正社員経験なし30代/40代/50代の転職は不利?おすすめ業界&職種紹介

正社員経験なしの転職
この記事の概要

正社員経験がない「30代/40代/50代」の中でも、転職を希望している人のために、正社員としての経験が無いのは不利なのか年代に合わせた答えを掲載。今から始める、転職活動で正社員経験なしから狙える「おすすめ業界と職種」を年代別に用意、正社員経験なしでも転職を成功させるポイントまでを解説しています。

正社員経験なしでも色んな転職先がある


正社員の経験のない30代/40代/50代の転職先には、慢性的な人手不足を抱えているIT業界や飲食業界や介護業界があります。IT業界でいえばエンジニア、Webデザイナー、編集者、ライターといったクリエイティブ系に転職される方が多い傾向にあります。

転職サイトをつかって転職先を探すときは、前に働いていたアルバイトの派遣先や契約社員の経験やスキルが活きる業界や業種を絞って転職先を探すことがおすすめです。

職務経歴を書き出しているとき、どんな会社でも役立つ知識・経験・スキルを「ポータブルなスキル」、専門的なことは別にまとめておくと、正社員になるための転職活動において、自分の強みを補強することができるのでメモしてみましょう!

正社員経験なしの30代~50代は転職に不利か?有利か?


正社員経験のない30代から50代が転職する場合、年代毎で有利な場合や不利な場合が異なってきます。
20代でいえば、伸び代を採用の判断材料としている企業が多いので実績がなくても転職は有利になることが多いです。

30代からの転職は即戦力として採用される事が多く、伸びしろと実績が半分の割合で企業から求められてきます。40代と50代は実績が多く求められ、年代毎に役立つ不利な条件や有利な条件を詳しくみていきましょう。

30代/正社員経験なしからの転職

自分の知識や経験が活かせるのが『30代の転職』

20代での転職は自分が本当にやりたいことか自分にできることを職業とすることがおすすめです。正社員経験なしで30代からの転職は、自分の経験や知識を活かせる職を探すことで有利に転職活動が進められます。

企業は即戦力として前向きな採用を考えていることが多いので、面接時に即戦力になる具体的なアピールすることができれば採用される確率が上がってきます。

アルバイトやパート経験しかない人でいえば、「なぜアルバイト経験しかないのか?」「正社員になろうと思ったのか?」といった質問に対して、社会人として真剣に働いてきたことをアピールすることさえできれば好印象をもたれる材料へつながってきます。

40代/正社員経験なしからの転職

継続できる職種を選択するのが『40代の転職』

1990年バブル崩壊直後の就職氷河期世代である40代の転職は、他の世代よりもキャリア形成に苦戦してきた世代なので、これから稼げる仕事より手取りの給料を求め継続できる仕事を選択する傾向があります。

40代の転職は難しいケースはありますが、積み重ねた社会人経験や仕事のキャリアやスキルを兼ね揃えた40代を求める企業は少なくありません。

正社員経験がない場合は、なぜ今まで正社員でなかったのかの理由を明確にして、これから仕事をする熱意や意気込みを語れるように用意しておきましょう。

50代/正社員経験なしからの転職

自分が働きやすい仕事を選択するのが『50代の転職』

正社員の経験なしの50代は、新たなキャリアを築いていこうと考える方は少なく、今の自分が働きやすい仕事を選択する傾向があります。「持ち家があり転居が難しい」「体力的に通勤が厳しい」など条件が限られてきて、転職には苦戦を強いられます。

50代で正社員の募集がでていたら、50歳ならではの経験やスキルを企業が必要としているので応募する価値がある企業といえます。

転職する時に自分が働きやすい仕事を選択することも大事ですが、企業としっかり話し合うことでニーズを聞き出し、企業側に立って自分自身の活用方法をアピールすることがおすすめです。

正社員経験なし「30代~50代の転職」おすすめ業界と職種


正社員経験なしの30代から50代の転職でおすすめ業界は、慢性的に人手が不足している飲食業界、介護業界や美容業界が採用される確率が高い傾向にあります。

営業や接客などの職種は、スキルや経験などよりも人柄や言葉遣いや勤勉さなどで採用される場合が多く、正社員の経験の有無はあまり重要とされない場合があります。

企業や年代毎におすすめの業界や職種は違ってきますので、自分にあてはまる業界や職種をみていきましょう。

[正社員経験なしの30代向け]おすすめ業界と職種

30代からの転職は、20代の経験からスキルアップされる転職が多く即戦力になる人材を求められる傾向があります。正社員経験なしの30代が転職におすすめなのは、サービス、飲食、物流・運送などの人手が不足している業界が狙い目です。

