どこでもできる仕事ベスト10!資格なしで目指せる人気の職業を解説

どこでもできる仕事・男性版

どこでもできる仕事とは、場所を選ばず働くことができる仕事のことです。資格がなくても始めることができる仕事や男性に特におすすめの仕事、楽に稼ぐことができる仕事などバラエティ豊かなため、場所や時間に拘束されない働き方をしたい人におすすめできます。

どこでもできる仕事に向いてる人には、3つの特徴があります。実際に転職する際には、どこでもできる仕事のメリットだけでなく、デメリットや注意点にも留意し、転職活動を行いましょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

どこでもできる仕事とは?

どこでもできる仕事とは、業務を行う場所に制約がない仕事のことです。一昔前は会社に出勤し、職場で仕事に従事する働き方が一般的でした。とはいえ、近年では働き方の多様化やWEB上で完結する仕事の増加により、働く場所にとらわれない仕事が増加しています。

働く場所を自らの意志で自由に決めることができるため、ストレスが少なく理想的なワークスタイルとして、男性にも女性にも注目されています。

どこでもできる仕事として多く見られるのは、ネットを活用した仕事です。インターネットがあれば世界のどこからでも作業できることや、仕事によってはパソコン1台で始めることができ、初期費用が安いという点が人気の理由となっています

どこでもできる仕事の特徴

仕事の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

自宅でできる仕事

どこでもできる仕事の特徴の1つは、自宅に居ながら仕事ができることです。居心地のいい空間でマイペースに働けるため、人との関わりが苦手な人や、自分のペースで作業を進めたい男性に人気の働き方といえます。

また、介護で長時間家を空けることのできない人や、育児と仕事を両立したい人にとっても、理想的な働き方となっています。自宅で働くなら、通勤の費用や時間を節約できるのも、大きな強みといえるでしょう。

日本全国どこからでもできる仕事

どこでもできる仕事の2つ目の特徴は、日本全国どの場所からでも仕事を行えることです。そうした仕事を選ぶなら、暑い季節は避暑地に滞在しながら仕事を行ったり、休暇の時期は観光地に滞在しながら業務を行うことができます。

家族がいる男性の場合、子どもの進学に合わせて一緒に引っ越したり、配偶者の転勤に付いていけるなど、どこでもできる仕事ならではの柔軟な対応ができるのが強みです。

海外からでもできる仕事

どこでもできる仕事の3つ目の特徴は、海外で生活しながら働けることです。働きながら語学を学びたい、子どもを外国語の環境で育てたいという男性に人気の働き方として注目されています。

物価の安い国を選んで生活するならば、日本にいる時よりも生活費を押さえつつ、質の高い生活を送ることができるのもメリットです。余剰分の給与は、貯蓄にまわすことができるため、投資や老後の蓄えとして活用できるのも強みです。

どこでもできる仕事トップ10<職種別>資格不要

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

営業代行 [どこでもできる仕事 1/10]

営業代行の仕事内容

営業代行とは、企業の営業活動を代行する仕事です。新規顧客の開拓やテレマーケティング、広告作成、顧客のニーズ分析、マーケティングなどを行います。

おさむ編集員

WEB会議システムや電話、メールなどを使用して営業を行う場合が多いため、場所を選ばずどこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
営業代行の仕事はフリーランスでの働き方が多く、依頼は完全成果報酬型です。フリーランスのため、働く時間を自由に設定できます。また、自分の得意分野の案件を選ぶなら、成果を得やすいため男性におすすめです。

▼平均年収
営業代行の仕事の平均年収は、約310万円から405万円ほどです。

Webマーケティングコンサルタント [どこでもできる仕事 2/10]

Webマーケティングコンサルタントの仕事内容

Web上でマーケティング活動を行い、収益を上げていく仕事です。内容はWeb上のコンテンツを作成し、広告等での集客を行い、再アクセスを促し売上を上げていきます。

おさむ編集員

インターネットにアクセスできる環境で、パソコンがあれば作業を進めることができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
Webコンサルタントの仕事には、さまざまなスキルが求められますが、1度習得すればすぐにフリーランスとして活躍できるため、自由な働き方がしたい男性におすすめできます。

▼平均年収
Webマーケティングコンサルタントの平均収入は、約440万円ほどです。

Webプログラマー [どこでもできる仕事 3/10]

