女性20~40代の転職エージェント選び/転職を成功させる賢い選び方とは?

女性20/30/40代の転職エージェント選び

女性のキャリアやライフイベントを、一緒に乗り越えるような、転職エージェントに出会うことは簡単ではありません。20代、30代、40代、女性の転職では「年齢ごとのライフイベント」によって、仕事と生活に大きな変化が生じます。転職エージェント選びが上手くいって、再就職できたとしても、新しい職場の女性に対する扱いの実態は異なるリスクがあります。

転職するとき、女性のライフイベントを理解し、段階に応じて、必要なサポートが受けられる会社に出会えたら、どれだけ安心できることでしょう。自分に合う会社とであう手助けをするのが、転職エージェントの役割ですが、誰にサポートを依頼するかを選ぶのはあなた自身です。

また、忘れてはいけないのは、転職エージェントを選ぶ時の「基準」「どこが良い転職エージェントなのか?」という視点と判断材料です。20代/30代/40代の女性が転職エージェントを賢く選び、転職が成功したと言えるよう、ポイントを詳しく解説していきます。

転職エージェントは目的によって変更する

転職エージェントで受けるサポートは、転職の目的が人によって違ってくるため変わってきます。「面接対策したい」「自己分析でキャリアを見つめ直したい」「非公開求人を探してほしい」といった目的があるように、自分の目的にあった転職エージェントを選ばなければ、転職活動はなかなかうまくいきません。

  • 低い年収をアップする
  • 転職でキャリアアップする
  • ワークライフバランスを重視する
  • 人間関係が良い職場で働く
  • ライフイベントの理解度が高い会社に移る

転職エージェントを選ぶときは自分の目的にあった転職エージェントを選択することと担当キャリアコンサルタントとの相性はポイントですので、気の合うキャリアコンサルタントと出会うことも大事なポイントです。

転職の目的が決まっていない場合

転職したいとは考えているけど、いざ「目的は何ですか?」と言われても、これといって明確な目的や目標が定まっていない場合もあります。そんなときは、自分自身に下記のような質問をしてみることで、少し目的が導き出せるようになることがあるので紹介します。

  • 退職する理由は何ですか?
  • そうなったキッカケは何ですか?
  • それはいつからですか?
  • 転職で避けたいことは何ですか?
  • 転職先に求める条件は何ですか?
  • 転職する一番の目的はその条件ですか?

転職エージェントを選ぶ前に、どうして転職する必要があるのか、再就職先ではどのようなことを実現している状態になっていたいのかがとても大切です。特に、女性の場合、ハラスメントの対象になりやすく、職場が変わっても被害に遭うケースもあります。

だから、少しでいいので目的として、解決したい原因くらいは振り返ってから、女性向け転職エージェントに相談すれば、面談の時間が有意義になり「理想の転職先はどこなのか」がわかるよう支援してもらいやすくなりますよ。

女性の転職エージェント選び

転職する際、独身で若く転職回数が少なくて、高いスキルを保有する人ならどの転職エージェントでも、喜んでキャリアサポートを買って出てくれます!しかし、結婚した後は環境が一変、女性が働く環境を十分に整備できていない会社を紹介されたら、入社後にミスマッチが発覚して退職するリスクさえあります。

だから、女性が転職エージェント選びをする際、見落とさないで欲しい「3大チェックポイント」を紹介します。①~③をご確認ください。

  1. 女性からの評判がいいかどうか
  2. 女性向けコンテンツの充実度
  3. 出産・育児経験があるコンサルタント

女性向け転職エージェントの選び方では、女性の気持ちに寄り添える、結婚や出産や育児などの様々な事情を理解している転職エージェントがおすすめです。

①女性からの評判がいいかどうか

転職エージェントの評判がいいか・悪いかを調べておくことは、登録後にキャリアカウンセリングを受ける前に済ませておくようにしましょう。簡単な調べ方としては「転職エージェント名×評判」「転職エージェント名×口コミ」といった、検索キーワードを用いて、Googleやヤフー知恵袋などから情報を得るやり方。

他には、ボーカーズや転職会議などで、内情を探ってみるのもいいかもしれません。

一番のおすすめは、既に転職エージェントを利用して、いい転職に成功した女性の友人や知人から、どこの転職エージェントを使ったかを教えてもらう方法です!キャリアコンサルタントの氏名と連絡先を教えてもらったり、直接紹介の連絡を入れてもらえたら最高です。

大事なことは「女性からの評判」です。評判が悪かったときは、その情報が提供された年度を気にしてください。転職エージェントだって、人の組織なので、年数が経てば良くなっている可能性は十分にあります。女性専門サービスは少ないので、少ない情報だけで偏った判断をしないように注意が必要です。

