定時で帰れる仕事ベスト10!男性に人気が高いおすすめの職業を紹介

定時で帰れる仕事「男性版」

定時で帰れる仕事の中から男性向けの職業を紹介。今の仕事が、残業が多くて、心身ともに疲れている方にはおすすめ。定時で帰れる仕事には、業務の範囲が限定的で、イレギュラーの案件が舞い込んでくるリスクが少ない、みなし残業制度のない仕事があります。

そのつもりで見てみると、結構多様な職種に及びますので、自分のキャリアを生かせるような職種があるかチェックしてみてください。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

定時で帰れる仕事とは?

定時で帰れる仕事とは、残業がほとんどない仕事のことです。残業がないので、あらかじめ決められた時間で帰宅できます。早めに上がれるので、夜の時間も比較的自由になります。ワークライフバランスを重視している人におすすめです。定時で帰れる仕事は、男性でもできる案件は少なくありません。

定時で帰れる仕事に就くことができれば、体調管理もしやすくなります。残業続きだと深夜の帰宅になり、睡眠時間の確保も難しいです。一方、定時で早めに帰宅できれば、睡眠時間もしっかり確保できます。健康的に過ごせる可能性が高まります。残業のあまりない仕事であれば、仕事終わりで遊びに出かけることも可能です。仕事のストレスも発散しやすいでしょう。

定時で帰れる仕事の特徴

仕事の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

業務の範囲が限定的

男性ができる定時で帰れる仕事の特徴として、業務範囲が限定的で、やることがあらかじめ決まっていることが挙げられます。ルーティーンワークのようにある程度決まっている業務であれば、どのくらいのペースでこなしていけばいいか、あらかじめ計算できます。

やることがあらかじめ決まっている仕事であれば、従業員一人当たりの無理なくさばける仕事量が割り当てられます。ですから、残業もすることなく、定時で仕事を終えられる可能性も高まります。

イレギュラーが発生する可能性が低い

残業の多くなる仕事を見ると、イレギュラーな仕事の入ってくるケースが多いです。例えば、突発的な案件が入ってくる、顧客対応をしなければならないなどです。このようなスケジュール外の仕事が入ってくることが多いと、どうしても遅くまで仕事をしなければなりません。

逆に言えば、男性でも定時で帰れる仕事は、イレギュラー対応の少ないことが特徴と言えます。他の要因によって自分の仕事量が突然増えることが少なければ、スムーズに割り当てられた仕事ができるため、定時に帰宅できるわけです。

みなし残業制度がない

男性でも定時で帰れる仕事の特徴として、みなし残業制度がない点も挙げられます。みなし残業とは、賃金の中に一定の残業代が含まれている制度を指します。雇用契約書に「月○時間分の残業を含む」と書かれている場合には、みなし残業制度が適用されているわけです。

もし、みなし残業制度がなければ、残業代を別途支払わないといけません。会社にとってもコスト増なので、残業そのものを推奨しないでしょう。ですから、定時で帰れる可能性が高くなるわけです。

定時で帰れる仕事トップ10<職種別>

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

工場作業員 [定時で帰れる仕事・男性版 1/10]

工場作業員の仕事内容

工場で組み立てや検品などの割り当てられた作業を担当します。近年の工場は分業が進んでいます。ですから、割り当てられる作業範囲は狭く、単純作業がメインとなるでしょう。そんなに難しくはないので、未経験者でも採用される可能性は高いです。

オススメな理由
単純作業で未経験者でもすぐにやり方をマスターできるのが定時で帰れる仕事としておすすめの理由です。しかも1日の作業件数が決まっているので、その件数をこなせば定時で帰れる可能性も高いです。

平均年収:350~370万円

男性でも定時で帰れる仕事で、おすすめなのが工場作業員です。

事務職 [定時で帰れる仕事・男性版 2/10]

事務職の仕事内容

事務といってもいろいろな部署があります。経理や総務、労務、人事など、部署によって細かな仕事内容は異なりますが、基本はデスクワークです。パソコンを使ってデータ入力や文書の作成をしたり、来客や電話対応をしたりがメインです。

