年収600万円の仕事ベスト10!男女別の稼げる職種をわかりやすく解説

年収600万円台の仕事

年収600万円以上を狙える仕事にはどのようなものがあるでしょうか。日本の平均年収である436万円を超える稼ぎ方が可能な職種を、男性向け10選・女性向け10選の計20職種掲載。ワンランク上の年収帯を実現する転職を目指す人向けの内容です。

サラリーマンとしてのステータスでもある、年収600万円ゾーンの突破が可能な仕事とはどんな内容や特徴があるのか、仕事のメリットデメリット、更に収入を伸ばしたい時に未経験者でも始められる方法も解説します。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

年収600万円の仕事とは?

国税庁が公表している「民間給与統計調査」によれば、2020年(令和2年)の日本人の年間の平均給与は約433万円(給与369万円+賞与65万円)とされています。日本人の年間の平均給与は1997年(平成9年)をピークとして、それ以降を通しで見た場合、一時的な回復が見られた時期もありましたが、下降する傾向にあります。

年収600万円を得た場合、日本全体の平均的年収を130万円ほど上回ることになり、これは日本人の平均的年収の約1.4倍の収入に当たります。日本の平均年収の下降傾向の歯止めの目途が立たない今、まず年収600万円の仕事に就ければ、社会人として「勝ち組」のステータス獲得への第1歩ということができるでしょう。

年収600万円の仕事の特徴

仕事の特徴

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

資格が有利に働く仕事

年収600万円台を平均的に稼げる職業としては、一級建築士、弁護士、不動産鑑定士、税理士などのいわゆる士業を挙げることができます。これらの職業は、国家資格のような難しい試験を受けて、資格を取得する必要があります。

また、大学准教授も該当しますが、大学で助教もしくはそれに準ずる職員としての経験を積んでから、初めてなれるものです。一般的には40代以上になって、大学准教授になる人が多いです。20代や30代でも准教授に昇進するケースはありますが、相当な研究実績と論文作成数が必要とされます。

他に高収入を得られる資格として良く知られるのが医師の資格でしょう、医師として働くには国家資格である医師免許を必要とし、その取得はかなり困難ですが高収入だけではなく社会的信用を得られる仕事でもあります。

競合が激しい仕事

平均の年間給与が高いのは、市場が「レッドオーシャン」と呼ばれる状態となっている業界にも多い傾向があります。レッドオーシャンとは「真っ赤な海」、文字通り、血で血を洗うような激しい競合が起こっている市場を指す言葉で、対義語は「ブルーオーシャン」です。

レッドオーシャンはニーズが高いことから、参入する企業も多くなり、価格競争が激しくなりやすいことが特徴です。最終的には競争がなく、かつ高成長と高収益が見込めるブルーオーシャンを目指すことが理想とされます。レッドオーシャンの状態では優秀な人材をより多く必要とすることから、各企業は年収額を上げて、より多くの人材を獲得しようとします。

レッドオーシャンの業界からブルーオーシャンに抜け出した事例として有名なのが文房具業界における「消せるボールペン」です。

高収入のレベルに達している仕事

レッドオーシャン状態を抜けてブルーオーシャンに達している業界、つまり、競合することなく高収益高成長が狙える業界も、基本年収が高くなる業界です。国税庁の2018年(平成30年)度の「民間給与実態統計調査」によれば、年収600万円を給与所得として得ている人は全体の6.5%となっており、給与所得で600万円以上の年収を得るのは相応に困難であると言えるでしょう。

同じ資料によれば、平均年収が600万円以上となる業種は「電気・ガス・熱供給・水道業」の平均715万円、「金融・保険業」の平均630万円、情報通信業」の平均611万円の3業種のみとなります。他業種でも資格を取得するなどのスキルアップを図ることで600万円を超える年収を得ることは可能ですが、確実な線を狙いたいのであれば、これらの業種を選ぶ必要があると言えるでしょう。

