文章を書く仕事人気ベスト20!仕事の特徴/メリット・デメリットを解説

文章を書く仕事

文章を書く仕事というと、作家やライターなどが思いつきますが、それ以外にもたくさんの仕事があります。自分の書いた文章を評価してもらう仕事ですので、表現することを仕事にしたいという方は魅力を感じるのではないでしょうか。

ただ、今述べたように、文章を書く仕事の種類は千差万別です。いったいどのような仕事に需要があるのでしょうか。そこで、人気の高い職種とともに、この種の仕事のメリットとデメリットもお伝えしましょう。

文章を書く仕事とは?

文章を書く仕事とは、自分で書いた文章をどこかに発表したり誰かに使ってもらったりして、お金を稼ぐ仕事のことです。したがって、作家やライターだけでなく、さまざまな職種が含まれます。

また、働き方もさまざまです。特定の企業に所属せずにフリーランスとして活動する人が多いですが、なかには正社員として、正規雇用の形で働く人もいます。

仕事のジャンルによっては、自分の希望の形態で働けないこともあるので注意が必要です。たとえば、ジャーナリストやルポライターは文章を書くのが好きな人にとってやりがいのある仕事のひとつですが、実績がないと収入には結びつかないため、いきなりフリーで活動するのは難しいでしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

文章を書く仕事の特徴

仕事の特徴

文章を書く仕事の特徴
その特徴を3つ紹介!

特徴1:豊かな言語表現力が求められる

文章を書く仕事に必要な特徴として、表現力が挙げられます。

文章を書くことを仕事にするわけですから、自分の好きなように書けばよいわけではなく、読む人が理解できるように書くことが条件です。そのためには、誰がどんな状況で読んでも、誤解なく意図を伝えられるように、言語表現力を磨かなければなりません。

とはいえ、言語表現力とは生まれつきの才能ではなく、訓練で身につけられる能力です。

ななか編集員

言語表現力を身に付けていくには自分自身も書籍を読んで、引き出しを増やしていくことが大切です。

特徴2:高い集中力が必要

文章を書く仕事に必要な第二の特徴として、高い集中力を要することも挙げられます。

高い集中力を発揮して文章を書ける人ほど、1日に書ける文章も多くなるでしょう。逆に、集中力が欠けていると、書くスピードも文章の質も落ちてしまいます。

高い集中力を発揮するには、自分にとって集中できる環境を見つけることが先決です。同時に、集中しやすい時間帯も人によって違うので、自分なりにいろいろと工夫する必要があります。

ななか編集員

集中できる環境を人それぞれ異なります。工夫をして自分なりの集中方法を模索していきましょう。

特徴3:他人向けの文章を書く

文章を書く仕事とは、自分の好きなことを書いて務まる仕事ではありません。

小説家や詩人は好きなことを書いているように見えますが、彼らも自分のためではなく、読んでもらう人のために書いているのです。もちろん、ジャーナリストやルポライター、コピーライターなどは言うまでもなく、他人に向けて文章を書いています。

したがって、文章を書く仕事ではどんな職種でも、読み手を想像しながら書く必要があるというのが特徴です。

ななか編集員

文章を書く仕事に就くためには、書く相手のことを知るのが近道と言えるでしょう。

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

文章を書く仕事トップ20

ベスト10リスト

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

Webライター [文章を書く仕事 1/20]

Webライター の仕事内容

Webライターとは、主にWebメディアに掲載する文章を書く仕事です。そのため、書く内容は掲載するメディアによってさまざまです。

ただし、SEOを意識して文章を組み立てる必要があります。SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索エンジンで検索した時にサイトが上位表示されるための対策です。したがって、Webライターは書く内容だけでなく、上位表示されやすいワードを選択できるかどうかも重視されます。

おさむ編集員

自宅で誰にも邪魔されずに仕事をしたい人に向いているでしょう。

▼オススメする理由
基本的に、在宅でできる仕事です。書く材料もネットで調べるため、取材に出かける必要はありません。

▼平均年収

Webライター の平均年収は、約450万円です。

コラムニスト [文章を書く仕事 2/20]

