転職面接の練習方法を解説!ひとりでやる方法とプロと一緒にやる方法

転職面接の練習!2通りの方法があるって事を知っておこう

転職面接の練習を実際にやるとき「どうやってひとりで面接練習をすればいいのか?」「セミナーではどんな面接練習をしてくれるのか?」このような疑問が浮かんでくると思います。面接の練習方法にはひとりでやる方法とプロと一緒にやる方法があり、自分のやりたい方法に合わせて選択することができます。

人によっては個人差や価値観といったものがありますので、面接練習のひとりでやる方法とプロと一緒にやる方法の違いを知っておくとおすすめです。

転職面接の練習方法!自分ひとりでやる方法

自分ひとりで面接練習をやるには、ステップごとに順番をこなしていくことがポイントとなってきます。ステップ1は質問を想定しての準備、ステップ2はロールプレイングで練習、ステップ3は練習での問題点を改善、ステップ1からステップ3を何度も繰り返すことで、効果的な面接練習ができます。

練習方法は今すぐにでも実行できることばかりなので、具体例を交えながら実践できるように説明していきます。

質問を想定しての準備

転職面接では、よく聞かれる質問を想定して回答を用意しておくことがおすすめです。よくある質問は、「退職と転職の理由」「前職の仕事内容」「志望動機」「他の会社の面接状況」「自分のスキル」「長所と短所」「希望の年収」が面接の質問でよく出されています。

転職面接は面接官に聞かれて基本的なことを答えられるようにしておくことが必要で、最新の時事問題も聞かれることがありますのでニュースをチェックしておくことで面接の準備へとつながります。

転職面接で尋ねられる志望動機で多くあるのが、企業に感じる魅力を述べる事です。なぜ会社に魅力を感じたのか、どのように選択したのか、はじめてあう面接官が知りたい情報となってきますので面接前の準備するリストには入れておきましょう。

ロールプレイングで練習

ひとりで面接官役と応募者役に分かれてロールプレイングで練習するには、頭の中だけではなく声に出して練習する方が記憶に残りやすいのでおすすめです。ロールプレイングには効果的な方法が、2つありますので具体的にみていきましょう。

効果的な方法のひとつ目は、鏡に向かって練習することです。実際に面接官から見た自分自身の姿を鏡越しに見ることができるので、何度も細かい修正点を確認できることができます。

効果的な方法のふたつ目は、動画を撮ることです。動画を撮る時に自分の部屋を面接会場に見立てて、より本番に近づけて撮影することでリアルな感覚で面接練習ができます。鏡を使って練習する時と違って、動画を撮れば一連の流れをいつでも確認できます。

いずれの方法もそれぞれ違うメリットがあり、2つのメリットを併用して面接練習することをおすすめします。

練習での問題点を改善

転職面接では練習したことを最大限にアウトプットすることが重要で、練習からわかった問題点を理解してどう活かすかがポイントとなってきます。

どうやって問題点を改善するかといいますと、面接練習をした時の撮影した動画を振り返ることによって問題点が改善されていきます。

動画で確認するチェックポイントは、「表情は笑顔か」「早口ではないか」「声の大きさは適切か」「背筋は伸びているか」「話し言葉になっていないか」「質問に対する回答になっているか」「お辞儀の角度は正しいか」の7つで先ずは動画をみながら確認していきましょう。     

動画でみて問題点がわかれば練習と動画撮影を改善できるまで繰り返し進めていき、面接に自信をもって受けられるように取り組むのがひとりでする練習方法になります。

転職面接の練習方法!プロとやる方法

プロと一緒にやる面接練習のメリットは4つあり、「正しい面接マナーが身に付くこと」「採用担当者目線のフィードバックがもらえること」「本番さながらの面接雰囲気を味わえること」「自分では思いつかない質問をしてくれること」をプロとやれば身につきます。

実際に転職のプロと面接練習をやるには、場所や時間など練習方法に注意点が出てきますので詳しくみていきましょう。

面接練習をやってくれるところ

実際に面接練習をやってくれるところは「ハローワーク」「人材会社、キャリアコンサルティング会社などの民間企業」の2つあります。

ハローワークを利用するメリットとして、「全国47都道府県にあること」「無料で相談することができること」「1回の募集人数が10~20人ほどのため予約が取りやすいこと」があります。無料で相談することができるので、転職者にとって経済的に優しいです。

民間企業では、有料の面接セミナーを開催しているところがあり、ハローワークなどの無料セミナーと違って、「志望業界、企業に特化したフィードバックがもらえること」「プロの企業と広いコネクションがあり、優遇してもらえる場合があること」「マンツーマンでレッスンをしてもらえること」のメリットがあります。

有料セミナーの料金は1万円前後と少し高額なため、自分のニーズに合わせて無料セミナーを受けるか、有料セミナーを受けるかを判断しましょう。

面接練習は入室のマナーから模擬面接

実際の面接までに第三者に面接官になってもらう模擬面接をやっておくことは、面接で失敗しない為に大切なポイントとなってきます。本番までに緊張をしないためには面接をいかにリアルな方法で練習するのかが大事で、入室のマナーから退出までのマナーは知っておいて損はありません。

入室時のマナーは、ドアを3回ノックしてから「どうぞ」と声をかけられたら「失礼します」と言って入室します。入室してドアを閉める時は面接官に背を向けず、ゆっくりと閉めるようにしましょう。

