スポーツ関係の仕事人気ベスト10!仕事内容やおすすめの職場の紹介

スポーツ関係の仕事

スポーツ関係の仕事とは、選手のサポートや、スポーツ関連のメディア・メーカーなどでスポーツに関係する業務を行うことです。常に一定のスポーツ人口がいるため、安定した需要があります。高い専門性が求められ、スポーツ競技の普及に貢献できることが特徴です。

資格が不要な10の仕事と、資格があると有利な3つの仕事について解説します。さらに、スポーツ関連の仕事のメリットやデメリット、注意点について理解を深めます。転職を考えているなら、この記事の解説内容を考慮して、自分に合う仕事を選びましょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

スポーツ関係の仕事とは?

スポーツ関係の仕事とは、スポーツ関連用品の開発を行う商品開発、イベントや競技場の管理を実施するスペース産業、スポーツ関連のメディアや教室に携わるサービスなど、スポーツに関連するさまざまな仕事を指します。

スポーツ選手やコーチ、トレーナー、スポーツ商品のデザイナーやパタンナー、メディアに携わるインタビュアーや編集者まで、数多くの仕事が存在します。

スポーツ関係の仕事は、大きく4つに分類できます。

スポーツ選手を心身ともに補佐する「サポート系」の仕事、各種スポーツ施設にて行う「スポーツ施設」の仕事、ジャーナリストやカメラマンとしてスポーツ情報を伝える「スポーツ関連メディア」での仕事、商品開発や管理、販売の仕事を行う「スポーツ用品産業」の仕事です。

スポーツ関係の仕事の特徴

仕事の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

アスリートの心技体を支える

スポーツ関係の仕事の特徴は、アスリートの心技体を支え、サポートする仕事であることです。代表的な仕事として挙げられるのは、スポーツドクターやトレーナー、コーチや監督などです。スポーツドクターは、選手の健康管理、外傷の予防や治療を行います。トレーナーや監督、コーチは、スポーツの技術面の指導やメンタルケアを実施し、プレーを安全に行えるよう管理するなど、さまざまな形で選手をサポートします。

高い専門性が求められる

スポーツ関係の仕事では、専門性の高い知識やスキルが求められるのが特徴です。例えば、スポーツ用品産業に従事する場合、特定のスポーツに特化した製品を開発するために、競技やルールについての知識や、製品開発に関する知識などが必要になります。選手を直接的にサポートする仕事の場合は、競技についての知識に加え、健康や栄養に関する知識、トレーニング方法などの高い知識が求められます。

スポーツ競技を広める

スポーツ関係の仕事の代表的な特徴は、スポーツ情報を発信して、スポーツ競技の認知を広げることです。スポーツ情報を扱う主な仕事には、スポーツカメラマンやジャーナリストがあります。スポーツカメラマンはスポーツの試合の様子や選手を撮影し、ジャーナリストは選手やチームへの取材を行い、文章を作成します。カメラマンが撮影した写真と、ジャーナリストが執筆した文章をメディアに掲載することで、スポーツの認知拡大を図っています。

スポーツ関係の仕事トップ10

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

スポーツ選手 [スポーツ関係の仕事 1/10]

スポーツ選手 の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ選手の仕事は、スポーツを行うこと自体が仕事です。試合に参加し、高度なプレーを披露することで、観客を楽しませます。試合で最大限自分の力を発揮するために、日々厳しいトレーニングを行い、プレースキルを向上させていきます。怪我の予防や体調管理、栄養管理なども必要です。プレッシャーに負けないよう、メンタルトレーニングを実施し、最高のコンディションで試合に臨みます。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
実力主義で競争の激しい仕事です。しかし、結果を出せば世間から注目され、高い収入を得ることができるため、スポーツ関係の仕事としておすすめできます。

平均年収:約400万円~2000万円

年収の補足

スポーツ選手は、行っているスポーツによって年収が異なる場合があります。実力主義の仕事でもありつつ、そのスポーツそのものに対しての世間の注目度によって年収帯は変わってくる傾向があります。

