転職面接の男女別正しい服装マナー!季節別と年齢別の注意するポイント

面接マナー「男女の服装」

転職面接の服装は第一印象を決めるポイント

転職面接で第一印象を決めるポイントは身だしなみです。面接官は面接で来た人の身だしなみを見ていて、非常に細かい所まで見て瞬時に相手の性格を読み取ろうとします。服装、カバンや靴、髪型を総合的に見ながらチェックしています。

例えば営業職の面接でだらしないカジュアルな服装で行った時、志望動機や自分の想いを100%伝えられたとしても、その人の身だしなみが営業職にふさわしい服装でなかったら不採用となる確率が多いです。

企業の人が採用するということは、社会人としてお客様に合わして問題ない服装だと判断したということです。転職面接では、この人と一緒に仕事がしたいと思わせる服装、企業のイメージに合っている服装を選ぶことが重要です。

転職面接でもっともふさわしい服装!男性編

男性の面接時における服装はスーツが基本です。企業によってはカジュアルな服装でも大丈夫な企業もありますが、スーツの方が好印象を持たれる確率が高いです。

スーツは着こなしが最も重要で、シャツやネクタイの色などで印象が変わってきます。転職面接にふさわしい男性の服装、ポイントも踏まえて解説していきます。

スーツ

スーツはシンプルなものを選択するのが無難で、黒や紺、グレーといったダークカラーのスーツを選び、派手な色のスーツやストライプ柄が入ったようなスーツは避けましょう。

スーツは自分のサイズに合っていることが重要です。自分のサイズに全く合っておらず、ダボっとした大きいスーツやタイトすぎる小さいスーツなどを着ていると頼りなく見えてしまいます。スーツの良さは美しいラインと着易さが備わってるのが大事なポイントです。

シャツとのバランスは袖口が長すぎず、1センチほどシャツが出るくらいがちょうどいいです。ジャケットのポケットには、フラップというフタが付いています。ポケットは物を入れる時に使うものですが、スーツのポケットの場合は何も入れないのが無難でフタは外に出しておきましょう。

スーツは自分にあったスーツを着るのが一番大事ですが、きちんとマナーを守った着こなし方をするのが社会人として大事なポイントです。

シャツ

スーツの中に着るシャツは基本的に白無地のビジネス用のシャツを選びましょう。白無地のシャツなら面接を受ける時に面接官に余計な印象を与えることなく、業界や企業関係なく悪い印象を与えることはないでしょう。

白無地シャツの効果は、顔がしっかりと映り全体的に明るい印象を与えることができます。また白以外にも清潔感を感じさせる水色なら問題ありません。ストライプが入ってるシャツは、おしゃれを強調するシチュエーションにはもってこいですが、面接の場では無地のシャツがベターです。

あと、半袖のシャツを着るのはNGです。半袖シャツはクールビズ用に作られたシャツなので、フォーマルさが欠けてしまいます。ジャケットの下は袖口からシャツが覗いてる長袖のシャツを面接では使用しましょう。

シャツのサイズは大きすぎず、袖口が長すぎるのは避けて体ぴったり合うシャツがおすすめ。シャツが大きすぎるとスーツの裾からはみ出して格好悪く見えるので注意しましょう。袖口はスーツから1センチほど見えるくらいがちょうどいいサイズです。

ネクタイ

ネクタイはスーツを着る時に欠かせないアイテムです、全体のコーディネートする時にまとめる役目なので派手すぎるネクタイは避けましょう。黒っぽいスーツに白の無地シャツの場合は、青色や紺色のストライプが入ったネクタイか、チェックの柄が入ったシンプルなネクタイが無難です。白や黒は冠婚葬祭で使用するものです、ビジネスシーンで使用するのは避けましょう。

面接でのネクタイの結び方は、プレーンノットやダブルノットのようなシンプルな結び方が無難です。難しい結び方に挑戦するのもいいですが、かえって不細工な形になりかねないのでバランスをとる意味でも簡単な結び方をおすすめします。

その他に注意したいのがネクタイの長さです。ちょうどいい長さはベルトのラインに合わせます、長すぎても短くても見栄えが悪くなります。あとネクタイピンの使用ですが、スーツの第一ボタンの少し上ぐらいの位置でネクタイを固定するとネクタイの遊びが無くなります。
ネクタイはあくまでもトータルをコーディネートする時に必要なアイテムです、結び目や幅のバランスがとれて美しさが決まってきます。ネクタイは他の人に見てもらい恥ずかしくない形で整えて転職面接を成功させましょう。

転職面接でもっともふさわしい服装!女性編

転職面接時に女性の服装を選ぶ時、パンツスタイルのスーツかスカートパンツのスーツで悩むのではないでしょうか。女性のスーツ選びは職種によって使い分けたり、企業のイメージに合った服装で決める事が多いです。

面接では第一印象をよくする事からスーツがふさわしく、清潔感を出して望む事が大前提です。転職面接における女性のふさわしい服装をポイントを抑えて紹介していきます。

スーツ

転職面接の基本スタイルはスーツ姿が望ましいです。女性スーツの場合はスカートとパンツタイプがありスカートは事務系のお仕事に、パンツは営業系のお仕事に適しています。

スーツを選ぶ時のカラーは、女性らしい落ち着いた色の黒や紺やグレーが好ましいです。明るすぎたり、派手な色は面接では選ばないように注意しましょう。面接に着ていくスーツの柄は無地が無難で、少しのストライプが入ったスーツぐらいなら許されることもあるでしょう。

