ストレスのない職業ベスト10!男性が選ぶ精神的に楽な仕事ランキング

男性版・ストレスのない職業ベスト10

ストレスがない職業とはどんな仕事内容なのでしょうか?ストレスを感じやすい業務の傾向や就業環境をピックアップしていったうえで具体的な候補となる職業に関して紹介しています。

これらの候補には一長一短もあり、単に「ストレスがない」という点だけでは評価できない面もあり、最終的には自分のキャリアや将来のビジョンも考慮に入れた上で自分なりに心身ともにヘルシーな環境で働ける職業を見つけ出す。これが「ストレスのない職業とはなにか?」の問いに対するもっとも普遍的な結論となるでしょう。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業とは?

ストレスのない職業の定義として、まず「プレッシャーがかかる機会が少ない」と「対人関係の悩みが少ない」の2点を挙げることができるでしょう。もちろん、仕事が辛いかどうかも重要なポイントですが、仕事とは直接関係ないところでストレスを抱えてしまうことが非常に多いものです。また、雇用環境や就業環境が安定しているかどうかも重要なポイントとなるでしょう。いくら気楽にできる仕事でも、毎月ちゃんと収入を得られるかわからない仕事は「ストレスのない職業」という観点からは少しマイナスポイントになるわけです。ですから、一般的には安定した会社員の立場で、できるだけストレスが溜まらない仕事が理想的となるかもしれません。

ストレスのない職業の特徴

仕事の特徴

ルーティンワークが主体の業務内容

ルーチンワーク、つまりあらかじめ決められた仕事を繰り返しおこなう仕事は創造性や状況に応じた柔軟な対応といった面が求められません。また、作業に慣れるとあまり頭を使わずともこなせるようになるため、ストレスがたまりにくいといえます。自分の判断が求められたり、その判断が業務全体の結果に大きな影響を及ぼしたり、その結果に責任を負わなければならないといったこともなく、精神的なプレッシャーが少ないのも大きな理由として挙げられるでしょう。

一人でできる仕事が多い

対人関係の悩みを解消できる究極の形が「一人でできる仕事」です。これは必ずしもフリーランス・自営業だけでなく、業務そのものが単独の作業を前提にしている職業全体にいえます。例えば、製造業ではチーム・プロジェクト単位で動く一方で、個々の作業は一人で行うケースもよく見られます。また、この「一人でできる」は作業の途中で上司や同僚から干渉を受けにくい、または「足を引っ張られない」ことも重要なポイントとして挙げられるでしょう。要するに自分のペースで進められる業務が良いわけです。

定時退社しやすい職場環境

これもライフワークバランスの観点から見て、とても重要なポイントでしょう。残業や休日出勤が多い職場はプライベートにさまざまな支障をもたらすものです。恋人とのデートをドタキャンせざるを得なかった、友人との交流に参加できない、さらには家族と過ごす時間がない…こうした環境がどんどんストレスを蓄積させていくものです。また、バカバカしい理由で定時退社できない職場もストレスをもたらします。「仕事はもう終わっているのに上司が残業しているから部下も残業する」といった職場などが該当します。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業ベスト10<職種別>

ベスト10リスト

男性に人気!ストレスのない職業1「施設警備員」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
少人数、あるいは一人で担当することが多く、しかも夜間勤務ともなると、他に誰もいない環境での業務となります。人間関係のストレスがほぼゼロ、しかも事件や事故が起こる可能性も極めて少ないですから、プレッシャーを感じることもありません。ストレスが少ない楽な仕事の条件を満たしているのが大きな理由です。

仕事内容担当する施設において巡回や監視を行うのが主な仕事です。仕事内容によっては設備の点検を行うこともあります。業務の内容上、夜間に担当する機会が多いのも特徴です。
未経験の可否基本的には未経験可、「未経験歓迎」の求人もよく見られます。
求められるスキル万一事故・事件が起こった際に適切に対応できる柔軟性と、場合によっては設備の点検のための知識・スキルが必要になることがあります。
有利な資格警備業に関連する知識・スキルを証明する「施設警備業務検定1級・2級」などの資格がありますが、とくに必須ではありません。
応募資格18歳以上が多いほかはとくにありません。
平均年収約341万円

