接客業とは?特徴と種類/接客の仕事8選/未経験でも安心なアドバイス

接客業の詳しい話
おさむ編集員

接客業が未経験の皆様へ、定義(サービス業との違い)と特徴、種類と接客の8つの職種の仕事内容と未経験でも安心になるアドバイス、そして気になる年収を案内。実際に働き始める前に知っておきたい「メリット/デメリット」、接客業に向いてる人・向いていない人など、自分に合う職場選びの比較材料になるよう解説していきます。

接客業とは?<定義>

接客業の定義

接客業と聞くと、人にサービスをしたり、おもてなしをしたりといったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

接客業の定義では、お客様に対してサービスの提供をするなど、接客をすることとされています。何かのサービスを受けたり、お店で注文をしたりする際には、必ず店員さんやスタッフがいます。

お客様がどんなことを望んでいるのか、何を目当てにお店に来たのかを把握し、最適なサービスを提供するのが重要です。私達が暮らしていく上で人と人の関わりは必要不可欠であり、対応をしてくれたスタッフや店員の態度が悪いと、そのお店に対してもマイナスのイメージを持ってしまいます。接客業を行うスタッフは、いわばそのお店の「顔」とも言えるでしょう。

スタッフや店員の対応が素晴らしければ、また「そのお店に行きたい」と自然に思えます。このように、接客業を行うスタッフとはお店の維持にあたり、非常に大きな役割を持っていると言えるのです。

サービス業との違い

接客業とサービス業は、似ているようで、微妙に違ったニュアンスを持っています。同じようにお客様に対して接客をすることを目的としているように感じられますが、サービス業の場合は「第三次産業」を指します。

第三次産業とは、日本国内の20種類の産業のうち、農業、漁業、製造業、建設業、分類不可の産業を除いたものを指します。

接客業とサービス業は同じ意味合いで使われることがありますが、微妙な違いがあるのです。サービス業について、詳細に解説している記事があるので、広義な意味である「サービス業」についてもご確認ください。

サービス業の話

接客業の特徴

接客業の特徴

接客業を行うことになると、『お客様が何を求めているのか』、『お客様が、どんな目的を持ってお店に来たのか』などを知るスキルが必要となります。ロボットのように毎回同じサービスを提供するだけでは、お客様は満足してくれません。

人によって要望やこだわりは異なりますので、個人個人に合わせたサービスを提供することが重要なのです。人によって性格が異なるように、求めているものもシチュエーションやその時の気分によって違います。

それらに対して、いかにニーズに合ったサービスが提供できるかが、満足度につながります。そういったことを考えながら仕事をすることによってコミュニケーション能力が高まり、様々なタイプのお客様と仲良くなれるなど、そういった面で面白みややりがいも感じられるでしょう。

以下のような人は、特に接客業に向いていると思いますし、働くのが楽しくて仕方ないかもしれません。

  • 人を喜ばせたいという思いが強い
  • 人と話すことが好き

お客様から「ありがとう」と感謝の言葉を言われると、とても嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。職種によって求められるサービスやスキルは異なると思いますが、大切なのは「その時のベストを尽くすこと」です。

接客業の種類

接客業の種類

接客業といっても様々な種類があり、業種によって特徴が異なります。それぞれに向き、不向きがありますので、「働くのが楽しい」と思える業種を選ぶべきです。もちろん、実際に働いてみて「合わない」となることもあると思いますが、楽しく働けるよう、各業種の特徴を知っておくと安心です。

接客業の種類を分けると8つに大別されます。特徴を知っておくことで「これは無理なくできそう」など、自分にピッタリの仕事を選ぶことができます。

接客業の種類1:デパート/スーパー(小売店)

小売店

生活するにあたって必要不可欠なのが、スーパーやデパートといった商品を購入できる場所です。これらを利用して毎日生活している方がほとんどですし、食料品や日用品などはこういった場所で手に入れる方が多いでしょう。業界の特徴として、スーパー、デパート共に、接客業としての仕事はレジ業務や売り場案内などが挙げられます。

小売店だとお客様との距離感が近いこともあり、接客スタッフの役割は非常に大きいです。小売りをしている店舗や小さめのアットホームな店舗だと、お客様とお互いに顔を覚え合い、世間話をすることもあるでしょう。お客様も、毎日の日課のようにその店舗に行くことを楽しみにしているかもしれません。

接客業の種類2:レストラン/居酒屋(飲食店)