コラムニストの仕事内容

コラムニストの仕事は、雑誌や新聞、Webメディアなどに、コラムを寄稿することです。専業のコラムニストとしてだけで生活している人はあまりいません。別の本業があって、そのかたわら、コラムも書くという人が大半です。

おさむ編集員

文章を書く仕事としてコラムニストをおすすめするのは、自分の経験をそのまま生かせるからです。

▼オススメする理由
ある程度の文章力が必要ですが、それよりも、人と違った経験をしていたり、人と違った物の見方ができたりするほうが需要があります。したがって、文章を書く仕事をしたことがなくても、これまでさまざまな経歴がある人にはおすすめです。

▼平均年収

コラムニストの平均年収は、約200万~400万円です。

記者(ライター) [文章を書く仕事 3/20]

記者(ライター)の仕事内容

記者(ライター)の仕事内容は、新聞や雑誌、Webメディアなどに記事を書くことです。書く媒体によって、事件や事故のレポートから、政治、経済、教育、芸能、ビジネス、ITなど、ジャンルは多岐にわたります。専門的な知識が求められることが多く、文章を書く仕事というより、資料収集や取材が大切になる仕事と言ってよいでしょう。

おさむ編集員

事実をわかりやすく伝えるのが、記者(ライター)の仕事です。

▼オススメする理由
好奇心旺盛な人ほど、やりがいを感じやすいでしょう。家に籠もって文章を書くだけより、自分が現場に飛び込んで情報を届けたいという人に向いています。

▼平均年収

記者(ライター)の平均年収は、約472万円です。

ジャーナリスト [文章を書く仕事 4/20]

ジャーナリストの仕事内容

ジャーナリストの仕事内容は、世間の人々が知りたい事件や出来事だけでなく、一般的には知らされていないものの、本来知るべき事件や出来事などを取材し、それを文章の形で発表することです。

新聞社や雑誌社に所属しないフリーランスのジャーナリストならば、取材内容やそれに基づいて書いた文章を取り上げてもらうために、メディアに営業をかけることも仕事内容に含まれます。

おさむ編集員

政治や経済等、世間の人々に知らされていないことを公にするのが、ジャーナリストの醍醐味です。

▼オススメする理由
文章を書く仕事ではありますが、その仕事の性質上、文章をきっかけに、社会を動かしたいと思う人におすすめします。

▼平均年収

ジャーナリストの平均年収は、約300万~600万円です。

ルポライター [文章を書く仕事 5/20]

ルポライターの仕事内容

ルポライターの仕事内容は、社会問題を取材して記事にすることです。ジャーナリストと似ていますが、ルポライターは事実をありのまま、主観を交えずに伝える文章を書く仕事です。

取り上げる対象は、事件、紛争、災害、社会問題など、多岐にわたります。いずれも自分で取材対象を決め、自分のやり方で取材や情報収集をし、それを文章にまとめます。

おさむ編集員

事実をありのまま伝えたい、世間の人々に知ってもらいたい、という思いが強い人に向いている仕事です。

▼オススメする理由
苦労して完成させた記事をたくさんの人たちに届けることに使命を感じる人におすすめします。

▼平均年収

ルポライターの平均年収は、約300万~400万円です。

コピーライター [文章を書く仕事 6/20]

コピーライターの仕事内容

コピーライターの仕事は、商品やサービスのキャッチコピーを作ることです。企業に所属して、自社商品のプロモーションのために、消費者に訴求するネーミングやキャッチフレーズなどを考えることも含まれます。

また、フリーランスとして活動する人も多い、文章を書く仕事です。無名でも、コンセプトやネーミングを募集するコンペティションに参加することで、一躍注目を浴びる可能性があります。

おさむ編集員

自分の作ったコピーが多くの人の目に留まり、それをきっかけとして、実際に問い合わせや売上が増えた時に、やりがいを感じられます。

▼オススメする理由
自分の文章で人の心を動かしたい人に向いています。

▼平均年収

コピーライターの平均年収は、約474万円です。

シナリオ作家 [文章を書く仕事 7/20]

