年収400万円の仕事とは?男女別・各ベスト10職種をピックアップ

年収400万円台の仕事

年収400万円の仕事について、仕事をする人の中でどのような位置づけであるかを解説します。また、年収400万円台で働けるフィールドについて男女別に10件ずつピックアップしました。

ただし、年収400万円台という収入はライフステージによってメリットやデメリットも見え隠れします。もちろん働く人側のポテンシャルを引き出すことができれば更なる年収アップが見込めます。ここでは、年収アップの方法も併せてご紹介します。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

年収400万円の仕事とは

年収400万円の仕事とは、賞与や所得税も併せた1年間の収入が400万円ということです。源泉後の手取り収入でいえば、年間300~320万円程度。

賞与があった場合、毎月の手取りは20万円前後になると考えられます。賞与がない場合は月25万円~27万円ほどととらえましょう。

なぜ「年収400万円」かというと、国税庁が発表する「令和2年民間給与実態統計調査」の結果が根拠となります。対象となる給与所得者5,928万人から平均給与を求めたところ、433万円が平均値だという結果が出たからです。

平均的な収入という視点から、年収400万円をクローズアップしました。しかし、この結果は働き方を問わずすべての給与所得者を対象としているため、非正規・正規労働者の違いなどは考慮されていません。

年収400万円の仕事の特徴

仕事の特徴

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

日本の平均年収帯の職種

平均年収(400万円)の帯で稼げる職種について内容を見ると、事務や管理部門・営業職に従事している人が中心です。業種をみると、ITや販売系に従事している人がこの年収帯で仕事をしています。しかしあくまでも「平均」を求めたデータです。年齢や実務経歴等の考慮がない独自データが多く、発表する媒体によっては主張に差異も見られます。このため、スキルアップや年齢によって平均年収を大きく超える収入が見込める可能性があります。

福利厚生が整った職場が多い

年収400万円台の仕事の特徴として、福利厚生を整えた職場が多い傾向にあります。社会保険はもちろんのこと、交通費や住居手当などの諸手当の支給などを完備し、働きやすい職場を提供しています。基本給以外のところでの待遇を手厚くすることで、家族を持つ人の生活を支え、職場への定着率を高める取り組みを行う企業が中心です。法令等に従い、さまざまな諸手続きを行いながら業務を遂行する企業と言い換えることもできるでしょう。

家族を養える収入レベル

年収400万円というと、源泉後の手取り額換算で月給与20万・賞与80万円程度の収入が見込めます。独立して生活ができるレベルで、配偶者を養える収入だといえるでしょう。しかし、子供を育てるには少々資金不足になる可能性も否めません。今では、共働き世帯が増えており、夫婦で仕事をすることでさらなる収入が見込めます。一人で生活することがもちろん共働きを検討するなら、年収400万円の仕事も十分に視野に入れることができます。

年収400万円の手取りや生活水準

【男性向け】年収400万円台の仕事

ベスト10リスト

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

WEBエンジニア [年収400万円台・男性の仕事 1/10]

多くのエンジニアがフリーランスという業態で働いています。1プロジェクトごとの報酬がほとんどです。1つのプロジェクトの報酬額は大きいのですが、数ヶ月間拘束がつづくため、年収換算すると400万円前後になるといわれています。

仕事内容WEB業界で働くエンジニアです。WEBサイトの設計や開発が主な業務です。プログラミングによるサイト構築のほか、設計に従ったコーディングを行います。
未経験の可否収入面での向上を見越して即戦力として働くなら経験者が良いでしょう。とくに、男性が年収400万円以上を目指す場合は業界経験やスキルは必要不可欠です。
求められるスキルWEBサイト構築のスキルや各種コンピュータ言語のスキルは必要不可欠です。場合によっては、アプリケーションソフト熟知も求められます。
有利な資格ITパスポートといった基本はもちろん、各種コンピュータ言語の技術者認定資格を取得すると有利です。資格があると基本的理解があり、技術を持っていることがアピール可能です。
応募資格学歴や年齢は問われない分野です。ディレクションなどの経験を活かしたい場合は、30代以降の男性が歓迎されます。
平均年収400万円~500万円
※.ディレクターやマネージャーといった上級ポジションや扱えるコンピュータ言語の数によって収入が大きく変わります。

