利用した在庫管理や、顧客からの注文に応じた受注作業、外勤の営業担当者などのフォローを行います。受注伝票のパソコン入力作業のほか、発送作業などを担うこともあります。

オススメな理由
ほぼルーティンワークなので、営業時間終了と同時に、定時で帰れる仕事です。しかし、業種によっては繁忙期などが発生することもあるので、受発注業務や在庫管理のために、残業や土日出勤などを余儀なくされることもあります。

平均年収:400~500万円

営業事務の平均年収は、フルタイムの正社員待遇で400万~500万円ほどです。パートタイマーなどで業務にあたる人も多く、女性が働きやすいフィールドでもあります。

銀行窓口スタッフ [定時で帰れる仕事・女性版 8/10]

銀行窓口スタッフの仕事内容

主に、顧客のお金について出納業務を行います。送金事務や為替事務などの仕事も窓口業務の仕事です。銀行窓口業務では個人・法人問わず出納業務を行うので、取り扱う案件が非常に多い特徴があります。限られた時間内ではありますが、やりがいがある仕事です。

オススメな理由
銀行窓口は朝9時から午後3時までと限られた時間内で行われます。窓口を終えた後、午後5時までの時間は集計業務などで追われますが、定時で帰れる仕事として有名です。このところではインターネットバンキングが主流になりつつあるので、窓口業務の業務量も減っています。

平均年収:350万円

銀行窓口スタッフの年収は350万円程度と言われています。ただし、パートや出向社員など様々な働き方があるので、正社員の場合はもう少し収入が高くなるでしょう。女性でも同様の年収が得られます。

医療事務 [定時で帰れる仕事・女性版 9/10]

医療事務の仕事内容

一般的には健康保険請求事務です。これに付随して、受付やカルテ準備、会計等も行います。開業医のもとでは一連の流れをワンオペレーションで行い、総合病院では分業制で業務を担います。民間資格である医療事務に関する資格を取得することで、即戦力として働けます。

オススメな理由
病院は診療時間が決まっているので、最後の患者の会計が終われば業務終了です。レセプト業務などの事務作業が増える月末月初などは残業が発生することもありますが、今はオンライン化されているので、ほぼ定時で帰れる仕事です。

平均年収:250~350万円

医療事務の平均年収は、250万~350万円の間とされています。女性のパートタイムが中心であり、このところでは正職員による業務よりも、派遣会社によるアウトソーシング化が増えています。

経理事務 [定時で帰れる仕事・女性版 10/10]

経理事務の仕事内容

企業の経理全般の仕事です。会社で発生した経費や買掛金の支払い、社員の精算などで払い出しなどを行います。銀行業務のほか、銀行借入などの会社資金繰り、決算などの業務も担います。仕分け伝票の起票や会計ソフトなどへの入力なども、経理担当者の業務です。

オススメな理由
女性が多い職種です。出納業務をルーティーン化させ、現金出納の締め時間を設けることで、定時で帰れる仕事にできます。ただし、月末月初処理、決算時期のほか、税務申告書作成といった業務で、残業が増える時期も存在します。

平均年収:350万円

正社員待遇の経理事務の平均年収は約350万円程度です。勤務先や学歴、保有資格でも、年収が大きく変わる世界です。スキルや商業簿記などの資格取得によって、市場価値を高めることができます。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事

未経験歓迎

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事1「保育士の補佐」

保育士の補佐の仕事内容

保育士の業務のサポートを行います。保育施設によっても異なりますが、主に園内整備などの役割を担います。早朝や夜間の時間外保育の際の見守りや、食事の補助など、子供たちに対するサポートを行うこともあります。女性が中心の仕事です。

オススメな理由
「補助」という立場なので、定時で帰れる強みがあります。しかし、時間外保育に対応するために、早出や遅番といった「定時以外の時間帯」での勤務を余儀なくされることもあるので注意したいところです。残業などはほぼないと見てよいでしょう。

平均年収:200万円

雇用形態にもよりますが、保育士の補佐の年収は200万円前後です。早朝や遅番の数時間のみの勤務が主で、時給換算のパートタイム契約が主になります。無資格でも仕事を行えますが、補佐なので、保育士と同等の収入は難しいでしょう。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事2「介護アシスタント」

介護アシスタントの仕事内容

無資格でもできる仕事です。身体介護はできませんが、清掃やベッドメーキングのほか、要介護者の話し相手になるなど、いくらでも仕事を見つけることができます。このところでは、国や自治体も介護補助の導入に積極的なので、今後、地位向上が見込めるでしょう。

オススメな理由
介護アシスタントの仕事はパートタイマーなどの契約で仕事をする人が中心なので、定時で帰れる仕事としておすすめです。介護の資格を取得していなくてもできる補助の仕事なので、無理なく仕事ができる点も理由として挙げられます。

