美容関係の仕事人気ベスト13!仕事内容と長所・短所や年収を解説

美容関係の仕事

美容関係の仕事はこれまでも、またこれからも需要が大きく、将来性があります。なぜなら、いつの時代でも、人は美しくありたいと思うものです。そのため、美容関係の仕事を目指す人、他業種から美容関係へ転職したいと考えている人は少なくありません。具体的に、どんな仕事があり、どんなメリットとデメリットがあるのか知っておくと、就職や転職の助けになるでしょう。この記事を参考に、美容関係の仕事への就職・転職を成功させてください。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

美容関係の仕事とは?

美容関係の仕事とは、専門的な知識とスキルでお客様を美しくすることであり、お客様の体や髪、肌などに関する悩みを改善するよう助ける仕事です。

具体的には、美容師や理容師のような主に髪の毛や頭皮をケアする仕事、エステティシャンやリフレクソロジストのような体やお肌をケアする仕事、ネイリストのように爪や手のケアをする仕事、あるいは化粧品メーカーでスキンコスメやメイク用品などを開発する研究者などの仕事があります。

人類の美容に対する欲求や興味は尽きることがないため、どの時代、どの時期にも、美容関係の仕事には大きな需要があります。専門的な知識とスキルが身につくため、キャリアアップしやすく、生涯続けられる仕事となります。

美容関係の仕事の特徴

仕事の特徴

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

特徴1:美容の知識とスキルが重要

美容関係の仕事では、自分の知識やスキルによってお客様を美しくすることで、お悩みを解決しなくてはなりません。流行は日々変わりますし、技術もどんどん新しくなっていきます。

ただ単に好きというだけではなく、日々、新しい技術を習得するために練習し、最新の知識を身につけるために勉強や研究をすることが求められます

時代のニーズ、トレンドに合わせた知識やスキルをいち早くキャッチしなければならないという特徴があります。

特徴2:高いコミュニケーション力が必要

美容関係の仕事の特徴は、人を相手にすることです。

人によって美の基準は違いますから、美容関係の仕事に就く人は、お客様のニーズを聞いて、どんなふうになりたいのかを引き出す必要があります。それには高いコミュニケーション能力や情報収集能力が必要です。

しっかりお客様と会話し、要望を取りこぼすことがないように、会話を楽しみながら顧客満足度を上げていくことが求められます。

特徴3:女性に人気の職種が多い

女性なら誰でも、何歳であっても美しくありたいと願っています。一般的に、男性よりも女性のほうが美に対して敏感で、メイクや美容に興味があります。

その証拠に、美容系ユーチューバーや美容系インスタグラマーの多くは女性です。自分が美しくありたいと思うだけでなく、他の人を綺麗にすることにも喜びを感じる女性は多いものです。

そのため、他業種と比べて、美容関係の仕事は女性が活躍している職種や業界が多いという特徴があります。

美容関係の仕事トップ13

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

美容師 [美容系の仕事 1/13]

美容師 の仕事内容

▼仕事内容
お客様の要望を聞き出し、カット、カラーリング、パーマなどの技術を使い、実現します。他にも、シャンプーやブロー、頭皮マッサージ、店舗によってはネイルやメイク、成人式や結婚式などで着物の着付けも行います。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
美容師は美容関係の仕事の中でもメジャーな、美容のエキスパートです。競争が激しい業界ですが、技術を磨いて人気美容師になり、独立するなど、自分の努力次第で高い収入を得られるチャンスがあります。技術を磨く楽しさがあり、スキルアップをした分、評価され、自分のセンスが認められます。接客業なので、お客様の反応を直で見ることができるのも魅力です。

平均年収:約330万円

理容師 [美容系の仕事 2/13]