男性に人気!ストレスのない職業2「マンション管理人」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
警備員と同様、気軽にできる点で楽な仕事と言えます。またトラブルが起こることも少ないのでストレスが溜まりにくく、上司や同僚との人間関係で悩むこともない点なども男性から人気がある理由です。

仕事内容その名前の通り、マンションの管理を担当する仕事です。おもに監視や設備の点検・保守、住民同士のトラブルの仲裁などを担当します。
未経験の可否未経験でも可能です。
求められるスキル設備が故障したときにちょっとした修復・補修ができるスキルがあると歓迎されます。また機会はごく限られますが、住民との交流のためのコミュニケーション能力も多少は必要です。
有利な資格マンション管理士や管理業務主任者などです。
応募資格とくにありません。大半は18歳以上です。
平均年収約458万円
ただし地域やマンションの規模によって格差もあります。

男性に人気!ストレスのない職業3「ルート営業」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
新規顧客獲得のための飛び込み営業がなく、決まった企業を回るのがメインのため、ストレスやプレッシャーが少ないうえに楽なのが大きな理由です。

仕事内容すでに顧客としてつきあいのある企業をまわって営業をする仕事です。
未経験の可否経験者が優遇される傾向もありますが、未経験OKの求人も多く見られます。
求められるスキル製品の紹介・売り込みだけでなく、すでに納品した製品のフォローやトラブル対応などの業務もあるので、それに対応できるコミュニケーション力や対応力が求められます。
有利な資格有利な資格はとくになく、経験が重視されますが、その業種や扱う製品に関する資格を持っていると有利になるでしょう。
応募資格特になし。
平均年収約355万円程度

男性に人気!ストレスのない職業4「ビルメンテナンス」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
少人数で対応する職場であり、しかも接客やクライアントと接する機会が少ないため人間関係のストレスが少なく、ルーチンワークの面が多いので楽なのが理由として挙げられます。

仕事内容ビルのメンテナンス、おもに電気、空調、ガス、水道といった設備の維持・管理・修理を行う仕事です。
未経験の可否未経験でもOKの求人が多いですが、就職後に資格取得が求められることがあります。
求められるスキル仕事内容で見た通り、ビルの設備を管理・維持、あるいは必要に応じて修理・補修ができるスキルが求められます。
有利な資格ビルメンが持っていると有利な資格の代表格では、第二種電気工事、二級ボイラー技士、危険物取扱者乙種4類、建築物環境衛生監理技術者などが挙げられます。設備の管理や修理に役立つからです。
応募資格資格が求められることもありますが、必須というわけではありません。
平均年収約286万円程度

男性に人気!ストレスのない職業5「清掃員」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
少人数のスタッフでの作業になること、作業の多くは一人で行われること、そして基本的には作業の多くがルーチンワークになることなどからストレスが少ない、楽な環境であることが挙げられます。

仕事内容主に企業・店舗が入っている建築物、アミューズメント施設などの清掃を担当する仕事です。
未経験の可否多くの求人が未経験可です。
求められるスキルスキルというよりも几帳面で清潔好き、責任感があるなどの性格面が重視されます。
有利な資格清掃作業監督者、ビルクリーニング技能士、建築物環境衛生監理技術者などです。専門的な器具を使用して業務を行うことも多いからです。
応募資格資格は必須ではないことが多く、とくにありません。
平均年収約353万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

男性に人気!ストレスのない職業6「工場作業員」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
基本的な業務は一人でできるのでストレスが少ない、またわかりやすい業務が多く、不安やプレッシャーがない点などが挙げられます。