平均年収:200万円

介護アシスタントというピンポイントの年収はわかりませんが、介護職員(正職員)の年収は350万円ほどなので、6割程度の200万円前後を見込むとよいでしょう。女性パートタイマーが中心となって業務にあたっています。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事3「ルート営業」

ルート営業の仕事内容

取引先のもとを訪れて、納品した商品の具合を確認し、消耗品などを販売する業務です。お客さんとのコミュニケーションを図りながら、既存機器のメンテナンスを行う傍ら、新規商品の売り込みなどを行います。

オススメな理由
カスタマーファーストの世界なので、オンコール(呼び出し)などもありますが、外回りの営業なので、直行直帰が可能です。直行直帰ができるなら子育て中の女性も安心でしょう。ただし、顧客のもとを縦横無尽に飛び回るため、一日の移動距離が大きくなることがあります。

平均年収:370万円

ルート営業の仕事の平均年収は370万円前後とされています。一般の会社員よりも収入が低い傾向にありますが、営業職ですので、契約に対するインセンティブによって収入増を目指すことが可能です。

資格があると有利な仕事【女性版】

資格があると有利な仕事【女性版】

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

資格があると有利な仕事1「保育士」

保育士の仕事内容

未就学児と呼ばれる0歳から6歳児までの子供を預かり、保育する業務を担います。保育園での仕事が主ですが、病院のキッズスペースでの見守りや職場内託児所などで活躍するケースもあります。

オススメな理由
勤務先によっては早出や遅番といった時間外の業務もありますが、保育園の場合は預かり時間が長いため、シフト制で業務にあたるケースがほとんどです。複数の担任制を採っているので、情報共有をすることで定時で帰れる仕事となりました。

平均年収:330万円

保育士の年収は330万円前後です。資格職なので、転職や就職によって収入増が見込めます。拘束時間が長いイメージがありますが、保育士を積極的に採用し、シフト制を敷いて働きやすさを高めているので、定時で帰れる仕事として、女性も注目しています。

資格があると有利な仕事2「介護福祉士」

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は、身体介護や生活支援のエキスパートです。資格を利用して、初任者研修修了者などの指導や統括を行えます。当事者やその家族からの相談に応じるほか、必要な助言を与えるなど、介護者として仕事の幅が大きく広がります。

オススメな理由
介護の世界は24時間365日欠かせない業務です。交代制や分担制にすることで、定時で帰れる仕事となりました。働き方の多様化によって、女性の働きやすさを向上させているので、家事と両立できることも魅力です。資格取得によって、キャリアアップも可能です。

平均年収:350万円

介護福祉士の仕事の年収は350万円前後です。初任者研修と実務者研修を終え、実務経験がなければ受験資格が得られないので、介護のエキスパートとして活躍できます。サービス提供責任者など役職に就くことで、収入アップが見込めます。

資格があると有利な仕事3「薬剤師」

薬剤師の仕事内容

医薬品の調剤や販売などを行える資格です。女性も多く、調剤薬局や病院、ドラッグストアで働きます。薬に対する相談や使い方の指導のほか、正しく医薬品を使うための啓蒙活動も行います。場合によっては、学校薬剤師などの公務を担うこともあります。

オススメな理由
病院の外来などと並行して動くのが薬剤師なので、定時で帰れる仕事と言えるでしょう。しかし、24時間365日有資格者が必要なフィールドですので、土日の勤務や夜間オンコールの可能性もあります。また、日々アップデートが必要な仕事です。

平均年収:600万円

薬剤師の年収は、フルタイム勤務の正社員で600万円前後です。大学で6年間学び、薬剤師の国家資格を保持しているため、会社員よりも水準の高い年収と言えるでしょう。

定時で帰れる職場<代表格>

土日休める職場<代表格>

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

No1.相談相手に恵まれた職場

相談ができる=協力体制が整っているということが挙げられます。知恵を出し合って効率化を図るほか、ワークシェアリングなど、それぞれの負担を減らす工夫ができるため、定時に帰れる職場として確立しているのでしょう。

ポイント!
相手の話を聞くスキルや問題解決力が求められます。互いに情報を共有し合うなど、協力体制を拡充させるマネジメント力があると、さらに頼もしい存在となれるでしょう。

ななか編集員

女性が定時で帰れる仕事を選ぶ際に、会社の雰囲気を重視する傾向があります。自己解決だけが求められる職場よりも、グループワークができる体制が整っていれば、自分一人が頑張る必要はなく、気持ちも楽に仕事ができます。

No2.ライフイベントに理解のある職場

女性の場合、さまざまなライフイベントが発生します。特に、子供の病気や学校の長期休業、学校行事などで、仕事を休む必要があります。育児や介護で時短勤務を申請でき、こういった事情に理解があれば、定時で帰れる職場として確立するでしょう。