シナリオ作家の仕事内容

シナリオ作家の仕事は、映画、ドラマ、舞台、ゲームなどの脚本を書くことです。漫画のドラマ化などの仕事も含まれるため、ジャンルは多岐にわたりますが、基本的には自分のアイデアで、ストーリーやキャラクターの心情、セリフ等を考えます。文章を書く仕事のなかでも、自分の作った物語で視聴者を惹きつけることができる仕事です。

おさむ編集員

事実などをそのまま書くのではなく、自分の自由な発想で好きなことを書きたいという人に、シナリオ作家はおすすめです。

▼オススメする理由
人の心に訴える物語を書くためには、文章力や発想力、構成力、また忍耐力も必要ですが、それが苦にならない人には向いています。

▼平均年収

シナリオ作家の平均年収は、約520万円です。

小説家 [文章を書く仕事 8/20]

小説家の仕事内容

文章を書く仕事のなかでも、小説家は特殊です。小説を書くことが仕事ですが、職業として小説家を名乗れるかどうかの境界ははっきりしていません。日本で小説家のみで生計を立てている人は200人程度とされています。

おさむ編集員

数十億円の年収がある大ヒット作家もいれば、小説では1円も稼いでいない自称・小説家の人まで、さまざまです。

▼オススメする理由
本を読むこと、物語を考えること、こつこつ文章を書くことが好きな人に向いています。売れなくても続けたい強い気持ちのある人におすすめです。

▼平均年収

小説家の平均年収は、約150万~300万円です。

詩人 [文章を書く仕事 9/20]

詩人の仕事内容

詩人の仕事は詩を書くことです。しかし、詩を書くだけで生計を立てている人はほとんどいません。企業に就職して詩人として活動するという形はなく、詩人として有名な人でも、詩作以外の仕事を主な収入源としています。詩作で収入を得ることで詩人を名乗れるとしても、それだけで年間数十万円も得ている人はごくわずかでしょう。

おさむ編集員

文章を書く仕事として詩人をおすすめできる人は、詩を書くことが何よりも好きな人です。

▼オススメする理由
お金にならなくてもいいので、一生詩を書いていたいという人こそ向いています。逆に、そこまでの覚悟もなく、職業として詩人を目指すのはおすすめできません。

▼平均年収

詩人の平均年収はデータありませんでした。

本業で詩人をしている人は一握りです。好きなことを仕事にしてみたい人は、まずは副業から始めてみることをおすすめします。

専門書作家 [文章を書く仕事 10/20]

専門書作家の仕事内容

専門書作家の仕事内容は、特定の分野に関する専門的な内容の書籍を執筆することです。たとえば、医学の専門書の場合なら、医師や医学者などが自身の専門の知見を傾けて、医学を学びたい人向けに書いています。医学以外にも、法律や経済、芸術など、あらゆる種類の専門書があり、それを執筆する人がいます。

しかし、「専門書作家」という専業はなく、何かの分野の専門家が書籍を書くというスタイルが大半です。よって、文章を書く仕事とはいえ、本業はその専門分野と言えるでしょう。

おさむ編集員

専門的な知識や経験がある人に向いています。

▼オススメする理由
すでに何かの専門家やプロフェッショナルの人だと、その性質を大いに生かせるでしょう。

▼平均年収

専門書作家の平均年収もデータがありませんでした。

編集者 [文章を書く仕事 11/20]

編集者の仕事内容

編集者の仕事は、書籍や雑誌の内容を企画したり、掲載する記事を編集したりすることです。扱うジャンルや媒体は多岐にわたり、勤務先によって担当する役割も異なります。場合によっては、企画から予算の調整、取材、記事執筆、編集までのすべてをこなさなければならないこともあるでしょう。

おさむ編集員

文章を書く仕事という観点からは、小説家やライターほど文章を書く機会は多いとは言えません。ただ、文章作成の能力があるほうが仕事に有利になるので、編集者にも必要なスキルです。