オススメな理由
なぜ事務職は定時で帰れるのかと言えば、突発的な業務の発生しにくいルーティーンワークだからです。一定の仕事量なので無理なくこなせて、定時で帰れる可能性が高いです。パソコン操作ができれば誰でもできるのも仕事の性質上おすすめの職種と言えます。

平均年収:320~340万円

男性でも定時で帰れる仕事の中で、事務職も人気は高いです。平均年収はだいたい320~340万円といったところでしょうか。

警備職 [定時で帰れる仕事・男性版 3/10]

警備職の仕事内容

警備員の仕事内容は、ビルや工事現場などの警備や管理です。何か問題やトラブルが起きた場合には、迅速に対処します。工事現場で勤務する場合には、交通誘導や業務車両が来た際の誘導なども担当します。

オススメな理由
警備員が定時で帰れる仕事なのは、職種の性質上業務内容が毎日ほぼ同じだからです。しかも、シフト制で業務する案件も多いです。中には1日単位で勤務する単発の案件もあります。日勤のみなどの希望を出すとシフトに反映してくれるのも、オススメの理由の一つです。

平均年収:300万円

警備職も、男性が定時で帰れる仕事の一つです。年収を見てみると、300万円強が相場になるようです。

建設作業員 [定時で帰れる仕事・男性版 4/10]

建設作業員の仕事内容

マンションやビルの工事以外にも、道路の改修やダム工事など、公共工事を担当することもあります。建材を運んだり、組み立てたりといった仕事を担当します。

オススメな理由
建設作業員の仕事は、残業はまず発生しません。終業時刻がきちんと決まっているからです。基本的に、日暮れになるとその日の作業は終了です。夜に差し掛かって暗くなると、現場の安全が保証できないという仕事の性質上の事情からです。加えて、建設作業では時として大きな音が出ます。近隣住民への騒音対策として、夜遅くまで仕事させないわけです。

平均年収:400万円

建設作業員も、男性が定時で帰れる仕事の一つです。年収の平均を見ると、だいたい400万円前後といったところでしょうか。

重機オペレーター [定時で帰れる仕事・男性版 5/10]

重機オペレーターの仕事内容

重機オペレーターは、フォークリフトやショベルカー、クレーン車などを使って作業をするのが主な仕事です。建築工事現場や工事現場などが主な職場となります。また、がれきの片付けなど、自然災害の現場で活躍する場合もあります。

オススメな理由
重機オペレーターは、時間契約で労働するケースが多いです。そのため、作業時間があらかじめ決められていて、残業を求められることはありません。建設工事現場や工事現場がメインで夜間は仕事をしない案件が多いのも性質上定時に帰れる可能性が高いです。

平均年収:300~500万円

重機オペレーターも、男性で定時で帰れる仕事の一つと言えます。重機オペレーターの求人情報を見ると、年収はだいたい300~500万円といったところです。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

公共交通職員 [定時で帰れる仕事・男性版 6/10]

公共交通職員の仕事内容

運転手の場合、鉄道やバスを運転してお客さんを目的地まで運び、時刻表に合わせて運行します。駅員担当は、お客様対応のほか、安全に運行できるように監視などを行います。

オススメな理由
公共交通員の場合、シフト制で勤務することが多いです。次のシフト担当の人がやって来たら、仕事を引き継ぎます。ですから、残業の発生する可能性は低いです。交通インフラの仕事で、人々の生活を支える重大な任務もあり、やりがいの持てる仕事です。

平均年収:500~600万円

男性が定時で帰れる仕事の一つに、公共交通職員があります。鉄道やバスの運転手、駅員などが含まれます。年収で見ると、だいたい500~600万円といったところが相場です。

ビルメンテナンス職 [定時で帰れる仕事・男性版 7/10]

ビルメンテナンス職の仕事内容

ビルメンテナンス職は、ビルに設置されている空調や電気設備のメンテナンスを主に担当します。空調や電気設備が故障などのトラブルを起こすと非常に不自由ですので、問題が起きた場合には即時対応します。また、定期的に点検して、不具合が発生していないかをチェックするのも仕事の一つです。

オススメな理由
ビルメンテナンス職は、仕事の性質上24時間体制で稼働します。このためシフトを組んでいるところが多いです。仕事の終わり時間になると、次のシフトの人がやって来るので、残業をすることはほとんどありません。