ポイント!
時短勤務でも定時で帰れる仕事にするには、効率化を追い求めていく必要があるでしょう。こういった仕事の効率化に向けた知恵を使えれば、取り立てて個人的な資格やスキルは必要ありません。

ななか編集員

女性はまだまだ家族の中での役割を大きく占める部分があり、生活を守ることも求められます。こういった事情を考慮して、周囲のワーカーが協力できる体制を整えることで働きやすさが向上します。長く勤められる職場としても必須の要件です。

No3.男女平等に評価される職場

定時で帰れる仕事として、競争社会ではないことをアピールしていると捉えられます。仕事をするほど昇進しやすいといった昔の考えを払しょくして、業務時間内にしっかり仕事ができることを評価の対象としています。

ポイント!
昇進など自分のステップアップを目指すなら、その仕事で認められるための功績やスキルは必要になるでしょう。女性でもそのチャンスは平等に与えられているので、家庭と両立を図りながらキャリアを積めるメリットが生まれます。

ななか編集員

男性も育児休暇を取得する時代です。男女平等に評価される風土を先行して作り出している企業は、先進的と言えるでしょう。仕事の内容や質も、男女問わず同じなので、活躍できる場が欲しいという女性には最適なフィールドです。

女性が定時で帰れる仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

モチベーションをキープしやすい

定時で帰れるという仕事の区切りがあれば、オンとオフのメリハリがつくので、モチベーションをキープしやすくなるのがメリットです。また、定時退社後にどのような生活をしようかと考えることで、わくわくとした気持ちが生まれます。こういったことからも、仕事に集中して取り組めますし、前向きに1日を過ごせることでしょう。

おさむ編集員

女性が定時で帰れる仕事でモチベーションをキープするためには、1日の仕事のルーティンを決め、一人称の仕事を行うことが大切です。どうしたら解決できるか、自分はどう動くべきかを常に考えていきましょう。

ルーティンを確立させるまでが大変ですが、慣れれば時間内でしっかり仕事を終わらせることができ、毎日定時で帰れるようになります。

仕事帰りの習い事がしやすい

カルチャー教室や語学教室、フィットネスなどは、仕事を終えた後に通えるような営業形態を採っているところが多く見られます。会社帰りに立ち寄って自分の学びに結び付けられると成長します。趣味や仕事に関すること、女性の健康増進にストレス発散など、自分にとって必要な目的を達成できる時間にすると、翌日への活力が生まれるというメリットがあります。

おさむ編集員

定時で帰れる仕事は仕事帰りの習い事がしやすい傾向にありますが、無理に習い事の時間を作る必要はありません。また、費用が高額な習い事や遠い場所は避けましょう。

仕事の疲れを癒すために、サウナやマッサージサロンへ出かける時間に充ててもよいでしょう。自分が過ごしやすい時間を見つけてください。

友人との時間をつくりやすい

定時で帰れる仕事を選ぶと、退社後に友人との時間をつくりやすくなります。飲食やデートなど、自分の自由時間を満喫でき、趣味が合う相手や恋愛対象の相手と楽しい時間を過ごせるのがメリットです。大切な相手と時間を共有することで毎日の生活に張り合いが生まれ、お金を稼ぐ・社会に貢献するといった観点から、仕事を続ける意味も見えてくるでしょう。

おさむ編集員

楽しい時間があるから仕事を頑張れる、仕事を頑張ったから楽しい時間がつくれるというように、自分の中で友人や恋人と会うための意味を模索しましょう。

漫然と相手との時間をつくるのではなく、お互いに共有できる時間を過ごしてください。男性・女性関係なく楽しい時間を過ごせれば、仕事でたまったストレスも発散できることでしょう。

女性が定時で帰れる仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

手際が悪いと翌日が大変

定時で帰れるメリットがあるけれど、仕事が効率よく進まないと、翌営業日に持ち越してしまうことがあります。残業ができない職場ならなおのこと、自分の仕事量が多いケースでは消化できずに困ってしまうこともあるのがデメリットです。上流から下流へというような流れがある工程では、先の工程に遅れが生じるほど、末端にしわ寄せがくるでしょう。

ななか編集員

女性が定時で帰れる仕事とするには、毎日の仕事をルーティン化させることが大切です。ワークシェアやチーム制を採り、複数名で仕事を終えるように工夫することで、仕事量が多い場合でも定時で帰れるように業務量を調整できます。

明日に仕事を残さないよう、どうしたら効率化を図れるか検討しながら、ブラッシュアップしていくことです。

業務時間内ではスキルアップの余裕がない

女性が定時で帰れる仕事を選んだとき、業務時間内でスキルアップを図る余裕がないというデメリットも存在します。もちろん、残業や休日出勤がある場合でもスキルアップが図れないケースが存在するので一概には言えませんが、与えられた仕事をするだけで精いっぱいというケースが見られます。