Webプログラマーの仕事内容

Webサイトのプログラミングを行う仕事です。システムエンジニアが作成する仕様書に沿って、システム開発・運用を行い、運用管理やプログラミングを行います。

おさむ編集員

インターネット環境があれば、自宅でも別の場所でもプログラマーとして仕事ができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
Webプログラマーは必要な知識があれば、未経験でも比較的始めやすい仕事といわれています。またリモートワークや在宅での勤務など、多様な働き方に対応しているため、どこでもできる仕事に転職したい男性におすすめできる仕事の1つです。

▼平均年収
Webプログラマーの平均年収は、約440万円ほどです。

Webディレクター [どこでもできる仕事 4/10]

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターは制作現場においてプロジェクトを指揮・監督し、管理を行います。Webプログラマー、デザイナーなどのスタッフをまとめ、Webコンテンツの制作を完了させることが仕事です。

おさむ編集員

パソコンとインターネットに接続できる環境であれば、業務をこなすことができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
Webディレクターの仕事は、フルリモートで働ける求人が多く見られます。また、業界の中でWebディレクター自体の数が少ないため働き口を見つけやすく、安定して仕事を得たい男性におすすめできる仕事です。

▼平均年収
Webディレクターの平均年収は、約500万円ほどです。

ネット広告運用 [どこでもできる仕事 5/10]

ネット広告運用の仕事内容

ネット広告運用とは、運用型Web広告の管理と運用を行うことです。Webサイトやソーシャルメディア、スマートフォンアプリなどの広告配信先を選択し、広告入稿や分析、改善とレポーティングを実施します。

おさむ編集員

出社の必要がなくフルリモートで募集している企業が多いため、日本全国どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
ネット広告運用の仕事は多角的な視点で物事を考え、数値を分析する必要があります。大変な仕事ですが、データの分析や仮説の検証などの地道な業務が好きな男性におすすめできる仕事です。

▼平均年収
ネット広告運用者の平均年収は、約420万円ほどです。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

クラフィックデザイナー [どこでもできる仕事 6/10]

クラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事は新聞や雑誌、看板や商品のパッケージ、チラシなどをデザインすることです。依頼者の要望からデザインの方向性を決め、ターゲットに訴えるデザインを作成します。

おさむ編集員

デザインできる環境とパソコンとデザインソフトがあれば、海外でも働くことができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
グラフィックデザイナーは自分の感性やセンスを生かすことができる仕事です。好きなことを仕事にしたい男性におすすめできる仕事といえます。

▼平均年収
グラフィックデザイナーの平均年収は、約420万円ほどです。

システム・デバッガー [どこでもできる仕事 7/10]

システム・デバッガーの仕事内容

システム・デバッガーの仕事は、作成されたソフトウェアを検証(テストプレイ)し、不具合(バグ)を洗い出していくことです。バグを報告し、報告を基にソフトウェアが修正されたら、正しく修正が行われたかを確認していきます。

おさむ編集員

システム・デバッガーの仕事の多くが、オンラインで完結できるため、インターネットに接続できればどこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
システム・デバッガーの仕事は、まだ世に出ていないゲームを試すことができるチャンスがある貴重な仕事です。ゲーム業界に関心がある人や、ゲームが好きな男性におすすめできます。

▼平均年収
システム・デバッガーの平均年収は、約150万円から450万円ほどです。

オンライン講師 [どこでもできる仕事 8/10]

オンライン講師の仕事内容

オンライン講師とは、生徒が学びたい内容をオンラインで教える仕事です。法律系の資格対策や外国語、外国人に日本語を教えるなど、内容は多岐に渡ります。教材作成やスケジュール管理といった付帯業務も行います。

おさむ編集員

特定の知識とインターネット環境があれば、オンライン授業を行うことができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
教室に向かう必要がなく比較的時間に自由がきくため、自分のライフスタイルを守りたい人、育児や介護などの合間に働きたい男性におすすめできる仕事です。

▼平均年収
オンライン講師の平均年収は、教える内容によって異なりますが、約300万円ほどです。

パーソナルトレーナー [どこでもできる仕事 9/10]

パーソナルトレーナーの仕事内容

パーソナルトレーナーの仕事は、ボディメイクやダイエットといった顧客の要望に合わせてトレーニング内容を考え、食事内容の計画を行い、目標の実現に向けてサポートを行う仕事です。

おさむ編集員

フリーランスで働くなら、顧客を集客し自分の好きな場所で教えたり、オンラインでトレーニング指導を行うことができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
トレーニングや食事に関する正しい知識があれば、特別な資格は無くても働くことができるため、自分の知識を生かせる仕事がしたい男性におすすめできる仕事です。