システムエンジニア [年収400万円台・男性の仕事 2/10]

年収400万円台の場合、「駆け出し」ころの年収帯と考えられています。シニアエンジニアやテックリードといったプロジェクト内でも上位職に就ければ、さらなる収入が見込めます。

仕事内容IT業界の仕事の一つで、顧客の要望に合わせた仕様を作成し、柱となる設計を行います。一つの情報システム開発プロジェクトにおける上流工程を担います。
未経験の可否情報システムの開発経験者が優遇されます。完了プロジェクトをいくつか持っていることがカギとなります。できるだけ、情報システム開発のすべての工程を熟知している人が求められます。
求められるスキル顧客やメンバー間でのコミュニケーション力やプログラミング技術、マネジメント能力が求められます。スケジュール管理能力や工賃計算のスキルがあるとよいでしょう。
有利な資格まずは、プログラミングやコンピュータ言語に関する資格を取得しましょう。これらの資格をどういった仕事で反映させたかが分かれば、優遇されます。
応募資格男性・女性の違いや年齢はあまり問われません。しかし、年齢が高くなるにつれてマネージャー職への転向も望めるため、経験や保有スキルについてのハードルが高く設定されることがあります。
平均年収400万円~580万円

Webディレクター [年収400万円台・男性の仕事 3/10]

携わるプロジェクトや経験によって、年収400万円台など大きな開きが出やすいです。とくにフリーランスで複数のプロジェクトを兼任している場合は大きな収入が見込めるでしょう。

仕事内容WEBサイト構築にかかる統括の役割を果たします。それぞれの工程を担う人のまとめ役として、進行や品質に異常がないかをチェックします。プロジェクトが円滑に進むように調整する立場を担います。
未経験の可否WEBサイトの構築経験が求められます。ディレクション経験は必要不可欠です。
求められるスキルWEBサイト構築全般の経験や技術は最低限必要です。ディレクション能力やUI関連の改善提案ができるスキルのほか、外部との折衝スキルなども求められます。
有利な資格最低限の資格としてコンピュータ言語に関する資格や、グラフィックソフトの資格があったほうがよいでしょう。内容を熟知していれば、仕事上オーダーを的確に出せるからです。
応募資格性別の違いや年齢は問われませんが、リーダーとして統括できる資質を持つ男性や、ディレクション経験が優遇されることがほとんどです。
平均年収450万円~500万円

キャリアコンサルタント [年収400万円台・男性の仕事 4/10]

キャリアコンサルタントは、必要に応じて働く非正規雇用であるケースが多くみられます。常勤のキャリアコンサルタントは少なく、勤務先によって形態が大きく変わります。

仕事内容働く人の職業にまつわる相談に応じ、助言や指導を行います。企業人事部門や、大学のキャリアセンター、転職エージェントなど幅広い分野で働けます。
未経験の可否国家資格を保有していれば、未経験でも可能です。
求められるスキル傾聴のスキルや、筋道立てた話にまとめて的確な助言を提供できるスキルが求められます。キャリア形成のための知見ももちろん必要です。
有利な資格職業能力開発促進法に規定されるキャリアコンサルタント資格が必要です。試験に合格しキャリアコンサルタント名簿に登録されなければ、知見やスキルを持っていたとしても資格を名乗れません。
応募資格一番の資格として「キャリアコンサルタント資格」を取得していることが挙げられます。企業での勤務経験などが問われる部分があります。そのため、定年退職を迎えた男性が優遇されることが多いフィールドです。
平均年収400万円

ネット広告運用者 [年収400万円台・男性の仕事 5/10]

勤務先や経験によって大きく左右されます。一般的には、親会社のプロモーションに特化した企業やメディア特化型の広告代理店、インハウスと呼ばれる自社広告運営部門での仕事になります。ネット業界では特殊な技能に分類されますが、一般的な会社員と同等の収入です。