部屋に入ったら椅子の横まで進み、「よろしくお願いします」とお辞儀をし、面接官から「どうぞお座りください」と言われるのを待ってから着席をします。着席をしたら面接中は背筋を伸ばし相手の目を見ながら話し、椅子の前半分ぐらいに腰掛け背もたれにもたれかからないように心掛けましょう。

面接が終了したら、起立して「本日はありがとうございました」とお礼を述べてから退室します。ドア付近に近づいたら振り返り「失礼します」と頭を下げてから、静かにドアを開けてから退出をします。

転職時の面接でよくある質問と受け答え方法

転職面接の時によくだされる質問に「退職と転職の理由」「前職の仕事内容」「志望動機」「他の会社の面接」「自分のスキル」があります。

面接で質問に対する受け答えにはポイントがあって、なぜ転職をしているのかを面接官に伝えることがとても重要になってきます。

人によって受け答え方法には違いがありますので、自分にあった方法で面接にのぞむように

しましょう。

退職と転職の理由

職場環境が合わなくて退職した場合、ネガティブな発言は避けることをおすすめします。ネガティブな発言をすると、「後ろ向きな人だな」「入社しても不平を言うのではないか」といった印象を面接官に与えてしまうからです。ネガティブな発言をするのではなく、将来に向けたポジティブな発言をしていきましょう。

例えば、転職の理由として「社会人としてキャリアアップがしたかった」「自分の取り組みたい仕事内容が御社にはあった」など、自分にとっても企業にとってもプラスになるような発言することがポイントです。

「前職でもキャリアアップを試みたができなかった」「自分のしたい仕事を提案したが、受け入れらなかった」など、前職で挑戦をしたができなかったことを具体的に伝えることで志望動機につながってきます。

一見マイナスな印象を与えてしまいそうな退職理由ですが、具体的に話すことで好印象を与えることができます。

前職の仕事内容

転職面接で前職の仕事内容を聞かれることは、これまでのキャリアをチェックしたくて聞いているので、仕事へ取り組む姿勢や目標にしていたことを素直に回答するといいでしょう。

前職で目標にしていたことを述べることで、「自分で目標を作って頑張れる人だ」「将来を見据えている人だ」などの印象を与えることができます。

また、前職で問題や課題が生じた時に「どのように対処をしたか」「どのように工夫をして解決したか」を述べることで、「自分の頭で考えて成長できる人材だ」といった印象を与えられ面接官にひびきます。

前職について興味深いエピソードを3個ほど用意をしておくと、面接では柔軟に対応ができます。何事にも準備が大事ですので、エピソードが伝えられるようにしておくことがおすすめです。

志望動機

転職面接で聞かれる志望動機は、「企業・職種を選んだ理由」が多く聞かれることがあります。志望動機は経験やスキルによって人それぞれ変わってきますが、面接を受ける企業で取り組めるようなアイデアと一緒に転職をする趣旨を伝えることができれば良い印象をあたえることができます。

面接では志望動機である根幹である自分軸をしっかりと伝え、自身のキャリアプランを交えた「企業・職種を選んだ理由」を話した後、応募企業で入社後に「具体的に何をしたいのか」を話しましょう。

3年後、5年後、10年後のプランを区切って話すことができれば、面接官に自身の入社後の姿をイメージしてもらいやすくなります。

他の会社の面接

転職面接で面接官が気になるのは、他の会社に面接を受けているのかがとても気になります。理由としては、「すぐに退職しないだろうか」といった点を確認したいのと、志望度の高さを見極めるためにも他の会社への面接を受けているかは確認しておきたい情報です。

面接をしている会社としては、他の会社と比較して自社の志望度の高低差を確かめていて、働きたい意思を確認した上で選考をしています。会社が求めているのは会社にとってもプラスの人材や面接を受ける人にとってもプラスとなる条件です。

面接の注意点としては、他の企業に対してネガティブな内容を口にしない、後は人間として嘘はつかないこと。人は嘘をついていれば、会話が成立しなかったり話す内容から見破られますので、しっかりと応募企業への志望度と仕事への意欲をアピールすることがおすすめとなってきます。

自分のスキル

転職面接でよく聞かれる内容なのが、自分がこれまで築いてきたスキルです。自分がどんなことをして社会貢献をしてきたのかはアピールしないことには誰もわかりません、転職の応募企業が役に立ちそうなスキルや資格があれば、アピールするのがおすすめです。

社会人で必要となる能力は、「他部署との連携力」「部署を統率する能力」「チームで成し遂げる能力」「事業経験で得た能力」が具体的な経験談と交えて話すことで、より説得力のあるアピール方法となってきます。

自分のスキルをアピールするポイントでいうと、1つの能力だけで端的にアピールすることではありません。自分の中にある複数の能力を組み合わせながら理論づけて伝えることで、他の転職者とは違った印象を与えることにつながってきますので工夫して面接は乗り越えていきましょう。

転職面接は事前準備をして乗り切ろう

転職面接の練習方法には自分ひとりでやる方法とプロとやる方法があり、それぞれ違うメリットがあり自分にあった方法でおこなうのがおすすめです。

練習をする時でも転職面接は事前準備をすることが大切で、自分を理解した上で模擬面接のトレーニングをすることがポイントになってきます。希望する企業で働く意志が固まっているのであれば、しっかりと事前準備して面接にのぞむことが転職成功への近道なのではないでしょうか。

記事を共有する。