▼平均年収
パーソナルトレーナーの平均収入は、約360万円ほどです。

キャリアアドバイザー [どこでもできる仕事 10/10]

キャリアアドバイザーの仕事内容

キャリアアドバイザーの仕事は、転職を希望する人をサポートすることです。転職希望者の希望に沿った求人案件を紹介し、転職をスムーズに行えるよう助けます。求人紹介以外にも履歴書の添削や、面接のスケジュール調整なども行います。

おさむ編集員

スキルがあればフルリモートで勤務できる求人も多いため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
求職者へ転職のサポートを通して、将来を切り開くお手伝いをする意義深い仕事です。人の役に立つ仕事がしたい男性におすすめできます。

▼平均年収
キャリアアドバイザーの平均年収は、約340万円から420万円ほどです。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

楽にどこでもできる仕事

楽にどこでもできる仕事

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

楽にどこでもできる仕事1「写真撮影」

写真撮影の仕事内容

仕事内容は商業写真やアート写真の撮影です。商業写真撮影の場合は、クライアントの要望に沿って写真を撮影します。雑誌や新聞などの報道写真、広告やチラシ用の風景写真、商品の写真などです。また、七五三や結婚式の写真撮影などもあります。アート写真撮影の場合は、芸術性の高い作品として写真を撮影します。

▼オススメする理由
写真を撮ることが好きな人にとっては、好きな事をしながら収入を得ることができるため、精神的にも肉体的にも楽に稼ぐことができるどこでもできる仕事です。実力やセンスが評価されると、写真撮影の依頼も増えてくるため、自分の腕を試したい男性にもおすすめです。

▼平均年収
写真撮影を行う仕事の平均年収は、約360万円ほどです。

楽にどこでもできる仕事2「アフィリエイター」

アフィリエイターの仕事内容

アフィリエイターはWebサイトにサービスや商品などの広告を掲載し、広告収入を得ます。Web広告代理店や企業などから依頼を受け、広告を配信するのが仕事です。Webサイトにアクセスする人が掲載広告をクリックし、商品ページを開いたり、商品の購入に至ると報酬を得ることができます。

▼オススメする理由
アフェリエイトは初期費用が比較的安価なため、始めやすい仕事です。作業内容もブログの初期設定以外は、文章を作成しブログに掲載するといった簡単な内容のため、楽に稼げる仕事といえるでしょう。時間や場所を問わずどこでもできる仕事のため、時間に縛られたくない男性におすすめです。

▼平均年収
アフィリエイターの平均年収は、約90万円から100万円ほどです。

楽にどこでもできる仕事3「Webライティング」

Webライティングの仕事内容

Webライティングの仕事は、Webサイトに掲載するWeb記事を作成することです。コラムやニュース記事、インタビューやメルマガなど、記事の内容は多岐に渡ります。ブログ運営者のかわりにブログを作成したり、ECサイトの商品説明文の作成などを行う場合もあります。

▼オススメする理由
Webライティングでは掲載する媒体が多種多様であり、取り扱うテーマも多岐に渡ります。そのため自分の得意分野に特化して案件を選ぶことができ、比較的簡単に始めることができます。勤務時間の縛りもないため、どこでもできる仕事で楽に稼ぎたい男性におすすめです。

▼平均年収
Webライティングの仕事の平均年収は、約260万円から550万円ほどです。

資格があると有利な仕事

資格があると有利な仕事【女性版】

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

資格でどこでもできる仕事1「会計士」

会計士の仕事内容

会計士の仕事内容は、監査とコンサルティング、税務の3つです。監査では企業の財務情報の検証を行い、適正かどうか判断します。また、企業経営に関してのコンサルティングを行います。税務では税理士業務を行うこともあります。

おさむ編集員

監査法人の中には、在宅勤務で働くことができるところもあります。仕事ができる作業環境とパソコンがあれば業務をこなすことができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
会計士は専門職のため、高収入を得ることができます。そうした理由から、どこでもできる仕事の中でも男性に人気の仕事です。会計士の資格を生かした仕事をしたいと考えている人は、リモートや在宅での勤務が可能な監査法人での勤務がおすすめです。

▼平均年収
会計士の平均年収は、約990万円です。

資格でどこでもできる仕事2「心理カウンセラー」

心理カウンセラーの仕事内容

心理カウンセラーの仕事内容は心理療法やカウンセリングなどを用いて、悩みやストレスを抱えている人に援助や指導を行い、不調や悩みを解決できるよう助けることです。病院や学校、企業や高齢者施設、児童福祉施設などが勤務先となります。