監督・コーチ [スポーツ関係の仕事 2/10]

監督・コーチ の仕事内容

▼仕事内容
監督・コーチの仕事内容は、選手を心身ともにサポートすることです。選手一人一人の個性やプレーの改善点を把握し、選手の技術力を上げていくために必要な練習メニューを組み立てます。試合の際には、対戦相手の情報収集と分析を行い、作戦を立てます。結果を出せるよう、選手を指導し、勝利に導きます。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
監督・コーチの仕事は、自分が持っている知識やスキルを用いて、選手やチームに貢献できる、やりがいのある仕事です。選手を引退したとしても、別の形で競技に携われるため、スポーツ関係の仕事として人気があります。

平均年収:約410万円

チームスタッフ [スポーツ関係の仕事 3/10]

チームスタッフ の仕事内容

▼仕事内容
チームスタッフの仕事内容は、選手が所属しているクラブチームにおいての運営に関わることです。総務や財務管理、チケットや販売、営業などを行います。さらに、広報活動や育成普及を実施します。試合の際は、セキュリティの確保やスポンサー対応、試合進行など、安全に試合が行われるようにサポートします。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
チームスタッフの仕事は、スポーツを支え、盛り上げていく重要な役割を果たしています。好きなスポーツを探求し続けることができるため、スポーツ関係の仕事としておすすめできる仕事です。

平均年収:約400~600万円

スポーツ審判員(研修講師) [スポーツ関係の仕事 4/10]

スポーツ審判員(研修講師) の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ審判員(研修講師)の仕事内容は、各競技のルールに従い、試合をスムーズに進めていくことです。試合前に、試合会場のチェックや出場選手の確認を行う場合もあります。 研修講師の仕事は、スポーツに関連した研修会において、コーチング法やコミュニケーションスキル、身体能力の向上方法等について指導することです。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
スポーツ審判員の仕事は、歴史的な試合や名勝負の場に立ち会えるという魅力があります。観客よりも近い場所で競技を見ることができるため、スポーツ関係の仕事の中でもおすすめできます。

スポーツ研修講師は、専門知識を通してアスリートやコーチの役に立てる、やりがいのある仕事です。

平均年収:約300~600万円

スポーツ施設スタッフ [スポーツ関係の仕事 5/10]

スポーツ施設スタッフ の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ施設スタッフの仕事は、スポーツ施設を運営することです。受付業務の他、顧客の入会や退会管理、報告書作成などの事務業務を行います。施設内で実施するプログラムを企画し、スポーツ教室の指導を行うことも、スポーツ施設スタッフの仕事です。また、トレーニング機器のメンテナンスや清掃も行います。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
スポーツ施設スタッフの仕事は、快適に安全にスポーツを楽しむことができるよう、サポートする仕事です。他の人の役に立ちたい人や接客の仕事が好きな人におすすめできる、スポーツ関係の仕事と言えます。

平均年収:約380万円

スポーツ用品店員 [スポーツ関係の仕事 6/10]

スポーツ用品店員 の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ用品店員の仕事内容は、来店したお客さまを接客し、その人の来店目的や好み、スポーツスキルに合ったスポーツ用品を選べるよう、サポートすることです。スポーツ初心者を接客する場合、必要なスポーツ用品を紹介し、スポーツの始め方、競技におすすめの場所など、顧客の需要に合わせて情報を伝えます。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
スポーツ用品店員の仕事は、持っているスポーツの経験や知識を仕事に生かすことができ、さまざまなスポーツ用品に精通できるという魅力があります。スポーツ関係の仕事の中で、人気の仕事のひとつです。

平均年収:約350万円

スポーツ番組スタッフ [スポーツ関係の仕事 7/10]