ななか編集員

定時で帰れる仕事では、自分の時間をしっかり持つことができます。その時間を利用して、スキルアップを図ることも一案です。資格取得のための勉強などができるでしょう。語学の勉強をすれば、昇進の条件とされる英語検定試験のスコアアップも期待できます。

「業務時間内でスキルアップできない」というのは言い訳にすぎません。わずかな時間でも自分の糧にしていきましょう。

残業代稼ぎが難しい

定時で帰れる仕事の場合、逆に残業がしにくいといったデメリットがあります。残業代がほぼなく、手取りが少なくなるでしょう。定時で帰れる仕事ではパートタイムやシフト制といった業務形態を持つ女性も多いため、残業ができずに稼げないといった声もあるでしょう。

ななか編集員

残業代で生活をしているという声もよく聞かれます。基本給のほかに残業代がないと生活できないならば、転職を試みるよいきっかけです。

スキルや職歴の棚卸をして自分の市場価値を調べれば、定時で帰れる仕事でも収入が向上する職場に出会えるかもしれません。転職エージェントなどに相談をしてみると、チャンスが生まれます。

定時で帰れる仕事の注意点

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

社内の人間関係が悪い場合も…(時間がなくて意思疎通が難しいから)

定時で帰れる仕事の場合、仕事を早く済ませなければいけないという気持ちが先立ってしまいます。特に、流れ作業で仕事の引継ぎがある場合、最初の工程で遅れが生じれば、終わりの工程でしわ寄せが生じます。

効率の悪さが目立つのが原因ですが、進捗の催促で社内の人間関係が悪くなるケースも否めません。時間が取れず、意思疎通が難しいといった点も要因です。

女性の場合は考えを持ち寄ることで、どうしたら仕事の流れを変えられるか、提案し合えるコミュニケーション力を持っています。効率化を図るために仕事の流れを随時工夫することで、社内の人間関係も円滑に進むようになります。

思考に時間を使う余裕がないきつさがある

少し時間をかけて作業を行い、考える時間を持てれば難なくクリアできる仕事でも、1日のノルマを考えると、1つの案件に多くの時間をかけられないという現実もあります。また、定時に帰れる仕事というメリットを優先させると、時間内に仕事を終えるための大きな工夫が必要です。

しかし、すべて女性が1人でこなさなければいけないとケースでは、キツさや厳しさを感じることでしょう。

派遣社員を雇用してワークシェアリングを行うことや、複数名のチーム制で1つの仕事を行うことで、定時で帰れる仕事の中でも余裕が生まれます。ワークライフバランスを保つだけではなく、心身のバランスをとるためにも、必要不可欠な要素だと言えるでしょう。

実はサービス残業が常態化している会社がある

定時で帰れる仕事として、大々的な周知をしている企業も見受けられます。しかし、実は見かけだけで、サービス残業が常態化している会社もあります。どのような企業でも繁忙期などは残業が発生することがありますが、サービス残業があるのに「ノー残業」や「定時で帰れる仕事」といったアピールをするのはあり得ません。

「定時で帰れる仕事」を基準に転職などを検討している女性は、口コミ検索で、残業について下調べを行うとよいでしょう。また、企業見学などを依頼して、社内の雰囲気が悪くなっていないかなども確認しましょう。

すでに企業に勤めていて、自社のサービス残業の状態化に不安があるならならば、残業の証拠を集めて、専門家に相談をすることをおすすめします。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

定時で帰れる仕事は、女性にとって、ライフワークバランスを考えるうえでとても大切なことです。家族や家事と仕事の両立を図るためにも、定時で帰れる仕事を模索していきましょう。

「定時で帰れる仕事」にはメリットが先行する響きがありますが、人間関係のこじれやサービス残業の状態化といったデメリットや問題点があることも否めません。しかし、工夫次第で仕事の環境を高めることができますし、定時で帰れる仕事でも職務中のスキルアップがかないます。

デメリットをメリットに変えることが、仕事を行ううえでの醍醐味です。仕事のしやすさや効率化のために、ちょっとしたアイディアを生み出してみることも大切です。職務中の不要なことを省くだけでも、デメリットをなくせます。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
Y.Nanaka外部編集員
中堅人材紹介会社のキャリアコンサルタント職。 独身、転職回数:3回、年収:550万円、国家資格:複数保有。自分にとって、向いてる仕事がわからなくて悩んでいた時期は、年収が全くアップしませんでした。現在はボランティアとして、転職活動に奮闘する人達へ向け、情報発信をする適職発見同好会のライターとしても活動中。