②女性向けコンテンツの充実度

女性が働きやすい環境を見つけるには、女性のライフイベントに理解のある企業や女性の社会進出を推進している企業を紹介しているコラムや企業紹介といったコンテンツが充実していることが挙げられます。

今までのキャリアを活かして転職を考えている方は、女性に人気の事務職の求人が多いことや女性向けの非公開求人を持っていてコンテンツが充実している転職エージェントを選ぶことがポイントなってきます。

経歴に不安がある人、初めての転職をする人には、書類選考なしで面接が受けられることや、自分に合う職業であるかを正しい自己分析をするための職業診断が転職エージェントを選ぶ時の良い材料になってきます。

転職エージェントは女性向けの転職サービスやコラムのようなコンテンツが充実していることで、女性が転職エージェントを選択する時の情報収集に幅が広がってくるのでおすすめです。

③出産/育児経験があるコンサルタント

女性が転職をする時に役立つのが、出産や育児といった女性ならではのライフイベントを経験しているキャリアコンサルタントの存在です。妊娠中や出産後の働き方については、実際に経験をしていたら的確なアドバイスが期待できます。

「ブランクがあるけど大丈夫なのか?」「子供が病気した時どうすればいいのか?」といった不安が転職前にでてくることもあるかも知れません。そんな時は同じ境遇の女性キャリアコンサルタントなら、真剣に転職相談と向き合ってくれます。少しでも転職に不安のある方は、出産や育児経験がある女性キャリアコンサルタントの多い転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

[POINT] 検索機能で絞れると更にGood

女性が転職をする時の情報源として役立つのは、女性に対するコンテンツや自分が求める転職先を検索できる機能があることです。職種や勤務地、年収などで簡単に検索できるサイトがあれば、初めて転職活動をする女性でも簡単に検索できることができます。

職種や勤務地、年収や企業の特徴、募集するポジションで検索できるような転職サイトであれば、検索できる幅が広がるので転職活動がスムーズに流れます。

検索機能以外に、転職に関するQ&A、年齢別の就職活動、自分の市場価値がわかる機能、スカウト機能、ヘッドハンター情報など情報が充実していると、より細かな所まで企業の事を理解できるので転職中の不安が和らぎます。

転職活動したい女性が転職エージェントを選択する時はいくつか転職エージェントで検索して、転職エージェントの強みや利点をとことん選ぶことがポイントとなってきます。

年代別の女性に役立つ転職エージェントの選び方


女性の転職活動は、年代別に適したサポートをしてくれる転職エージェントを選ぶのがポイントです。年代別で転職エージェントの選ぶことを知っているだけで、転職活動を有利に進めることができるのでポイントはしっかりおさえておきましょう。

20代女性の転職エージェント選び方

20代女性が転職エージェントを選ぶ時、書類や面接に関するアドバイスがしっかりしていることがポイントになってきます。20代女性の場合は即戦力でなくても将来を担う人材としての活躍を重視するため、企業としてはポテンシャルの高さを期待しています。

職歴が無く、正社員は未経験、フリーター経験者という女性であっても、書類や面接の受け答えがしっかりしていれば転職の確率は大きく変わってきます。

20代女性の転職エージェント選び方としておすすめポイントといえば、多くの転職エージェントにアクセスをして、キャリアコンサルタントの相性の良さを見分けることでは無いでしょうか。

30代女性の転職エージェント選び方

30代女性が転職エージェントを選ぶ時、これまでのキャリアが活かせる、キャリアアップを目指せる転職エージェントを選ぶことがポイントです。30代女性が転職エージェントに欲しいサービスは、30代女性の求人が多いこと、転職成功者の実績が多い、キャリアコンサルタントの実力などがあげられます。

30代ともなると、社会経験が長く実務経験もあるため企業からは即戦力でかつ将来性が求められる場合があるので、前職と異なる業界か同じ職種に転職するのがおすすめです。転職をおすすめする理由として、キャリアを下げずにキャリアップへとつながる事とキャリアップのレバレッジ効果が生み出せるので転職エージェントを選ぶ時は心掛けておきましょう。

40代女性の転職エージェント選び方

40代女性が転職エージェントを選ぶ時、評価できる実績がある専門性を重視し、管理職や役員クラスなどを専門に扱う転職エージェントがおすすめ。40代は他の年代と違い1つの転職サイトでの求人量が少なく、複数のサイトを使い分け多くの求人を探すことが生きてきます。