▼オススメする理由
文章を書くことはもちろん、自分で企画したり、人をマネジメントしたりすることにやりがいを感じる人におすすめです。

▼平均年収

編集者の平均年収は、約450万円です。

校正者 [文章を書く仕事 12/20]

校正者の仕事内容

校正者の仕事内容は、原稿の誤字脱字がないかを確かめたり、文法やてにをはが正しく使えているか、文脈の矛盾や文章の間違いがないかといったことを確認したりすることです。文章を見直すというより、1文字1文字間違いはないかを細かくチェックします。知らない言葉や字がある時は、辞書で調べる手間も必要です。

おさむ編集員

自分で文章を書く仕事というより、他人の書いた文章をチェックする仕事で、日本語能力や文章力の高さが必要な仕事です。

▼オススメする理由
文章を書くのが好きな人は文章を読むのも好きなことが多いので、やりがいを感じられる仕事でしょう。

▼平均年収

校正者の平均年収は、約400万~500万円です。

校閲者 [文章を書く仕事 13/20]

校閲者の仕事内容

校閲者とは、文章の内容や表現、文法に間違いがないかを確認するのが仕事です。校正と似ていますが、校閲では校正よりもさらに細かい部分までチェックします。単に誤字脱字や文法の誤りのチェックに留まらず、「19XX年◯月△日に東京では雨が降っていた」という文章の場合、本当にその日、東京で雨が降っていたのかを調べることが必要です。

おさむ編集員

校閲者の仕事は、自分で文章を書く仕事というよりも、人の書いた文章を読むことが中心ですが、文章を書くのが好きな人にはやりがいが感じられるでしょう。

▼オススメする理由
校正よりもさらに文章に敏感な人に向いています。

▼平均年収

校閲者の平均年収は、約418万円です。

翻訳家 [文章を書く仕事 14/20]

翻訳家の仕事内容

翻訳家の仕事は、ある言語で書かれた文章を、別の言語に翻訳することです。日本人の場合、外国語を日本語に、もしくは日本語を外国語に翻訳するケースが大半でしょう。

翻訳家になるには、第一に、翻訳対象の外国語に堪能である必要があります。加えて、その言語を話す国や地域の歴史・文化にも精通していなければなりません。

おさむ編集員

翻訳というと、他人の言葉を変換する仕事というイメージがありますが、自分で文章を書く仕事と言ったほうが適切です。

▼オススメする理由
作者の言葉を別の言語で、誤解なく表現する必要があるので、高い文章力が求められます。外国語ができて、文章を考えるのが好きな人におすすめです。

▼平均年収

翻訳家の平均年収は、459万円です。

字幕編集者 [文章を書く仕事 15/20]

字幕編集者の仕事内容

字幕編集者とは、さまざまなジャンルの動画素材を編集する仕事です。動画内で話している人の言葉に字幕(テロップ)を入れたり、効果音などを加えたりして、視聴者の理解を助けます。字幕編集とは言うものの、字幕だけを編集する仕事ではなく、場合によっては、動画の企画や構成、カットや編集、音楽や効果音の挿入、レンダリングなど、さまざまな作業が含まれることも少なくありません。

おさむ編集員

文章を書く仕事として特化した仕事ではありませんが、文章を書くのと同じような集中力と忍耐力が必要な仕事です。

▼オススメする理由
必要なスキルが多い仕事ではありますが、文章を書くのが好きな人にはやりがいを感じられるでしょう。

▼平均年収

字幕編集者の平均年収は、402万円です。

マニュアル作成者 [文章を書く仕事 16/20]

マニュアル作成者の仕事内容

マニュアル作成者は、「テクニカルライター」とも呼ばれます。電子機器や家電製品などのユーザーマニュアルや、専門家向けのマニュアルを作成する仕事です。専門家向けのマニュアルのほうが当然、より高度な知識が必要ですが、一般ユーザー向けのマニュアルには誰が読んでも理解できるわかりやすさが求められます。