飲食店

毎日家で自炊して食事をしている方も多いと思いますが、レストランや居酒屋で食事をする方も多いでしょう。飲食業界で接客は必要不可欠な仕事ですし、接客の仕方によってお客様に満足してもらえるかが決まるといっても過言ではありません。飲食店での接客というと、料理を運んだり、レジ業務をしたりがメインですが、その際にお客様とのコミュニケーションを取る必要があります。

ただ料理を運ぶだけではなく、お客様から料理について質問をされた際には、満足してもらえる答えができるかどうかが非常に重要です。また、その日のおすすめがあるような場合は、料理の知識や特徴などを分かりやすく説明する必要があります。

接客業の種類3:ホテル/旅館(宿泊施設)

宿泊施設

ホテルや旅館には多くのお客様が宿泊しに来られますが、その多くが旅行客です。どこかに旅行に出かけた時に、偶然そのホテルや旅館を選んだという方が多いのではないでしょうか。もちろん、ホームページや口コミを参考にして選んだ方も多いと思いますが、基本的にはその時の感覚で選んだ方が多いと思います。

ホテルや旅館での接客を伴う業務は、お客様を案内したり、受付や荷物を運んだり、時には車での送迎などもあります。どのようなタイプの宿かにもよりますが、旅館のほうが比較的お客様と従業員の距離が近いと言えるでしょう。旅館の場合は部屋食であることも多いので、食事時には従業員が配膳から配置まで、そして食事の世話も行います。

接客業の種類4:携帯キャリア(量販店)

量販店

現代人に携帯電話は必要不可欠なものであり、最近ではスマートフォンを持っている方が大半です。ガラケーからスマートフォンに換える時などは、特に苦労した方も多いと思います。その時に助けとなってくれたのが、携帯電話に特化したスタッフではないでしょうか。

携帯電話を購入するためには、キャリアショップに行くか、家電量販店で買うかの二択になりますが、家電量販店のほうがそのお店独自のキャンペーンを行っている場合もあり、お得です。

また、様々なキャリアについて詳しいスタッフが多いので、お年寄りや乗り換えを検討している方も安心して相談できます。また、携帯電話を契約した後、アクセサリーもすぐに購入できるのがポイントです。

接客業の種類5:洋服店/宝石店(アパレル)

アパレル

服や宝石は人をおしゃれに見せてくれる素晴らしいアイテムですが、そのためにはお店に行って実際に商品を選ぶ必要があります。様々なテイストのアパレルショップや宝石店が存在していますが、当然ブランドによってコンセプトが異なります。お客様によって好みは多種多様ですし、もちろん体型や顔立ちも異なります。一人一人のお客様に合わせて、似合う服や満足してもらえる宝石を選ぶのがこの仕事です。

服飾品が好きという人はもちろん、「お客様に素敵な商品を選んであげたい」という気持ちがあれば、十分に充実感の得られる仕事だと思います。自分が惚れ込んだブランドに就職するとさらにやりがいを得られます。

接客業の種類6:美容室/エステ(美容サロン)

美容サロン

女性が美しくなるためにはエステや美容室が一番の近道です。どちらも「自分へのご褒美」や「理想の自分に近づく」といった意味合いを持つからこそ、お客様が満足できるような提案やサービスを提供する必要があります。特に、美容室に関しては、希望に沿わない髪型にしてしまうとしばらく直すことができないので、失敗は許されません。

エステに関しても、人目につくフェイシャルの施術であれば、失敗するとクレームにつながることもあります。お客様が「美しい」と思い、喜びを感じられることはもちろん、リスクヘッジも考えたサービス提供が重要です。人によって肌質や髪質は異なりますので、全ての人に同じサービスを提供していてはいけません。

接客業の種類7:結婚式場/写真スタジオ(ブライダル)

ブライダル

一生に一度の結婚式は、祝い事の中でも最上級であり、「必ず成功させたい」と新郎新婦を始め、家族全員が思うことでしょう。結婚式や披露宴を行うために、コーディネーターやプランナーといった打ち合わせ担当を始め、ドレスコーディネイトを行うスタッフやフラワーコーディネイトを行うスタッフが存在しています。ま

た、写真スタジオでもカメラマンやコーディネーターが活躍しています。「人を喜ばせたい」と思う気持ちが一番大切です。全てのスタッフが新郎新婦のためにベストを尽くし、一生に一度だからこそ最高の思い出にしてほしい、忘れられないひとときを過ごしてほしいという気持ちを持って、仕事をしています。

接客業の種類8:企業の受付スタッフ

受付業

大きめの企業にはエントランスがあり、そこで用件を告げることで、目的の人物に会うことができます。受付と呼ばれる場所での仕事になり、一般的には「受付嬢」という職種になります。企業には様々なお客様がいらっしゃいますが、どんなお客様にとってもプラスの印象を与えなければなりません。