おさむ編集員

最近では電話やメールを使用して、在宅でカウンセリングを行ったり、オンラインのビデオ通話やチャットなどを通して、カウンセリングを実施するケースが増えています。場所を選ばない、どこでもできる仕事となっています。

▼オススメする理由
ストレスを抱える人は少なくないため、心理カウンセラーの需要は高まっています。自由な働き方がしやすいため、ライフスタイルを守りたい男性におすすめできる仕事です。

▼平均年収
心理カウンセラーの平均年収は、約430万円ほどです。

資格でどこでもできる仕事3「FP技師」

FP技師の仕事内容

FP技師の仕事内容は個人や企業の資産情報の分析を行い、顧客のライフイベントに合った資産設計や提案を行います。金融資産運用や年金、税、保険、相続などの相談に応じます。

おさむ編集員

オンラインやチャットで顧客の相談に応じることができるため、どこでもできる仕事といえます。

▼オススメする理由
FP技師の仕事は専門的な知識が必要ですが、コスト面ではかなり低コストで始めることが可能です。必要なツールもないため、顧客が支払う金額はほぼ収入になると考えることができます。そのため利益率の高い仕事として、男性におすすめの仕事です。

▼平均年収
FP技師の平均年収は、約400万円ほどです。

どこでもできる仕事ができる職場<代表格>

土日休める職場<代表格>

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

No1.個人事業主

一般的に企業に勤める会社員として働く場合は、会社に出社して働く必要があります。しかし企業と雇用関係を結ぶのではなく個人事業主として働くなら、自ら事業を営むことになるため、働く場所も自分の意志で決めることができるのです。

ポイント!
インターネットで案件を受注し、作業後に納品まで完了できる仕事に役立つスキルがあると、作業時間の面でも仕事場所の面でも自由度が増します。例えば、WebデザイナーやITエンジニア、プログラマーといった仕事のスキルです。

おさむ編集員

どこでもできる仕事として男性が個人事業主を選んだ理由としては、仕事場所の制限がないことに加え、定年がないことや能力次第で高収入につなげやすいことがあげられます。

No2.IT企業

IT企業での仕事の多くは、インターネットに接続できる環境で、パソコンがあれば作業を進めることができます。取引先や同僚とはチャットやビデオ会議などで連絡を取り合うことができ、成果物の提出もオンラインで完了するため、どこでも働くことができるのです。

ポイント!
プログラミングやエンジニアなどの世界で通用するスキルや中国語や英語などの語学スキルがあると、仕事の幅が広がるため更によくなります。海外で生活する際にも、スキルがあれば現地で募集される仕事の案件を受けることができるからです。

おさむ編集員

どこでもできる仕事として男性がIT企業を選んだ理由は、世界を旅しながら働くことができることや需要が安定していること、時間的にも自由な働き方ができることにあります。

No3.保険・不動産・金融の会社

保険・不動産・金融の会社の仕事は景気にあまり左右されず、仕事が常にあり安定しています。全国どの県に行っても保険業、不動産業、金融業の会社は数多く存在しているため、どこでも働くことのできる仕事といえるでしょう。

ポイント!
宅地建物取引主任者やファイナンシャルプランナーの資格があると、更によくなります。資格を持っているとそれぞれの業界で重宝され、更に仕事を見つけやすくなるでしょう。

おさむ編集員

男性がどこでもできる仕事として保険・不動産・金融の会社を選ぶ理由は、一度資格を取得すると場所が変わっても仕事を得やすいからです。また需要が常にあるため、安定して働くことができる点も理由としてあげられます。

どこでもできる仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

通勤時間を無くせる

どこでもできる仕事は在宅で働くことができるため、通勤時間を無くせるというメリットがあります。勤労者の全国平均の通勤時間は、約1時間20分ほどといわれています。年間で換算すると、約21日間ほどの時間を費やしているのです。通勤の必要がない仕事を行うなら時間を節約できるだけでなく、通勤のストレスや疲れから解放されるため、大きなメリットといえます。

ななか編集員

どこでもできる仕事を行い、通勤時間を減らすことができたら、その時間を有意義に使うようにしましょう。仕事のスキルアップのための勉強や語学の学習時間として活用している男性も少なくないようです。毎日の積み重ねが仕事において更なる飛躍へとつながっていくでしょう。