仕事内容名前の通り、工場で製造業などの業務を担当します。
未経験の可否よほど専門的な技術を要する製造現場ではないかぎり、未経験でも可能です。
求められるスキルルーチンワークが多くなるため、つねに正確な作業ができるスキル、そして作業に使用する道具を使いこなせるスキルが求められます。
有利な資格勤務する工場の業種によって異なりますが、自動車整備士、電気工事士、危険物取扱者、衛生管理者などが挙げられます。専門的な知識・スキルによって対応できる業務が多くなるからです。
応募資格工場の業種・業務内容に応じて特定の資格が求められることもありますが、なくても応募できる求人が多いです。
平均年収300万~400万円

男性に人気!ストレスのない職業7「長距離ドライバー」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
自分だけで運転する仕事なので人間関係のストレスが少ない、安全運転が前提なので危険もない、対人関係が苦手に人にとってとくにストレスのない職業として適しています。

仕事内容運送業において、トラックを運転して長距離の輸送を担当する仕事です。
未経験の可否仕事の経験ではなく、トラック運転の経験が求められることもありますが、未経験でも応募可能が多いです。
求められるスキル大型トラックのドライバーとしての基本的なスキルはもちろん、時間に正確に輸送できるスキル、運搬物を破損させることなく運転できるスキルなども挙げられます。
有利な資格有利というよりも、運転する車体に応じた資格が求められます。大型自動車免許を持っている方が応募できる求人が多くなるのは間違いないでしょう。なお、危険物取扱者の資格があると運搬できる輸送物の範囲が広がります。
応募資格車体に応じた免許が必要です。
平均年収約300~500万円程度です。

男性に人気!ストレスのない職業8「電気・ガス検針員」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
一人でできる仕事なので対人コミュニケーションのプレッシャーがない楽さ、また自分のペースで仕事を進めていけるのでストレスが少ない点などが理由として挙げられます。

仕事内容担当地域の顧客の家を一軒一軒まわりながら、ガス・電気のメーターをチェックして使用量を確認する仕事です。
未経験の可否未経験でも可能です。
求められるスキル一軒一軒のメーターの場所を覚え、素早くチェックして使用量を確認するスキルが必要です。
有利な資格とくに資格は必要ありませんが、自動車での移動が必要な場合には普通自動車免許、あるいはメーターの点検に関連した保安業務員の資格などが挙げられます。これらを持っていることで業務をよりスムーズに行うことができるからです。
応募資格特になし。
平均年収約319万円

男性に人気!ストレスのない職業9「配達員」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
配達先でのやりとりを除いて対人コミュニケーションの機会が少なくストレスが少ないこと、搬送先を移動しながら業務を行うのであまり考える必要がないので楽、という点が挙げられます。

仕事内容郵送物を宛先の家に届ける仕事です。
未経験の可否未経験でも応募可能な求人が多いです。
求められるスキルスキルというより、郵便物を丁寧に扱う心がけが必須です。
有利な資格普通一種免許は当然として、大型一種免許や中型一種免許を持っておくと担当できる仕事の幅が広くなって有利になります。
応募資格普通一種免許以外はとくにないですが、求人によって上記の免許が必要になることもあります。
平均年収約362万円

男性に人気!ストレスのない職業10「Webライター」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
作業そのものは一人で黙々と行うため、ストレスが少ないこと、コミュニケーションスキルや柔軟な対応力よりも知識が求められるため、それさえ備えていればとくに難しく感じずにできる点などが挙げられます。

仕事内容Webサイト上で掲載される記事やコンテンツの文章を執筆する仕事です。
未経験の可否簡単な仕事なら未経験でも可能で、ライティングの内容が高度になると経験が求められる傾向があります。
求められるスキル文章力、そして記事の内容や指定されたキーワードなど条件に合わせて柔軟に執筆できるスキルが必要です。
有利な資格Webライティング能力検定、Webライティング技能検定、Webリテラシー検定などは就職・転職の際にスキルを証明するうえで有利です。
応募資格経験が求められる以外はないことが多いです。
平均年収約450万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