仕事内容WEB上で散見される運用型広告の管理や運用を行います。予算作成やマーケティング戦略にかかる立案などを通じ、評価を行うまでが業務です。他社の運用はもちろん、自社の広告運用を行う人も見られます。
未経験の可否未経験の男性でもとびこめる業種ですが、WEBマーケティング業界での経験があると優遇されます。
求められるスキル広告業界のノウハウが必要です。また、スピード感が必要なので思い立ったら即行動に移せる機動力が求められます。
有利な資格資格よりも、専門的な知識や実績が求められる世界です。できれば、インターネット関連企業が提供するデジタル研修を修了していると訴求力が高まります。
応募資格WEBマーケティングに精通している人はもちろん、ネット広告運用の実務経験を持っている人が望まれます。年収400万円以上を目指すならば、実務経験3年以上は必須です。
平均年収380万円~400万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

広報担当者 [年収400万円台・男性の仕事 6/10]

広報担当者も会社員の一人にすぎません。企画管理の事務員と同等の給与体系といえるでしょう。上場する大手企業での広報担当者のケースだと収入アップが期待できます。

仕事内容いわゆる「広報係」です。プレス発表やマスコミ対応などを担います。場合によっては自社のPR活動について船頭役を担います。社内広報の業務では、社内イベントの立ち上げなども担います。
未経験の可否未経験でも職務に当たることはできます。
求められるスキル企業の顔としてPR活動を行います。文章力やプレゼン能力は必要不可欠です。情報収集を的確に行う力や、コミュニケーション能力が求められます。PRに向けた計画や戦略的な企画力も必要です。
有利な資格資格等はとくにありませんが、「広報担当者の養成講座」などが存在します。仕事の内容や心構えについて事前に学ぶことをおすすめします。
応募資格男性・女性の違いなどはとくに問われません。しかし、大学卒など最終学歴について問われることがあります。
平均年収400万円~500万円

法人営業 [年収400万円台・男性の仕事 7/10]

一般的に営業職は基本給のほかインセンティブ収入がメインとなります。契約数によって収入を高めることができます。会社規模やBtoBの取引の大きさによっても収入面は大きく変わります。

仕事内容営業職の一つです。営業をかける相手は企業であり、BtoBのつながりを持つための業務を行います。
未経験の可否未経験でも法人営業は可能です。
求められるスキル営業担当の業務経験があるとよいでしょう。また、これまで培ってきた人脈やコミュニケーションスキルは必須です。
有利な資格法人営業の分野でとくに資格は不要です。しかし、業種によって営業を行う場合は、免許や資格が求められる場合があるので注意しましょう。
応募資格男性・女性問いません。過去に法人営業の実務経験を持っている人は優遇されます。企業の規模によって、大学・大学院卒などの最終学歴の資格が必要になる場合があります。
平均年収430万円前後

カスタマーサクセス [年収400万円台・男性の仕事 8/10]

正社員よりも契約社員も目立つ業種です。また、顧客からのニーズが高まっているため、カスタマーサクセスに参入する企業も増えています。しかしサービスを受けた顧客の結果が思わしくなかったというように不安定な状態であることも収入の理由の一つです。

仕事内容能動的に働きかけることで、顧客の成功体験へ導く仕事です。顧客の要望を実現するために製品やサービスを提供し、顧客が目的を達成することを支援します。
未経験の可否「カスタマー」の対象が、法人か個人かでも大きく変わるでしょう。カスタマーサクセスの職種は新しく、エキスパートと呼ばれるような十分な実務経験を持つ人が少ないのが現状です。多くが未経験であるととらえましょう。
求められるスキルコミュニケーションスキルやプレゼン能力が必要です。また、データから分析した結果をもとに顧客へアドバイスを行うスキルも必要です。
有利な資格カスタマーサクセスには資格は必要ありません。しかし専門用語や専門的なデータなどを読み取る力が求められるため、男性で即戦力を目指すなら民間のビジネススクールが提供する講座を受講することをおすすめします。
応募資格現状では年齢などは問われませんが、新規事業に随行する、スタートアップ企業に携わるといった業務も見られます。柔軟性がある人や、独自ツール販売経験がある人といった人物像が細かく設定されることもあります。
平均年収400万円~500万円