スポーツ番組スタッフ の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ番組スタッフの仕事では、スポーツニュースやスポーツバラエティ、スポーツ中継やドキュメンタリーなどのスポーツコンテンツに携わります。仕事内容は、映像の収録や編集、ロケ取材やニュース原稿作成などです。収録にあたっては、協力会社や出演者へ交渉し、連絡を取り合います。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
スポーツ番組スタッフの仕事を通して、好きなスポーツを世の中に広め、認知度アップに貢献できます。場合によっては、番組の制作現場で憧れの選手に会える可能性もあり、おすすめできるスポーツ関係の仕事と言えます。

平均年収:約420万円

スポーツ誌記者 [スポーツ関係の仕事 8/10]

スポーツ誌記者 の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ誌記者の仕事内容は、雑誌や新聞などのメディアに掲載する原稿の作成です。試合やスポーツ大会を取材し、監督やコーチ、選手にインタビューを行います。その後、取材内容を基に、原稿を作成します。国内のみならず、国外のスポーツイベントにも出向いて、イベント情報や試合結果についての取材を行います。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
スポーツ誌記者の仕事は、国内外を飛び回って取材を行うため、刺激のあるやりがいの大きい仕事です。現場で試合やイベントを肌で感じられるため、スポーツ関係の仕事の中でも人気の仕事です。

平均年収:約500万円

スポーツ雑誌編集者 [スポーツ関係の仕事 9/10]

スポーツ雑誌編集者 の仕事内容

▼仕事内容
スポーツ雑誌編集者の仕事内容は、スポーツ雑誌の記事を完成させるために、企画進行の管理をし、関係者との調整を行うことです。スポーツ選手やライター、カメラマンといった人たちと連絡を取り合い、編集作業を行います。雑誌や雑誌内の記事の企画を考え、構成を行い、必要な場合は取材や記事作成まで担当します。雑誌の構図やレイアウトを決めるのも編集者の仕事です。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
実力があれば、資格不要で働くことが可能です。自分の感性やセンスを発揮して働けるため、スポーツ関係の仕事の中でもおすすめできる仕事と言えるでしょう。

平均年収:約200~300万円

スポーツカメラマン [スポーツ関係の仕事 10/10]

スポーツカメラマン の仕事内容

▼仕事内容
スポーツカメラマンは、スポーツの試合やイベントなどで魅力的な瞬間を撮影し、多くの人に届けることが仕事です。撮影した写真は、通信社や雑誌社、スポーツメーカーなどに納品します。撮影前に、依頼主が欲しい写真についての聞き取りを行い、希望に沿う写真を撮影します。出版社や新聞社の専属で仕事を行う場合と、フリーランスで働く場合があります。

▼スポーツ関係の仕事としてオススメする理由
スポーツカメラマンは、スポーツでの最高の一瞬を写真で切り取り、スポーツの魅力を読者に伝えることができます。スポーツが好きな人に選ばれる、スポーツ関係の仕事と言えます。

平均年収:約550万円

資格があると有利な仕事

資格があると有利な仕事【女性版】

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

資格があると有利な仕事1「アスレチックトレーナー」

アスレチックトレーナーの仕事内容

アスレチックトレーナーの仕事内容は、アスリートやスポーツ選手が良いパフォーマンスでスポーツを行うためのサポートです。

おさむ編集員

健康の管理やパフォーマンスの向上、怪我の予防など、さまざまな面から複合的にサポートします。一般的に、スポーツチームや個人のスポーツ選手と契約し、仕事を行います。

▼オススメする理由
アスレチックトレーナーには活躍の場が多くあり、スポーツチームの他、スポーツジムやスポーツ施設、医療機関などでも活躍できます。資格があると仕事も見つけやすいため、スポーツ関係の仕事としておすすめできます。

▼平均年収
アスレチックトレーナの平均年収は、約470万円~610万円です。

資格があると有利な仕事2「メディカルトレーナー」

メディカルトレーナーの仕事内容

メディカルトレーナーの仕事は、ケガをした人をサポートし、再びスポーツを行えるように助けることです。クライアントがスポーツ選手の場合、ケガの状況に合わせてリハビリや筋力トレーニングを組み立て、回復を目指します。