未経験OKの人気職種

未経験OKの人気職種1「YouTuber」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
極端に言えば、好きな動画だけを投稿して続けることができるからです。誰かに指示されることもなく、自分のやりたいことができるため、やりがいを感じやすいのも理由として挙げられるでしょう。

仕事内容動画を制作し、動画投稿サイトYouTubeに投稿する仕事です。
未経験の可否はじめることそのものは未経験でも可能ですが、YouTuberとして収入を得られるかどうかは別の話です。
求められるスキル動画を制作・編集するためのスキルが必要です。
有利な資格動画編集に役立つCGクリエイター検定や画像処理エンジニア検定などが挙げられます。内容の面白さだけでなく、サムネイルの見栄えや構成の良し悪しも重要なポイントとなるからです。
応募資格とくにありません。
ただし、収益性を備えた動画を制作する必要があります。
平均年収格差が非常に激しいため、平均年収と呼べるものはありません。
トップクラスなら月収1000万円を超えることも可能ですが、収入ゼロの人も多数います。

未経験OKの人気職種2「クラウドソーシングワーカー」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
基本的にフリーランスとしての仕事となるため、自分のペースで続けられる、上司や同僚との人間関係に悩まされることがないことなどが大きな理由です。

仕事内容クラウドソーシングサイトで案件を受注し、与えられた条件にもとづいて仕事を行います。
未経験の可否案件によって異なりますが、簡単な作業ほど未経験可が多いです。
求められるスキルライター系ならライティングスキル、デザイン・イラスト系ならデザイン方面のスキルが必須です。
有利な資格どの分野の案件をメインに行うかによって異なります。一般的にはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、日商簿記、ウェブクリエイター能力認定試験等が挙げられます。専門的なスキルを証明することで仕事を受注しやすくなるからです。
応募資格それぞれの案件によって異なります。
平均年収186万円
※格差が大きく、1000万円を超える人もいます。

未経験OKの人気職種3「地方公務員」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
ノルマがないこと、安定した就業環境で働けるためプレッシャーを感じにくいことが最大の理由です。

仕事内容国公立の教師、保育士、保健師、幼稚園教諭などが地方公務員に該当します。
未経験の可否試験に合格することが絶対条件です。仕事そのものの経験は基本的には問われません。
求められるスキル仕事内容によって異なり、基本的には与えられた役割をこなせる着実さ、安定感が必要とされます。
有利な資格簿記検定やTOEICなどを取得することで、試験の際に一部の科目が免除になることもあります。
応募資格基本的には試験ごとに年齢制限が設けられています。大学卒業レベルの試験では30代前半、高校卒業レベルの試験では20代後半が多く見られます。
平均年収約640万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

高収入なのにストレスのない職業

高収入なのにストレスのない職業1「証券ディーラー」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
成果を求められるプレッシャーはありますが、失敗しても本人が借金を背負うことがないこと、また情報収集などを自分のペースで行っていける点なども挙げられます。

仕事内容会社の資金をもとに金融商品に投資を行い、運用によって利益を挙げていく仕事です。
未経験の可否ほとんどの求人で経験が必須です。
求められるスキル金融商品を運用する資格、市場の動向を敏感に察知するスキルなどです。
入社後に取得すると良い資格証券アナリスト、証券外務員の資格によって専門的なスキルを備えていることを証明できるため、とくに転職の際に有利になります。
応募資格上述した証券外務員の資格が求められることもあり、学歴などは不問の求人が多いです。
平均年収約650~750万円
実績のあるディーラーなら1000万円を超えることもあります。

高収入なのにストレスのない職業2「不動産鑑定士」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
不動産を鑑定する仕事なので基本的な知識さえあればそれほど難しくないこと、ノルマなどがきつくないこと、個人での業務が多く人間関係の悩みを抱えにくいことなどがあります。