【男性向け】年収600万円台の仕事

ベスト10リスト

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

一級建築士 [年収600万円台・男性の仕事 1/10]

大手ゼネコンの大規模建築物等、大きな建設物の設計と現場監督ができる資格で、男性に注目される仕事です。

仕事内容一級建築士は建築物の設計と工事管理を主な仕事とします。二級建築士や木造建築士と違い、建築範囲の制限はありません。
未経験の可否一級建築士は国土交通大臣から国家資格の認可を受ける必要があります。7年の建築実務経験を積むと二級建築士の試験が受けられ、そこから4年の事務経験を積めば、受験資格を得られます。
求められるスキル一級建築士としての知識と経験に加え、提案や交渉等、人間同士のコミュニケーションスキルが求められます。
有利な資格建築設備士の資格があれば、実務経験なしで二級建築士の受験資格が得られます。
応募資格一級建築士として企業や事務所に就職すつためには一級建築士の資格が必要です、
平均年収500万円~700万円

弁護士 [年収600万円台・男性の仕事 2/10]

最難関の国家資格である司法試験を合格して弁護士の資格を得た人には高い需要があり、年収600万円以上を稼げる理由なっています。

仕事内容弁護士は法律の専門家として、法律相談や他人との交渉、裁判での係争を行う仕事です。
未経験の可否弁護士になるには、司法試験に合格して資格を取得する必要がある上、1年間の司法修習と司法修習考試に合格する必要があります。
求められるスキル司法試験に合格できるだけの知識と思考力に加え、コミュニケーション能力や交渉スキル、膨大な資料を整理できるスキルも求められます。
有利な資格弁護士になるために有利な資格は特にありません。
応募資格弁護士事務所や企業に弁護士として応募するためには弁護士の資格が必要です。
平均年収945万円

不動産鑑定士 [年収600万円台・男性の仕事 3/10]

不動産鑑定士の資格取得者は全国で9,000人程度と少なく、需要の高い仕事だからです。

仕事内容不動産鑑定士は土地や建物等の不動産について、その価値を鑑定して評価を行い、「不動産鑑定評価書」を作成することを主な仕事とします。
未経験の可否不動産鑑定士になるためには資格試験に合格して不動産鑑定士資格を得る必要がありますが、それ以前の実務経験は問われません。
求められるスキル不動産鑑定士の資格が得られるだけの知識と思考力に加えて、鑑定評価書を作成するための文集力や、不動産の活用法などを考えるアイデア力といったスキルが求められます。
有利な資格不動産鑑定士の資格を得るのに、特に有利になる資格はありません。
応募資格不動産鑑定士として企業や事務所に就職するには、不動産鑑定士の資格が必要です。
平均年収400万円~700万円

大学准教授 [年収600万円台・男性の仕事 4/10]

高度な専門知識と技術が要求される職業だからです。

仕事内容男性で年収600万円以上の仕事となる大学准教授とは、大学(高等教育機関)で教授の次となる立場である職階・役職・教員のことです。
未経験の可否大学准教授になるためには、大学の助手・助教を3年前後、講師を5年以上勤めた経験、もしくは官公庁や企業などで実務に携わる必要があります。
求められるスキル大学准教授になるには、探求心と知的好奇心に加え、論理的思考力が求められます。
有利な資格特に有利になる資格はありません。
応募資格大学准教授になるために必要な資格は特にありません。
平均年収600万円~900万円程度

商社マン [年収600万円台・男性の仕事 5/10]

商社はボーナスが高く、また昇給の伸びが飛躍的であるとされています。ただし、広範な商品の知識を要求される総合商社と特定の商品のみの知識を必要とする専門商社では収入面で前者に比較して後者には大きな格差が出ます。