おさむ編集員

一般のクライアントの場合は、腰痛や骨折などの回復をサポートし、健康的に過ごせるようになるように指導を行っていきます。

▼オススメする理由
メディカルトレーナーの資格があると、スポーツ関係の仕事や医療現場、介護現場などで、専門的な知識を生かして働くことができるため、有利に働くでしょう。

▼平均年収
メディカルトレーナーの平均年収は、約200~400万円です

資格があると有利な仕事3「ストレングストレーナー」

ストレングストレーナーの仕事内容

ストレングストレーナーの仕事では、スポーツ選手やアスリートの身体づくりや筋力のトレーニングをサポートします

おさむ編集員

筋肉を増強させるだけでなく、スピードやパワー、柔軟性や持久力など、個人が特に強化すべきポイントを見極め、トレーニング内容を組み立てて、指導を行います。場合によっては、ドーピング教育を実施することもあります。

▼オススメする理由
ストレングストレーナーの資格があると、専門的な知識があることの証明となり、指導を受ける人からの信頼を得やすいと言えます。スポーツ関係の仕事であるトレーナーとして、活躍する上で有利に働くでしょう。

▼平均年収
ストレングストレーナーの平均年収は、約300~1000万円です。

スポーツ関係の仕事ができる職場<代表格>

土日休める職場<代表格>

代表的なスポーツ関係の仕事ができる職場は、各スポーツのスポーツチームです。医療関連では、病院や鍼灸院等がスポーツ関係の仕事を行う代表的な職場として挙げられます。

スポーツ関係の情報に特化した職場としては、テレビ局や出版社等の職場があります。スポーツメーカーでの仕事や、スポーツ用品店での仕事も、スポーツ関係の仕事です。メーカーにおいて、商品開発や営業、事務などを行い、用品店にて接客と販売を行います。

さらにスポーツ関係の仕事の職場として知られているのは中学校や高校です。保健体育科教員として、生徒たちに対しスポーツの指導を行います。フィットネスクラブやスポーツジムもスポーツ関係の職場です。利用者に、スポーツを安全に楽しめるよう、技術指導を実施します。

No1.スポーツチーム

野球やサッカー、バスケットボールなどのメジャースポーツのチームに所属し、チームの運営を行います。企画や広報、営業などの業務があります。

ポイント!
取得必須の資格はありません。競技に対する熱意や、ファンの目線で物事を考えることができる思考力があると、的確な運営活動ができるでしょう。マーケティングの知識があると、イベントの企画や運営の際に役立ちます。

おさむ編集員

学生時代に親しんだスポーツに、仕事として関わりたい、好きなスポーツチームに携わりたいという理由から、スポーツ関係の仕事であるスポーツチームでの仕事を選ぶ人が多いです。

No2.マスコミ関連

マスコミ関連のスポーツ関係の仕事とは、テレビ局や新聞社、出版社や広告代理店に勤務し、スポーツ情報を伝える仕事です。大会やイベントの宣伝を行い、選手や試合内容の情報を取り上げます。

ポイント!
テレビ番組制作の仕事や広告代理店営業では、社外での取材や営業が多いため、普通自動車運転免許を取得していることが求められます。長時間労働が多く、心身のタフさと、チームプレーできる協調性が必要です。

おさむ編集員

マスコミで働いてみたい、取材を通して憧れの選手に近づきたいという理由から、マスコミ関連のスポーツに関わる仕事を選ぶ人が多いです。

No3.医療関連

スポーツ関係の仕事に携わる医療関連の職場とは、鍼灸院やスポーツ整体院、病院などです。来院する患者に合わせたトレーニングやリハビリメニューを決め、指導やアドバイスを実施します。栄養指導やメンタルケアを行う場合もあります。スポーツトレーナーや鍼灸師、理学療法士として、仕事に従事します。