仕事内容土地や建物といった不動産の経済価値を評価する仕事です。
未経験の可否未経験でも可能な求人が多いですが、資格が必須になる傾向が見られます。
求められるスキル不動産の価値を正確に評価・鑑定するスキルです。
入社後に取得すると良い資格不動産鑑定士の資格は必須で、宅建や管理業務主任者、さらに弁護士や公認会計士などを取得すると役立ちます。業務の専門性を高めることができるからです。
応募資格不動産鑑定士の資格。
平均年収約754万円

高収入なのにストレスのない職業3「大学講師」

▼ストレスのない職業として男性に注目される理由
高校・中学の教師のように生徒やその保護者と接することによるストレスがなく、大学教授ほど研究の成果が求められるプレッシャーもないのが大きな理由です。

仕事内容大学において学生を相手に講義を行い、単位の認定などを担当します。
未経験の可否経験が重視される求人が多いです。
求められるスキルわかりやすく講義を行うスキルが大前提です。
入社後に取得すると良い資格資格はとくにありません。最低でも修士号は必要ですが、基本的には博士号が求められます。講師になった後に必須になるような資格はありません。
応募資格担当する分野の高度な知識と研究の経験が問われることが多いです。
平均年収約580~700万円

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業がある職場<代表格>

No1.縦割り型組織

縦割り型組織はスタッフの役割がしっかり決められていることが多く、状況に応じて柔軟な対応が求められる機会が少ないのが大きな理由です。上司の指示に忠実に従って業務を行う環境が多く、自分で考えて行動・判断する機会が少ない点も理由として挙げられるでしょう。

▼資格・スキル
その会社・組織の業種において専門性を発揮できる資格を取得するのが理想的です。幅広い役割を求められることも少なく、専門性を磨き上げていくことで確実に評価される機会が得られるからです。

▼ここがポイント!
縦割り型組織は年功序列型を重視しているところも多く、与えられた役割を黙々とこなし続けていればストレスも少なく、確実に出世できるのが理由です。

No2.労働集約型モデルの事業会社

労働集約型モデルの業種は製造業をはじめルーチンワークの業務が多く、ストレスが溜まりにくい傾向が見られます。役割分担が決まっていることも多く、ノルマのプレッシャーが少ないのも大きな特徴です。

▼資格・スキル
その事業会社の業種においてマネジメント・管理者になれる資格を取得することで、昇進・昇給のチャンスを得やすくなるでしょう。

▼ここがポイント!
労働集約型モデルは事業活動の多くを人間が担っているのが特徴。そのためルーチンワークが多いだけでなく、ITなど最新の技術が導入されている割合も低く、環境の変化に悩まされる機会が少ないのも大きな理由です。

No3.単純作業の多い職場

単純作業の多くは同じ作業を繰り返すルーチンワークのため、あまり頭を使わなくていい、状況に応じて柔軟に対応しなければならないといったスレトスが少ない傾向が見られます。また、単純作業なので上司や同僚との間でトラブルを抱える機会が少ないのも大きな理由です。

▼資格・スキル
単純作業は給料が少ない傾向があるため、技術系の資格を取得することで「高度な技術が必要だけど基本は単純作業」の職場でより高収入を目指すことができます。

▼ここがポイント!
作業に慣れさえすれば確実に与えられた仕事をこなすことができるので、精神的なプレッシャーが少ないのが最大の理由です。創造性や革新性が過剰に求められることがない点も挙げられるでしょう。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業のやりがい

この仕事のやりがい

精神的に楽

求められた役割を黙々とこなすことを求められることが多く、精神的に楽な一方で、きちんと仕事をこなした達成感や充実感を味わうことができます。さらにお客様から評価されたり、自分が作業に関わった製品がヒットしたりといった場面で大きなやりがいを感じることもあります。