研修講師(正社員) [年収400万円台・男性の仕事 9/10]

2022年現在、ニューノーマルでの生活が定着し対面での研修の機会が減っている傾向にあります。カリスマ性が高い講師のニーズが高まる一方で、オンデマンド講習など教材も確立してきているので、講師が担当する理由もなくなっているのが現状です。

仕事内容主に、社内研修の講師として活動します。コンサルティング企業などで正社員として在籍するといったルートが一般的です。
未経験の可否年収400万円以上を求めるならば、講師等の経験があるとよいでしょう。
求められるスキル言葉を正しく伝えられるスキルは最低限必要です。また話術やコミュニケーションスキルも求められます。正社員(プロ講師)として活動するなら、研修の最後まで興味を持って話を聞いてもらえるよう「インタラクティブコミュニケーションスキル」を磨くことが大切です。
有利な資格特段必要な資格はありません。しかし、プロ講師として活動するための訴求力として、そのカテゴリの能力を証明する資格を取得している傾向が高いです。
応募資格講師として携わるカテゴリに関して、能力を証明するなんらかの資格を保有しているならば、学歴や年齢は問われません。しかし正社員採用の場合、大学もしくは大学院卒業といった学歴が求められます。
平均年収350万円~600万円

飲食店の店長 [年収400万円台・男性の仕事 10/10]

飲食店の営業形態や客単価などに大きく左右されます。個人事業主の場合、従業員の数などもかかわってきます。雇われ店長の場合でも企業の規模によって年収にかかわってきます。

仕事内容文字通り、飲食店の店長です。バイトのシフト編成や顧客対応、店の責任者として立ち回ります。
未経験の可否未経験者でも業務に就けます。むしろ歓迎されることもあります。同じカテゴリでの勤務経験があると優遇されます。
求められるスキルリスクマネジメントやクレームの処理スキルが求められます。また顧客や従業員とのコミュニケーションスキルも重要です。雇用形態によってはコストコントロールの知識なども求められます。
有利な資格雇われ店長の場合は、資格は不要です。しかし、個人事業主として開業する場合は「食品衛生責任者」や「防火責任者」の資格が必要となります。
応募資格多くの場合、年齢や資格等は必要としません。業態によっては「飲食業界でスタッフマネジメント経験を持つ人」や「飲食業界での職務経験」が求められます。
平均年収350万円~400万円

【女性向け】年収400万円台の仕事

ベスト10リスト

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

広告営業 [年収400万円台・女性の仕事 1/10]

今では、安価な予算で出稿できるSNS広告が増えているため、収入につながりにくいこともあるようです

仕事内容広告出稿に関する全般的な窓口となります。広告主や出稿先との調整や広告制作との橋渡しを担います。
未経験の可否未経験者でも始めやすい職種です。
求められるスキルコミュニケーションスキルは必要不可欠です。また、トレンドを踏まえた提案力があるとよいでしょう。
有利な資格webリテラシーに関する検定合格やwebページのアクセス解析サービスに関する個人認定資格を取得することをおすすめします。昨今ではweb広告出稿が増えており、正しい形での広告出稿が求められるからです。
応募資格大卒以上であることが求められます。多くの場合、営業職経験者やWEBマーケティング経験者だと優遇されます。
平均年収430万円前後

企画営業 [年収400万円台・女性の仕事 2/10]

女性の働き方で年収400万円台の企画営業職は「稼げている」部類に入ります。しかし、残業なども多い点は否めません。

仕事内容自社の商品を推進するとともに、商品を使うための施策などを提案する営業の仕事です。顧客が解決したい課題をくみ取り、解決策を絡めた自社製品の売り込みを行います。
未経験の可否未経験でも可能ですが、マーケティング経験があるとなおよいでしょう。
求められるスキル基本的なビジネススキルのほか、マーケティング分析力などは必要不可欠です。また、顧客へさまざまな提案ができる発想力なども必要になります。
有利な資格とりたてて必要な国家資格等はありません。しかし、この分野の知識を深めたい場合はマーケティング関連の資格を取得することをおすすめします。
応募資格営業企画の応募資格について、年齢や性別、学歴などはありません。しかし、企業によって大卒以上といった学歴の指定があるかもしれません。
平均年収400万円~430万円

