女性の転職面接では靴選びが重要!チェックポイントを解説

面接「女性の靴選び」

転職面接は足元の身だしなみが重要

転職面接で靴と汚れが目立つ靴を履いていると、面接官にだらしない印象を与えマイナスのイメージを与えることになります。第一印象でマイナスのイメージを持つことで、人間は自然とマイナスポイントを見つける方向へと流れていきますので面接での身だしなみは注意が必要です。

足元の身だしなみは転職面接の合否に響く大切なポイントとなってきます。男性なら紐付きのフォーマルな革靴、女性なら黒のパンプスが面接へ行く時に綺麗な状態に保てるように事前にチェックしておくのがおすすめです。

面接に履いていく靴!最低限の守るべきポイント

転職面接で履いていく靴はどんな靴を履いていっても言い訳ではありません。ある程度のビジネスマナーを守り、面接にふさわしい靴を心がける必要がでてきます。

例えば、靴の先が開いている靴や色が白色の靴、女性でいえばヒールの高さが高い靴、ビジネスの現場で誰がみても違和感のある靴は面接にはふさわしくはありません。面接に履いていく靴の最低限守るべきポイントを見ていきましょう。

形状はつま先やかかとが出ているのを避ける

転職の面接に履いていく靴は、つま先やかかとといった目に留まる場所に注意するポイントがあります。つま先は着席時に目につき、かかとは面接後の移動時に後ろ向きになるときなど、汚れやしわがあるのを見られることで第一印象が悪くなります。

女性の靴でつま先が出ている靴、かかとがでているミュールやつま先がでているオープントゥは、普段履きなら大丈夫なのですが、カジュアル感を感じさせる靴なのでビジネスで履く靴にはふさわしくありません。面接などのビジネスシーンでは、どんなシーンでも対応できるローファーやパンプスがおすすめで、自分の脱ぎ履きや歩くときのクセを知った上で靴選びをすることがおすすめです。

素材は皮-合皮-スエードをいずれかを選ぶ

転職面接に履いていく靴の素材を選ぶ時のポイントは、皮や合皮やスエードを選ぶのが無難で、皮や合皮は光沢感があるのでまじめな印象がもてます。スエードは皮の裏面をサンドペーパーで削り起毛させたもので、ふんわりとした見た目になることから女性らしい柔らかさの表現がしやすくなります。オフィスカジュアルな服装の場合には、スエード調の靴を合わせると良いバランスに保てます。

例えば、公務員や事務職等の保守的な職種であれば誠実さを印象づけることができる皮や合皮を選び、アパレルやクリエイティブな職種であれば、こなれた印象を与えられるスエードがおすすめです。面接を受ける企業のイメージに合わせた服装と足元のコーディネートができれば、面接官は自社のことを良く理解をしている人だと、好感を持ってくれます。

ヒールの高さは5センチ程度

転職の面接に履いていく靴のヒールの高さは3.5~5.0㎝と言われていますが、自分の歩きやすさも鑑みてヒールは安定感のある太めのものがおすすめです。1㎝ほどの細いピンヒールは疲れやすいだけでなく、良くない印象を与えるため避けた方が無難です。

6~10cmになるとファッション性が高くなりすぎて足にも負担がかかり、歩く姿勢が悪くなることでだらしない印象になるため注意が必要です。ヒールの高さの測り方は、ヒールを履いた高さから自分の身長を引くことで高さがでてきますので覚えておきましょう。

面接前に準備が必要!靴の状態の手入れする方法

転職面接にいく時の身だしなみで気をつけておきたいのが、前日までに靴の状態をチェックしておくことです。前日までに靴の状態をチェックすることで、汚れている所を手入れすることができます。

手入れする方法には靴の状態から手入れする方法が違ってきますので、靴を磨く方法とケアをする方法を詳しく見ていきましょう。

女性の靴を磨く方法

毎日履いている靴と転職面接の時にしか履かない靴は、靴の磨く方法が異なります。皮の靴は週1回は200mlの水に少量の洗濯用洗剤を溶かして、柔らかいスポンジに浸して固く絞り表面の汚れと同時に内部の汚れを拭きとっていきます。