仕事内容輸出入貿易や国内の物資販売を主に行う商業を営む会社を商社と呼び、その商社で主に営業職に就く男性を商社マンと呼びます。
未経験の可否会社ごとに規定は違いますが、未経験者を募集している商社もあります。
求められるスキル総合商社で特に求められるスキルは、コミュニケーション能力、英会話能力、財務知識です。
有利な資格商社マンになるために取得しておくと有利になる資格は、TOEIC(800点以上)や簿記(2級以上)、貿易実務検定や通関士の資格などです。
応募資格一般的には、大学卒以上の学歴を必要とします。
平均年収専門商社)600万円前後
総合商社)1,300万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

銀行員 [年収600万円台・男性の仕事 6/10]

銀行は規制業種で高い利益率が確保できること、また優秀な人材を確保するためと言われています。

仕事内容男性で年収600万円以上となる銀行員の仕事は、顧客から預金を集め、為替業務や融資業務を行うことです。
未経験の可否中途採用で未経験者を募集している銀行もありますが、都市銀行やメガバンクは原則、新卒採用のため、転職は困難です。
求められるスキル銀行員に求められるスキルは簿記能力とコミュニケーションスキル、そして変化への対応力です。
有利な資格銀行員には取得すべき資格が数多くあります。銀行への就職・転職を考える場合はファイナンシャルプランナー2級以上や簿記2級以上など、メガバンクでは英語必須となる場合が多いのでTOEIC、銀行員としての出世を狙うなら中小企業診断士や税理士の資格等が代表的です。
応募資格一般的には、大学卒以上の学歴が必要です。
平均年収609万円

証券マン [年収600万円台・男性の仕事 7/10]

インセンティブ制度や歩合給制度が導入されている会社が多く、働くほど稼げる業界となっています。普通に働けば年収600万円台は保証される仕事です。

仕事内容男性で年収600万円以上となる証券マンとは証券会社において、株式の売買の際に証券取引所と顧客を仲介する仕事をする人です。
未経験の可否特に営業職に関しては、積極的に未経験者でも採用する傾向にあります。
求められるスキル証券マンには金融経済に関する知識の他、株式市場の動向を冷静に分析する思考力と判断力、先見的な計画を立案する能力が求められます。
有利な資格外務員資格は金融商品の提案や販売をする際に必須となるので、あらかじめ取得しておくと転職に有利です。また、ポートフォリオの作成や管理のスキルが身につく証券アナリストの資格を取得することで、資産運用の仕事に携わる際に有利になります。他にDCプランナーやAFP資格なども、証券マンとして働く際に有利に働きます。
応募資格一般的には、大学卒以上の学歴が必要とされることが多いです。
平均年収760万円

システムエンジニア [年収600万円台・男性の仕事 8/10]

システムエンジニアの年収が高いのは、IT業界が慢性的な人手不足であることや参入障壁が高いことが理由として挙げられます。残業が多いことも要因のひとつです。

仕事内容男性で年収600万円以上となるシステムエンジニアとは情報システムの開発において、顧客の求める内容から仕様を決め、大まかな設計をする上流工程を担当する仕事です。
未経験の可否システムエンジニアの求人には未経験者歓迎とするものも多く、未経験でも転職可能です。
求められるスキルシステムエンジニアにはプログラミングのスキルの他、論理的思考力やコミュニケーションスキル、タイムマネジメントスキルなどが要求されます。
有利な資格システムエンジニアは無資格でもなれる職種ですが、IT系各種資格を取得することで自分のスキルが客観的に証明できるようになり、就職転職に有利となります。国家資格の基本情報技術者試験や応用情報技術者試験、ベンダー資格のマイクロソフト認定試験やオラクルマスター、Linux技術者認定試験などがお勧めです。
応募資格システムエンジニアには原則、未経験者でも応募可能ですが、プログラマーとしての勤務実績があることが望ましいとされます。
平均年収569万円

経営コンサルタント [年収600万円台・男性の仕事 9/10]