平均年収:410万円

男性が定時で帰れる仕事として、ビルメンテナンス職もおすすめの仕事の一つです。ビルメンテナンス職の平均年収は、410万円前後とされています。

地方公務員 [定時で帰れる仕事・男性版 8/10]

地方公務員の仕事内容

市役所などの公共施設で勤務する形です。部署によって異なりますが、公共サービスを提供することが共通する仕事内容です。

オススメな理由
地方公務員の場合、地方公務員法や労働基準法によって守られているのがおすすめの理由です。ルール上公務員の仕事の性質的に残業も少なく、定時で帰れる可能性が高いです。「ノー残業デー」なども設けられているので、定時退庁しなければなりません。サービス残業などもあり得ないので、福利厚生の整った環境の中で勤務できます。労働組合も強いと言われているので、よほどのことがない限り、解雇される心配がないのもおすすめポイントです。

平均年収:630万円

地方公務員も、男性で定時で帰れる仕事の中の一つです。地方公務員の平均年収は630万円ほどと言われています。

タクシードライバー [定時で帰れる仕事・男性版 9/10]

タクシードライバーの仕事内容

タクシードライバーは、お客様をタクシーに乗せ、指定された目的地まで運ぶのが仕事です。お客様を見つけるために街中を流したり、タクシー乗り場に行ったりします。

オススメな理由
タクシードライバーは、基本的に自分一人で仕事をします。就業時間が来たら、仕事を切り上げてタクシー事務所に行けばいいので、残業の発生しにくい職種とされます。周囲が仕事をしているのに、自分だけ定時で帰るのには気が引けるという人もいるでしょう。しかし、タクシードライバーは一人で勤務するので、周りの顔を気にする必要もありません。

平均年収:370万円

タクシー運転手をしている男性も多く、実は定時で帰れる仕事の一つと言われています。タクシードライバーの年収を見ると、平均370万円ほどと考えられています。

庶務係 [定時で帰れる仕事・男性版 10/10]

庶務係の仕事内容

庶務では、客対応、データ入力、資料作成などを担当します。ただし、会社によって仕事内容はさまざまですから、求人に応募する際には仕事内容をしっかり確認した方がいいでしょう。

オススメな理由
庶務の仕事は多岐にわたりますが、突発的に業務の発生する可能性は低いです。急に仕事量が増加する心配はないですから、定時で仕事の終わる可能性が高いでしょう。会社の縁の下の力持ちとして、必要不可欠な存在だと自覚できることもオススメの理由です。

平均年収:420万円

オフィスの仕事を探しているという男性におすすめなのが、庶務係です。庶務係は、会社の中でも定時で帰れる仕事と言われています。庶務の平均年収を見てみると、420万円あたりになります。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事

未経験歓迎

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事1「ゴミ収集員」

ゴミ収集員の仕事内容

ゴミ収集員は、自宅の前や指定されたごみ捨て場にあるごみを回収して、処分場まで持っていくのが仕事になります。ごみは種類によって、捨てる曜日が各自治体で決められています。種類が間違っていないかチェックし、異なるものが出ていた場合は回収せずに、間違っている旨の書かれた紙を貼るのも仕事の一つです。

オススメな理由
仕事の性質上決められたルートを回ってゴミを回収するルーティーンワークなので、残業の発生する可能性が低いです。また、だいたい朝から収集作業に当たるので、就業時間も夕方前で、早めなのもオススメの理由です。

平均年収:330万円

ゴミ収集員も、男性ができる定時で帰れる仕事の一つと言えます。平均年収は330万円ほどと考えてください。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事2「清掃員」

清掃員の仕事内容

清掃員の仕事は文字通り、掃除をすることが主な仕事になります。主な職場はオフィスビルや商業施設です。室内と室外の2種類のクリーニングがあります。室内では、床や壁、トイレなどを担当します。室外は、建物周辺や屋上などの清掃を任されます。