理容師の仕事内容

▼仕事内容
カット、シェービング、スタイリング、そしてパーマやシャンプーが主な仕事です。頭皮のスカルプケア、ヘッドスパなどを行う店舗もあります。カミソリを使えるところが美容師との違いで、髭剃りやブライダルシェービングなどができるのは、美容関係の仕事の中で理容師だけです。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
高級志向なバーバースタイルのおしゃれな理容室が増えています。ですが、理容師の数は減少しています。求められているのになり手が不足している状態ですから、美容関係の仕事の中でも、理容師は特に、若くして開業できるチャンスが大きいという特徴があります。お客様の反応を直接見ることができるのも、理容師の魅力です。

平均年収:約370万円

ネイリスト [美容系の仕事 3/13]

ネイリストの仕事内容

▼仕事内容
お客様の手や爪のお手入れをし、綺麗にする美容関係の仕事です。ジェルネイルの施術が主流のサロンが多いです。サロンの掃除、予約管理、セッティングなども行います。新作のデザイン作成、在庫管理、SNSなどへの施術写真アップなども大切な仕事です。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
ネイルしながらお客様と会話するので、接客が好きな人は楽しめる仕事です。ネイルは毎年新しい技術が増えるので、学び続ける楽しさがあります。技術を習得するまで大変ですが、ネイルを通して目の前のお客様を笑顔にできるところに、ネイリストのやりがいがあります。自宅でサロンを開いたり、出張ネイルを行ったりなど、さまざまな働き方を選べます。

平均年収:約333万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

アイリスト [美容系の仕事 4/13]

アイリストの仕事内容

▼仕事内容
アイリストはその名の通り、アイラッシュやまつ毛パーマを施術し、お客様のまつ毛ケアをすることがメインの仕事です。施術以外では、サロンの掃除や予約管理、施術準備、在庫管理などの仕事を行います。ホームページやSNS更新も大切な仕事です。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
現在、アイリストの求人が非常に増えています。比較的低コストで開業できるので、美容関係の仕事の中でも特に独立しやすく、自分で店を開きたい人にオススメの仕事です。技術を磨けば固定客がつきますし、直接お客様が喜ぶ顔が見られ、感謝してもらえるのがアイリストの魅力です。フリーランスとして、業務委託を結んで働くことも可能です。

平均年収:約350万円

メイクアップアーティスト [美容系の仕事 5/13]

メイクアップアーティストの仕事内容

▼仕事内容
俳優やモデル、アナウンサーなどに化粧をしたり、ヘアスタイルを作ったり、あるいはブライダルサロンで花嫁にヘアメイクを行うのがメインの仕事です。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
メイクアップアーティストになるのに資格はいりません。ヘアメイクの専門技術、芸術的センス、日々変わるトレンドに敏感であれば、誰でもなれます。メイクアップアーティストが活躍できるフィールドは広く、雑誌などの出版関係、CMやテレビ、映画の撮影、ブライダルサロン、化粧品メーカーなど、さまざまです。自分のライフステージに合わせて働き方を選べます。美容関係の仕事の中でも華やかな職業で、俳優やアーティストといった有名人と一緒に仕事ができるチャンスがあります。

平均年収:約374万円

美容部員 [美容系の仕事 6/13]

美容部員の仕事内容

▼仕事内容
百貨店や専門店などでメイクを行い、コスメ選びなどに悩んでいるお客様にアドバイスして、コスメの販売を行うのが美容関係の仕事です。商品の陳列や検品、店頭の清掃、メイク用品の手入れなどのバックヤード業務も行います。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
勉強のために新商品をいち早く試せるので、コスメのトレンドを知ることができます。お客様の好みや肌質などに合わせた商品をおすすめすることで、お客様に喜んでいただくことができ、収入アップにもつながります。経験を積めば、スタッフ育成や管理を行う店長、マネージャー、あるいは美容部員として技術を磨き続けるスペシャリストなど、キャリアアップも目指せます。

平均年収:約366万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

エステティシャン [美容系の仕事 7/13]