過度なノルマや同僚との競争といったプレッシャーにさらされることがなく、自分のペースで進められる環境が多いのが大きな理由です。

おさむ編集員

ノルマなどのプレッシャーがあると、かえってストレスや緊張から心身のバランスを崩してしまい、生産性や仕事のパフォーマンスを低下させてしまう恐れもあります。精神的に楽な職場は、自分らしさを発揮しつつ能力を発揮できる魅力を持っているとも言えるでしょう。

プライベートの時間を確保しやすい

プライベートの時間を確保しやすいことで、仕事の「オン/オフ」をしっかり分けられます。そのため仕事を頑張った後にプライベートで楽しむことで「よし、また次の仕事を頑張ろう」と、やりがいとモチベーションを高めた上で仕事に望める場面が多くなります。

友達との交流や恋人とのデート、家族との時間を仕事のせいで確保できないと、どうしても「こんな環境で仕事を続けてどうするんだ?」と疑問を抱くようになるものです。いくら自分に向いた仕事でも、プライベートを確保できないとやりがいを感じられず、しかも不満とストレスの両方を抱えてしまうことになりかねません。

おさむ編集員

ライフワークバランスが重視されるようになっているように、やはりプライベートの充実はストレスを抱えずに働く上で欠かせません。いくらやりがいのある仕事であっても、仕事漬けの生活ではいつかストレスを抱えて辛くなってしまうでしょう。

集中できる仕事ができる

ストレスは集中力やモチベーションを著しく乱してしまうだけでなく、仕事そのものに対する不満をもたらす要因にもなります。それがない環境なら仕事に集中しやすくなりますし、当然業務の効率や成果がアップすることでやりがいを感じる場面が多くなります。

いくらやっていて楽しい仕事でも、プライベートを確保できない、厳しいノルマがあるといったスレトスを抱えやすい環境では、どうしても集中力も低下してしまいます。逆にストレスが少なく、不安や緊張を抱える機会が少ないほど集中力が増すわけです。

おさむ編集員

人生にはいろいろな悩みがつきまとうものです。いかにそうした悩みが仕事のパフォーマンスを低下させてしまうのを防ぐことかできるかが自分のパフォーマンスを高め、維持するためのポイントとなるでしょう。そのためにも、できるだけストレスをためずに集中できる職場選びや環境づくりが求められます。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業から選ぶメリット

メリット

内定が取りやすい

ストレスがたまりにくい職場は未経験でも応募可能な案件が多く、就職しやすいだけでなく転職しやすいのも大きなメリットです。ですから、前の職場を辞めた後になかなか転職先が見つからずにブランクができてしまうといったリスクを軽減することができます。また、ストレスによる心身の不調を抱えにくいことで健康を害したために次の職場を見つけにくくなるといったリスクも避けられます。

内定をとりやすく、就職・転職しやすいことで継続したキャリア形成が可能になります。ストレスが少ない環境で黙々と与えられた役割をこなすことで、安定したキャリアと昇給・昇進が期待できるでしょう。

ななか編集員

ストレスのない職業で安定した環境で働きつつ、資格取得などでキャリアアップを目指していくことでさらによい環境を得られるでしょう。ライフワークバランスがとれた職場なら、それも十分可能なはずです。

休みが取りやすい

休みが取りやすければ、心身をリフレッシュさせる機会に恵まれます。仕事の疲れをのんびり癒やすもよし、アクティブに解消するもよし。休みが仕事のやる気を引き出す原動力になってくれます。

休みをとりやすいことで恋人や家族と一緒に過ごす機会を確保できます。そうなると結婚や出産、家族との良好な関係の構築といったプライベートを充実させる機会にも恵まれるでしょう。5年後、10年後のライフスタイルに大きな影響を及ぼす可能性があるわけです。

ななか編集員

ストレスがたまりやすい職場で働いていると、キャリアの途中で我慢の限界に達して「切れてしまう」恐れがあります。ストレスが溜まりにくい心身ともに充実した環境で働ける職場こそ、長期的なキャリアを安定して築いていく上で適した環境と言えるでしょう。