オススメな理由
清掃員の場合、持ち場の清掃をする単純作業です。追加で掃除するエリアはまずないので、定時で帰れる可能性が高いです。

また、掃除作業は基本一人で行います。周りに人がいると気を使ってしまう、マイペースで仕事をしたい人にオススメです。

平均年収:310万円

清掃員も、男性の間で人気の定時で帰れる仕事の一種です。清掃員の気になる年収ですが、310万円ほどが平均でしょう。

未経験歓迎の定時で帰れる仕事3「検針員」

検針員の仕事内容

検針員は、個別に顧客を巡回して、水道や電気、ガスなどのメーターの数字を読み取ります。そして、情報端末に入力し、使用料の明記された検針票を顧客に渡すのが主な仕事内容です。

オススメな理由
検針員は、あらかじめ担当する地域が割り当てられます。そこからさらに、追加で検針するように求められることはありません。ルーティーンワークでイレギュラーな仕事はまず入ってこないので、残業を強いられることはないでしょう。自分一人で仕事をするので、他人と一緒に業務するのが苦手な人にはオススメです。

平均年収:320万円

男性におすすめの定時で帰れる仕事の一つに、検針員があります。検針員の収入は、平均では320万円弱といったところです。

資格があると有利な仕事

資格があると有利な仕事【女性版】

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

資格があると有利な仕事1「学校教諭」

学校教諭の仕事内容

学校の教師ですから、子供たちに授業するのが主な仕事内容です。その他には、テストや授業で使用する資料などを自分で制作する場合もあります。さらに、部活動の顧問を任される場合もあります。部活に参加して、部員のマネジメントを行います。

オススメな理由
学校は、夕方前には授業が終わります。学校は夜間まで稼働しないので、定時で帰れる仕事になる可能性が高いわけです。男性で子供好きの方であれば、日常的に子供と触れ合えるのでオススメの仕事です。

平均年収:675万円

もし教師の免許を持っているのであれば、学校教諭になるのも一つの方法です。学校教諭の年収は、675万円が平均です。

資格があると有利な仕事2「理学療法士」

理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事はズバリ、患者のリハビリのサポートです。ケガや病気の後遺症で、日常生活の動作が不自由になってしまう人もいます。運動機能をできるだけ回復させるために、マッサージや電気刺激、温熱などを駆使して、訓練のサポートを行います。

オススメな理由
24時間ケアを行う看護師などとは違って、理学療法士は仕事の性質上、日勤のみの仕事である場合が多いです。あらかじめ担当する患者の人数も決められていますし、突発的に仕事が舞い込んでくることは少なく、定時で帰れる仕事と言えます。

平均年収:420万円

医療に興味のある男性であれば、資格を取って理学療法士の仕事をするのもおすすめです。理学療法士の平均年収は約420万円といったところです。

資格があると有利な仕事3「バスの運転手」

バスの運転手の仕事内容

バスの運転手は文字通り、バスを運転して客を運ぶのが主な仕事になります。路線バスの他に、高速バスなど長距離運転が必要な仕事もあります。バスの運転手の仕事に就くためには、大型自動車二種免許を取得しなければなりません。

オススメな理由
バスの運転手の勤務スタイルとして、シフト制を採用しているところが多いです。シフト制で仕事の性質上路線は決まっているので、多少渋滞すれば残業が発生しますが、長時間残業を強いられる可能性は低いです。しかも早番の場合、早朝から勤務スタートし、昼の13~14時には仕事が終わるのも魅力です。

平均年収:370万円

男性が多い定時で帰れる仕事の一つに、バスの運転手も挙げられます。バスの運転手の平均年収は、約370万円です。

定時で帰れる職場<代表格>

土日休める職場<代表格>

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

No1.人と関わらない職場

一人でできる仕事は定時で帰れる仕事の可能性が高いです。人と関わらずに済み、会議や打ち合わせなどに参加する必要がないからです。マイペースに仕事を進められますし、周囲の顔色を窺う必要がないので、定時で帰れる可能性が高いわけです。

ポイント!
WebライターやシステムエンジニアなどのWeb関係の仕事は一人でできる仕事が多いです。ですから、パソコン関係のスキルを習得するといいでしょう。また、翻訳業も一人でできる仕事なので、語学スキルがある人にはおすすめです。

おさむ編集員

WebライターやシステムエンジニアなどのWeb関係の仕事をしている男性においては、リモートワークの方も少なくありません。自宅で一人で仕事できるので、人間関係に悩まされずに済みます。