エステティシャン の仕事内容

▼仕事内容
フェイシャルトリートメント、ボディケア、痩身などの施術を行うのがメインの仕事です。サロンの掃除、予約確認やカルテ出し、施術の準備、お客様のカウンセリングなども行います。また、タオル類などの洗濯、カルテ記入、物品の在庫管理なども、エステティシャンの仕事です。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
歩合制のサロンが多く、自分の努力次第で高収入を得られます。美容関係の仕事の中でも、特にお客様に直接触れて癒しを提供できるところが特徴です。また、成果が目に見えるので、評価や感謝を得られやすいというメリットもあります。時にはお客様の人生を変えることもある、やりがいのある仕事です。

平均年収:約346万円

リフレクソロジスト [美容系の仕事 8/13]

リフレクソロジスト の仕事内容

▼仕事内容
主に手指を用いて、お客様の足の裏や手、耳などの反射区を刺激する施術を行うのが、リフレクソロジストの仕事です。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
技術や知識を活かして、健康維持と疲労回復を助けることができる仕事です。美容関係の仕事の中でも、お客様を美しくするというより、癒し効果でストレスなどを軽減します。その結果、血行やリンパの流れが良くなって髪や肌の悩みが改善するのを助けるため、非常に大きなやりがいがあります。ただ美しくなるだけでなく、お客様の健康や体に対する悩みを改善できます。健康志向はますます高まっているため、需要が多く、今後も幅広い分野で活躍できます。

平均年収:約353万円

アロマテラピスト [美容系の仕事 9/13]

アロマテラピストの仕事内容

▼仕事内容
アロマテラピストは、美と健康の維持や増進を目的に、植物から抽出した香り成分の精油をブレンドしたアロマオイルを使って、トリートメントやマッサージなどの施術を行います。お客様のカウンセリング、サロンの清掃、物品の管理なども行います。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
お客様を癒して、ストレス緩和や疲労回復をサポートし、心身の悩みを改善することで、人の役に立つ仕事です。最近では医療や介護にアロマテラピーを取り入れる動きも増え、アロマテラピストの仕事のフィールドは幅広くなっていますし、将来性がある仕事です。美容関係の仕事ですが、看護やケアといった側面も持ち合わせています。

平均年収:約384万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

タラソテラピスト [美容系の仕事 10/13]

タラソテラピストの仕事内容

▼仕事内容
タラソテラピー(タラソセラピー)は海洋療法です。タラソテラピストは、海水、海藻のペースト、海泥を使って、身体の内側やお肌を健やかな状態に保つようサポートします。具体的には、パック、マッサージ、入浴法などの施術を施します。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
固定給に施術手当や技能手当などが付くことがありますし、歩合制のサロンもありますから、自分の努力次第で高収入を得られます。タラソセラピーを専門にしているエステサロンの他、美容室やリラクゼーション型のリゾートホテルなど、タラソテラピストの仕事の場は広がっています。健康志向の高まりとともに、需要が増えている美容関係の仕事です。

平均年収:約300万円

脱毛サロンスタッフ [美容系の仕事 11/13]

脱毛サロンスタッフの仕事内容

▼仕事内容
脱毛用の機器を用いて、脱毛施術を行います。カウンセリング、サロンの掃除や機器、物品の準備や管理、カルテチェックやカルテ記入などの事務作業も、脱毛サロンスタッフの仕事です。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
美容関係の仕事の中でも特に施術の結果が目に見えやすく、お客様が綺麗になっていく姿を見ることができ、満足感が得られます。ただ機械を操作するだけでなく、お客様の悩みを聞き、不安を感じている方を安心させるように努める時に、お客様との距離が近くなり、信用していただけるようになります。大手サロンであれば、研修などの際に他の店舗のスタッフと知り合うなど、交友関係が広がるというメリットもあります。

平均年収:約351万円

化粧品開発者 [美容系の仕事 12/13]