おさむ編集員

言葉遣いや表現に凝った美しい文章ではなく、誤解の余地のない、簡潔な文章を書くことが重視される仕事です。

▼オススメする理由
毎日のように、大量に文章を書く仕事です。独創的な文章は必要ないので、アイデアを考えるのは苦手だけれど、書くことがとにかく好きという人に向いているでしょう。

▼平均年収

マニュアル作成者の平均年収は674万円です。

広報担当者 [文章を書く仕事 17/20]

広報担当者の仕事内容

広報担当者の仕事は、企業の商品やサービス、活動内容などの情報を、組織内や外部に発信することです。ある程度の規模の企業には広報部があります。広報担当者になるには、広報部のある企業に就職し、広報部に配属される必要があります。また、未経験でいきなり広報を担当できる可能性は低いです。

おさむ編集員

文章を書く仕事という側面では、プレスリリースを書く業務が当てはまります。

▼オススメする理由
自分の文章によって初めて人々が企業の新情報を知ることになるので、影響力の大きな仕事です。企業が訴えたいことを世間にわかりやすく伝えるために文章を工夫する必要があるので、その仕事の性質上、書くことが好きな人にとってやりがいがあります。

▼平均年収

広報担当者の平均年収は、416万円です。

法務担当者 [文章を書く仕事 18/20]

法務担当者の仕事内容

法務担当者とは、企業内での弁護士のような役割を担う存在です。法律の知識が豊富で、常に正確な仕事が求められます。たとえば、売買契約、業務委託契約、秘密保持契約などの契約文書の作成や確認も、法務担当者の仕事です。契約文書に書かれていることがすべてですので、間違いのないように、隅々までチェックしながら作成しなければなりません。

おさむ編集員

契約文書の作成のように、法務担当者も文章を書くことが日常的な業務になります。

▼オススメする理由
一般的な文章を書く仕事と違って、法律知識と厳密性が何より必要です。書くことが好きなのはもちろん、学習意欲が高い人ほど向いています。

▼平均年収

法務担当者の平均年収は、約550万円です。

秘書 [文章を書く仕事 19/20]

秘書の仕事内容

秘書の仕事とは、企業のトップや役員などの業務のサポートです。スケジュールの調整や管理、イベントや商談などの準備、来客の応対、社内外の人たちとのやり取りを行うなど、多岐にわたります。さまざまな書類やメールを作成するといった、文章を書く仕事も多いです。場合によっては経理を行うこともあります。

おさむ編集員

秘書の役割は、サポートする人の業務をスムーズに進める補佐です。

▼オススメする理由
文章を書くことだけが仕事ではありませんが、書類やメールの作成機会は多く、事務処理能力や判断力、臨機応変に対応する決断力なども身につきます。文章力を生かせる仕事です。

▼平均年収

秘書の平均年収は、約349万円です。

ブロガー [文章を書く仕事 20/20]

ブロガーの仕事内容

ブロガーの仕事内容はブログを書くことです。ただし、ブログを書くだけでなく、記事内に広告リンクを配置し、読者にクリックしてもらう必要があります。したがって、読者がリンクを踏みたくなるような文章を書くことが必要です。文章力とともに、検索エンジンで上位表示されるコツやアフィリエイトの知識なども求められます。

おさむ編集員

ブロガーにはSEOやアフィリエイトなど文章力以外のスキルも必要ですが、やはり好きな文章を書くことで収入を得られるのは大きな魅力です。

▼オススメする理由
美文を書く能力は必要なく、自分の体験をおもしろく書いていくだけなので、文章を書くのが好きな性格の人に向いています。

▼平均年収

ブロガーの平均年収は、約360万円です。

文章を書く仕事を選ぶメリット

メリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

伝える力が身につく

文章を書く仕事をしていると、どうやったら読む人に誤解なく伝わるだろうかと、常に試行錯誤しながら文章を組み立てることになります。自分しか読まない日記ではなく、他人が読む文章についてはすべて当てはまることです。したがって、文章化する前に、一度考えていることを整理して、論理的に伝える力が身につきます。この能力は社会生活全般において役立つので大きなメリットです。