ポイント!
柔道整体師や理学療法士、鍼灸師といった国家資格を取得すると、医療機関での就職の際に役立ちます。

おさむ編集員

怪我をしたアスリートやスポーツ選手を、リハビリやトレーニングを通してサポートしたいという理由から、医療関連の仕事に就職することが多いです。

スポーツ関係の仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

好きな競技種目に関われる

スポーツ関係の仕事に従事すると、好きな競技種目に仕事として関わることができるのがメリットと言えます。好きな競技であるため、仕事のモチベーションを高く保つことができ、ストレスもたまりにくいでしょう。仕事の種類によっては、アスリートと近い距離で働くことができます。

ななか編集員

スポーツ関連の仕事では資格が無くても働ける仕事がたくさんありますが、資格があるとより選手や運営に貢献できます。選手を健康面や栄養面、体調のサポートすることに役立つ資格の取得を目指しましょう。知識と専門的なスキルが身につけば、選べる仕事の幅が広がり、活躍の機会を得ることができます。

人を感動させる瞬間に恵まれる

スポーツには、人を感動させる力があります。スポーツ関係の仕事に就くなら、多くの試合に立ち会うことができるため、人を感動させる瞬間に居合わせることができます。ボールの躍動感、得点を決めた選手の表情、ファンの空気感をその場で感じることができる、魅力的な仕事と言えます。仕事によっては、観客よりも近い距離で、試合を見ることができるのもメリットです。

ななか編集員

スポーツカメラマンやジャーナリストなどの仕事を選ぶなら、自分が感じる感動を、仕事を通して他の人に伝えることができます。求人案件は少ないため、スポーツや競技に関する知識を深めつつ、効果的な転職活動を行い、地道に人脈を作っていくことが大切です。

強いやりがいを感じながら働ける

スポーツ関係の仕事を行うなら、仕事を通してスポーツ選手やスポーツチームに貢献できるため、強いやりがいを感じられます。楽しく仕事に取り組むことができ、モチベーションを維持しやすいというメリットもあります。選手やチーム、来場者から感謝の言葉をかけられることも少なくないので、自分が役に立っているという実感を得やすい仕事と言えます。

ななか編集員

自分の目線だけでなく、選手の目線とファンの目線の両方で物事を見るように心掛けましょう。選手が必要としていること、ファンが求めていることに気づくことができると、どんな働き方をするべきかが明確になり、的確に仕事ができるようになります。

スポーツ関係の仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

平日休みの職場が多い

スポーツ関係の仕事に従事するデメリットは、平日休みの職場が多く、土日の休みが取りにくいことです。友人や家族の休みと自分の休みが合わず、予定を合わせて一緒に行動するのが難しくなります。イベントやコンサートは土日に開催されることが多いので、仕事で家族行事に参加できないことも少なくないでしょう。

おさむ編集員

一人でも楽しめる趣味を見つけましょう。曜日に左右されない趣味を見つけるなら、友人と休みが合わなくても、有意義に時間を過ごせます。家族や子どもとの時間を大切にしたい、休みには一緒に行動したいならば、土日休める仕事に転職することも選択肢のひとつです。

遠征や合宿で自宅にいられない

選手やアスリート、スポーツチームへの直接的なサポートを行う仕事の場合、遠征や合宿に同行して仕事を行うため、自宅に帰宅する時間が取れないというデメリットがあります。合宿や遠征を国内だけでなく海外でも実施する場合、長期間自宅から離れて過ごすことになります。同居家族がいる場合、家族と長く離れることになるため、デメリットと言えるでしょう。

おさむ編集員

合宿や遠征が欠かせないスポーツ関係の仕事の場合、自宅にいられない期間があるのは仕方がないことです。仕事柄避けることはできないため、自宅にいなくても快適に過ごせるよう、工夫しましょう。長期間、家族から離れて過ごす場合は、マメに連絡を取り合うことが大切です。