No2.スピード感のない職場

スピード感のない職場の場合、そもそもの仕事量が多くない可能性が高いです。スピード感のある職場の場合、次から次へと業務が舞い込んできます。また、イレギュラー対応しなければならない可能性がありますが、スピード感のない職場であればその心配がありません。

ポイント!
与えられた業務をこなすだけでいいので、特別な資格やスキルは必要ないでしょう。

おさむ編集員

スピード感のない職場の場合、自分のペースで仕事ができるでしょう。マイペースで淡々と仕事がしたい、定時で帰れる仕事を探している男性には、おすすめの職場と言えます。

No3.成果至上主義じゃない職場

成果至上主義の職場の場合、働けば働くほど評価される形になります。長期間労働の要因となってしまい、残業が増えます。一方、成果主義を重視していな職場であれば、残業もあまりなく、定時で帰れる仕事になる可能性が高いです。

ポイント!
成果至上主義と対をなす言葉として、年功序列があります。年功序列では、キャリアが多ければ多いほど、高く評価される傾向が見られます。何か一つの分野に集中して、関連する専門性の高いスキルを持つとさらにいいでしょう。

おさむ編集員

成果を出そうとするあまり、常に精神的なプレッシャーがかかるかもしれません。ストレスを抱えることなく、無理なく働ける職場を探している男性にとっておすすめです。

定時で帰れる仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

精神的・肉体的苦痛を減らせる

定時で帰れる仕事に就けば、休息の時間を十分確保できます。規則正しい生活を送れるので、健康管理もしやすくなるでしょう。休息がなかなか取れなかったり、慢性的な睡眠不足に陥ったりすると、ストレスもたまります。定時に帰れる仕事に就けば、趣味の時間を確保でき、ストレス発散もしやすくなります。

ななか編集員

せっかく定時で帰れる仕事に就いたのであれば、健康的な生活を意識しましょう。規則正しい生活習慣を心がけ、男性でも自炊をして栄養バランスを意識し、運動する習慣をつけるのがおすすめです。平日それほど疲れないので、休日にはアクティブにいろいろな活動もできるでしょう。

副業をはじめやすい

定時で帰れる仕事につ就くと、平日でも自由時間を確保できます。この時間を利用して、副業にいそしむのもおすすめです。副業をすれば、収入が得られます。もし本業の給料だけでは日々のやりくりが厳しいという男性がいれば、副業でリカバリーしましょう。

ななか編集員

副業を行う場合、自分の現在の仕事にプラスになるような業務をこなすといいでしょう。経験がつくことで、キャリアアップする可能性があります。また、副業で稼ぎたいと思うあまり、無理をしないことです。睡眠時間などを削って副業をやった結果、本業がおろそかになってしまっては本末転倒です。本業に支障をきたさない範囲で副業にいそしみましょう。

人と合う時間を確保しやすい

定時で帰れる仕事に就ければ、残業もないので平日夜も時間的に余裕があります。また、定時で帰れることがわかっていると、退社後の予定も立てやすく、平日でも人と会うチャンスを確保しやすいです。家族と一緒に夕食を食べてもいいでしょうし、男性であれば彼女と会う時間に使ってもいいでしょう。

ななか編集員

人と会うときには、自分の今後のプラスになるような人物とのアポを取るといいでしょう。今後のビジネスにつながるような人脈を作る、もしくは何か勉強できるような相手と会うなどです。刺激を受けられるような人との会う時間を増やし、自分磨きに努めるといいでしょう。

定時で帰れる仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

就業時間中の業務がカツカツ

男性が定時で帰れる仕事に就くことによって生じるデメリットとして、就業時間が多忙になる可能性がある点に注意です。残業せずに定時で帰れば、それだけ仕事のできる時間が限られるからです。もし仕事量が多ければ、勤務時間中になかなか休憩が取れなくなる恐れもあります。

おさむ編集員

定時で帰れるようにするためには、いかに効率性を高めて業務をこなすかがポイントになります。1日の最初に、今日やるべきことについて確認してください。その上で、優先度の高い業務を先に済ませるように心がけましょう。翌日以降に回せる仕事は最後に手を付けるようにすれば、定時に帰れる可能性も高まります。