経営コンサルタントは顧客の経営に関する問題を解決できる高いスキルを要求されることから、年収が高くなる傾向にあります。

仕事内容男性で年収600万円以上となる経営コンサルタントは顧客企業の経営戦略のコンサルティングを行う仕事です。
未経験の可否経営コンサルタントになるために必須の資格はなく、未経験者でも可能ですが、営業職やリーダー・マネージャー職の経験者など、一定以上の経験を求める求人が多い傾向にあります。
求められるスキル経営コンサルタントには業界知識とIT領域の経験の他、インタビューのテクニックやプレゼンテーションのスキルが求められます。
有利な資格中小企業診断士か公認会計士、もしくは税理士の資格を取得していると、客観的に「経営に詳しく信頼できる」という評価を受けやすく、経営コンサルタントとして有利となります。
応募資格経営コンサルタントになるために必須の資格はなく、未経験者でも応募できます。
平均年収500万円~1,000万円程度

ヘッドハンター [年収600万円台・男性の仕事 10/10]

ヘッドハンティングには人件費以外の費用が必要ないので、売り上げのほとんどを給料にすることができ、年収が高くなります。

仕事内容男性で年収600万円以上となるヘッドハンターは顧客企業の採用担当者の求人ニーズを把握し、必要とされる人材を探し出してアプローチし、顧客企業と人材候補間の調整役として円滑な採用を支援する仕事です。
未経験の可否ヘッドハンターには特に必須の資格はありませんが、高学歴で能力が高いこと、企業経営の経験やそれなりのキャリアが求められるなど、未経験者にはハードルが高い仕事と言えます。
求められるスキルヘッドハンターには、カウンセリングスキルや自己理解・仕事の理解の支援、意思決定の支援など、さまざまなスキルが必要とされます。
有利な資格キャリアコンサルタントの国家資格を取得していると、人材紹介業者としての信用が得られるので有利です。
応募資格ヘッドハンターになるために必須の資格はありません。
平均年収600万円~800万円程度

【女性向け】年収600万円台の仕事

ベスト10リスト

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

医師 [年収600万円台・女性の仕事 1/10]

需要と供給のバランスによる他、大きな責任を伴う仕事であること、24時間体制の激務であることが理由に挙げられます。これらの理由から若いうちに年収600万円台を達成することが可能です。

仕事内容医師には、病院勤務や開業医として患者の治療に従事する「臨床医」と、大学や病院で研究に従事する「研究医」の2種類があります。全医師数における女性医師の割合は増加傾向にあります。
未経験の可否不可。
求められるスキル医療に関する専門的知識と技術(テクニカルスキル)が必須であることに加え、患者とのコミュニケーション能力や医療チームリーダーとしての統率力(ノンテクニカルスキル)も問われます。
有利な資格「心電図検定」「救急資格」を取得しておくと、より現場での対応力が高まり、有利です。また、「TOEIC」等の英語系資格も転職の際に有利になります。
応募資格医師になるには6年制の医学部を卒業し、医師国家試験に合格しなければいけません。さらに、最大8年間の臨床研修での実務経験が必要です。未経験者が医師になることはできません。
平均年収1,016万円

歯科医師 [年収600万円台・女性の仕事 2/10]

歯科医師の年収が高いのは、専門性の高い職業であることが主な要因です。

仕事内容女性で年収600万円以上となる歯科医師は歯を始め、口腔内全般に関する診療を行う専門医です。
未経験の可否未経験で歯科医師になることはできません。
求められるスキルクリニック(歯科医院)を開業するのであれば、歯科医師としての技量に加え、経営者としての能力が必要となります。また、暗く狭い口内で治療を行うための器用さと丁寧さも要求されます。
有利な資格特に有利となる資格はありません。
応募資格歯科医師になるには、6年制の歯科大学もしくは大学歯学部を卒業して、歯科医師国家試験に合格し、1年間の臨床研修を受ける必要があります。
平均年収644万円

大学教授X [年収600万円台・女性の仕事 3/10]