ななか編集員

いきなり書き出すのではなく、まず頭の中で書くことを洗い出し、論理的に構造化することを習慣にしましょう。これをやっていると、考えていることを瞬時に論理的な文章としてまとめられるようになります。

納期管理が得意になる

文章を書く仕事で収入を得るには、どれだけたくさん書けるかがキーポイントになります。基本的に、文字数を単価とした報酬計算になるからです。

また、どんな仕事でも、書く仕事には納期が設定されています。納期までに必要な分量の文章を書き終えなければならないため、やっているうちに書くスピードがアップするとともに、自分の書くペースも掴めるようになります。

要は、納期の管理が得意になるということです。納期を守る習慣がつけば、文章を書く仕事に限らず、あらゆる仕事においてメリットとなるでしょう。

ななか編集員

最初のころは、なかなか自分のペースが掴めないものです。最初から多く請け負い過ぎないようにしましょう。

リモート勤務がし易い

文章を書く仕事のなかには会社に勤務してフルタイムで働くスタイルもありますが、在宅でできる仕事も多いです。パソコンさえあればできる仕事なので、インターネット環境があるところなら、自宅以外でも仕事ができます。場所にとらわれない、自由な働き方が可能です。

また、会社内の人間関係に煩われることがないため、人と頻繁にコミュニケーションを取りたくないという人にもメリットがあるでしょう。

ななか編集員

企業に所属する場合は、リモート勤務が可能な仕事を選ぶと良いでしょう。フリーランスを選ぶ場合、働く場所は自由ですが、自分で積極的に営業をかける必要があることを覚えておいてください。

文章を書く仕事を選ぶデメリット

デメリット

むずかしくない!
自然体の自分でいい仕事。

スランプ時のモチベーション管理が大変

文章はいつでも好きな時に好きなだけ書けるものではありません。時には、考えても考えても何も浮かばないスランプに陥ることもあります。しかし、文章を書く仕事を選んだ以上、そういうスランプの時も、水準以上の文章を納期までに仕上げなければならないのです。それを続けるには、相当な精神力を要します。

おさむ編集員

ふだんから、モチベーションに左右されない文章作成のルーティンを決めておくとよいでしょう。スランプに陥った時には、自分がなぜこの仕事を選んだのかを思い出しましょう。文章で表現したい思いが強いのなら、多少のデメリットに怯むことはないでしょう。

納期がタイトになりがち

人から仕事を請け負って文章を書く場合、もしくは企業に所属して自分の役割のもとで文章を書く場合、必ず「いつまでに書き上げなければならない」という納期が存在します。

アマチュアであれば気が向いた時に好きなだけ書いていられますが、文章を書く仕事を選んだ以上、自分のモチベーションにかかわらず、納期までに求められる結果を出さなければならないのがデメリットです。

1つの案件が終わっても、またすぐに次の案件が続く…といったように、時には息もつけないほどタイトな納期で仕事をしなければならないこともあるでしょう。

おさむ編集員

自分のペースで余裕を持って働けるように、スケジューリングに気をつけましょう。

休みが不規則になりやすい

企業に正社員として勤める場合は例外として、文章を書く仕事をするほとんどの人は、土曜や日曜だからといって自由に休めるわけではありません。なかには、365日休みなく執筆する人もいます。

たとえば、フリーランスのWebライターは書いた文章量で収入が決まるため、生活のためには1日も休んでいられないという場合もあるはずです。週末は必ず休みたいというタイプの人にはデメリットになるでしょう。

おさむ編集員

休みが不規則になるのは仕方ありませんが、時には休息を取ることが必要です。体調を崩してしまったら、書きたくても書けなくなってしまいます。そうなる前に、適度に休みましょう。

まとめ(今後へ向けたアドバイス)

まとめ(今後へのアドバイス)

文章を書く仕事と一口で言っても、さまざまな職種があることがわかりました。一般的な職種のように企業に勤めて働く場合もありますが、文章を書く仕事の多くは場所にとらわれずにできるのがメリットです。また、特別なスキルや資格を必要としない仕事も多く、文章を書くことが好きならすぐに始められるのもメリットでしょう。

ただし、職種によっては、文章を書く以外のスキルや経験が重視されるものもあります。それらを志望する場合、文章力以外に必要なことを身につける努力が必要です。

いずれにせよ、文章を書く仕事は頑張れば頑張るほど収入が増えるものが多いですから、文章を書くのが好きなら、思い切ってチャレンジしてみましょう。

向いてる仕事と出会おう!