シーズン中は休みが少ない

スポーツコーチやトレーナーといったスポーツ関係の仕事の場合、仕事の休みや出勤日がシーズンに大きく左右されます。合宿中や大会期間中は、休みが少なくなるか、全く取れないケースも少なくありません。シーズン中は、練習後や夕食後もさまざまな業務があるため、長時間労働になるケースもあります。満足に休むことができないことが、デメリットと言えるでしょう。

おさむ編集員

シーズン中は勤務日数や勤務時間が増えるため、意識的に心身のケアに力を入れるべきです。シーズン中休めないとしても、栄養価の高い食事や質の高い睡眠を心掛け、体の疲れを取るように努めましょう。

スポーツ関係の仕事の注意点

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

好きじゃないと続かない

スポーツ関係の仕事では、競技やトレーニングに関する多くの知識が求められる場合があります。シーズン中は多忙になるため、休日が取りにくくなることや、出張で頻繁に遠方までいかなければならないことも少なくありません。家を留守にすることも多くなり、自分個人だけでなく、家族の協力も不可欠になるでしょう。ハードな仕事をこなすことができるよう、徹底した体調管理も求められます。

求められることが多い仕事ですが、仕事量に比べて給料があまり高くない仕事が少なくありません。労力に収入が釣り合わないと感じる人もいるでしょう。競技が好きという気持ちや、特定のチームをサポートしたいという強い気持ちがなければ、続けることが難しい仕事と言えます。

厳しい言葉を掛けられることがある

スポーツの世界は、実力を発揮できるかどうかで成果が測られる世界です。スポーツ関係の仕事も、結果を厳しく問われることがあります。特に、アスリートやチームのパフォーマンスを最大限発揮できるように助ける仕事の場合、結果によっては厳しい言葉を掛けられることがあります。自分が担当しているアスリートやスポーツチーム、クライアントから、結果が出ないことに対する不満をぶつけられ、批判じみた言葉を投げつけられることも少なくありません。

批判に負けてしまわないよう、強い精神力とスランプの時期を耐え忍ぶ力が求められます。自分を信じ、結果が出るまで根気よく仕事を続けていくことが大切です。

人事異動が激しい傾向がある

スポーツ関係の仕事の注意点として、人事異動が激しいことが挙げられます。一例として、国内のスポーツメーカー勤務の場合、数年おきに部署移動が行われるのが一般的です。部署移動に伴い、人事の異動も生じるため、希望していた業務ではない仕事の担当になる可能性もあります。

予定外の異動は仕事のモチベーションを低下させがちですが、前向きに取り組むことが大切です。そこでの経験が、将来役に立つかもしれません。自分の希望の部署で働くことが、幸せに直結するわけではありません。思わぬ場所で、自分の才能や能力を発揮できる場合もあるからです。どうしても好きになれない時でも、数年で異動できるケースがほとんどなため、悲観的にならずに仕事に向き合いましょう。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

スポーツ関係の仕事とは、スポーツ選手やアスリートのサポートや、スポーツメディアやスポーツメーカーでスポーツに関連した業務を行うことです。仕事を通して、アスリートやスポーツチームを支え、スポーツ競技の認知度を高めることができます。好きな競技に関わることができるため、強いやりがいを感じられる人気の仕事です。感動の瞬間に立ち会い、憧れの選手に近づける可能性があるのも魅力と言えます。

スポーツ関係の仕事では、競技やトレーニングなどに関するスキルと知識が求められます。資格がなくても仕事はできますが、専門的な資格やスキルがあれば、活躍できる機会がさらに開けるでしょう。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
Y.Nanaka外部編集員
中堅人材紹介会社のキャリアコンサルタント職。 独身、転職回数:3回、年収:550万円、国家資格:複数保有。自分にとって、向いてる仕事がわからなくて悩んでいた時期は、年収が全くアップしませんでした。現在はボランティアとして、転職活動に奮闘する人達へ向け、情報発信をする適職発見同好会のライターとしても活動中。