大学は学生一人の学費が大きく、結果的に市場規模が大きくなることが高収入の主な要因となっており、年収600万円台び達成は難しくありません。また、専門性の極めて高いことも理由となっています。

仕事内容大学教授は専門分野の研究を行い、成果を論文や学会で公表するとともに、学生に対して学問に関する授業を行う仕事です。
未経験の可否スポーツや芸術分野、企業の研究職など、特定の技能や知識に秀でていると認められた場合、大学卒でなくても教授に抜擢される可能性があります。
求められるスキル大学教授には探求心と知的好奇心、論理的な思考力が求められます。
有利な資格大学教授になるために有利な資格は特にありません。
応募資格必要な応募資格はありません。
平均年収969万円

高校教諭 [年収600万円台・女性の仕事 4/10]

高校教諭の年収が高いのは、小中学校と比較して専門性が高く、高度であるからとされています。

仕事内容高等学校の生徒たちに教育を行う仕事です。
未経験の可否高校教諭には教員免許を取得すればなれるので、未経験者の一般社会人でもなることは可能です。
求められるスキル生徒の進路の問題やクラス内のいじめやトラブル等、精神的負担の生じる問題を抱えても耐えることのできる精神力が求められます。また、担任を受け持つ場合は適切な指導を行うために、クラスの生徒全員に対する観察力も必要です。
有利な資格公立高校の教員採用試験では、TOEIC等の特典が高いと加算や試験科目の一部免除が受けられ、有利です。私立学校の採用試験では、学校業務で使用する機会の多いパソコンスキルを証明するマイクロソフトオフィススペシャリスト等を取得していると良いでしょう。
応募資格高校教諭になるためには、大学で取得できる「1種免許状」、もしくは大学院で取得できる「専修免許状」が必要です。
平均年収621万円

公認会計士 [年収600万円台・女性の仕事 5/10]

公認会計士が高年収である理由は、資格取得の難易度が高いことや業務内容の専門性、そして需要の高さにより年収600万円台は確実に達します。

仕事内容女性で年収600万円以上となる上場企業や資本金5億円以上の企業に対する監査を行うことが公認会計士の主な仕事です。
未経験の可否公認会計士には国家試験に合格すればなれるので、未経験者も可です。
求められるスキル数字に強いことが求められる他、情報収集能力やコンサルティング能力も必要です。
有利な資格TOEICのハイスコアを取れば、外資系企業や英語が公用語となっている企業でスキルアップを図れるので有利です。
応募資格必要な資格は特にありません。
平均年収2020年「賃金構造基本統計調査」によると、女性の公認会計士の年間平均収入は744万円です。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

戦略・経営コンサルタント [年収600万円台・女性の仕事 6/10]

経営コンサルタントの年収が高いのは、顧客の経営問題を解決できるスキルの需要が高いからであり、年収600万円台達成も可能となるからです。

仕事内容女性で年収600万円以上となる戦略・経営コンサルタントは、クライアントが経営戦略や経営で抱える課題をヒアリングを通じて把握し、解決策を提示する仕事です。
未経験の可否戦略・経営コンサルタントに必須の資格はなく、未経験者でも応募可能な募集もあります。
求められるスキル戦略・経営コンサルタントに求められるのは、クライアントから情報を引き出す質問のスキル、提案をするためのプレゼンテーションのスキル、経営戦略の立案スキルです。
有利な資格経営学に精通していることを客観的に証明できる経営学修士(MBA)の資格を取得しておくと有利です。
応募資格戦略・経営コンサルタントの募集は各社によって条件が異なり、必須の資格はありません。
平均年収510万円

リスクコンサルタント [年収600万円台・女性の仕事 7/10]