販促企画 [年収400万円台・女性の仕事 3/10]

販促企画は大手企業に多いポジションです。そのため給与自体が高いと受け止められます。年収400万円台は新卒入社の女性・男性それぞれに多い傾向にあります。

仕事内容企業が開発した商品などを消費者に購入してもらえるよう、販路拡大の企画や広告を打ってプロモーションをする仕事です。消費者に商品を認知してもらい購入につなげるための企画を行います。
未経験の可否未経験でもできる業種です。販売経験がある人などは優遇されるでしょう。
求められるスキルプレゼンテーション能力(企画力)が第一に求められます。また情報収集が好きな人やデータ分析能力がある人は向いているでしょう。
有利な資格マーケティングや販売士、販路に関する資格取得をおすすめします。販路をしっかり把握することで、効果的な販売促進を仕掛けることができるからです。
応募資格とくに年齢や学歴などの資格は不要ですが、企業によっては「販売職経験」や「企画職経験」を求められることがあります。
平均年収480万円

保険内勤営業 [年収400万円台・女性の仕事 4/10]

女性だけを切り取ると全年齢で年収400万円に満たないのが現状です。パート勤務などが多いことが理由として挙げられます。

仕事内容一般的に「カウンターセールス」と言われる業種です。保険業界では、既存顧客に対するアフターサービスや問い合わせに応じる窓口業務を行います。
未経験の可否業界未経験でもできる仕事です。とくに、異業種転職などは歓迎される分野です。
求められるスキルコミュニケーション能力は必要不可欠です。また保険業界は「相続」などの問題も扱うので、民法に関する知識をもっているとよいでしょう。
有利な資格入社時に必要な資格はありません。入社後に保険募集人として営業活動ができる資格を取得することが求められます。
応募資格高卒以上としているところが多いです。学歴や年齢は問われません。
平均年収400万円前後

幼児教室講師 [年収400万円台・女性の仕事 5/10]

少子化傾向にあるため。幼児教室自体が少なくなっています。また、教室の質にこだわる保護者も多く、淘汰されてしまう教室も少なくありません。年収400万円をめざすなら、質の高い教室で、数多くの教室運営を行う必要があります。

仕事内容幼児教室の講師として、幼児教育の一端を担う仕事です。音楽や知育、英語などそれぞれの分野に特化した教室があります。
未経験の可否幼児教室の講師を始める人のほとんどが未経験です。保育士経験や小学校教諭などの指導経験があるとなおよいでしょう。
求められるスキル幼児教室の質や内容によっても求められるスキルが異なります。どの分野でも、保護者に情報を提供する場所でもあるため、情報収集力やコミュニケーションスキルは必要です。
有利な資格幼児教室の性格上、短大卒以上の学歴が求められます。また、音楽教室の講師の場合、音楽能力に関する資格を保持することが最低条件となります。資格を保持することが、保護者への訴求力となるからです。
応募資格幼児教室は低年齢の幼児とのコミュニケーションが中心なので女性が求められることが一般的です。短大卒以上の学歴や、特定の資格保持者であることも資格条件に入ることもあるでしょう。
平均年収300万円~400万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

データ入力 [年収400万円台・女性の仕事 6/10]

多くの場合、派遣社員やパート社員が担っています。年収が高いように見えますが、派遣社員の時給が高く設定されているため、年収が高く反映されていうと考えられます。

仕事内容資料に記載された数値や語句などを特定のソフトなどに入力する業務です。入力だけではなく入力後の検証作業なども仕事の一つに含まれています。
未経験の可否未経験でも始められる職務です。
求められるスキルパソコンの基本的なスキルはもちろんのこと、テンキー操作とタッチタイピングは必要不可欠です。場合によっては表計算ソフトの取り扱いができることも求められます。
有利な資格データ入力を始めるにあたり、必要な資格はありません。訴求力につなげたい場合はタイピングに関する検定試験を受験すべきでしょう。
応募資格年齢や性別は問われません。女性が歓迎される業務です。
平均年収300万円~400万円