化粧品開発者の仕事内容

▼仕事内容
化粧品メーカーなどの研究所で、スキンケア用品やコスメなどを開発するのが仕事です。企画から製品製造まで、チームで研究、開発、デザインなどを行います。企画書の作成から始まり、処方の試作を繰り返し、容器の選定などの過程を経て、商品製造に至ります。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
化粧品開発者は、美容関係の仕事の中でも珍しい研究職で、かなり高収入です。自分の作り出した商品で、人を美しくできるという喜びがあります。商品がヒットすれば大きな満足感がありますし、海外展開しているメーカーならば、海外勤務の可能性も広がります。外資系企業に就職して、キャリアアップすることも夢ではありません。

平均年収:約743万円

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

美容系メーカーの社員 [美容系の仕事 13/13]

美容系メーカーの社員の仕事内容

▼仕事内容
美容系商品を製造し、販売するのが主な仕事です。自社で商品企画、製造、販売まで行うメーカーもありますが、自社で製造した商品を他メーカーへ卸しているメーカーもありますので、仕事内容は企業、部署によりさまざまです。

▼美容系の仕事としてオススメする理由
美容系の商品は需要が高く、美容系メーカーの社員は美容関係の仕事の中でも比較的高収入です。店頭に並ぶ自社製品を見たり、CMあるいはコスメ誌などに取り上げられたりすると、非常にやりがいを感じられます。

美容系メーカーはグローバル化、そして多角化しています。よって、将来性のある仕事であり、企業によっては海外に活躍の場が広がる可能性もあります。

平均年収:約500万円

美容関係の仕事ができる職場<代表格>

土日休める職場<代表格>

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

No1.美容室

美容室にも、流行の最先端を行くサロン、地元の固定客を大切にする地域密着型、ブライダルヘアサロン、個人経営の店舗から大型チェーン店まで、幅広いタイプがあります。

ポイント!
美容師には美容師免許が必要ですが、カットやカラーなど美容師としてのスキルだけでなく、コミュニケーションスキルや美的センスも必要です。メイクアップ技術検定試験やJNECネイリスト技能検定試験などの資格は、キャリアアップに役立ちます。

おさむ編集員

美容関係の仕事がしたいなら、美容室は最適です。アシスタント時代が必要なので、体力や根気はいりますが、専門的なスキルを身につければ独立しやすい職場です。

No2.理容室

大人のバーバー、いわゆる高級志向のハイエンドバーバーが増えています。シックな店内にジャズやクラシック音楽が流れ、さながら隠れ家バーのような雰囲気です。地元の固定客を大切にする昔ながらの理容室、チェーン展開している格安理容室もあります。

ポイント!
理容室で理容師として働くには、厚生労働大臣または知事から指定を受けた理容師養成学校を卒業し、国家資格の理容師資格を取得する必要があります。カットやパーマ、顔そりなどのスキルが求められる他、美容関係の仕事には高いコミュニケーションスキルも必要です。

おさむ編集員

理容室で働く理容師の仕事は安定しており、流行や時代に左右されにくい仕事です。独立して開業するなど、資格を活かしてキャリアアップできます。

No3.ネイルサロン

ネイルサロンは、爪をケアする専門店です。ネイル専門のサロンだけでなく、美容室やエステサロンに併設されたネイルサロンもあります。

ポイント!
ネイルサロンで働くネイリストになるために、資格は必要ありません。無資格、未経験でもネイルサロンで働くことができます。ですが、JNECネイリスト技能検定、JNAジェル技能検定の資格を持っていれば、キャリアアップの助けになりますし、転職や開業に有利です。

おさむ編集員

ネイルサロンは、美容関係の仕事を目指す人にとって代表的な職場です。美容師や理容師と違い、資格を持っていなくても働けるところがネイルサロンの魅力です。ただし、サロンによっては、資格を持っていることが応募の条件となる場合があります。