趣味に時間を割きやすい

趣味に時間を割けることで、人生そのものを充実させることができます。「俺の人生は仕事しかないのか」といった虚しさに襲われることもなく、公私ともにやりがいのある人生を歩むことができるでしょう。

40代、50代になると多くのビジネスマンは精神面の危機を迎えやすいと言います。「こんな生活を続けてどうなるのか」「こんな仕事に人生を捧げていいのか」といった思いが心身の健康を損ねてしまうことになりかねません。趣味に時間と労力を割いて心身の充実を図ることで、こうした将来的・個人的な危機を回避することができます。

ななか編集員

趣味は世代、年齢、職業を超えた交流の機会をもたらしてくれます。こうした幅広い人たちとの交流が人生を豊かにしてくれますし、転職やキャリアアップの際に思わぬ形で力になってくれることもあります。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業から選ぶデメリット

デメリット

平均年収が低い

プレッシャーが少なくストレスが溜まりにくい仕事は単純作業が多く、どうしても平均年収が低くなりがちです。年収の低さはそのまま生活水準に影響するため、デメリットになるのが避けられないのです。

収入アップだけでなくキャリアアップの機会も限られている職場の場合、将来的な地位や年収にも限界が出てきます。マイホームの購入、結婚、出産などのライフプランにも大きな影響を及ぼすようになるでしょう。

おさむ編集員

まず自分にとってストレスが溜まりにくい職場とはどんなものかを確認し、その条件を満たすなかでできるだけ将来性がある仕事を探すのが第一です。そのうえで管理職やマネージャーの地位につけるようなキャリアプランを練っていくことで、平均年収の低さを補うことができるでしょう。

昇進・昇格からは遠ざかる

平均年収の低さとも密接にかかわる部分ですが、昇進・昇格が期待できないことで年齢やキャリアにふさわしい地位に就けるチャンスが少なくなります。

キャリアアップの余地が少ないことで、どうしても30代後半くらいから昇進の機会がますます遠ざかり、頭打ちの状態になってしまいがちです。どんなに頑張って長く働いてもたどり着けるゴールはたかが知れている、といった不満を感じてしまうことにもなりかねません。

おさむ編集員

まず限られた昇進・昇給のチャンスを逃さないこと。そのためにもキャリアアップに役立つ資格の取得を積極的に目指すようにしましょう。また、昇進・昇格のチャンスが少ないなら、年収が高い職場に転職することで補うことも可能です。将来的にはストレスを感じにくい職場への転職・転進も視野に入れて、キャリアプランを練ってみるとよいでしょう。

自己成長は期待しづらい

単純作業や与えられた役割を黙々とこなす仕事の場合、どうしても自己成長が期待できず、スキルアップの機会が失われてしまいます。

自分で考えて提案・立案するスキル、あるいは状況に応じて適切な対応策を練る柔軟性や対応力、ソリューション力などが身につかないことで管理職に就くチャンスが少なくなります。ひたすら上司の指示通りに働くだけの人材で、キャリアが終わってしまう可能性もあるでしょう。

おさむ編集員

頭を使わないで済む、自分で考えて判断しないで済む、または自分の作業に対して責任を負わないで済む環境は、ストレスが溜まりにくい職場の条件です。しかし仕事を通して自己成長を目指したいなら、ある程度のプレッシャーや緊張感がある環境は必要です。気楽さだけでなく、適度なプレッシャーを感じつつも充実感や達成感を味わえる職場を探していくことが望まれます。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

ストレスのない職業の注意点

将来、大きな目標がある人には不向き

将来的に大きな目標を持っている人、または具体的に「将来こんな仕事をしたい」といったビジョンを持っている人にはストレスのない職業は向いていない可能性があります。どうしてもノルマが少なく、プレッシャーを感じにくく、気楽な職業が多くなるからです。