企業にとって潜在的リスクの洗い出しと解消は非常に重要であるため、リスクコンサルタントへの報酬が高くなります。

仕事内容女性で年収600万円以上となるリスクコンサルタント正しくは「リスクマネジメントコンサルタント」と言い、企業内部の隠れたリスクを洗い出し、事前に手を打つための支援を行う仕事です。
未経験の可否未経験者歓迎の求人もあるので可能です。
求められるスキル法務・財務・自自労務などの各分野の知識が求められます。
有利な資格「NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会」のRMCA-J(R)リスクコンサルタント等の資格を取っておくと、リスクコンサルタントとしての実力を客観的に示せるので、転職に有利になります。
応募資格応募に必須の資格はありません。
平均年収670万円

MR [年収600万円台・女性の仕事 8/10]

女性で年収600万円以上となるMRは専門知識を必要とする職種であり、かつインセンティブや手当が付くことが多く、収入が高くなります。

仕事内容MRは「Medical Representatives」の略称で、日本語に翻訳すると「医薬情報担当者」となります。人々の病気・ケガを治療するための「医薬品」に関する専門家として、医師の処方箋に基づいて薬剤師が処方する「医療用医薬品」を扱い、主に会社で働く仕事です。
未経験の可否後発品メーカーや中小の製薬会社では未経験者を募集している場合もあります。
求められるスキル厚生労働省のデータによれば、MRには「傾聴力」「説明力」「読解力」「説得力」「交渉力」という5つのスキルが必要であり、特に「傾聴力」が重要とされています。
有利な資格MRになるために特に有利に働く資格はありませんが、「MR認定制度」に合格して「MR認定書」を取得しておくと、転職に有利になります。
応募資格国家資格等はなく、未経験者でも応募可能です。
平均年収545万円

法務 [年収600万円台・女性の仕事 9/10]

法務の仕事は企業の根幹にかかわる業務であり、非常にニーズが高いことから年収が高くなる傾向にあります。

仕事内容女性で年収600万円以上となる法務の仕事とは、企業において社内外を問わず、企業活動上必要となる法律手続きを適切に処理することが仕事です。契約と取引に関する法務やコンプライアンス・社内規定の作成、紛争対応などを行います。
未経験の可否未経験者を募集するケースもありますが、法務に関する知識を問われます。
求められるスキル法務の業務には高度な法律知識に加えて、業界知識とコミュニケーションスキル、海外企業との取引がある会社では英語力が要求されます。
有利な資格法務の業務ではコンプライアンスや個人情報を取り扱うことになるので、ビジネスコンプライアンス検定や個人情報保護士などの資格を持っておくと、転職に有利です。また、法律の知識も問われますので、弁護士・司法書士・行政書士といった士業の資格も有利になります。
応募資格法務に転職するための必須の資格は特にありません。
平均年収551万円

企画・管理職 [年収600万円台・女性の仕事 10/10]

企画・管理職は企業経営の根幹を支える職種として、重要性が高いことから年収が高く設定されています。平均年収は600万円台以下とさrていますが、会社規模や成果によっては600万円台も難しくありません。

仕事内容女性で年収600万円以上となる企画・管理職は、経営方針や事業戦略の計画実行を行う「経営事業企画」、新商品開発や既存商品のリニューアルを行う「商品企画」など、企業経営の根幹となる業務を総括した仕事の呼称です。
未経験の可否企画管理職の求人は基本的には経験者が優遇される傾向がありますが、未経験者募集も行われています。
求められるスキル企画・管理職には、企画の立案能力以外にも、プレゼンテーションやコミュニケーション、情報収集などのスキルに加え、業界についての幅広い知識が要求されます。
有利な資格転職したい企画職により、有利な資格も違ってきます。経営企画系であれば、経営学修士(MBA)を取得していることで経営に精通していると見られ、有利です。また、英語が必須となる外資系企画に対しては、TOEICのハイスコアが有効です。
応募資格企画管理職への転職に必須の応募資格はありません。
平均年収430万円程度

