アパレル業界の転職面接!聞かれる質問と受け答え方法を徹底解説

面接「アパレル業界」

アパレル業界の転職面接で聞かれやすい質問を知っておこう

アパレル業界の転職面接を受けたい時は、聞かれやすい質問を知っておく事で合格率もアップし、スムーズな受け答えができます。どんな雰囲気の会社か知っておくのも大事で、面接前に下見をしてお店のことはなるべく調べておくのがおすすめです。

面接前は、どんな質問がよく聞かれるのか頭に入れ、自分が納得のいく結果が得られるように取り組んでいくことが大切なポイント。

アパレル業界の転職面接!よく聞かれる質問集

アパレル業界は、接客業であり最低限の身だしなみとコミュニケーション能力は必要です。その他に取り扱っているブランドがどれだけ好きであるかも大切です。

アパレル業界の面接を受ける時は、会社の最新情報を知っておく事で面接での応対に役立ちます。面接で好印象を与えることができるように、事前に転職面接でよく聞かれる質問集を確認し、万全の態勢で面接にのぞむように心がけましょう。

キャリアプランと志望動機

「いつかはセレクトショップを持って、自分でブランドを立ち上げるまで修行したい」といったキャリアプランや志望動機を持って、転職面接に望むことも合格には大切な要素です。

アパレル業界は、華やかに見えて意外と肉体労働で、長時間労働で休みも平日のため、離職率も高く、「明確なキャリアプランを持っている人は長続きしやすい」と面接官は考えます。

面接を受ける人の中には、中長期的な計画を持てるほどビジョンのある人は少なく、キャリアプランと志望動機を語る際にも企業研究やブランドを選択理由を入念に考えることが大切です。

また、「将来的に自分はこのブランドにどう貢献していきたいのか」を面接前にしっかりと確認することが大切です。独立をアピールしすぎると「すぐに辞めていくのかな」とも受け取られる可能性があるので、面接の時には長期的なビジョンを語るようにしましょう。

好きなブランド

お店では老若男女にベストな提案をするのはとても難しく、好きなブランドを徹底的に詳しく調べ、深くこだわりを共有することがお客さんの安心感を生み出します。

接客中でもよく聞かれる質問は自分の好きなブランドについて、必ずと言っていいほど面接では質問がきます。これまで自分が愛着を持っていたブランドについて最新情報や「初めて買った時の思い出」と言った話題を事前に用意するのがおすすめ。

転職面接の時には、ブランドの話題で盛り上がると面接官に好印象を残すことができます。面接時にお店のブランドや系列ブランドの服を着ていくと、面接官の評価を上げるには使える方法の1つと言えます。

しかし、どれだけ面接先のブランドが好きでも、斬新すぎるデザインの服は低評価に繋がるので控えましょう。高価のファッションより、面接にふさわしいブランドのファッションがおすすめです。

最近の気になるファッション

最近ではワークマン女子という新たな変わったファッションが生まれています。流行に敏感であることもアパレル業界で働くには大切なことでテレビやSNSで気になるファッションについて、転職面接で質問を受けることがあります。

ファッションブランドは明るくて元気な「ガーリー系」と大人っぽさが特徴の「フェミニン系」があるのはご存知でしょうか。面接でよく聞かれる内容なので、おさえておくポイントです。面接前にはブランドのデザインや同じジャンルのブランドについても調べておくと、質問にスムーズに答えることができるので準備はしておきましょう。

自分が服を買いに行って、気になるブランドの取り扱われていた時に、店員さんに詳しく説明してもらえると嬉しく思うのではないでしょうか。「最近気になっているファッションがなぜ気になったのか?」と「当社ブランドとの路線やデザイン違い」といった感性を問う質問を受けることもあり、知識と感性の両面を磨いておくことが大切です。

アパレル販売で大切な事

クレームや理不尽なお客への対応力もアパレル販売員としては身につけるべき能力の一つで、服屋さんで働いたらコミニケーション能力も必要です。

ネット通販が発達した昨今の世の中は、お店で服を買うのが楽しいという人もいたり、店員さんとコミュニケーションするのが好きというお客さんもいます。

ネット社会と言えども、まだまだ人対人のビジネスも多く存在します。ファッションの知識や社会の知識を人より知っておく事でお客様との信頼にも繋がります。あと長時間労働に耐えられる体力があれば、アパレル業界で活躍できるでしょう。

服の寸法やお金の取り扱いなど細かな業務もあります、ミスをしない几帳面さも働くには重要です。あとは自分自身のファッションも強制ではありませんが、お客様におすすめするにはお店の服の事を知っておく必要があります。どの世代でもSNSでコーディネートを披露するシーンも増えてきています、お店の宣伝も含めて自分自身がインフルエンサーになることも必要です。

よく行くお店の名前と印象

アパレル業界ではどんなファッションが好きで、最近の流行にも敏感であることが最低条件です。転職面接を受けようとする人の多くは、ファッションが好きでアパレル業界を目指してくるため、自分の好きなお店、よく行くお店が決まっているのではないでしょうか。

お店のデザイン性のこだわりは、長年通ってると自然とお店の特色や方向性が見えてきます。店員さんに聞く質問も、最初は挨拶だけでしたが「このお店は何年目ですか?」のように、質問がお店に対しての質問に変わってきます。

よく行くお店の名前を覚えたらリピーターとなり、お店には通う事が多くなりお店への印象も変わってきます。服が欲しいから行くのもいいですが、お店に行けば心地良いから行くようになれば来てくれる方も幸せな気分になり行く方も気分がよくなるという相乗効果も生まれます。