美容関係の仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

独立を目指せるスキルが身につく

美容関係の仕事の多くは一種の技術職です。働きながら知識を増やし、スキルを磨くことができます。努力して高いスキルを身につければ収入アップが目指せますし、独立も可能です。理容室や美容室、あるいはエステサロンのように高価な機材や備品が必要な職種もありますが、ネイルサロンやアロマテラピーの専門サロンのような高価な機材類が必ずしも必要ない職種ならば、低予算で開業できるのがメリットです。予算を抑えたいなら、自宅で開業することも可能です。

ななか編集員

開業を考えているならば、スキルを磨くことはもちろんですが、SNSで情報を発信するなど、地道な努力で指名客を増やしていきましょう。美容に関係する技術は進化しているので、新しい技術を常に取り入れることが求められます。

顧客の声を間近で聴ける

化粧品開発者などの一部の職種を除き、美容関係の仕事は接客業でもあります。その多くは顧客と1対1で過ごす時間が長いので、お客様の要望、感想などを直接聞くことができます。感謝してもらえた時や、お客様が綺麗になって喜ぶ顔を見る時に、喜びを感じられるというメリットがあります。

ななか編集員

顧客満足度を上げるためには、高いコミュニケーションスキルが必要です。仕事に関係する知識を増やしましょう。知識が豊富なスタッフには、お客様も安心して自分の美容に関する悩みを打ち明けられますし、進んで相談したいと思うはずです。お客様の意見や要望に耳を傾け、難しくてもどこかにその要望を反映させるように努めましょう。

美への需要はなくならない

たとえ時代が変わっても、顧客がどの年代であっても、美への欲求は尽きることがありません。そのため、美容関係の仕事は、将来性を心配する必要がありません。さらに、美容関係の仕事の多くは、独立やフリーランスといった働き方を選ぶことができるので、生涯の仕事にできます。美容業界の市場規模は非常に大きく、比較的安定した収入を望めます。

ななか編集員

美への需要はなくならないという大きなメリットがありますが、美の形、美に対する基準などは時代とともに変化します。常に流行に敏感であり続け、お客様のニーズに応える必要があるでしょう。情報収集を欠かさず、センスを磨き続ける努力を惜しんではいけません。

美容関係の仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

土日休みの職場が少ない

美容関係の仕事のほとんどはサービス業という側面を持つため、土日や祝日、大型連休など、みんなが休んでいる時に休みを取りづらいというデメリットがあります。シフト制勤務の場合は休みが不規則になり、会社員の友人やパートナーと一緒に過ごす時間がなかなか取れないという悩みがあります。

おさむ編集員

職場によっては、毎週は無理でも、シフトの調整次第で土日に休みが取れることもあります。また、早番、遅番の他、中番も設けて、勤務時間を短くしている店舗やサロンも少なくありません。土日や連休に休みを取りたいなら、職場選びは重要です。休みを申請しやすい雰囲気の職場を選びましょう。

独立しないと年収が安い

例外はあるものの、美容関係の仕事の多くは、世代別の一般的な平均年収と比較すると、低収入のことが多いというデメリットがあります。未経験から応募できる仕事や資格を問われない職種の場合は、特に年収が低い傾向があります。また、労働時間が長く、体力が必要なのに、収入が労働と見合っていないと感じる人も少なくありません。

おさむ編集員

アシスタントや下積み時代は低収入でも、独立すれば高収入を得られるチャンスがありますから、しっかりスキルを磨き、プロとして成長していきましょう。資格を取得すると、キャリアアップや収入アップにつながるかもしれません。早い時期から独立を目指して、開業資金を貯めましょう。

言葉遣いが荒い上司に出会いやすい

美容関係の仕事は一見華やかな世界ですが、技術職なので、先輩や雇用者から「ヘタ」「センスがない」など、辛口の評価をまともに受けるというデメリットがあります。アシスタントや新人時代は修業と見なされ、先輩や上司に従うことが求められます。上司や先輩の言うことは全部正しいという、極端な見方をする人もいます。そのため、上の人たちは自然と言葉遣いが荒く、後輩の扱いが粗雑になる傾向が見られます。