常に人材を募集している業界は、すぐにでも優秀な人材が欲しい為、未経験からでも高い収入を得られることも珍しくありません。

一部の業界では低所得となる業界はありますが、努力次第ではキャリアアップ、年収アップが実現できます。営業は30代で正社員経験の有無に関わらず、スキルや経験よりも「ポテンシャル」が求められ、採用されることは多い傾向にあります。

[正社員経験なしの40代向け]おすすめ業界と職種

正社員経験なしで40代の転職におすすめなのは、建築、不動産、介護、飲食など業務拡張や増員傾向のある業界です。経験豊富な40代、正社員経験がない方でも企業が求める条件とマッチすれば、正社員として採用される可能性は高くなります。

求人を探すときのポイントは、年齢にこだわらず経験や実力のある人材を採用する企業の求人情報を確認し、自分が興味を持てる企業を探すことが大切です。

社歴が浅い企業や新規プロジェクトを短期間で立ち上げたい企業など、実践力のある人材が不足しているので、経験とコミュニケーション能力のある40代を求める傾向にあります。

[正社員経験なしの50代向け]おすすめ業界と職種

正社員経験なし50代への転職におすすめなのは、介護、福祉、接客、警備など人手不足の業界が狙い目です。介護や福祉などの業界では補助的な仕事がありますので、無資格、未経験からでもはじめやすい職種といえます。

企業が50代を採用される理由として多いのは豊富な経験と即戦力、新しい職場に馴染める順応力が求められています。

年齢をとると転職において年齢の壁は重要なポイントとなってきますが、50代は今までの経歴やスキルを活かした仕事を探すことで転職の競争率は低くなってきます。

正社員経験なしでも転職を成功させる3つの戦法

正社員の経験なしで転職を成功させるポイントとして大きく分けると、「派遣社員から正社員を目指す方法」「正社員の経験なしでも採用される業界を選択する方法」「経営理念に共感できる会社を選ぶ方法」があります。

この3つの方法は、正社員の経験がない方でも、正社員経験のある方と対等に転職活動をおこなうことができるポイントとなってきます。

戦法1:派遣社員から正社員を目指す

正社員の経験なしから正社員を目指す方法として、派遣社員から正社員を目指す方法があります。

働いている企業で派遣社員から正社員になったという前例があれば、派遣社員から正社員になる仕組みがあるので、正社員になれるチャンスが見込めます。

派遣会社からの紹介で効率的な転職活動の方法として紹介予定派遣の制度があります。就職してからの試用期間と異なり一定期間、正社員と契約社員を目的として派遣社員として働きます。

正社員の経験なしでいきなり正社員から目指すのはハードルが高いので、紹介企業にアドバイスをしてもらいながら進めていくのがおすすめの転職方法です。

戦法2:正社員の経験なしでも採用される業界を選択

正社員の経験なしでも採用される確率が高いIT業界、飲食業界、介護業界など、慢性的に人手不足の業界は比較的採用されやすい傾向にあります。

経験や実績がない、スキルが乏しいなど課題がある場合は、明確なヒントをくれるハローワークや転職サイトの活用がおすすめです。

ハローワークに求人広告を出す企業は、「人手不足」の企業が多いので、「正社員の経験なし」で採用される求人を見つけやすくなっています。

転職を成功させるポイントは、採用されやすい業界に絞って転職活動することが大きなポイントとなってきます。

戦法3:経営理念に共感できる会社を選ぶ

正社員の経験なしの転職で、転職したい業種や職種が選べてないけど、正社員になりたいという場合、経営理念に共感できる会社を選ぶのがおすすめです。

急成長をする企業では、カルチャーフィットや入社意欲、人間性などを重要視していることから、正社員経験がなくても、経営理念やビジネスモデルをよく理解することで、採用につながる可能性がでてきます。

経営理念は会社の基本的な考え方となることから、社会貢献への意識の高い企業、未来への挑戦をしている企業などがうかがえます。

正社員の経験なしでも転職を有利に進められる

正社員経験なしの30代~50代がする転職は、業界や職種から企業選びをすることで、正社員の経験がなくても転職を有利に進められます。大事なのは正社員の経験がないからとあきらめるのではなく、自分に何ができるかを考え行動することです。

正社員の経験なしでも転職を有利に進めることは決して不可能ではありません。少しでも早い段階で行動に移し、正社員経験のある方と対等に、ハローワークや転職サイトをつかい転職活動を有利に進めていきましょう。

記事を共有する。