DTPオペレーター [年収400万円台・女性の仕事 7/10]

フリーランサーや主婦層の在宅勤務での受注が多いのが年収の理由です。年収400万円台を目指すなら、大手印刷会社などで商用印刷物などを手掛けるオペレーターを目指すのが近道です。

仕事内容デザイナーが考えた原案から印刷物を完成させるために、パソコンを使ってデータを調整する業務です。デスクトップパブリッシングの頭文字をとって名称にしています。
未経験の可否未経験でも可能ですが、デザイン業界や印刷業界での経験があると優遇されます。
求められるスキルパソコンの基本的スキルはもちろん、複数あるグラフィックソフトについて応用までできることが大前提となります。
有利な資格とくに資格は必要ありません。ただし、即戦力となるための訴求力が欲しいなら、グラフィックソフトの能力認定試験や、DTPに関する民間の検定試験に合格すべきでしょう。
応募資格学歴や性別などの応募資格は問われません。女性がしっかり働けるフィールドです。
平均年収300万円~420万円

携帯ショップ店員 [年収400万円台・女性の仕事 8/10]

多くの場合、パートタイマーや契約社員、アウトソーシングで働く派遣社員であることがその理由です。年収400万円を望むなら、直営店勤務の正社員を目指すことをおすすめします。

仕事内容スマホやそれに関わる機器の販売のほか、加入手続き・修理の受付などを行います。店舗のカウンター業務が主です。
未経験の可否未経験でもできる業務です。多くの人が未経験から仕事をはじめています。
求められるスキルコミュニケーションスキルは必要不可欠です。また、携帯電話会社の仕組みや定期的に変更する料金体系やサービスなどの情報に敏感になる必要があります。
有利な資格携帯ショップの店員になるために必須の資格はありません。しかし、訴求力を高めるためにはビジネスマナーに関する検定試験に合格し、ビジネスマナーの基本は備わっていることをアピールするとよいでしょう。
応募資格経験や年齢、学歴は問われません。女性に人気の職業です。
平均年収340万円~450万円

パーソナルトレーナー [年収400万円台・女性の仕事 9/10]

24時間フィットネスジムの台頭により、パーソナルレッスンが受けられるジムが少なくなっています。またオンデマンドによるオンラインレッスンも増え、対面型のレッスンが少なくなっているのが現状です。その反面パーソナルレッスンを利用する人が増えており、収入の面につながっていると考えられます。

仕事内容マンツーマンでトレーニングをレクチャーします。クライアントのライフスタイルや要求に合わせたレッスンスケジュールを立てることも業務の一つです。
未経験の可否フィットネスジムでのスタッフ経験やヨガ、ボディメイクの経験などが求められます。
求められるスキルコミュニケーション能力はもちろんのこと、筋肉や体の仕組みについて熟知していることが求められます。運動機器の使い方もマスターする必要があります。
有利な資格パーソナルトレーニングジムの性格に合わせたインストラクター資格が必須です。安全にかつ的確にクライアントに指導しなければいけないからです。
応募資格学歴は問われませんが、インストラクター資格を保有していることが大前提として掲げられます。
平均年収360万円~400万円

美容師 [年収400万円台・女性の仕事 10/10]

女性の場合、パート勤務で働く美容師も増えています。また、多くのヘアサロンでは「固定給+歩合」であることが多く、多くの顧客を担当しなければ、年収400万円台にはつながらないことも多いようです。

仕事内容ヘアサロンで働く人を指します。パーマネントやヘアセットのほか、髪の毛に関する美容全般を承る仕事です。
未経験の可否資格がないと業務に就くことができません。有資格者で経験がなくても飛び込める業界ですが、顧客のヘアカットなどを担当するにはインターン期間が必要になります。
求められるスキルコミュニケーションスキルはどうしても必要になります。またカットやヘアカラーに関するスキルは日々研鑽しなければいけません。
有利な資格美容師国家資格が大前提です。この資格がなければ美容業に従事することができません。
応募資格美容専門学校を卒業し、美容師国家資格を取得していることが求められます。年齢や性別は問われません。女性が活躍できるフィールドです。
平均年収330万円~420万円