働き方の自由度が高い

どこでもできる仕事は働く場所や働く時間を自由に設定できる場合が多いため、働き方の自由度が高いというメリットがあります。カフェやコワーキングスペース、自宅などインターネット環境下であればどこでも、自分の好みのスペースで働くことができます。また男性が育児や介護などに合わせて、時短勤務や週に数日だけ働く場合にも、生活に合わせた働き方ができるのも魅力です。

ななか編集員

働く場所や時間、働き方を自由に決めることができるのは大きなメリットですが、自由であるゆえにタスク管理や時間管理がとても重要になります。行き当たりばったりの作業とならないように、仕事の段取りやスケジュール管理を徹底して行うようにしましょう。

仕事に費やせる時間が増える

どこでもできる仕事は通勤の必要がないため、電車やバスの時間を気にすることなく働けて、仕事に費やす時間を増やせるというメリットがあります。集中している時に作業を中断することなく進められるため効率が良く、質のいい仕事ができると感じている男性は少なくありません。

ななか編集員

仕事に時間を費やせるのがどこでもできる仕事のメリットですが休憩や食事、プライベートの時間など、おろそかにしてはならない時間まで仕事に費やすことがないように注意しましょう。バランスの良い働き方をすることが、長く仕事を続けていくために必要だからです。仕事にのめり込んで、自分の健康や家族を犠牲にしないようにしましょう。

どこでもできる仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

上司から仕事が見えにくい

どこでもできる仕事はマネージャーや上司と離れて業務を行う場合が多いため、仕事が見えにくいというデメリットがあります。仕事の進捗が見えづらいため過程ではなく結果のみが注目されやすく、正当な評価を受けれなかったという男性も少なくないようです。

おさむ編集員

同じスペースで働いている時よりも、自分の行っている仕事の進捗や取り組んでいる内容について、マメにしっかりと伝えていくことが重要です。言わなくてもわかってくれているだろうという、他人任せな考えは避けましょう。上司がいない環境でもしっかり働く人だと認められれば、目に見える結果だけでなく全体の働き方を評価してもらえることでしょう。

自分よがりになりやすい

どこでもできる仕事を行う時、特に個人事業主として働く場合は自分の裁量で働けるため、自分よがりになりやすいというデメリットがあります。注意してくれる上司やマネージャーにあたる人がいないため、一般の企業では許されない自己中心的な仕事をしたり、自分の都合だけを優先するような働き方をしてしまうかもしれません。

おさむ編集員

他の人の意見に素直に耳を傾ける姿勢が重要です。個人事業主としてある程度の経験を積んだとしても、他の人のアドバイスを受け入れることは、自分の成長のために欠かせないもの。プライドだけが高く、他の人から学べない残念な男性ではなく、常に学ぶ精神を忘れないようにしましょう。

相談相手に困る

どこでもできる仕事ではリモートや在宅で働く場合が多いため、上司や同僚とコミュニケーションが取りにくいようです。仕事で行き詰った時にちょっと他の人に聞いてみるということができず、相談相手に困るという男性も少なくありません。同じオフィスで働く場合と異なり、雑談やちょっとした会話をする頻度がかなり少ないため、いざ声をかけようとすると躊躇してしまうようです。

おさむ編集員

コミュニケーション不足は仕事にも悪影響を及ぼすため、日ごろからコミュニケーションを図り、良い関係を作っていくことが大切です。良い関係が築かれていれば、いざトラブルや問題が発生したとしても気軽に相談でき、いち早く対策を講じることができます。

どこでもできる仕事が向いてる人

向いてる人の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

責任感が強い人

責任感が強い人とは任されたことを途中で投げ出さず、最後まで強い意志を持ってやり遂げる人のことです。言葉においてもいい加減な発言はせず、自分の発言に責任を持ちます。

▼向いてる理由
責任感が強い人は上司が見ていても、見ていなくても責任を持って仕事を遂行します。そのため仕事の進捗を見守ったり、管理したりする人のいない、どこでもできる仕事を行うのに向いてる人といえるのです。

おさむ編集員

責任感が強い男性はビジネスの場面で他の人の信頼を得やすく、全力で仕事に取り組むため、クオリティの高い成果を上げることができます。良い評判を得続けるために仕事を最後までやりきることや、集中して作業を行うことを意識して努力してみましょう。