年収600万円の仕事に就くメリット

メリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

メリット1:生活水準が中流より上になる

2021年の国税庁のデータによれば、日本人の平均年収は436万円とされています。この平均年収程度の収入を得ている人を全人口における「中流」と位置付けた場合、年収600万円はそれより164万円多く収入を得ることになり、中流よりも豊かな生活水準を期待することができます。

年収600万円であれば、貯蓄(自由に使えるお金)がより多く取得できるので、生活に余裕が出ます。

ななか編集員

貯蓄に回せる金額は、家賃や食費など、生活に必要な費用によって変わってきます。収入があってもバランスを考えた生活を送ることが、豊かな生活水準を維持する基本です。

メリット2:キャリアアップ転職しやすくなる

年収600万円を超える職種であること自体が、レベルの高い仕事がこなせるというイメージを作るアドバンテージになり、よりキャリアアップを図るための転職活動もしやすくなります。また、経済的に転職をするのに必要な経済的余裕も作りやすくなります。

レベルの高い仕事がこなせるというイメージは転職に有利に働きます。年収600万円以上の仕事は社会的に信用が高くレベルが高いと認識されていることが一般的なことから、その職に就いていることはキャリアアップを狙う転職に際し有利です。

ななか編集員

キャリアアップを目指しての転職であれば、転職先ではより高い能力を期待されることになるので、日々自己研鑽に努めることが大切です。

メリット3:尊敬される立場に就くことが増える

年収600万円を超える仕事は、企業内にあってはチームや部署を統括するリーダー的な立場に立つことが多いです。また、士業や医師など社会的ステータスが高いとされる職業が多く、その職に就くことが社会的に尊敬される立場に就くことを意味していると言い換えることもできます。

医師は年収600万円以上が得られる職業の代表例ですが、臨床医であれば多くの患者の生命や健康を守り、研究医であれば医学の発展に貢献し表彰を受けるような仕事ができます。医師は社会的にも特に、尊敬を受ける仕事のひとつでしょう。これは年収600万円以上の職全般にも言えることです。

ななか編集員

年収600万円以上を狙える職業は尊敬を受けることができる分、難易度の高い仕事でもあるので、いかに自分をスキルアップできるかが重要であることを覚えておきましょう。

年収600万円の仕事に就くデメリット

デメリット

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

デメリット1:節税知識が必要になる

企業に勤めるサラリーマンの場合、通常給与から税金と社会保険料が徴収され、会社が社員に代わって、税金と社会保険料を自治体や年金事務所に納めています。つまり、自動的に税金が納入されるために節税意識が薄くなりがちですが、所得が高いということは税金が高くなることを意味しており、きちんと節税に関する知識を持っておかないと、余分に税金を払うことになってしまいます。

所得税だけを見ても、年収400万円の人の税額が8.56万円に対して、年収600万円では20.5万円と大幅に高くなることがわかります。

おさむ編集員

年収600万円以上を目指すなら、確定申告を行うなど、サラリーマンでもできる節税対策の知識をしっかり学んでおきましょう。

デメリット2:プライベート時間が減る

年収600万円を超える高収入の仕事の場合、責任のある立場として仕事上の様々な案件を抱え込むことになります。また、もともと同じ職種に就いている人が少なく、需要に対して供給が追い付いていないことから、ひとりでこなさなければいけない仕事量が必然と多くなり、結果、時間外の労働や休日出勤でプライベートな時間が減る傾向にあります。

特に家庭を持っている場合、家で過ごす時間が少なくなることで家族とのコミュニケーション不足となり、家庭内に様々なトラブルを抱えてしまう可能性もあります。それがストレスとなって精神的に疲労し、仕事のパフォーマンスの低下に結びつくことも考えられます。