年収400万円の仕事に就くメリット

メリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

メリット1:貯蓄できる年収帯

賞与以外に月25~30万円ほどの収入が見込めます。生活の質さえこだわらなければ、毎月貯蓄がかないます。既婚者の場合は、夫婦共働きを検討することで、生活の質を少し上げても貯蓄がかなうようになります。

実家暮らしや、配偶者の収入で生活が支えられる場合、自分の収入のほとんどが貯蓄に回せます。働き続けることで年齢給やキャリアアッププランによってさらに貯蓄に回せる収入がアップするところもポイントです。

ななか編集員

年収400万円というと、30代会社員が年齢給などで達成できる収入層です。新卒採用時に勤務先を吟味する、資格職手当を目指し資格を取得するなど努力を重ねることも必要です。とくに転職を検討する際、資格と勤務経験は年収アップの大きな要素なので日々の研鑽をおすすめします。

メリット2:趣味や旅行の自由度が上がる

生活費以外の自由に使えるお金が手元に残るため、趣味にかける予算額が大きくなります。毎月小さな楽しみを作るほか、年に一度大きな旅行に行くなどお金の使い方に対する自由度も高まります。

趣味のためのお金は高額に上ります。そこまで趣味にお金をかけることがなければ、貯蓄の割合を高めることもできるでしょう。楽しみながら貯蓄もできるといえばいいことづくめではないでしょうか。

ななか編集員

趣味や旅行は計画をする楽しみも含まれます。楽しみのあまり、大きな計画をすることもあるでしょう。しかし、年収400万円の生活は「毎月の生活費にちょっとの余裕が出る」程度です。貯蓄なども必要なので毎月の予算を決め、その範囲内で楽しむようにしましょう。

メリット3:一生物のスキルが身につく

年収400万円の世界というと、新卒採用で入社後5~6年経過したころが妥当です。30代の収入としては妥当な線だといえます。また資格を活かした仕事ができるようになります。一生物のスキルが身につく、というのはこういった点があげられます。

このころになると仕事の仕方がわかり、後輩の指導をすることも増えるでしょう。中堅社員としてステップアップする時期です。仕事を通じて自分自身も研鑽できるので、仕事面での高みを目指せるようにもなります。

ななか編集員

一生物のスキルを身に着けるためには、その業界に長く務めることが先決です。年収400万円の仕事となると、そろそろ「転職」の悩みも出始めるころと重なります。スキルを活かせる企業への転職で、自分のスキルを確固たるものに変えられます。

年収400万円の仕事に就くデメリット

デメリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

デメリット1:責任感を求められやすい

年収400万円台に届く人の多くは、大卒入社5年目などいわゆる「中堅社員」に当たる人が増えます。後輩社員も入社しますし、早い人では主任や係長といったリーダー的役割を担う人も出てくるでしょう。そのため責任を求められやすくなります。

デメリットは年収400万円のうち「残業手当」の割合が多いという人も見られることです。責任を果たすために残業をし、残業手当で年収を底上げしているのはあまり良いことではありません。基本給などの固定の部分で年収をあげられるようにしたいものです。

おさむ編集員

責任を果たすための残業はできるだけしない、チームワークで効率よく生産性がある仕事をできるように検討していく必要があります。責任から残業を余儀なくされているという場合は、年収が上がりますが体を壊す一因になります。気を付けながら職務に当たりましょう。

デメリット2:主体性が低い人にはきつい

年収400万の仕事を担う場合「指示されたから残業をしている」というように主体性がない仕事をしていると、評価に直結します。昇給や賞与査定でマイナス評価がついてしまえば、年収400万円の目標が遠くなってしまいます。

年収400万円の仕事の場合、ノルマが課せられるほか、矢継ぎ早に仕事が舞い込んでくる可能性があります。「年収400万以上の稼ぎをこの給与でしている」という気分になる可能性も否めません。仕事量と給与面で乖離しているように感じるのは問題です。