アパレル業界で働く上では、自分の感性を磨く努力を忘れずに、こだわりのお店を開拓し、面接時でもしっかりと受け答えしていきましょう。

アパレル業界の転職面接!受け答え方法の例文

アパレル業界の転職面接における受け答えの例文を紹介します、シンプルに自分の好きなブランドについて語ることができ、将来的なキャリアプランを語れることが大切です。

あとは、普段の自分が興味を持っていることを面接官がどう思うかが重要で、自分のこだわりが強ければ強いほど、アパレル業界では活躍できます。面接時には社会人としての常識も大切になるため、例文を参考に受け答えを準備しておきましょう。

キャリアプランと志望動機の例文

面接官:「弊社を希望した志望動機について教えてください」

「御社は、日本のファッション業界において長い歴史を持つ企業であり、自分が大好きな服の良さをもっと世の中に知ってもらいたいと思い、御社を志望しました。前職もアパレル業界だったので、接客の勉強させていただきました。

将来、自分の夢であるお店を持つ事を実現させたいので、お客様がどのような商品を求めているのかを意識しながら、素敵な服に出会っていただけるように、御社で一生懸命頑張りたいと思います。」

面接官:「キャリアプランがあれば教えてください。」

「はい、御社が手がける服は高機能でありながら低価格と非常に使い勝手がよく、長くにわたって使い続けられるところに魅力を感じ愛着を持っています。将来的には商品開発に携わることを目指し、まずは現場の最前線でお客様のニーズを読み取り、丁寧な接客を行っていければと考えています。御社のさらなる発展に貢献できるように、これまで培った経験を生かしていきたいと思っています。」

好きなブランドの例文

面接官:「普段愛用しているブランドで、一番好きなブランドはどこですか?」

「私の好きなブランドは、ラルフローレンです。長年のロングセラーであるデニムシャツを愛用しており、年数を重ねるごとに独自の味わいを見せる生地感は他のブランドにはない、唯一無二の存在感あります。また、ラルフローレンのフレグランス商品も愛用しており、特にポロスポーツ オードトワレの爽やかな香りにはまっています。」

面接官:「ラフルローレンは私くらいの年代では有名ですが、若い人にとっては時代遅れではないですか?」

「確かにクラシックなブランドではありますが、流行に流されるのではなく時代にあった商品開発をラルフローレンは行っていると感じています。ライフスタイルをトータルでデザインするお店作りに自分自身も参画できればと思っています。」

最近の気になるファッションの例文

面接官:「最近の気になっているファッションについて教えてください」

「最近では、HOKA ONE ONEが流行しており、自分も休日に出かける時などに愛用しています。日本では知名度はまだ高くはありませんが、足への負担が少なく、高品質なプロダクト開発を行っているブランドはあまりありません。」

面接官:「HOKA ONE ONEは今後どのようになっていくと思いますか?また、商品の特徴について教えてください。」

「今後はHOKA ONE ONEの知名度も上がっていくと考えられます、日本市場においても厚底のランニングシューズと言う独占的なポジションにHOKA ONE ONEは位置付けられています。ミッドソールが厚く、衝撃の吸収性に優れた商品設計が特徴です。今後は各ブランドが厚底のランニングシューズ路線を開拓していくと考えられますが、HOKA ONE ONEの動向には注視ししていこうと思っています。」

アパレル販売で大切な事の例文

面接官:「アパレル販売で大切だと思う事についてこれまでの経験を踏まえて教えてください」

「休日は朝からランニングやフットサルをしています。学生時代からサッカーをしていたので、体力には自信がありますが、アパレル業界には1日1日の営業もあります。営業に耐えられるだけの体力の重要なのではないでしょうか。アパレル販売では、チームプレイの大切さやコミュニケーションの大切さについて、必要だと思っています。」

面接官:「アパレルの販売は何が大切であると考えますか?」

「アパレルの販売で接客をするにはいくつか必要な知識が必要です。まずは商品知識、どんな素材からできていてどのような特徴があるのかを説明できにしておくのがポイントです。世代毎に話題になっているトレンドにも要注意です、トレンドはすぐに変わることもあるのでオシャレには気を配る必要があると考えています。」

よく行くお店の名前と印象の例文

面接官:「よく行くお店の名前と印象について教えてください」

「渋谷駅にあるスターバックスによく行き、朝から窓際の席に座り、行き交う人々の服装をチェックするのが日課です。なぜスターバックスに行くのかというと、この先のアパレル業界に必要な理由がスターバックスにあると考えています。これからのアパレル業界は、スターバックスのように沢山の人たちが集まるお店が必要で、コーヒーを飲みながら服が選べて長居ができるお店作りが必要である印象があります。」

面接官:「自分が接客される立場になった時に、どのような印象を受けますか?」

「スターバックスの店員さんの接客はいつも爽やかな印象を受け、コミュニケーションをとるのがとても楽しい気分になります。スターバックスの店員からは、人々が楽しく過ごせる場作りを日々学んでいます。」

アパレル業界の転職面接!しっかり準備をして乗り越えよう

アパレル業界の転職面接は、しっかりとした準備が必要です。どんな事を質問されるのか、どのように答えたらいいのか?を面接前には押さえておく必要があります。

面接では、転職先からどのようなキャリアを目指しているのかをしっかりと熟考して、臨むようにすると面接は少なからず良い印象を与える事ができるので準備は怠らないようにして臨みましょう。

記事を共有する。