帰宅ラッシュにハマりやすい

たいてい、会社の就業時間はどこも大きな違いはないでしょう。もし定時で帰れる仕事に就くと、帰宅ラッシュにぶつかってしまう恐れがあります。これはデメリットでしょう。すし詰めの電車やバスに乗らないといけないので不快ですし、体力も消耗してしまうからです。

おさむ編集員

定時で帰れる仕事を探している男性がいれば、引っ越しも同時に考えるといいかもしれません。会社から近いところに引っ越せば、ラッシュに巻き込まれても、その被害を最小限にとどめられるからです。自転車通勤を検討するのも一考です。自転車で通勤できれば電車に乗らずに済み、帰宅ラッシュにも巻き込まれずに済むからです。

肉体的にきつい仕事が多め

ここでも紹介したように、定時で帰れる仕事を見ると、建設作業員や重機オペレーター、ごみ収集員など、肉体労働系の仕事が多いです。体力を連日使う仕事であるところもデメリットと言えます。男性でも体力的にあまり自信がなければ、定時で帰れる仕事の選択肢が狭まってしまうので、デメリットになるでしょう。

おさむ編集員

定時で帰れる仕事の中には、庶務係や事務職など、オフィスワークの仕事もあります。オフィスワークであれば、そこまで肉体的な負担もないので、体力に自信のない男性でも仕事ができるでしょう。肉体労働系の仕事に就いた際には、定時でまっすぐ自宅に帰って、休息に努めることも大事です。

定時で帰れる仕事の注意点

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

みなし残業という落とし穴に注意

企業の中には、みなし残業制を導入しているところもあります。みなし残業とは、一定時間分の残業が雇用契約の中に含まれている労働形態を指します。残業ありきの職場なので、定時で帰れる仕事とは言えません。定時で帰れる仕事を探している男性は注意が必要です。

みなし残業を導入している企業かどうか、求人情報で見極めることも可能です。例えば給料です。給料に「固定残業代○○円を含む」と書かれている場合は要注意です。基本給の中に、固定残業代が含まれているわけです。よく基本給に固定残業代が上乗せされると勘違いしている人もいるようですが、それは大きな間違いです。この部分には注意してください。

スキルアップにつながらない仕事も少なくない

定時で帰れる仕事の特徴として、単純作業も含まれます。ルーティーンワークで複雑な作業を伴わない分、残業リスクは低いです。しかし、ルーティーンワークはだれでもできる仕事が多いです。しかも、基本的に常に同じ作業を繰り返し行うので、スキルアップが期待できないかもしれません。

単純作業の仕事は、誰でもできるような汎用性の高いものが多いです。このため、給料は低めに設定されることも少なくありません。自分一人が暮らしていけるだけのお金は確保できるかもしれませんが、もし男性の中で将来的には結婚して家庭を持ちたいと思うのであれば、給料が生活するのに十分か、あらかじめ仕事内容や給与などを確認した方がいいです。

年収の急激なアップは実現しにくい

定時で帰れる仕事の中には、単純作業を伴う業務も少なくありません。このようなルーティーンワークの場合、汎用性が高く多くの人が担える仕事です。よって、給料は低めに設定されている職種もありますし、昇給も期待できないかもしれません。

もし結婚している男性などで、ある程度の収入が家族を養っていくために必要だというのであれば、応募する前に給与を確認しておきましょう。収入が必要であれば、残業などもそれなりに必要でしょう。お金が必要か、時間の確保を求めるか、自分の中で優先順位を明確にしておきましょう。そして、本当に定時で帰れる仕事に就くのが自分の今後の人生にプラスか、慎重に検討しましょう。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

今回は定時で帰れる仕事について、いろいろとピックアップしてみました。定時で帰れる仕事を探している男性がいれば、個々で紹介した仕事の中からできそうなものがないか、チェックしてみるといいです。

定時で帰れる仕事に就くことができれば、平日もそこまで夜遅くに勤務することがなくなります。平日の夜にも、自由時間をそれなりに確保できます。プライベートな時間を充実させたければ、定時で帰れる仕事から転職先を探しましょう。しかし、定時で帰れる仕事は、汎用性が高く専門性のない仕事が多いので注意が必要です。

今後のキャリアも考えて、定時で帰れる仕事に就くことが自分にメリットがあるかを慎重に検討してください。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。