女性スーツのボタンは1つから3つまであり、1つのスーツはカジュアルっぽさがあり面接にはふさわしくありません。面接にふさわしいのはボタンが2つあるもので、2つのボタンをしっかり留めて綺麗に着こなしましょう。3つボタンのスーツは、2つのボタン同様3つボタンを留めると女性特有の綺麗なシルエットが出てきます。

スーツのジャケットは季節によっても使い分ける必要があります。暖かい季節には薄手のジャケットを使用して、寒い季節には厚手のジャケットを使用するのがおすすめです。

インナー

スーツの下に着るインナーで女性の印象はガラリと変わってきます。女性はスーツの下に着るインナーの種類が多く、襟付きシャツ、ブラウスやカットソーなど好きなインナーを選択できます。色や柄については派手でないインナーを選択して胸元の開けすぎには注意しましょう。

清潔感があるインナーで選択するには、白で無地のブラウスが爽やかさを表現できるのではないでしょうか。面接に着ていくインナーが選択できたら、一度ジャケットを着てみてインナーと合わせて鏡で面接に着ていって問題ないかを確認しておきましょう。

ストッキング

スーツの下にストッキングを使用する時は、自然な肌色に近いベージュのストッキングを使用しましょう。ラメや柄が入ってるストッキングや黒のストッキングは面接においては暗い印象をもたらすのでふさわしくありません。

面接に行く時、スーツの下にはストッキングを合わせるのがマナーとなっています。素足で面接に行くことや靴下を履いて面接に行くのは社会人としてふさわしくない格好ですので要注意です。

転職面接時の服装!年齢別の注意するポイント

転職面接に行く時、年齢別で服装を注意するポイントが違ってきます。面接では限られた時間で面接官に好印象を持ってもらうのが大事です。20代、30代、40代で面接を受ける時は年齢に応じた服装をするのが大事です、年齢別の注意するポイントを見ていきましょう。

20代の服装で注意するポイント

20代の転職で服装を注意するのは、ビジネスマナーを意識したフレッシュ感を出す事がポイントです。新卒の場合はリクルートスーツが定番でしたが、仕事ができるイメージを持たせるならリクルートスーツは避けましょう。

ルクルートスーツは男性と女性に関わらず、かしこまった感じが受けとられやすいのでオーダースーツのように体にフィットするスーツがおすすめです。人それぞれ体型に合うスーツは違ってきます、スーツのシルエットや柄、ボトムスで変化を加えることで自分らしさが出てきます。

20代の転職面接での服装を選ぶポイントとしては、自分の体にぴったりフィットしたスーツを選び清潔感を出すのがポイントです。

30代の服装で注意するポイント

30代はキャリアや行動力を感じさせる服装を選択するのがポイントです。30代で着るリクルートスーツは幼い印象を受けやすいので、20代とは違う大人っぽさを表現していきます。

30代になるとある程度の社会人経験があり、ビジネスでの服装の幅がでてきます。ポイントは20代と変わらないフィット感があるスーツ、そして少しカジュアルっぽさを出してコーディネートしていきます。カジュアル感を出しすぎるのはよくありませんが、30代らしい大人のビジネスマンの服装をするのがおすすめです。

30代の転職面接での服装を選ぶポイントとしては、自分の体にぴったりフィットしたスーツを選びカジュアル感を出すのがポイントです。

40代の服装で注意するポイント

40代で服装の気をつけるポイントは落ち着きと清潔感です。20代、30代と違い40代のカッコ良さを自分に似合った服装で表現していきます。

スーツのポイントは極端にタイト過ぎるスーツやルーズなスーツは避けて、体にフィットするスーツを選択しましょう。色は落ち着いた色、黒や灰色のダーク系でまとめカジュアルっぽさを出すよりも仕事が任せられるような雰囲気のスーツがおすすめです。

40代の転職面接での服装を選ぶポイントとしては、自分の体にぴったりフィットしたスーツを選び大人の雰囲気を出すのがポイントです。

転職面接時の服装!季節別の注意するポイント

転職面接では季節に応じて服装の注意するポイントが違ってきます。少し汗ばむ春と夏で注意するポイントと肌寒く感じる秋と冬で注意するポイントを見ていきましょう。

春と夏の服装で注意するポイント

春と夏の服装で注意するポイントは、季節感を出しながらコーディネートする事です。春と夏は暑い季節で汗をかきますので、通気性のいいスーツを選ばないといけません。

面接ではジャケットを着用して臨む面接が一般的ですが、クールビスを推進した企業ではジャケットがいらない企業で合ったりカジュアルの服装でも許される企業もあります。服装は企業の方針に合わせるのが服装を選ぶポイントです。

秋と冬の服装で注意するポイント

秋と冬の服装で注意するポイントは、季節感を出しながらコーディネートする事です。秋と冬は寒さ対策が必要です、スーツを選ぶには厚手の生地を選ぶのが良いでしょう。

秋と冬は寒くてコートも必要になってきます。面接会場まではコートを着ていってもいいですが、会場に入る時はコートを脱いでから入りましょう。

転職面接の正しい服装マナーを知って成功の道へ

転職面接の服装ではスーツが基本と言われています。面接時の服装に迷ったら相手に失礼のない服装じゃないかを先ずは確認することです。転職を成功させるには服装の清潔感を意識するのとビジネスマナーから外れていないかも重要です。転職面接では正しい服装とビジネスマナーを心がけ、転職面接を成功させましょう。

記事を共有する。