受付はいわば会社の顔なので、受付嬢の対応が悪いと、その企業自体の印象が悪くなってしまいます。なので、丁寧さはもちろん、ある程度の容姿や品位も必要な職種です。女性らしさというよりは、気持ちがよく的確に受け答えができる人材が活躍しています。また、秘書のようにスケジュール管理を任されることもありますので、適応力も必要です。

接客業の仕事一覧(全8職種)

接客業の仕事

接客業の仕事には様々なものがありますが、どの仕事も最低限のマナーや身だしなみ、言葉使いが必要不可欠です。思いっきり容姿が良くなくてはいけないという訳ではないですが、品を感じられるような容姿が良いです。お客様を相手にするので、不快な気持ちにさせてはいけません。そして、何よりも重要なのがお客様に喜ばれることです。接客業と一言で言っても様々な種類がありますが、年収帯は職種や雇用形態によって大きく左右されます。年収帯は正社員で300万円程度、店長になっても400万円程度であることが多いです。接客業の仕事一覧を知っておくと、選択肢が広がります。

職種1.小売店・販売員

仕事内容

スーパーやデパートなど、小売業を行っている店舗で販売員をするなら、様々な仕事を行います。例えば、お客様が商品を見やすいように陳列やレイアウトを考えたり、お客様が商品を見た後に乱れた場所を綺麗に並べ直したりします。また、商品について質問があれば、詳しく分かりやすく説明することも大切な業務の一つです。

おさむ編集員

アドバイス

お客様が商品を手に取って見ている時に話しかけると鬱陶しいと思われることもありますので、適度な距離感も販売員の心得として覚えておきましょう。お客様から必要とされている感覚が強く、正社員、パート、アルバイトと雇用形態関わらず、やりがいを強く感じられます。

雇用形態によって年収は異なりますが、一般的に300万円程度の人が多いです。

職種2.ホール・フロアスタッフ

仕事内容

レストランや居酒屋などの飲食店において、ホールやフロアスタッフはとても重宝されます。むしろ、ホールスタッフが存在しないと飲食店は経営できないといっても過言ではないでしょう。その店舗がどんなタイプの食事を提供しているかにもよりますが、例えば居酒屋やファストフードのようなお店では、スピーディーに対応する能力や冷めないうちに料理を運ぶ能力が求められます。

おさむ編集員

アドバイス

一方、フレンチレストランやイタリアンレストランなど記念日をお祝いするような高級レストランの場合は、細かい食事の説明なども行う必要があり、丁寧さが求められます。美味しい料理を早く確実に提供できるかは、ホールスタッフの腕にかかっていると言えるでしょう。

年収は350万円前後です。

職種3.フロント業務・配膳係

仕事内容

ホテルや旅館には全国各地から、もしくは海外から、多くの宿泊客が訪れます。それら全てのお客様が快適に過ごせるように、おもてなしをすることが大切です。フロント業務の場合、お客様が到着されたらチェックインをし、帰られる際にはチェックアウトをします。この時にはお客様が利用された料金を正確に算出する必要がありますし、お客様を待たせないように素早く行われなければなりません。

おさむ編集員

アドバイス

パソコンなどの専用機器での計算が可能なところもありますが、最終的には人間が間違いがないかをチェックします。配膳係はお客様が食事をされる際に配膳する仕事で、料理が冷めないうちに、適切なタイミングで運ぶ必要があります。

フロントスタッフ:年収300万円~500万円程とされています。

配膳係:年収300万円程です。

職種4.携帯電話の契約受付スタッフ

仕事内容

携帯電話を買い換えたり乗り換えをする際には、必ず携帯ショップに出向くことになるでしょう。最近ではオンライン上で契約をすることも可能ですが、やはりスタッフに直接話を聞いてから契約したほうが安心だと考える方が多いです。スマホを持っている方が大半ですが、各キャリアによって料金やプランが異なるので、お客様が理解できるよう、わかりやすく丁寧に説明する必要があります。

おさむ編集員

アドバイス

最近では格安スマホなども出てきており、料金体系が複雑になっていることから、お客様が理解できないといった事態になると、クレームにつながってしまいます。納得できるまで説明を行い、お年寄りには別の説明の仕方をするなどの工夫が必要です。