メンタルが強い人

メンタルが強い人とは、物事を前向きに考えることができ、精神的に余裕のある人のことです。自分の信念や考えを明確に持っているため、プレッシャーに強く、人から批判されたとしても、くじけずに積極的な見方を保ちながら仕事を続けることができます。

▼向いてる理由
どこでもできる仕事は、成果が重視されがちなため、結果を出すことへのプレッシャーを感じる男性が多いかもしれません。周りの期待や、結果を出さなければという焦りが、大きなストレスとなり得ます。メンタルが強い人は、ストレスに押しつぶされずに前向きに頑張ることができるため、向いてる人といえるでしょう。

おさむ編集員

ストレスを過剰に抱え込まないようにしましょう。オンとオフの区別をしっかりと付け、仕事以外の時間には、リフレッシュできるアクティビティを行うこともおすすめです。

自己管理が得意な人

自己管理が得意な人とは自分自身を律し管理し、コントロールできる能力を持った人のことです。自己管理ができる人は仕事における目標や目的を到達するために時間を管理し、ふさわしい行動ができます。

▼向いてる理由
どこでもできる仕事を自宅で行うと、ついつい怠けてしまったり、気が散ってしまって仕事に集中できないと感じたりする男性は多いようです。自己管理が得意な人は自宅に居ても仕事の時間には気持ちをすぐに切り替え、無駄な時間を過ごさないよう自分を律することができるため、向いてる人といえます。

おさむ編集員

自己管理能力を上げるために、ToDoリストやリマインダーを活用しましょう。また、環境づくりも大切です。仕事をする環境に気を散らす原因となる物をなるべく置かないようにしましょう。

どこでもできる仕事の注意点

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

社員の場合は昇進昇格が難しくなりがち

どこでもできる仕事を選べばオフィス以外の場所でも働くことができますが、昇進や昇格が難しくなる場合があります。リモートワークが浸透してきているとはいえ、オフィスに出社する社員の方が評価されやすい現状があります。

理由としては、リモートワーカーは仕事熱心ではない、勤勉ではないといった無意識の偏見があるためです。また出社する社員の仕事に対する熱意や取り組みが、同じオフィスにいるという環境ゆえに上司の目に留まりやすいことも要因となっています。

リモートワークをしながら昇進昇格を目指している男性は、いかに自分の取り組みをアピールし、評価につなげていくかを考える必要があります。

社会の流れを見失わないように注意

どこでもできる仕事を行う男性は孤独感を感じたり、社会に取り残されている感覚に陥ることがあるようです。オフィスに出社する社員に比べ、同僚や上司とのコミュニケーションが少なくなってしまうことや、家族以外の人と接する機会が減ってしまうことが要因です。

そうした状況が続くと社会の流れの変化に気付きづらくなり、気づいた時には置いていかれていたということもあり得ます。

社会の流れを見失わないよう、意識的に社会の情報に敏感であるようにしましょう。ニュースを見たり、新聞を読んだりすることで、毎日の変化を感じ取ることが重要です。自分の意識や考え方、感覚をブラッシュアップしていくように心がけましょう。

他人からの刺激を受けにくくなりがち

どこでもできる仕事をしている男性は圧倒的に人と接する機会が減るため、他人からの刺激を受けにくくなると感じている人が多いようです。職場で働くと他の社員の働きや頑張りが自然と目に入るため、自分も負けないように頑張ろうと刺激を受けるものです。

それが社員同士、切磋琢磨し合うきっかけとなり、効率性アップへとつながっていきます。在宅やリモートワークではそのような刺激がないため、気づかないうちにパフォーマンスが低下したり、マンネリ化してしまうことがあります。

そうした事態を避けるため、他の人と交流する機会を積極的にとらえていくようにしましょう。同業者でなくても人と接することで、新たな気づきを得ることができるかもしれません。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

どこでもできる仕事は出社して働く仕事にはない大きなメリットがあります。通勤時間がないため、その時間をより有意義なことに活用でき、自由な働き方を選択できます。

男性であればプライベートを充実させたり、仕事により時間を振り分けたり、家族と過ごす時間にしたりするなど、自分のライフスタイルに合わせて時間を使うことが可能です。

とはいえ自由であるゆえに、しっかりと自己管理を行うことや責任を持って仕事を行う強い意志が欠かせません。意識して取り組まなければ怠け癖がつき、仕事のパフォーマンスが下がってしまうでしょう。

どこでもできる仕事に転職を希望する人は転職をゴールとするのではなく、自分を律し効率の良い自分らしい働き方を確立することを目標としましょう。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。