おさむ編集員

主体性がない人が「仕事量と給与の差」を考えはじめると、最終的に退職を検討するといった安易な方向へ向かいやすくなります。職歴が増えるほど年収400万が遠ざかる可能性もあるので、できるだけ仕事でのスキルを積み重ねるための工夫をしましょう。

デメリット3:指示待ちタイプには辛い

年収400万円の仕事の場合、スピード感が求められる業界が多い傾向にあります。指示待ちで行動するタイプの人は、周りに置いて行かれてしまいます。どんな仕事をしたらいいのかわからず即戦力としての仕事ができない人になってしまうでしょう。

指示待ちで立ち往生してしまうと、会社の体力によっては「解雇の対象」となってしまう可能性も否めません。年収400万円が無収入になってしまう可能性も高まります。また解雇された事実は就職活動を難航させる原因にもつながるので注意しましょう。

おさむ編集員

「指示待ち人間」だと気づいたら、どうすべきか対処すべきです。しかし、自ら考えて仕事ができないという場合は、マニュアルがある業種へ転職することを検討しましょう。業種を変えることで、年収400万円へアプローチすることができます。

年収400万円の人が年収をアップする方法

年収アップ方法

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

副業する

副業で未経験からでも始めやすいのは「ライティング」「アンケート回答」「フリマアプリ」などが挙げられます。知識をさほど必要とせずに始められるものばかりです。

▼おすすめする理由
インターネットに接続できるパソコンがあれば即日始められます。また、仕入れなどの初期投資も不要で、すぐに売り上げに直結できるものばかりです。単価は低いですが、わずかな時間で収入につなげられるので、コツコツ数をこなせば大きな収入につながります。

ななか編集員

副業は仕入れや初期投資が不要なものに着目し、即日着手できるものから始めましょう。「ライティング」などは単価が安いのですが、短時間で成果につながります。コツコツ続けることで正社員の収入を補える副収入が得られます。

貯金して投資に回す

「つみたてNISA」「長期分散投資(おつり投資)」「投資信託積み立て(ワンコイン投資)」などが未経験からでも簡単に始めやすい投資方法です。アプリダウンロードやネット証券に口座を開設するとすぐに始められます。

▼おすすめする理由
いずれの方法でも毎月少額から投資できるからです。100円や500円などのワンコインから始められるので、年収400万円でわずかな余剰しかない場合でも安心して始められます。アプリなどを利用してコツコツ投資できるので、少ない元手でもリターンが得られます。

ななか編集員

年収400万円で月々の余剰金はわずかです。貯金を殖やしたい場合は小額投資を始めることをおすすめします。毎日・毎週・毎月などわずかな費用で積み立て投資をしていくと、数年後には元手とリターンが得られるようになります。

転職する

異業種転職を試みる場合、「法人営業」「販促企画」「営業事務」などが未経験でも始めやすい業種として挙げられます。

▼おすすめする理由
ここに掲げた3つの職種は企業内のポジションです。初めてでも研修が行われますし、OJTなど先輩社員の指導の下で仕事を覚えることができます。転職の場合、即戦力で仕事ができることが望まれますので、少しでも「仕事の内容が想像できる職種」なら飛び込みやすいのではないでしょうか。

ななか編集員

年収400万円からそれ以上を目指し、未経験の業種で転職したいという場合、営業や事務といった職種がおすすめです。資格やスキルがなくても飛び込めます。またチーム行動が一般的ですので、指導や改善などを行いながら、働きやすい環境や生産性のある仕事につながります。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

年収400万円の仕事に転職する方法としておすすめしたいのが、転職エージェントを活用した転職です。自力での転職活動は年収400万円以上を目指せる仕事をなかなか見つけにくいといったデメリットが挙げられます。

その点転職エージェントを経由すると、自分の市場価値を客観的にジャッジしてもらえます。そのうえでスキルや適性に見合った職場を紹介してもらえます。会社の風土や福利厚生面などを考慮して転職希望の応募ができますので、熟考しながら転職先が決められるところもおすすめポイントです。

また面接のサポートや、年収400万以上を目指したい場合の折衝も引き受けてくれる転職エージェントもあります。カウンセリングなどを通じて自身の希望を伝えられるエージェントを探すのがポイントです。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、34歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!