40代の女性求人が少ない理由としては、一般社員と違い管理職や管理能力が期待される事と給料が高くなる事から企業は求人をださない傾向にあります。

40代女性の転職を有利に進めるには、自分の市場価値をあらいだし、適格にアドバイスをしてもらえる転職エージェントをしっかり選択する事がポイントとなってきます。

女性に特化したおすすめ転職エージェント


転職活動をする時に男女で差がでてくる事でいえば、妊娠や出産や育児といった子育てへの悩みや不安を感じる事があります。悩みや不安を解決できるのは、同じ体験をした人に聞くことが早く解決につながる方法なので、女性キャリアコンサルタントが多く在籍している、女性だけのコンテンツが充実している転職エージェントを選択する事がおすすめです。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは女性の転職をサポートして18年、年間5,000人以上の転職実績を誇っており、アパレルやコスメなどの小売業界からITまで女性に人気の業界に強みがあります。キャリアコンサルタントはすべて女性で、女性の立場に立ったカウンセリングに定評があり、結婚や出産といった女性ならではのことに親身にこたえてくれます。

サイトでは企業で働く時の残業や休日、産休や育休の情報まで確認でき、職種ごとに専門化されたキャリアコンサルタントがいるのも大きな特徴で、今までの経験を活かしながらキャリアアップを目指したい女性に安心です。

年収アップ率は71%、他社と比較して圧倒的な実績があります。女性向けの転職セミナーや相談会が豊富になっていて、面接で好印象を残すためのメイクアップサービスがあります。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、ここ1,2年で急速に評価を高めている転職エージェントで、20代向けや中小企業、第二新卒向けの案件で求人数を大幅に伸ばし続けています。マイナビの豊富なネットワークを活かし、取引社数15,000社以上を誇り、求人情報の8割が非公開求人です。

熱意のあるキャリアコンサルタントが多いのが特徴のひとつで、個々への対応が良いと評判です。元IT関係者のキャリアコンサルタントが多い理由もあって、IT・Webエンジニアで転職を考えている方は、登録必須の転職エージェントといえるでしょう。

面接対策や経歴書添削から業界の基礎知識まで、こと細かく対応してくれるマイナビエージェント、登録者の約70%が若手のIT・Webエンジニアで登録されています。

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業界でナンバー2のパソナが運営している転職エージェントで、取引実績数は16,000社以上と実績をあげていて多くの企業と個人に利用しています。

パソナキャリアの特徴は「転職するか決めかねている段階から相談にのってくれる」「転職初心者の不安や疑問にも親身に対応してくれる」の2点の対応が優れていて、すべての登録者に履歴書や職務経歴書や面接対策にサポートが整っているので、電話やメールの対応が早く安心できるとの評価があります。

パソナグループは全体を通して「女性活躍推進」をうたっていて、パソナキャリアでも社風から受け継がれる社会貢献への意識の高さは人材派遣の場でも活かされています。

パソナキャリアが選択される理由として人材派遣で培ってきた意識の高さ、質の高い非公開求人に多くの女性から人気が集まっています。

キャリアアップを目指す女性向け転職エージェント

ひとつの会社で長く勤めていたら、高いポジションで仕事がしたい、年収をアップしたいと焦り感じる人は少なくありません。キャリアアップを目指して転職や再就職を目指すのはごく自然なことで、専門的な知識を身につけ、自分の能力を向上させることで転職を成功させるという方法が流行っています。

女性向け転職エージェントの中には、キャリアアップに強みをもつエージェントがありますので自分から相談しやすいキャリアコンサルタントに相談しながら転職を進めていきましょう。

doda

dodaの転職サイトでは、転職活動の初めから終わりまでサポートしてくれるキャリアコンサルタントと企業の採用をバックアップする採用プロジェクト担当がいるのが特徴です。

転職時にキャリアップを目指す場合、業種や職種ごとに専門的な知識を持ったキャリアコンサルタントが親身なってトータルサポートをしてくれます。

エージェントのサービス内容は、応募書類を書き加えたり面接のサポートをしてくれたり、日程調整や年収の調整など面倒な手続きをしっかりサポート。

dodaには非公開求人を含む多くの求人がありますので、希望や適性にあった求人で幅広いニーズに対応できる転職エージェントです。

リクルートエージェント

キャリアップの女性におすすめなのが総合型のリクルートエージェント、求人数は業界で最も多く10万件以上を用意しています。

サポート体制でいうと、業界事情や採用動向に詳しいキャリアコンサルタントが従事していて、キャリアプランで悩んでいる人やキャリアチェンジをしようとしている方に提案してくれます。

転職活動の応募や進歩管理は、専用の管理画面を通じて行うことができ、書類選考に必要な職経歴書作成ツールも用意されています。

人の力で企業と転職希望者を繋ぐリクルートエージェントのサービス、転職する方に選ばれる理由はここにあるかもしれません。

JACリクルートメント

ハイスペックな経歴をもつ女性におすすめなのがJACリクルートメント、高学歴の専門性の高いスキルを持っている女性に多く利用されています。

イギリスで創業しアジアにマーケットをおく転職エージェントは、さらなるキャリアップがしたい女性に向いているサービスで管理職への転職が多いエージェントです。

キャリアコンサルタントが随時チェックしているので転職エージェントを利用する人には安心で、他社サイトより新規事業や極秘案件の求人が多く、外資系企業や海外勤務の求人が強いのが特徴です。