おさむ編集員

仕事に対してどれだけの価値を見出しているか、もう一度しっかり考えてみましょう。また、家庭を持っている方は、家族の理解が得られるよう配慮することも大切です。

デメリット3:プレッシャーが高くなる

年収600万円を超える仕事は、会社の中であればプロジェクトリーダーや経営など、会社の運営でも責任ある立場で仕事をすることになりますし、弁護士を始めとする士業や医者などでも、社会的責任や人の生命を預かる重い責任を負って仕事をする必要があるため、プレッシャーが強くなります。

特にメンタルが弱い人だと、重い責任のある仕事のプレッシャーに強いストレスを感じ、結果的にメンタル面をやられて、うつ病になるリスクがあります。

おさむ編集員

年収600万円を超えるような仕事に就きたいのであれば、仕事をこなせるスキルだけではなく、メンタルの強化も必要になるでしょう。ストレス発散の方法を確保することも大切です。

年収600万円の人が年収をアップする方法

年収アップ方法

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

副業する

未経験でも始めやすい副業を選ぶなら、クラウドソーシングを利用して、企業から各種案件を受注するのがおすすめです。アフィリエイトサイトを開設・運営するのも、未経験者から始めやすい副業の定番です。文字起こし等もおすすめできる副業です。

上記の副業はいずれも在宅で、自由に時間を選ばず、手軽に作業できます。特別なスキルを必要とするものでもないので、誰でも手軽に始められる点も魅力です。プログラミングやデザインなど、スキルがあればより高収入を狙えます。

ななか編集員

紹介した副業は、いずれも一定レベルの高収入に達するまでにはある程度時間がかかるものなので、いきなり収入を大きくアップさせることは難しいでしょう。継続してコツコツ仕事をする必要があります。

貯金して投資に回す

未経験者でも始めやすい投資として、「つみたてNISA」「iDeCo」「投資信託」の3つをお勧めします。

▼おすすめする理由
投資を始めるにあたって、初心者が心掛けるべき三原則として、「早く始めて長く継続する」「少額から始める」「分散投資をする」というものがありますが、ここで紹介した3種類の投資は、いずれもこの3つの条件に当てはまる、初心者が手堅く稼ぐための投資としては最も適したものと言えます。

ななか編集員

投資は副業と違い、必ず利益が出るものではありません。成功すれば大きく利益を得ることができますが、予想外の損失を被る場合もあります。投資をするなら、まずそのリスクをしっかり把握しておくことが必要です。

転職する

年収600万円以上を狙って転職をするのであれば、未経験者でもできる仕事としては「保険の外交員」「長距離ドライバー」「ITエンジニア」をお勧めします。

▼おすすめする理由
保険の外交員は、未経験でも契約を取れば、取った分だけ稼げる仕事です。特に経験や資格の必要はなく、実力次第で年収1000万円以上稼ぐことも可能です。

長距離ドライバーは肉体仕事できつく、不規則勤務になりがちですが、近年は人手不足の状況にあり、収入が高くなっていて、1000万円以上稼ぐドライバーもいます。

ITエンジニアも需要過多で人材不足の傾向にあるため、報酬が高くなっています。専門的知識を必要としますが、社内研修や教育によってITエンジニアを育てる会社も多く、未経験からでも専門知識やスキルを身につけることができます。

ななか編集員

今の職で得たスキルやステータスか、新しい職で得られる収入か、そのどちらが大切かをしっかり考えた上で、転職することをお勧めします。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

以上、年収600万円以上を狙える仕事を紹介してきました。いずれも共通して言えることは、どれも専門的知識やスキルが問われる難易度の高い仕事であり、また責任の重い立場で働くことになる職業であるということです。それだけ年収600万円以上を狙える仕事に就くことには困難が伴い、常に自分をスキルアップする努力が問われることにもなります。

しかし、その分日本人の平均年収以上の収入を得て、豊かな生活を手に入れることができます。やりがいがある仕事が多いことも魅力であることは間違いありません。年収600万円以上の仕事に就きたいのであれば、まずは有利な資格や求められるスキルを身につけるところから始めてみませんか?

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、34歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!