年収315万円程とされています。

職種5.アパレル販売スタッフ

仕事内容

人によって洋服の好みは様々ですが、アパレル販売スタッフはセンスも必要です。お客様がそのお店の洋服を好きで来店している場合と、通りすがりに気になって来店した場合と、2種類のパターンがあります。後者の場合はお客様との距離感が非常に重要となり、好感を持ってもらえるような対応をするとともに、お客様の好みを把握するところから始まります。前者の場合も、そのブランドの洋服の中でどれが一番お客様に似合うか、コーディネイトします。

おさむ編集員

アドバイス

「好みではないのに買わされた」と不満につながらないような、お客様一人一人に合わせた丁寧な接客が求められます。また、お客様が抱えている体形や顔立ちの悩みも合わせて、ピッタリ合う洋服を提案する力が必要です。

年収200万円~300万円程度です。

職種6.美容師・エステティシャン

仕事内容

特に女性のお客様にとって、美容は日常から切り離すことができないものです。髪の毛は手入れしないとどんどんと伸びていくものです。肌は手入れすることによって老化を防ぐことができます。「綺麗になりたい」と思っているお客様のお手伝いをするのが美容師やエステティシャンです。また、卒業式や結婚式などの冠婚葬祭をはじめ、記念日など特別な日が一生のうち何回かありますが、そういったシーンでも美容師やエステティシャンが活躍します。

おさむ編集員

アドバイス

特別な日はいつもより一層綺麗に見られたいと思って当然です。お客様の好みや顔立ち、髪質などに合わせて、最高のサービスを提供します。ヒアリングをして要望を聞き出すことが大切です。

美容師:年収290万円程

エステティシャン:300万円~400万円程です。

職種7.ブライダルプランナー・司会・配膳・撮影スタッフ

仕事内容

結婚式を挙げるとなると、様々なスタッフが携わることになります。ブライダルプランナーをはじめ、司会、料理の配膳をするスタッフなどが挙げられます。最近ではフォトウェディングも流行っているので、カメラマンなどの撮影スタッフも多く活躍しています。ブライダルプランナーの仕事は、要望をヒアリングし、予算に合わせた提案をすることです。可能な限り、感動を生み出すお手伝いをします。

おさむ編集員

アドバイス

結婚式は一生に一度のものなので、感動できるものでありたい、記憶に残したいという方が多いです。大切な記念の日だからこそ、失敗は許されませんし、新郎新婦に合わせ、ベストを尽くすことが大切です。

ブライダルプランナー:年収250万円~450万円

配膳:年収300万円程

撮影スタッフ:年収400万円程です。

【司会】1件あたり1~8万円くらいと仕事件数によって年収が大きく左右されます

職種8.受付嬢

仕事内容

割と大きめの会社だとエントランスに受付が設置されており、お客様や取引先は最初にそちらを通ります。受付の印象が悪いと企業全体の印象が悪くなってしまうといっても過言ではありませんので、まさに受付で働く受付嬢は企業の顔と言えるでしょう。お客様がアポイントがあるかどうかを確認し、確認できた場合は約束の場所に案内します。もしアポイントがないお客様や来社をお断りすべきお客様の場合は、上手にかわす力も必要です。

おさむ編集員

アドバイス

大切なのは、どの来訪者にも丁寧に接客することで、言葉遣いや身だしなみにも注意して、好感を持ってもらう必要があります。少しでもお客様に不快な思いをさせると、その時点でクレームにつながる可能性もありますので、気を付けなければなりません。

受付嬢:年収310万円程です。

接客業で仕事をするメリット

接客業で働くメリットは?

接客業が好きであるとか、接客業で生計を立てたいと思っている方もいると思います。接客業で仕事をすると、人と接することが多いので、感動やありがたみなどプラスの感情をたくさん感じ取ることができます

「ありがとう」という言葉は特に嬉しく思いますし、お客様が喜ばれる姿には、きっとやりがいや幸せを感じるでしょう。老若男女のお客様を相手にするので、マナーや言葉使いも身につきます

接客業で仕事をするデメリット

接客業で働くデメリットは?