言い方を変えれば、大きな目標にたどり着くためには困難やプレッシャーを乗り越えながら自己成長していく環境が必要だと言えるでしょう。ストレスはたしかに心身の健康を害してしまう要因となりますが、一方でパフォーマンスを向上させる原動力にもなります。大きな目標を持っている人は、まったくストレスのない職業を探すのではなく、ストレスはある程度感じるけれども自分のパフォーマンスに悪い影響を及ぼすことはない職業を探すことが重要になるでしょう。どこまでストレスを受け入れられるか、その線引きに注意が必要になるでしょう。

楽から抜け出せなくなる可能性

単純作業のように頭を使う必要がない、重要な判断を下す必要がなく、責任を負う機会もない。こうした仕事はストレスのない職業の条件として挙げられますが、一方で「ぬるま湯」に浸ってしまう恐れがあるので注意が必要です。気楽に仕事を続けられる環境に慣れきってしまったことで、そこから抜け出せなくなってしまう恐れも出てくるのです。

デメリットのところでも触れたように、ストレスのない職業には平均年収が低い、キャリアアップのチャンスが少ないといった問題もあります。キャリアのどこかの時点で将来に限界を感じたとき、楽から抜け出せずに結局ズルズルと同じキャリアを続けてしまいかねないのです。その結果、30代後半~40代に入ったときになって「もっと若い頃に努力してキャリアの土台を固めておけばよかった」と後悔する恐れもあります。

キャリアチェンジしにくくなる

これまで挙げてきた要因が組み合わさることで、キャリアチェンジしにくくなります。単純作業ばかり、または責任を負う立場で仕事をしたことがないと、どうしても専門的なスキルや仕事に対する柔軟性やソリューション力が身につきません。そうなると、いざ転職しようと思っても同じような職業しかつけなくなります。

また、上記のようにこれまでの気楽な環境のストレスのない職業ではキャリアの限界を感じたときに、どうしても新しい職場に転進する勇気や踏ん切りを持つことができず、せっかくのキャリアチェンジの機会を逃してしまう可能性もあります。

ストレスを感じないで働けるか、という点だけを意識して職業を選んでしまうと、キャリアを重ねていく途中でキャリアチェンジができないストレスを抱えてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

転職にはコツがある!
自然な自分が活かせる仕事。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

ストレスのない職業に就きたいと思った場合、まず自分にとって「ストレスのない環境」とはどのようなものなのかを確認しておきましょう。仕事が楽なのか、プレッシャーが少ないのか、それとも人間関係の悩みが少ないのか。それによって選ぶ職業も変わってくるでしょう。そのうえで仕事そのものが自分に向いているのか、将来性はあるのかを確認し、5年後、10年後の自分のキャリアが理想的なものになるかどうかも検討した上で最終的な判断を下したいものです。

単に「仕事が楽そうだから」「面倒が少ないから」といった理由だけで選んでしまうと、キャリア形成の妨げになってしまう恐れもあります。「ストレスのない職業」には、余計なことに悩まされず心身ともに健康な状態でキャリアを重ねていける職業という意味が含まれていることを忘れないようにしたいものです。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

doda:適職選びにオススメ!

doda
適職でキャリアアップを実現しよう!

dodaを紹介する理由

  1. セルフ転職を実現する企業群
  2. 転職エージェント同時利用が簡単
  3. 未経験からのキャリアアップ支援

▼得意分野
大手企業◎ 外資・海外◎ ベンチャー◎ ハイクラス◎ IT業界◎ 年収400万円以上◎ 女性向け× 第二新卒× フリーター× 未経験× 中小企業×

おさむ編集員

人間味がありながら、緻密なデータ活用も上手な企業「パーソルキャリア」が運営。dodaを転職サイトとして利用しながら、転職エージェントサービスも同時に利用できる点が非常に効率的で、異業種・同業種とも幅広い選択肢があるので比較検討する上でも登録必須の無料サービスとなっています。

doda
登録後は使い放題!

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、34歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。