ななか編集員

自分に向いてる仕事を発見するために役立つ、人材業界のプロも使う、転職活動では登録が欠かせない無料サービスをご案内します。

マイナビジョブ20’s マッチする企業を重視!

マイナビジョブ20's
キャリア作りの強い味方★★★★★

マイナビジョブ20’sを紹介する理由

  1. すべての求人が20代向け
  2. 書類選考/面接対策が万全!
  3. 未経験OK求人・7割以上
おさむ編集員

マイナビジョブ20’sは、入社後のミスマッチを防止するため、自己分析のための適性試験を導入。未経験から就職/転職する20代から支持されています。

キャリアメイクの
相談をしよう!

ハタラクティブ 未経験から大手も視野に!

ハタラクティブ公式ページ
チャンスを逃させない★★★★★

ハタラクティブを紹介する理由

  1. 未経験でも大手内定を目指せる!
  2. 向いてる仕事を最優先に紹介。
  3. 1社毎・きめ細やかな面接対策。
ななか編集員

ハタラクティブは、20代に特化した就職/転職支援が専門で、8割以上の内定先が『大手企業』という点が推しポイントです!学歴や職歴に自信がなくても、安心して相談からスタートできます。

チャンスを掴む
相談をしよう!

第二新卒エージェントneo 未経験から正社員で就職!

第二新卒エージェントneo
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

第二新卒エージェントneoを紹介する理由

  1. 学歴・経歴不安がいらない!
  2. 20代特化型のキャリア支援。
  3. 1人当りの支援時間が多い★
ななか編集員

第二新卒エージェントneoは、社会経験に自信がない若い人を応援してくれる転職支援サービス(無料)です。人を育てることに前向きな企業とのパイプが太く、学歴や経歴が不安な人でも、未経験からのチャレンジがしやすいのが特徴です。

自分にあう仕事を相談!
まずはサービスをチェックしよう。

就職Shop 未経験から正社員で就職!

就職Shop
ホントの希望をまっすぐに!★★★★☆

就職Shopを紹介する理由

  1. 経歴重視型の書類選考ナシ!
  2. 社会人経験不問だから安心。
  3. 未経験者が対象の求人充実★
ななか編集員

就職Shopは、人材紹介大手の「リクルート」が運営している、無料の職業紹介サービスでキャリアの方向性から相談したい20代の就職/転職に強いのがオススメポイントです。

チャンスを掴む
相談をしよう!

就職カレッジ:キャリアリメイクにオススメ!

若いチカラを伸ばす会社を紹介!

就職カレッジを紹介する理由

  1. キャリア形成前への支援が強い
  2. 入社後の成長を重視する求人企業群
  3. 最短7日程度で内定獲得
ななか編集員

就職カレッジは、18歳~35歳までの「若年者」を対象とした就職・転職支援をしています。既卒・フリーター・中退者・高卒者など、キャリアリメイクを目指す人が短期講座を経て、書類選考無しで面接~内定までを無料サポートしてもらえます。

就職カレッジ
登録後は待つだけ!

ABOUT US
Y.Nanaka外部編集員
中堅人材紹介会社のキャリアコンサルタント職。 独身、転職回数:3回、年収:550万円、国家資格:複数保有。自分にとって、向いてる仕事がわからなくて悩んでいた時期は、年収が全くアップしませんでした。現在はボランティアとして、転職活動に奮闘する人達へ向け、情報発信をする適職発見同好会のライターとしても活動中。