接客業で仕事をすることに幸せを感じることもありますが、全てのお客様が機嫌が良いとは限りません。イライラしながら来店された方や、トラブルが起こったことに対して怒鳴りに来るお客様もいます。

クレーマーの場合は罵声を浴びさせられたり、失敗に対して文句を言われたりと、精神的にストレスを感じてしまうことがあります。特に、大切な日に関わる仕事、あるいは日常的に使うものを扱う仕事だと、大きなクレームにつながりやすい傾向にあります。

失敗してしまった時はすぐに謝罪し、お客様が何に対して怒っているのかを正確に把握することが重要です。もし対応を間違えると、火に油を注ぐことになるかもしれません

接客業の仕事に向いてる人の特徴

接客の仕事に向いてる人の特徴

接客業の仕事は、人が好きであればとても楽しく感じられると思います。人と会話をすることが苦痛ではないとか、おしゃべりが好きな方は向いています。人見知りであっても、仲良くなると話すのが好きとか、人に喜んでもらうのが好きといった世話好きの方は、接客業向きです。

▼向いてる人に当てはまる特徴

  • 他人の期待に応えたい気持ちが強い
  • 細やかな気配りができる
  • 他人の喜ぶ姿が好き
  • 人の話に心を傾けられる
  • 他者から相談を受けることが多い

性格は明るいほうが接客業でストレスを感じづらいと思いますし、お客様からも好感を持ってもらいやすいでしょう。様々なタイプの人が接客業を行っていますが、人が好きであれば問題ありません。

接客業の仕事が不向きな人

接客の仕事に向かない人

接客業の仕事をしていても楽しくないと感じる方もいらっしゃると思いますが、向かないのに無理やりやっていてもストレスが溜まるだけです。

接客業に向いていない人は、態度や言葉使いが悪い人です。お客様相手にも関わらず、乱暴な言葉使いをすると、不愉快な気持ちになってしまうでしょう。

ある程度の会話も必要なので、口下手な人や話が好きではない人にも向いていません。人に興味や関心がない人も同様です。

在留外国人に人気が高い理由

接客業が外国人に人気がある理由

接客を伴う業務の多くで、在留外国人が働いているのを見かけたことがあると思います。日本には多くの外国人が住んでいますが、常に日本語を使いこなしたいと思っているため、人とコミュニケーションを取るのが必須である接客業が人気なのです。働きながら日本語が学べる上、自然と上手になるのが一番の魅力です。また、サービス業界は人手不足であるため、日本人よりもよく働き、真面目な外国人が採用されやすい傾向にあります。

まとめ

総まとめ

接客業と一言で言っても多くの種類があり、選択肢は様々です。人が好きとか人を喜ばせたいといった気持ちがあれば十分接客業を行う素質があると思いますので、ぜひチャレンジしていただきたいです。

接客業には「こうしなければならない」というマニュアルはありません。あなたがその時々に合わせて、一番喜んでもらえる、満足してもらえるサービスを提供することが大切なのです!

また、お客様が困っていたら、相談に乗り、適切なアドバイスをすることで、信頼や安心につながります。接客業の中には絶対に失敗が許されないものや、失敗すると大クレームにつながるものもありますが、「人を幸せな気持ちにしたい!」という気持ちを強く持てば、必ずお客様に伝わります。

▼業種&職種分類も解説中

業種と職種の分類

接客業について『よくある質問』

よくある質問
接客業に正社員が少ないのは本当ですか?

はい。本当です。小規模な個人経営のお店が多い、飲食店の場合、正社員枠はごく一部で他はアルバイトや契約社員雇用が多い実態があります。

接客業は全体的に年収が低い印象は正しいですか?

はい。正しいです。人手が必要な事業を展開している店舗が多く、顧客単価が低い傾向もあり、全体では一般社員の年収は、他の業界に比べると低めであると言えます。ただし、末端社員は低い分なのか、管理職の年収は高い傾向にあります。

接客業が辛くて辞めたいです。どうしたらいいですか?

いくら人が好きといっても、接客をする側も人間なので、ストレスが溜まることはあります。良いサービスを提供しても全く喜んでもらえなかった時、「ありがとう」の一言もない時は複雑な気持ちになってしまうでしょう。もし接客をしていて疲れたと感じたら、相手との距離を詰めすぎないことがおすすめです。

笑顔での接客は必須ですか?

相手に無理に喜んでもらおうとするとお互いに負担になりますので、ほど良い距離感で接しましょう。そうすれば、あなた自身も不要な気遣いをすることなく、お客様も気を遣わずにサービスを楽しんでくれるはずです。無理やり笑顔を作る必要もなく、最低限のサービスだけはいつでも行えるようにすることが重要だと言えます。

記事を共有する。

ABOUT US

F.Osamu外部編集員
中堅人材紹介会社の経営者。 既婚、子供2人、転職回数:5回、年収1,200万円、資格:なし。自己分析が腑に落ち、強みを発揮するコトに注力して道が拓けたタイプです。仕事以外では、適職発見同好会の立上げメンバーとして、転職者向けメディア「向いてる仕事.com」の運営を経験。転活ラボの外部編集員として活動中。