自分では探せない求人がJACリクルートメントは沢山ありますので、満足度の高い転職が実現できるのではないでしょうか。

女性が相談する転職エージェントの注意点

転職活動で女性が相談する転職エージェントは、自分にあったエージェントを探す為に複数利用するのがポイントですが、選び方には注意が必要となってきます。転職エージェントを利用する時に注意点を知っておくことで、転職活動がスムーズに進む事があるので抑えておくことがおすすめです。

嘘はつかない

転職活動で相談をする時、誰に対しても嘘をつかないことがポイントとなってきます。転職エージェントに登録する事やキャリアコンサルタントに伝える事は、学歴や職歴などを正直に伝えなければ、最適な求人を紹介することができなくなります。

たとえ自分が不利になるからといって家庭の事情などを正確に伝えなければ、ご自身の事情にあった転職先の紹介がされないことも考えられます。不利な情報でも、転職エージェントにはきちんと伝えて、希望に合う職種選びのサポートをしてもらいましょう。

返事は早く返す

転職エージェントを利用する場合、転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントが転職先との間に入りやり取りをしてくれることが中心になってきます。キャリアコンサルタントが転職先との間に入り、やり取りしてくれるので転職者は安心な一面、キャリアコンサルタントの言うことをしっかりと守る事がポイントです。
転職者は転職活動をする時にキャリアコンサルタントとのやり取りが中心になってきます。時間に遅れたり、返事を忘れたりする事も中にはでてくる時もありますが、できる限り早く返事をする事を心掛けておきましょう。

キャリアコンサルタントが合わないと思ったら変更

転職エージェントを利用している時、「何か相性が良くないな」「目指している業界の知識が無さすぎる」などの理由でキャリアコンサルタントと相性が合わない時がでてくる時があります。

多くの転職エージェントではメールで担当者変更の依頼ができるので、少しでも不愉快に感じる事があれば変更理由をしっかり記述してメールを送りましょう。メールでの変更依頼内容をおろそかにすると、こちらの評価を下げてしまうこともあるので要注意です。

逆に転職エージェントに選んでもらう方法

ここまで読んでみて、女性の転職をサポートしてくれる、強みがある転職エージェントを探すのって意外と難しいと感じた方。36歳~はじめての転職、晩婚で子育てまっただ中という方は特に、その段階で転職することに不安を感じているなら、逆に「自分を探してくれて、いいと感じるポイントがあって声を掛けてくれた、そんな転職エージェント」を待ってみる方法もあります。

それは「スカウト」を待つ方法です!

やりかたは簡単で転職サイトに登録して待つだけ。登録するときの候補として外せないのは「①リクナビNEXT、②エン転職(30代~はミドルの転職)、③マイナビ転職」です。今回紹介するのは、求人情報を出している企業からの「スカウト」ではなく、転職エージェント(職業紹介会社)からのオファーメッセージです。

ポイント

登録後、履歴書/職務経歴書と同様の内容、希望の業界/職種/地域/年収などをマイページで入力したら待っているだけですが、「希望転職時期は近め」「条件は厳しすぎない」ことで、エージェントからのスカウトが届く数が増えます。絞りすぎると、オファーが減って逆効果になりますのでご注意ください。

この方法、最大のメリットは「自分と合いそうな会社の求人を保有している転職エージェント」から声がかかるということです。逆にデメリットは「一斉配信に注意する必要がある」ということです。

転職エージェントは中堅中小が圧倒的多数。普通に探しても見つからないような、レア求人を保有しているケースがあります。また、転職エージェントが、募集企業の内情に精通しているため、女性の転職に強みがある紹介会社からのスカウトは貴重なチャンスに繋がるでしょう。

女性の転職は相談できるエージェントが必要

転職エージェントはそれぞれの業界や企業と太いパイプがあり、長年蓄積されてきた信頼関係があるため、自分一人で転職活動をするより転職エージェントを利用する事がおすすめです。どんなに高学歴で専門性の高いスキルをもった女性でも、希望する業界や企業のリアルな内情について知ることは難しく、社会人経験の浅い就職や転職初心者の女性ではなおさらの事といえます。

女性の転職に限ることではありませんが解決すべき問題点、不安や要望を簡潔にわかりやすく情報をまとめ、転職活動に心強い転職エージェントを使いこなしましょう。

記事を共有する。