おさむ編集員

努力すればきちんと評価してくれる人も多い業界です。悔しさをバネにして技術を磨く人は、必ず成功します。先輩や上司に反発して職場の雰囲気を悪くするよりも、着実に自分のやるべきことをやっていくほうが良いでしょう。

美容関係の仕事の注意点

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

上下関係が厳しい

サービス業であり、接客業でもある美容関係の仕事は、自分のスキル、技術を売る技術職でもあります。一般的な業種、職業と比べて、技術職は先輩後輩の関係がはっきりしている、完全なる縦社会であることが多いです。美容関係の仕事では、たとえ年下でも先に始めた人は先輩であり、先輩は絶対であるという風潮が残る業界が少なくありません。

新人、アシスタント時代は、厳しい指導や要求をストレスに感じることが多いようです。上司や先輩からすれば、成長して欲しい、技術を磨いて欲しいという気持ちから、厳しく指導したり、注意したりするのですが、後輩の立場からすると、つらく感じてしまいます。厳しい上下関係が苦手で離職する人もいます。

他業種に比べて拘束時間が長め

美容関係の仕事の中には、労働時間が長く、休憩時間も少ない職種があるのが現実です。たとえば美容師の場合、週40時間が労働基準法で定められた勤務時間の上限ですが、実際には営業時間後に練習が必要で、残業をしなければならないこともあり、拘束時間が長くなります。また、お客様の都合に合わせなければならないので、休憩時間がまちまちになりますし、人気が出て指名客がたくさんつけば、細切れに休憩を取らなければならないこともあります。

ただし、美容関係の仕事の中にも、勤務時間が一般的な会社員と変わらない職種もありますし、残業がほぼない業種もあります。また、サロンや店舗によっては、残業を推奨しないところもあります。

態度が悪いお客様も相手をする

これは美容関係の仕事に限ったことではありませんが、お客様が全員、態度がよく優しく、礼儀正しい人ばかりとは限りません。誰もが「また来て欲しい」と思えるようなお客様ならいいのですが、そのような人は比較的少ないかもしれません。仕事ですから、態度の悪いお客様に対してもプロとして対応し、レベルの高いサービスを提供しなければなりません。

態度が悪いお客様に対して、一人で対応するのは厳禁です。上司や店長、責任者と情報共有します。難しい要求をされたなら、なぜそれが無理なのか、丁寧に理由を挙げて説明しましょう。威圧的なお客様に対しては、否定的なことを言わず、フラットな態度で接し、必要以上に刺激しないようにしましょう。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

美容関係の仕事はやりがいがあり、将来性もあります。お客様が綺麗になって喜ぶ姿を見ることができますし、直接感謝される仕事です。

人は美しくなり、コンプレックスが解消されると、自分に自信がついて明るくなり、行動力が出て、人への接し方や距離感が変わることさえあります。美容関係の仕事は、人の性格や行動、時には人生そのものを変えることができる仕事なのです。

人間関係の悩みや、拘束時間が長いなど体力的にきついこともあるかもしれませんが、その辛さを乗り越えた先には、きっと素晴らしい経験が待っているはずです。

美容関係の仕事へ転職しようかどうか迷っているなら、まずは一歩踏み出してみましょう。転職サイトや転職エージェントを活用して、イキイキと輝ける職場を見つけてください。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
Y.Nanaka外部編集員
中堅人材紹介会社のキャリアコンサルタント職。 独身、転職回数:3回、年収:550万円、国家資格:複数保有。自分にとって、向いてる仕事がわからなくて悩んでいた時期は、年収が全くアップしませんでした。現在はボランティアとして、転職活動に奮闘する人達へ向け、情報発信をする適職発見同好会のライターとしても活動中。