そのあとは、市販のクリームを少量指で塗り込み、古いストッキングで拭くことがおすすめです。新品でない靴は、当日履くまで気付かない汚れや傷がついている場合があり、前もってチェックが必要です。もし、自宅でのケアが難しい表面のキズや落とせない汚れなどがある場合は、自分で修理するのには限界があるので専門店で補修してもらいましょう。

日常でのケア方法

転職面接を受ける時だけには限りませんが、ビジネスをする上で足元の身だしなみをケアすることが重要になってきます。革靴でいえば古いストッキングで靴の表面を優しくなで軽い汚れを落としたり、スエードの靴でいうと食器洗い用のスポンジのザラザラとした面で表面を優しくブラッシングするように汚れを落とします。

革や合皮の靴が雨に濡れてしまった時は、水滴を拭いて古ストッキングを靴に詰めて新聞紙の上で乾燥させることがおすすめです。あとはこまめにストッキングを取り換えながら、自然乾燥で乾かし、ドライヤーを当てることは変色や縮みの原因になるため避けておきましょう。

日常のケアとして一番大事なのは靴の保管方法が重要なポイントで、保管をする時はシューキーパーを使い、靴の型崩れを防ぐことがおすすめです。靴のケア方法の仕上げに関していえば靴全体に防水スプレーを軽く吹きかけておけば、晴れている時でもほこりの付着は少なくなり、雨の日も安心して靴を履くことができます。

転職面接!靴のチェックポイント

転職面接に履いていく靴選びにはいくつかのチェックポイントがあり、色目や素材、ヒールの高さといったような外からみてわかることは人間の目で確認ができます。転職面接を成功するには清潔感のある社会人らしい靴を知っておく必要があるので、誰でも確認できるチェックポイントをまとめてみました。

かかと部分のすり減り

転職面接に履いていく靴で気をつけておきたいのは、かかとのすり減りが少ない靴を選ぶのがポイントになってきます。日常的に靴を履いていると、どうしてもかかとの部分がすり減ってきてしまいます。

ヒールはゴム製のトップリフトと呼ばれるものが先端に付けられており、日頃からこまめにトップリフトのすり減った様子をチェックし、すり減ってきたと感じた時は専門店で交換がおすすめです。

トップリフトがすり減ったまま履き続けていたら、かかとの金属がむき出しになり、地面に当たって「カチカチ」と耳障りな金属音がでてきます。大切な面接時に音がすると、だらしない印象を与えることになりかねないので、早めに対応することを心掛けていきましょう。

汚れや傷

転職面接で靴を履いていく時にチェックしておきたいのが、傷や汚れがない靴を選ぶことです。靴を自然に履いていると、ついうっかり傷や汚れが付くことがありますが、軽い汚れは毎日のケアで落とすことができ、清潔感があると好印象を与えることができます。

ヒールについた傷を簡単に補修するには、パンプスと近い色のクレヨンで削れてしまった部分を塗りつぶします。傷からはみ出た部分は柔らかい布で拭いて、靴用のワックスを塗りこめば、自然な靴に仕上げることができます。

皮のパンプスの汚れを落とす方法としては、先ずはブラシでブラッシングをして大まかな汚れを落とします。そのあとは水に濡れた布をつかって軽く拭き、から吹きで仕上げて乾かせば手入れの完成です。

転職の面接に使う靴は事前のケアを忘れずに

面接の場では、履歴書や経歴書以上に足元や服装の身だしなみが面接官にしっかりと見られています。面接官と受験者の第一印象は最も人間性があらわれる足元の身だしなみを見て判断するといわれていて、信頼できる人物かどうかをその場で判断しています。足元まで気を配ることで、社会人としてふさわしい清潔感と誠実さを示すことができるため、しっかりと事前の準備とケアをして転職面接に臨むことがおすすめです。

記事を共有する。